地平線上のウイグル絶望監獄…潜入取材で暴かれる狂気

今年のピュリツァー賞受賞者はその映像を絶賛した。単身潜入した青年がウイグル強制収容所に接近、撮影に成功。砂漠の果てに巨大な狂気が浮かび上がる。 「その勇敢な若者は秘密の使命を帯びていた」 英メール紙の記事は、印象的な書き出しで始まる。10月上旬、東トルキスタンの収容施設を極秘撮影した映像を動画投稿サイトにアップされ、今月にな…
コメント:0

続きを読むread more

老朋友バイデン親中の地金…惚けた指導者が招く台湾有事

眠れる大統領は“台湾独立”発言の始末に追われた。軍事侵攻をチラつかせて脅す習近平に米国の軸足は揺らぐ。親中派の本性を現わし始めたバイデン政権の無策で、台湾危機は高まる 「南シナ海で実施するのは初めて。海域を問わずハイエンドな訓練を実施できることは、日米相互運用性の高さを示すものだ」 山村浩海上幕僚長は11月16日、そう語った…
コメント:0

続きを読むread more

ウイグル決議に託された命運…北京ジェノサイド五輪の残火

「残忍な独裁者」と習近平を猛批判したNBAスターに喝采が送られる。開幕が近付く北京虐殺五輪。我が国が決意を示す最初の一手が、対中非難・ウイグル救済決議の採択だ。 「ウイグル人へのジェノサイドを行なっている最中、どうしたら北京での五輪開催を許すことが出来るのか?」 チベット系カナダ人のケミ・ラモさんは、そう大きな声で問い掛けた…
コメント:0

続きを読むread more

仮装を剥かれた立憲共産党…序列1位が握る“拘束名簿”

最大の争点は感染症対策だった。最後の最後で有権者は自民に好意的な審判を下した。一方、立民は野党共闘の仮装が剥き取られて内紛勃発。黒幕老人は“拘束議員名簿”を眺めて笑う。 国政選挙でさえ我が国では外交・安全保障が争点になり難い。拉致事件も埋もれてしまうことが常だったが、今回はハッキリと有権者の意志が示された。 「人の命に関わる…
コメント:0

続きを読むread more

台湾有事招く絶海の発火点…封印解かれた米軍隠密部隊

台湾国に駐留する米部隊の存在を蔡英文総統が認めた。情勢緊迫化で牽制するバイデンと威圧する習近平指導部。中共軍機の大挙侵入ルートは、南シナ海の一点を指し示していた。 不定期開催のCNN“生討論”は、お仲間の政治家と仕込みの観客で台本通りに進行するヤラセ番組だ。右肩上がりの不支持率に慌て、久々にバイデンを招いた際に“放送事故”が起きた…
コメント:0

続きを読むread more

21世紀の愚かなペストマスク…全ての道は武漢に通ず

震源地に繋がる米研究者が完全に追い詰められた。武漢ウイルスの“正体”隠しに躍起な学者も自滅。それでも問題の核心を避け、人々の恐怖心を煽るメディアは中世のペストマスクと同じだ。 「英国は厳しい冬に直面するだろう」 ジョンソン首相は危機感を募らせた。この1週間、英では武漢ウイルスの新規感染者が日毎4万人を超すペースで急増。重症者…
コメント:0

続きを読むread more

反日野党を操る“秘密結社”…ハロウィン総選挙の怪物

売国野党は立案者不明、作成過程も秘密の政策を丸呑みした。あの国会前騒乱で組織された政治運動体の背後には共産党。「政権」ではなく「政治体制」を選択する選挙戦が始まった。 「一個の怪物がヨーロッパを徘徊してゐる。すなはち共産主義の怪物である」(『コミュニスト・マニフェスト』幸徳秋水訳) 大リーグのポストシーズンより短い選挙戦が開…
コメント:0

続きを読むread more

北京ジェノサイド五輪の泥流…正念場迎える奴隷解放運動

外交的ボイコットの潮流に習近平は先手を打った。だが同時に「勝利の証としての祭典」も消滅。虐殺五輪の開幕予定日まで4ヵ月、ウイグル人奴隷の解放を目指す執念の戦いが始まる。 「かつて毛沢東は独立を約束したが、中国は約束を守る国ではない。いま世界中で一帯一路を唱えているが、それはやがて我々のモンゴル、ウイグル、チベットになるということで…
コメント:0

続きを読むread more

総裁選の完全なる敗北者…安倍&麻生“親中派”始末記

新キングメーカーの正確無比な舵取りとは対照的にメディアは票読みで大惨敗。二階も精気と邪気を失った。そして味方の陣中に飛び込んで自爆炎上、間抜けな最期を遂げた男がいた。 「身に余る結果を残すことが出来た」 開票が全て終わった後、高市早苗前総務相はさっぱりした表情で丁寧に受け答えた。1回目の議員票で河野太郎に30票近い差を付けて…
コメント:0

続きを読むread more

河野家の血とウイグルの涙…北京から売国奴に愛を込めて

河野一族と提携する北京の液晶パネル大手は奴隷労働の中核企業だった。政治資金の一端にはウイグル人の涙と血に染まったCCPマネー。自民党は最大級のスキャンダルとどう向き合うのか? 「速い。正に、我々に必要なものはこれだ」 新幹線に乗り込んだ鄧小平は、そう感激して見せた。このパフォーマンスが次世紀になって、中共に新幹線技術が盗まれ…
コメント:0

続きを読むread more

総裁選で蠢く中共“党友票”…消えた争点と浮かぶ売国奴

かつて親中勢力の支持を得る為に靖国が争点になる時代があった。だが、昔話と笑えない。告示直前に出馬した真正売国奴。隠れた大派閥が総裁選の行方に暗い影を落とす。 ポスト小泉を選ぶ平成18年の自民党総裁選では、総理の靖国参拝が取り沙汰された。候補者は安倍晋三、麻生太郎、谷垣禎一の三氏。総裁に就任した場合、どう対応するのか? 「参拝…
コメント:0

続きを読むread more

二階俊博の平河町最終戦争…マウンドに立つ護国派エース

護国派のエースが総裁選のマウンドに登った。怒涛の奪三振ショーに期待が高まる中、新旧キングメーカーの激闘も白熱。生き残りを賭けた二階俊博のラストバトルが始まった。 「国の究極の使命は国民の皆様の生命と財産を守り抜くこと、領土・領海・領空・資源、これを守り抜くこと、そして国家の主権と名誉を守り抜くことだと考えています」 冒頭の発…
コメント:1

続きを読むread more

バイデンが敗れた8月15日…サイゴンの悪夢カブールの罠

一夜で首都は奪われ、大量の兵器も鹵獲。サイゴン陥落とは比較にならない無条件降伏だ。不支持急増で蘇る選挙不正疑惑。無能で弱気なバイデンに初めから岩盤支持層などなかった。 米国のアフガニスタン敗戦の日は奇しくも8月15日だった。約10日前に休暇に入ったバイデンは、その日もメリーランド州キャンプデービッドの専用別荘でバカンスを満喫してい…
コメント:0

続きを読むread more

総裁レース視界不良の一寸先…希望を繋ぐ“高市自民党”

“高市推し”に一点の曇りなし。新たなキングメーカー安倍&麻生コンビの仕掛けで、二階が描いた無風の再選シナリオは崩壊。最も玄人好みの総裁レースが始まった。 「去年辞めて今年出る訳がない」 安倍前首相は即座に出馬を否定した。会話の相手は高市早苗前総務相で、これまで繰り返し再出馬を要請してきたが、態度は変わらなかった。 「じ…
コメント:0

続きを読むread more

塞がれた実験室起源の鍵穴…“感染メディア”覆う無関心

パズルを解く重要ピースは自然由来説の学者らに隠された。武漢ウイルスの起源を巡って米極左紙で起きていた内紛。扇情的な報道の裏には“真犯人”を見過ごす異様な無関心があった。 新聞がテレビの報道現場で原稿の「○」を埋める作業ほど楽なものはない。準備した定型原稿に数字を書き加え、ニュース番組ならアナウンサーが読み上げるだけだ。 大事…
コメント:0

続きを読むread more

軍艦島捏造派が隠す負の遺産…ユネスコを操る反日運動体

ユネスコ遺憾決議の原資料は反日政治運動体の作成だった。軍艦島フェイク番組で窮地のNHK。今になって口を封じた南鮮人の語り部こそ捏造派が抱える“負の遺産”だ。 「見た感じでは筑豊のちっちゃなヤマ(細い坑道)を撮ったものを端島の中に付け加えた」 元NHKカメラマンで端島取材の経験がある田川氏は、そう指摘する。捏造隠しで揺れる『緑…
コメント:0

続きを読むread more

武漢ウイルス情報戦の黄昏…感染0号患者が現れた夏

“冷凍食品犯人説”は味方の援護乏しく破綻した。中共が苦し紛れに煽る米軍実験室起源説もカウンターを喰らって自爆。武漢ウイルス自然由来説破綻のカウントダウンが始まった。 「第三国で徹底調査するので現物を引き渡せ」 国境を越える武漢ウイルスを巡ってインドとガンボジアの“局地紛争”が勃発した。ことの発端は7月27日にカンボジア保健省…
コメント:0

続きを読むread more

北京ジェノサイド五輪の冷血…スポンサーに政治決断迫る

朝日新聞主催の競技大会で大規模なクラスターが発生した。東京五輪潰しとのダブスタが問われる中、主要スポンサー企業の追及も激化。北京ボイコット論本格化の号令が鳴り響く。 「まず恐れるのは、言うまでもない、健康への脅威だ」(5月26日付け朝日社説) 誰よりも石原・安倍オリンピックを憎む捏造紙が5月末、社説で中止論を絶叫した。海外に…
コメント:0

続きを読むread more

文在寅“付け火外交”笑劇場…反日4懸案のトゲ押し込む

大騒ぎの末のステイホーム。いわゆる日南4懸案が何ひとつ前進しない中の強引な訪日計画だった。そして日本国民は面倒な隣国があることを久し振りに思い出した。 大山鳴動して鼠一匹と言いたい所だが大山でもなく、鼠も獲得できなかった。騒ぐだけ騒いで後腐れを残す…二つ名の「外交の天災」は伊達ではない。 菅首相は7月19日、臨時会見を開き、…
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪を覆う政治ウイルス…変異した曲線のトリック

まさかの無観客で、スローガンは北京に略奪された。五輪の政治利用を許した菅政権は感染症対策でも迷走。その背後で政策決定の指標となるグラフの曲線1本がいつの間にか変異していた。 たった2本の曲線を使って、京大の藤井聡教授が感染症対策の基本を説明していた。昨年3月、特別措置法が改正され、政府の専門家会議が活発になり始めた頃だ。 ひ…
コメント:0

続きを読むread more