シナ人尖閣蛮行の証拠映像…市内視察で魚釣島上陸

尖閣諸島・南小島上陸から約1年、あの仲間市議が魚釣島に立った。調査団は島内各所をビデオカメラで克明に撮影。その映像は、不法入国シナ人による蛮行の傷跡も捕らえていた。
画像

新年早々の1月3日午後、シナ人が乗り組んだ反日船が尖閣海域を目指して香港を出発するという不愉快な速報が入った。通信社電によれば、出港時間は3日正午。すでに尖閣海域に向かっている…

反日船を仕立てたのは、悪名高い「世界華人保釣連盟」だった。昨年1月2日の創設から丸1年を記念して尖閣侵犯を計画。船上記者会見には、同組織トップ・黄錫鱗の姿もあった。
▼会見をセットする黄錫鱗ら1月3日(AFP)
画像

「世界華人保釣連盟」は、昨年6月の集団侵犯計画に合わせて新しい船を入手していたが、今回使ったのは前にも見かけたオンボロ漁船。そこに大陸のシナ人を含むメンバー10人が乗船しているという。

「出航30分後に海事当局の船から、出漁目的外の航海は認められないと警告を受けた」

メディアを集めた大々的な会見に反して、連中の航海は1時間で終わった。反日船は香港、海事当局からの制止命令を素直に受け入れてアッサリUターン。公海上に出ることすらなかった。
▼出港直後の反日ボロ漁船1月3日(AP)
画像

反日船が尖閣海域に接近するのは台湾国北部から出港したケースが殆どで、香港当局は近年厳しく規制している。最初から“盛大な出港”だけのパフォーマンスだった模様だ。新年早々からグダグダである。

この反日船関連の情報が入ってから間もなく、石垣港から出港した1隻の船が尖閣諸島・魚釣島沿岸に到達、乗員が上陸したことが明らかになった。謹賀新年の痛快ニュースだ。
▼魚釣島に立つ仲間市議1月3日(FNN)
画像

魚釣島上陸を果たしたのは、あの尖閣烈士・仲間均石垣市議会議員ら3人。仲間市議にとっては一昨年12月の南小島上陸に続く、快挙だ。反日船に対抗して、こちらは国士船と命名したい。

【尖閣の悲劇…慰霊碑に合掌】

仲間市議と仲嶺忠師市議らが乗り組んだ国士船は1月2日深夜11時、石垣港から尖閣諸島へ向け出航した。奇しくも、反日団体が翌日の尖閣侵犯計画を公表した時刻と重なる。

石垣島から魚釣島までの距離は、約170㌔。その間には荒波の絶海が横たわっているが、市内から市内への移動だ。市議会議員による市内視察である。
▼魚釣島上陸目前の仲間市議(FNN)
画像

出港から10時間以上が過ぎた2日午前9時30分、仲間市議はゴムボートに乗り換えて魚釣島の南西端に上陸。その20分後、仲嶺市議も上陸を果たした。映像を見ただけでも、島沿岸の波が高いことが判る。
▼仲間市議ら上陸の瞬間1月3日(FNN)
画像

「絶海の孤島、魚釣島への道のりは厳しく険しいものです」

仲間市議は、そう述懐している。島影の殆どない海を小型船舶で越えることは、常に危険と隣り合わせだ。仲間市議が身に着けたライフジャケットが、リスクを物語る。

今回の魚釣島上陸の目的は、ヤギの繁殖といった生態系の変化や島に残るカツオ節工場跡など文化遺産の調査。我が国の政府が長年放置しつ続けている問題である。
▼カツオ節工場跡(撮影:仲間市議)
画像

10年以上前から現地視察を行っている仲間市議が、上陸映像で魚釣島を案内してくれた。奈良原岳に続く丘陵地。荒れ地に見える斜面には、かつて野菜畑が広がっていたという。
▼畑の跡地を紹介する仲間市議(FNN)
画像

日本人が尖閣諸島を開拓してきた歴史的な証拠だ。最盛期には、この島に約250人が在住していた。彼らの生活を支えた貴重な飲料水は、今も充分な水量で滾々と湧き出ている。
▼豊富な水量誇る魚釣島の湧き水(FNN)
画像

案内の途中、仲間市議は小さな白い碑の前で手を合わせた。これが大東亜戦争末期、米軍の機銃掃射を受けた千早丸の慰霊碑だ。忘れてはならない尖閣の悲劇のひとつである。
▼千早丸犠牲者の慰霊碑に合掌(FNN)
画像

昭和20年7月3日、台湾に向かう疎開船「第一千早丸」「第五千早丸」が攻撃を受け、第五は炎上し沈没、第一は魚釣島に漂着。乗船していた180人余りは、お年寄りや婦女子など民間人ばかりだった。

魚釣島に漂着した第一千早丸の疎開者も、救助が来るまでの50日間で食糧が底をつき、餓死する方もいた。その遺族が島で慰霊を行うことすら許されていないのが現状だ。
▼石垣島開催の千早丸慰霊祭(八重山毎日)
画像

そして、仲間市議が紹介した魚釣島に残るもう一つの石碑。そこに衝撃的な事実が刻まれていた。

【シナ人犯罪の証拠が克明に】

魚釣島のカツオ節工場跡近くに御影石の立派な碑が建っている。尖閣諸島を開拓した明治の偉人・古賀辰四郎の顕彰碑だ。その功績を讃え、後世に語り継ぐ為、昭和53年に建立されたものである。
▼古賀辰四郎顕彰碑を紹介1月3日(FNN)
画像

撮影カメラが近付くと、顕彰碑にいくつかの傷が残っていることが確認できた。何者かが意図的に付けた傷…仲間市議は顕彰碑の傷について、こう解説する。

「ここに傷がありますけど、平成12年頃、中国人が上陸して傷をつけたんです」
▼傷について説明する仲間市議(FNN)
画像

犯人は不法入国したシナ人だった。顕彰碑の右部分にハッキリ残る複数の傷。石を投げ当てたようには見えない。小さな口径の銃による弾痕に見えるが、詳しい犯行状況は不明だ。

この顕彰碑は、平成16年にシナ人7人が侵入した際にも標的となっている。釘のようなもので「シナの領土」などという妄言が刻み込まれたのだ。
▼香港・台湾系の不法入国H8年(共同)
画像

しかし、仲間市議が指し示す複数の傷は、その時のものとは犯行日も形状も明らかに違う。いったい何があったのか…シナ人による極めて悪質な犯行だが、平成16年の毀損事件以外は報道されていない。

沖縄県警は、この顕彰碑毀損に関して情報を開示しなければならない。8年前の毀損事件でも県警は、不法入国したシナ人が「鋭利な物を所持していない」という理由で、罪を問わなかった。
▼丸型の傷痕3つが確認できる(FNN)
画像

また当時のシナ人不法入国では、尖閣神社が放火されたとの情報もあったが、詳しい発表がないまま闇の中に葬り去られた。政府も沖縄県警も尖閣をめぐる事件に関して隠蔽している事柄が多い。

その中、果敢に上陸して犯罪の証拠をカメラに納めた仲間市議の功績は大きい。はっきり捕らえた顕彰碑の傷。正にスクープ映像だ。

【国会議員よ仲間市議に続け】

「尖閣諸島は石垣市の行政区域で、議員が調査をするのは当然。漁業者の安全操業や建物の文化財指定、観光利用などについて、新年の始めに国に問題提起したいと考え、上陸した」

石垣港に戻った仲間市議は3日夜、報道陣の取材にそう答えた。市議らが乗る国士船が帰路に向かったのは正午前で、魚釣島滞在は2時間以上に及んだ。
▼仲嶺市議と仲間市議1月3日(産経新聞)
画像

既存メディアの一部は、今回の視察上陸について「無許可」であったことを強調し、軽犯罪をも匂わせる記事を出稿している。本末転倒も甚だしい。国が許可を出さない状況が異常なのである。

石垣市は、固定資産税の評価などを目的にした尖閣上陸の許可を求めているが、政府側が一切無視。また民間有志が訴える生態系の調査も断固拒んでいる。
■魚釣島沿岸で第一桜丸が現場遭遇


そうした政府の無為無策をチェックし、批判するのが報道機関の役割。尖閣は北方四島と異なる。国の許可など関係なく、行くなと言われば逆に突撃取材を敢行するのが本来のジャーナリズムだ。

「上陸はしません。でも疲れたら休む可能性があります」
▼海保の臨検受ける国士船1月3日(FNN)
画像

尖閣海域に向かう途上、国士船に乗り込んで来た海上保安官に対して仲間議員は、可能性をチラつかせながらも上陸を否定した。これは海保側への気配りなのだ。

上陸を宣言すれば、海上保安官は厳格に職務を執行しなければならなくなる。臨検の跡も海保の巡視艇は国士船を追尾。魚釣島沿岸からも警告を続けていたが、強硬な手段は取らなかった。
▼沿岸で監視する海保巡視艇(FNN)
画像

市議会議員による市内視察に“過ぎない”にしても、海保側は侵犯船事件以降、慎重な態度で臨んでいるように見受けられる。かつては尖閣上陸イコール書類送検処分であったが、それも今や有り得ない。

当然だ。殺人未遂の容疑者・詹其雄を不問にする一方、日本人を断罪すれば世論が沸騰する。確実に尖閣周辺の潮目は変わった。これは、あの外交敗北を経て巡ってきたチャンスに他ならない。
▼映像を撮影する仲間市議(産経新聞)
画像

次は、現職の国会議員が尖閣上陸に挑戦する番だ。自民党の特命委は、国政調査権に基づいた現地調査を政府に要請しているが、民主党政権がそれに応えることは永遠にない。
▼魚釣島に描かれた日の丸1月3日(FNN)
画像

政府側の許可など無関係。強行突破して上陸することに意義がある。領土問題の重要性を訴える発言は聞き飽きた。政治家は言葉よりも行動だ。野党の有志議員超党派で尖閣上陸を目指せ。

焦眉の尖閣問題、重要な国防問題を、いつまでも地方議員に丸投げすることは許されない。


  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参照:
仲間均市議ブログ『尖閣諸島の歴史と現状』1月4日「尖閣諸島上陸」

参考記事:
■FNN1月4日『沖縄・石垣市議ら4人魚釣島上陸 上陸時の映像に傷つけられた日本の石碑も』
■FNN1月4日『沖縄・石垣市議ら4人魚釣島上陸 中国外務省「魚釣島と尖閣諸島は中国固有の領土」』
(↑独自入手映像~3日程度で消失)

■産経新聞1月3日『尖閣諸島に石垣市議ら4人上陸 海保の立ち入り検査後』
■朝日新聞1月5日『石垣市議ら尖閣に上陸』
■産経新聞1月3日『香港団体、尖閣向け出航へ 世界連盟設立1年で』
■産経新聞1月3日『尖閣への航海断念し帰港へ 世界華人保釣連盟』

"シナ人尖閣蛮行の証拠映像…市内視察で魚釣島上陸" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント