反日野党を操る“秘密結社”…ハロウィン総選挙の怪物

売国野党は立案者不明、作成過程も秘密の政策を丸呑みした。あの国会前騒乱で組織された政治運動体の背後には共産党。「政権」ではなく「政治体制」を選択する選挙戦が始まった。 「一個の怪物がヨーロッパを徘徊してゐる。すなはち共産主義の怪物である」(『コミュニスト・マニフェスト』幸徳秋水訳) 大リーグのポストシーズンより短い選挙戦が開…
コメント:0

続きを読むread more

北京ジェノサイド五輪の泥流…正念場迎える奴隷解放運動

外交的ボイコットの潮流に習近平は先手を打った。だが同時に「勝利の証としての祭典」も消滅。虐殺五輪の開幕予定日まで4ヵ月、ウイグル人奴隷の解放を目指す執念の戦いが始まる。 「かつて毛沢東は独立を約束したが、中国は約束を守る国ではない。いま世界中で一帯一路を唱えているが、それはやがて我々のモンゴル、ウイグル、チベットになるということで…
コメント:0

続きを読むread more

総裁選の完全なる敗北者…安倍&麻生“親中派”始末記

新キングメーカーの正確無比な舵取りとは対照的にメディアは票読みで大惨敗。二階も精気と邪気を失った。そして味方の陣中に飛び込んで自爆炎上、間抜けな最期を遂げた男がいた。 「身に余る結果を残すことが出来た」 開票が全て終わった後、高市早苗前総務相はさっぱりした表情で丁寧に受け答えた。1回目の議員票で河野太郎に30票近い差を付けて…
コメント:0

続きを読むread more

河野家の血とウイグルの涙…北京から売国奴に愛を込めて

河野一族と提携する北京の液晶パネル大手は奴隷労働の中核企業だった。政治資金の一端にはウイグル人の涙と血に染まったCCPマネー。自民党は最大級のスキャンダルとどう向き合うのか? 「速い。正に、我々に必要なものはこれだ」 新幹線に乗り込んだ鄧小平は、そう感激して見せた。このパフォーマンスが次世紀になって、中共に新幹線技術が盗まれ…
コメント:0

続きを読むread more

総裁選で蠢く中共“党友票”…消えた争点と浮かぶ売国奴

かつて親中勢力の支持を得る為に靖国が争点になる時代があった。だが、昔話と笑えない。告示直前に出馬した真正売国奴。隠れた大派閥が総裁選の行方に暗い影を落とす。 ポスト小泉を選ぶ平成18年の自民党総裁選では、総理の靖国参拝が取り沙汰された。候補者は安倍晋三、麻生太郎、谷垣禎一の三氏。総裁に就任した場合、どう対応するのか? 「参拝…
コメント:0

続きを読むread more

二階俊博の平河町最終戦争…マウンドに立つ護国派エース

護国派のエースが総裁選のマウンドに登った。怒涛の奪三振ショーに期待が高まる中、新旧キングメーカーの激闘も白熱。生き残りを賭けた二階俊博のラストバトルが始まった。 「国の究極の使命は国民の皆様の生命と財産を守り抜くこと、領土・領海・領空・資源、これを守り抜くこと、そして国家の主権と名誉を守り抜くことだと考えています」 冒頭の発…
コメント:1

続きを読むread more

バイデンが敗れた8月15日…サイゴンの悪夢カブールの罠

一夜で首都は奪われ、大量の兵器も鹵獲。サイゴン陥落とは比較にならない無条件降伏だ。不支持急増で蘇る選挙不正疑惑。無能で弱気なバイデンに初めから岩盤支持層などなかった。 米国のアフガニスタン敗戦の日は奇しくも8月15日だった。約10日前に休暇に入ったバイデンは、その日もメリーランド州キャンプデービッドの専用別荘でバカンスを満喫してい…
コメント:0

続きを読むread more

総裁レース視界不良の一寸先…希望を繋ぐ“高市自民党”

“高市推し”に一点の曇りなし。新たなキングメーカー安倍&麻生コンビの仕掛けで、二階が描いた無風の再選シナリオは崩壊。最も玄人好みの総裁レースが始まった。 「去年辞めて今年出る訳がない」 安倍前首相は即座に出馬を否定した。会話の相手は高市早苗前総務相で、これまで繰り返し再出馬を要請してきたが、態度は変わらなかった。 「じ…
コメント:0

続きを読むread more

塞がれた実験室起源の鍵穴…“感染メディア”覆う無関心

パズルを解く重要ピースは自然由来説の学者らに隠された。武漢ウイルスの起源を巡って米極左紙で起きていた内紛。扇情的な報道の裏には“真犯人”を見過ごす異様な無関心があった。 新聞がテレビの報道現場で原稿の「○」を埋める作業ほど楽なものはない。準備した定型原稿に数字を書き加え、ニュース番組ならアナウンサーが読み上げるだけだ。 大事…
コメント:0

続きを読むread more

軍艦島捏造派が隠す負の遺産…ユネスコを操る反日運動体

ユネスコ遺憾決議の原資料は反日政治運動体の作成だった。軍艦島フェイク番組で窮地のNHK。今になって口を封じた南鮮人の語り部こそ捏造派が抱える“負の遺産”だ。 「見た感じでは筑豊のちっちゃなヤマ(細い坑道)を撮ったものを端島の中に付け加えた」 元NHKカメラマンで端島取材の経験がある田川氏は、そう指摘する。捏造隠しで揺れる『緑…
コメント:0

続きを読むread more

武漢ウイルス情報戦の黄昏…感染0号患者が現れた夏

“冷凍食品犯人説”は味方の援護乏しく破綻した。中共が苦し紛れに煽る米軍実験室起源説もカウンターを喰らって自爆。武漢ウイルス自然由来説破綻のカウントダウンが始まった。 「第三国で徹底調査するので現物を引き渡せ」 国境を越える武漢ウイルスを巡ってインドとガンボジアの“局地紛争”が勃発した。ことの発端は7月27日にカンボジア保健省…
コメント:0

続きを読むread more

北京ジェノサイド五輪の冷血…スポンサーに政治決断迫る

朝日新聞主催の競技大会で大規模なクラスターが発生した。東京五輪潰しとのダブスタが問われる中、主要スポンサー企業の追及も激化。北京ボイコット論本格化の号令が鳴り響く。 「まず恐れるのは、言うまでもない、健康への脅威だ」(5月26日付け朝日社説) 誰よりも石原・安倍オリンピックを憎む捏造紙が5月末、社説で中止論を絶叫した。海外に…
コメント:0

続きを読むread more

文在寅“付け火外交”笑劇場…反日4懸案のトゲ押し込む

大騒ぎの末のステイホーム。いわゆる日南4懸案が何ひとつ前進しない中の強引な訪日計画だった。そして日本国民は面倒な隣国があることを久し振りに思い出した。 大山鳴動して鼠一匹と言いたい所だが大山でもなく、鼠も獲得できなかった。騒ぐだけ騒いで後腐れを残す…二つ名の「外交の天災」は伊達ではない。 菅首相は7月19日、臨時会見を開き、…
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪を覆う政治ウイルス…変異した曲線のトリック

まさかの無観客で、スローガンは北京に略奪された。五輪の政治利用を許した菅政権は感染症対策でも迷走。その背後で政策決定の指標となるグラフの曲線1本がいつの間にか変異していた。 たった2本の曲線を使って、京大の藤井聡教授が感染症対策の基本を説明していた。昨年3月、特別措置法が改正され、政府の専門家会議が活発になり始めた頃だ。 ひ…
コメント:0

続きを読むread more

ウイグル救済12年後の選択…ユニクロを追う対テロ部門

故郷に戻った在日ウイグル女性は帰らぬ人となった。ウルムチ大虐殺から12年、今もメディアは中共に寄り添う報道を止めない。そして仏の対テロ捜査機関はユニクロの人道犯罪を追う。 六四天安門のタンクマンと並び立つ伝説のウイグル女性がいる。ウルムチ中心部に侵攻した装甲車と向き合い、たった1人で進路を止めたトゥルスン・ギュル(Tursun G…
コメント:1

続きを読むread more

兵器級パンデミックの戦禍…中共が築いた似非科学網

始まりの武漢ウイルスには人工の痕跡が刻まれていた。新たに露見した証拠隠滅工作。科学界の主流が唱えたパンデミック対策も、中共軍の遺伝子兵器戦シナリオに沿うものだった。 週末の夕刻、米オハイオ州クリーブランドは熱狂に包まれた。屋外の大規模集会で大歓声に答えるトランプ前大統領。あの忌まわしいDC謀略騒乱から半年が過ぎようとしている。 …
コメント:0

続きを読むread more

もぎ取った果実は甘くない…反共メディアの孤独な退役

中共と戦い続けた本物の反権力メディアは孤独の中でその生涯を閉じた。陰湿な金融封鎖で命綱を断たれ蘋果日報。降り止まない雨の夜、香港は声を失った。 「アップル・デイリー・イングリッシュの更新は、これが最後です。ご支援頂き、有難うございました」 蘋果日報の英語版サイトは6月22日、ひっそりと幕を閉じた。編集部門の機能不全と圧倒的な…
コメント:0

続きを読むread more

ウイグル法廷が裁く弾圧全史…“対中非難決議”の霧散無惨

加害者側だった漢族の元公安が“証言台”に立った。ロンドンで開かれたウイグル法廷が弾圧の全容を解き明かす。一方、我が国の無能で不能な国会に習近平指導部は喝采を惜しまない。 「ある少女は100人の拘束者の前で繰り返しレイプされ、目を背けた者は連れ去られました。例外はありません。全員が飢え、屈辱を受けたのです」 ロンドンで6月4日…
コメント:0

続きを読むread more

闇から来た博士ファウチ…真相究明を阻む抵抗勢力

感染症対策でトランプ政権を揺さぶったDrファウチが13階段の前に連れ出された。次々に暴かれる武漢研究所との太いパイプ。そして米政府部内にも起源究明を阻む勢力がいた。 1917年、ポルトガルの村で羊飼いの少年が聖母と出会い、未来に起きる出来事を教えて貰った。ローマ教皇庁は奇跡と認める一方、不穏な一部の言葉を封印した。いわゆるファティ…
コメント:0

続きを読むread more

武漢キメラウイルスの指紋…電撃復活した実験室起源説

中共当局による検体サンプルの大量破壊も発覚。怒鳴るだけの武漢ウイルス天然説派は追い詰められ、実証的な人工説派が蘇った。最凶パンデミックの真相を暴くパンドラの箱が開く。 豪の世界的なワクチン開発企業創業者・ペトロフスキー教授は昨年1月、武漢市内の終末的な様相に震え上がった。同時に、中共が繰り返す「大きな問題はない」という主張に強い違…
コメント:0

続きを読むread more