テーマ:バイデン政権

武漢ウイルス正体の朝令暮改…科学を裏切った“極秘会議”

実験室起源の可能性は70%…英米政府医療顧問も参加した頂上会議の驚くべき見解。だが各国のトップ学者は一夜で態度を豹変させる。米の情報開示でパンデミックの新たな闇が暴かれた。 「ファウチ博士が2つの事柄で警告を受けていたことが判明した。ひとつは、WIV(武漢ウイルス研究所)から流出した可能性。そして、このウイルスが意図的に遺伝子操作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇から来た博士ファウチ…真相究明を阻む抵抗勢力

感染症対策でトランプ政権を揺さぶったDrファウチが13階段の前に連れ出された。次々に暴かれる武漢研究所との太いパイプ。そして米政府部内にも起源究明を阻む勢力がいた。 1917年、ポルトガルの村で羊飼いの少年が聖母と出会い、未来に起きる出来事を教えて貰った。ローマ教皇庁は奇跡と認める一方、不穏な一部の言葉を封印した。いわゆるファティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more