捏造慰安婦は二度死ぬ…植村隆の言論弾圧に鉄槌

慰安婦の真実を封じる事実上のスラップ訴訟は“門前払い”で終わった。朝日新聞が育てた捏造記者の完封負け。170人の大弁護団は10人去り20人去り、植村隆だけが残された。 「日本兵による大規模な強かんは、国際的な関心と怒りをかった」「看護婦などの技術職のために職業訓練をしてやるといって女性たちを騙した」 国際組織アムネスティは2…
コメント:1

続きを読むread more

バイデンの不浄な“統治権”…輪郭浮かぶ有権者詐欺組織

バイデンが口走った有権者詐欺組織の輪郭が徐々に浮かんできた。チャベス独裁政権を支えた選挙システムが「統治権」と名を変えて米上陸。憲政史上最大の疑惑に世界が震える。 背後から走り寄った黒服の大男が顔面を殴り、被害者は卒倒。さらに仲間の女が頭を裂く踏み付ける…ノックアウトされた男性はトランプ支持者で、襲い掛かったのはアンティファの構成…
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領の“対中内戦”…不正選挙を隠す不正報道

死に票ならぬ死人票もあった。中共の浸透工作を暴くトランプ政権と不正隠しに必死な新旧メディアの攻防。ラストベルトを焼き尽くす“米本土決戦”は泥沼化の様相を呈す。 不正選挙に怒りの声を上げたベラルーシ国民は、追い詰められつつある。10月下旬に呼び掛けられたゼネストも抗議者が一斉逮捕され、不発に終わった。 ▽覆面部隊が不正選挙抗議者を…
コメント:0

続きを読むread more

キツネ狩りには遅すぎた…中共“密猟”工作の罠と網

狩人が狙われる側に回った。米FBIが中共の海外反体制派狩りで反転攻勢。欧州には不当拘束に加担する国、そして極東には悲劇が連鎖するアジア最大の“狩猟区”がある。 「ニューヨーク市警や米軍にまで浸透していました。この事件は、中共スパイ活動の根深さと広さについて、警鐘を鳴らすものです」 NYクイーンズ地区に本部を置くチベット人協会…
コメント:0

続きを読むread more

軍艦島“集中砲火”の硝煙…新たなNHK捏造報道疑惑

軍艦島の真実を伝える情報センターが、反日勢力の猛攻に晒されている。元島民の声を封殺し、朝鮮出稼ぎ工の“体験談”を拡散…新たに参戦したNHKにも重大な捏造報道疑惑が浮上した。 また厄介な敵が現れた、と警戒感を強めた。数年前、ユネスコ「世界の記憶」に南京の捏造文書が登録された当時のことだ。中共は1人の支那女を「南京のアンネ・フランク」…
コメント:0

続きを読むread more

トランプ対メディア最終戦…バイデン犯罪一家の地下牢

サプライズ弾直撃を阻んだ“情報統制の壁”。バイデン必殺のスクープ記事は凍土に埋もれた。トランプ大統領は、新旧主要メディアのスクラムを突き崩せるのか。 「笑わないで下さい。これは大統領の座を賭けたもので、非常に危険な人々な関わっています」 ジュリアーニ元NY市長は深刻な表情で、そう忠告した。米保守系ニュースサイトの単独取材に応…
コメント:0

続きを読むread more

中共「千人計画」の髑髏杯…膿と肥が溜まるアカデミー

米アカデミズムを震撼させた大物教授の逮捕劇。中共「千人計画」学者の“本職”にFBI捜査のメスが入った。そして我が国は、既に東洋有数の“草刈り場”となっている。 地方の党書記を歴任し、中南海の政争にも関連する幹部候補は時折、話題にのぼる。しかし、アカデミズム畑にいる技術系の中共党エリートは、押し並べて無名だ。 そうした人物の一…
コメント:0

続きを読むread more

2020年の植民地解放闘争…世界染めたResist China

合言葉はResist China。中共政権出現71年に合わせ、地球規模の抗議活動が行われた。単なる弾圧停止要求ではない。それは新たに始まったアジアの植民地解放闘争だ。 「数々の弾圧、度重なる大量虐殺、そして強制避妊・中絶手術という女性へのジェノサイド、強制労働という奴隷政策…悲劇は中国の植民地にされた日から始まり、今なお続いていま…
コメント:0

続きを読むread more

ベルリンを穢す慰安婦像…瀕死の捏造派が放つ腐臭

独首都の真ん中に突如姿を現した腐れ慰安婦像。悪徳詐欺集団ならではの隠密作戦に衝撃が走った。だが捏造派は2人のボスを同時に失い、指導部壊滅の危機に瀕している。 「米軍の装甲車に轢かれて死亡した少女たちの親は、『悔しい死を遂げたわたしの娘を二度殺すな』と言っていた」(後掲書157頁) 南鮮・世宗大の朴裕河が著した『帝国の慰安婦』…
コメント:2

続きを読むread more

親中“悪の枢軸”誕生危機…二階とバイデンを繋ぐ赤い糸

中共絡みの疑惑は揉み消され、逆に権力中枢へと近付く不可思議な現象…二階とバイデンの台頭に習近平がほくそ笑む。最凶パンダ・ハガー2人が牛耳る日米暗黒時代は到来するのか。 「中国とは長い冬の時代もあったが、今や誰が考えても春。訪問を穏やかな雰囲気の中で実現できることを、心から願っている」 底知れぬ恐怖を覚える発言だ。中共・精華大…
コメント:0

続きを読むread more

南モンゴル大草原の導火線…忘れられた南北分断国家

民話も民謡も消えていた…中共によるモンゴル語抹殺計画は予想を越えて過酷だった。直ちに反対の声を上げたのは北の同胞。忘れられた分断国家が、枯れゆく大草原の彼方に姿を現す。 「これはモンゴル語の抹殺です。文化的なジェノサイドです」 南モンゴルを故郷に持つ男性の悲痛な訴えが響く。9月5日、都内・中共大使館前に有志が結集し、強い抗議…
コメント:1

続きを読むread more

チェコ訪台団が宿すハベル魂…蜜を取り損ねた“黄熊外交”

不屈の反共闘士・故ハベル大統領の魂が、チェコ議長団を台湾に誘った。反撃を試みた中共指導部は無惨な返り討ち…智恵の足りない“黄熊外交”が挽回に向けて照準を定めるのは我が国だ。 「自由、真実、正義こそが最高の剣であり、鎧だ」 台湾国を公式訪問したチェコ上院ビストルチル(Vystrcil)議長の言葉が大きな反響を呼んでいる。儀礼的…
コメント:0

続きを読むread more

埋もれる安倍首相のレガシー…十余年磨き上げた硬い結晶

無為無策だった反日陣営は薄っぺらい宰相論で毒づくが、二度目の退場宣言に敗北のイメージはなかった。安倍政権にはメディアが決して触れない「大きな遺産」がある。 大変お疲れ様でした、と先ずは率直に労いの言葉を捧げたい。相反する情報が入り乱れる中、予想を裏切る形での辞意表明だったが、前回に比べ、悲壮感も絶望感もない。 「国民の皆さま…
コメント:1

続きを読むread more

中共が禁断の果実を齧る時…香港弾圧加速で戦線拡大

取り囲んだ警官隊は香港リンゴ日報グループ本社に突入した。発作的な宿敵拘束と腰砕けの解放…“禁断の果実”を齧った習近平の眼前には、無限の戦線が広がる。 「香港の民主化運動に参加して以来、8年間で4回逮捕されましたが、今回が正直、一番怖かったし、きつかったです」 不当拘束を解かれた周庭さんは8月11日深夜、日本語でそう語った。監…
コメント:0

続きを読むread more

李登輝総統の居るアジア史…哲人政治家が遺した道標

“台湾国のモーゼ”は捏造史の海を割り、埋もれていた真実に光を当てた…李登輝総統閣下は北東アジアの近代史そのものだ。100年史の終焉が迫る中、決着は遺志を継ぐ人々に託された。 「銃後にあって治安保護の戦士としてお国に尽くすこともご奉公ですが、出来る事なら第一線でお国の為に華々しく活躍したいと思っておりましたが、それが本当になりました…
コメント:0

続きを読むread more

第3次大戦に続く夏への扉…誤読されるポンペオ演説

第3次世界大戦の扉が開くのか…“宣戦布告”とも比喩される米ポンペオ長官の大演説。しかし、その主張は誤った対支那政策の後悔と自戒に満ち、物憂げなトーンを帯びていた。 素朴な疑問が浮かぶ。機密書類を跡形もなく処分するのに、人目につく屋外で焼却する間抜けがどこに居るのか…細かく裁断し、酸で溶かした上、下水に流せば良い。 「煙を確認…
コメント:0

続きを読むread more

亡命者スカーレットの手荷物…中共が恐れた“内部告発”

支那人ウイルス学者の亡命は噂ではなかった。香港を脱出した女性博士が沈黙を破って米メディアに登場。中共指導部が最も恐れる内部告発者の海外流出が現実のものとなった。 「その日、私はひどく緊張していました。飛行機が離陸する前のどの段階でも止められる可能性があったからです」 亡命を決意し、香港を離れた日を回想する。彼女を乗せた旅客機…
コメント:0

続きを読むread more

闇に消えた反日種族の頭目…朴元淳 青瓦台裏山に死す

最期の場所は青瓦台の裏山だった。大規模捜索にも拘らず、遺体発見までに要した「12時間」の謎。80年代から反日勢力を統べる指揮官の死は捏造派に更なる混乱をもたらす。 不自然な早朝登山中の転落、目撃者は1人、パソコンは起動したままだった。第一報段階で南鮮元大統領の最期は、あらゆる情報が不審な死であることを告げていた。 捜査の手が…
コメント:0

続きを読むread more

赤い黒幕・二階俊博の天下…行き場を失った反中共票

特定野党不戦敗の小池圧勝は、ケツ持ちの二階俊博にフリーハンドを与えた。“保守不在”の選挙戦で桜井党首が孤軍奮闘の大躍進。それでも反中共票は、何処かに消え失せた… 当選から一夜明けての初仕事は“二階詣で”だった。小池百合子は7月6日、選挙で支援を受けた自公トップを訪ねて感謝の意を伝えたが、所詮はオマケでしかない。 「小池都知事…
コメント:1

続きを読むread more

自由香港“23歳の夭逝”…砦が陥落した反共最前線

弾圧法布告から半日も待たずに民主派の不当拘束が相次ぐ。香港の街から「天滅中共」の幟が消え、五星紅旗の群れが出現。最前線の砦は陥落し、“反共のバトン”は我々に託された。 南西部の感染再拡大に伴い、米メディアのパンデミック関連報道が復活した。この1ヵ月、武漢ウイルス禍など存在しないかのように、各地の暴動騒ぎに傾注。結論なき論評でニュー…
コメント:0

続きを読むread more