地平線上のウイグル絶望監獄…潜入取材で暴かれる狂気

今年のピュリツァー賞受賞者はその映像を絶賛した。単身潜入した青年がウイグル強制収容所に接近、撮影に成功。砂漠の果てに巨大な狂気が浮かび上がる。
表紙候補ダーバン.png

「その勇敢な若者は秘密の使命を帯びていた」

英メール紙の記事は、印象的な書き出しで始まる。10月上旬、東トルキスタンの収容施設を極秘撮影した映像を動画投稿サイトにアップされ、今月になってごく少数の欧米メディアが取り上げた。

「僕は’19年に新疆を自転車旅行したのですが、今回の目的は全く違いました」

GuanGuanと名乗る男性は、そう語る。目的は東トルキスタン各地に点在する知られざる監獄を見付け出し、映像に収めることだ。気儘な独り旅ではなく、生命の危険を伴う潜入取材である。
▽モリ・カザフ自治県の収容所(英メール動画より)
英メールのモリカザフ自治県の施設.png

撮影範囲は首都ウルムチ近郊からモリ・カザフ自治県、クムル市、中部のカラサール。彼は車で多数の検問を抜け、特別な地図を頼りに秘密の施設に迫った。

映像の中に白黒の地図が出てくる。米メディア・バズフィードが衛星写真を元に作成したウイグル強制収容所マップだ。彼はその記事に刺激を受け、潜入取材を決行したと明かす。
▽全土に点在する収容所を分類(BuzzFeed)
バズ地図.png

「掲載されている写真は衛星画像です。マークのある施設は実際、どのような環境の中にあるのか?」

堅牢な監獄を見付けると、彼は車から降りて丘に登った。そしてバックパックから機材を取り出して撮影を試みる。監視員と視線が合えば、拘束・拷問は免れない。

今回の潜入では8都市を踏査し、18ヵ所の監獄を発見した。大半は地図上にマーキングされていなかった。ウルムチ近郊では、外壁の長さが1km近い巨大な施設に遭遇。異様なスローガンが目に留まる。

「労働の改造 文化の改造」
▽収容所に掲げられたCCPのスローガン(英メール)
英メールのスローガンウルムチ.png

有刺鉄線の向こう側には、そんな文字が大きく掲げられていた。メール紙は「不吉なオーウェリアンのスローガン」と表現する。正に地上に現れた『1984』のディストピアだ。

*注:記事末尾にオリジナル動画添付

【1万人監獄の近くに新たな巨大施設】

「建物にはガラスの天窓がある。恐らく、拘留者は外に出ることさえ許されていないんだろう」

監獄を見下ろしたGuanGuanは、巨大な施設の何処にも人影がないことに気付く。中庭の散歩や軽い運動が推奨される刑務所とは違う。ここは絶望に支配された収容所だ。
▽ウルムチ市街地に隣接する収容所(RFA動画より)
RFA Xishan Detention Center in Urumqi.gif

「政府当局の厳しい規制で、海外メディアが現地を訪れてインタビューするのは非常に難しい。外国人記者は新疆で自由に動き回れないが、僕はまだそこに行けた」

現地取材を敢行し、映像を公開して告発する意図が初めからあった。RFAは敬意を込めて彼を「市民ジャーナリスト」と呼ぶ。大手メディアが出来ない真実の追及をたった独りで成し遂げた。
□RFAによる英語解説付きダイジェスト映像


AP通信は今年7月、ウルムチ市南部郊外ダーバン(占領名:達坂城区)に大規模施設の撮影を許可され、内部を取材した。以前は「訓練施設」と称されていたが、今は表向き「拘置所」となっている。
▽記者が案内されたダーバンの施設7月(AP)
スクリーンショット 2021-11-24 1.17.03.png

収容人数について、AP記者は檻房数から最大1万人規模と割り出した。貴重な取材ではあるが、収監者に関する情報はなく、最初に「当局主導のツアー中」に特別な撮影許可が下りたと断っている。

判明したのは、同施設が’19年に増築され、最大規模になったことだ。増築工事発注の公的資料から裏付けた。GuanGuan青年も映像の後半で同じダーバン地区を訪れる。丘から撮影した収容所だ。
▽潜入取材で接近するダーバンの新収容所(YouTube)
ダーバン造成中か.png

そこにも人影がない。説明によると今後使用が見込まれる新しい施設だという。人夫も工事車両も見えないが、外壁の手前側は造成作業の途中のようで、土砂が剥き出しになっている。

恐るべき事実だ。1万人収監の収容所があるエリアに、別の巨大監獄が新設されている…AP通信が取材した施設を裏側から撮影した可能性も考えられたが、メール紙は「新ユニット」と伝えている。
▽ダーバン新施設に続く砂漠の街道(YouTube)
スクリーンショット 2021-11-24 1.22.06.png

ASPI(豪戦略政策研究所)は昨年の報告書で、東トルキスタン国内の強制収容所を380ヵ所と推計した。それでも中共は巨大監獄を各地で作り続けているのだ…

【天滅中共の決死取材vs漫遊記】

「ウイグル人に対する迫害は想像を絶するものだった」

約20分の投稿動画の終盤で、彼はそう取材の感想を漏らした。映像を紹介した一部メディアは、GuanGuan青年の素顔について詳しく紹介していない。

「ある情報源によると彼は、台湾で学んだ経験を持つチャイニーズ活動家」(11月20日付けメール紙)
▽撮影後に総括するGuanGuan青年(YouTube)
スクリーンショット 2021-11-24 0.36.29.png

人物説明がどこまで正確なのか判らないが、検問通過の様子からほぼ確実に漢族である。またRFAが11月18日に記事をアップした時点で、本人の安否確認が出来たものと思われる。

掲載したキャプ画像のクレジットは2020年だ。海外脱出後、素材を編集して投稿したと信じたい。動画の結びに添えられたメッセージは痛烈で、中共との決別宣言に等しかった。

「自分が奴隷にされなくても、他人が奴隷にされているのを見ることは耐えられません。非人道的な政策を終わらせるには、CCPを滅ぼすしかないのです」
▽香港中心部の抗議活動’20年5月(ロイター)
ロイター20年5月香港中心部の抗議活動.jpg

香港民主派のスローガン「天滅中共」を思い起こす。GuanGuan青年は香港公安が外国報道陣の前で弾圧を強行したケースに言及する。潜入取材を決意した背景には、その影響もありそうだ。

「海外メディアの目が封じられた新疆では、どんな蛮行が罷り通っているのか」

前述のAP通信も含め、既存メディアにとっては耳が痛い指摘である。本邦の一部新聞社も現地に入り、ウルムチ周辺の収容所取材にチャレンジするが、危険を顧みる漫遊記の域を出ない。
▽アクス市郊外の「刑務所」3月(毎日)
アクス市郊外の「刑務所」3月毎日.png

「どのタクシーにも断られ、断念した」(3月13日付け毎日)
「目的地の1・5キロ手前でタクシーは止まった」(5月16日付け西日本新聞)

一方で両紙は、何故か訪問を許されたカシュガルで、収容所とされた施設が中共の党学校だった“事実”に突き当たる。結果的に、ASPI報告書の信憑性に疑問符を付ける記事に仕上がっているのだ。
▽鉄格子窓のカシュガル“党学校”4月(西日本新聞)
西日本新聞4月鉄格子窓のカシュガル党学校.png

偶然の一致ではなかろう。砂漠の果てに党の教育施設が建つ不自然さを軽くスルーする態度は、ある意味、清々しい。お抱えツアーで中共の宣伝に乗る記者にGuanGuan映像の価値は理解できない。

「この映像を見て本当に驚嘆しました」

そう絶賛するのは、建築家で地理空間アナリストのアリソン・キリング氏だ。マイナーな専門家ではない。今年度のピュリツァー賞受賞者である。

【2人に1人が収容所送り説に現実味】

「最初に言いたいのは、その青年がいかに勇敢だったかということです」

そう語るキリング氏は、21年度ピュリツァー賞の国際報道部門で受賞したバズフィード取材班の一員だ。チームは衛星写真などをベースに稼働中の強制収容所を割り出し、真実を中共に突き付けた。

「衛星写真の分析を裏付ける貴重な地上からの映像です。改めて巨大さを確認することができました」
▽アリソン・キリング氏(pulitzer)
アリソン・キリング氏(pulitzer).png

左翼臭が鼻につくピュリツァー賞だが、ウイグルに関するバズフィードの特集記事は素晴らしい内容だ。監視塔設置の監獄や閉鎖済み・既存の老朽施設を分類し、深刻な現状を浮かび上がらせた。

「ここはウルムチの主要な収容所で、全長は2km。’19年後半、道路を挟んだ西側に、1km分の新施設が追加された」
▽収容所とNYセントラル・パーク(BuzzFeed)
バズ比較.png

AP通信が訪れたダーバンの施設についての補足説明である。この収容所をNYのセントラル・パークと比較するセンスが秀逸だ。それでも大きさを実感するのは難しい。

「これはウルムチ地域で最大の強制収容所に違いない」

GuanGuan映像で監獄外壁に並行する道を走るシーンがある。例の『1984』スローガンを目撃した監獄だ。走行して1分が過ぎても壁が終わらない。
▽延々と続くウルムチの巨大監獄の外壁(YouTube)
ウルムチ1キロの外壁.png

メール紙によると外壁の長さは約900m。つまり、これでもダーバンの施設の半分に満たないのだ。いかに広大で異様な監獄であるか、改めて実感させられる。

米国務省は’19年5月に拘束者の総数を「300万人近い」と推計した。想像を絶する規模だ。更に最近ではウイグル支援団体から「500万人」という声も上がっている。
▽ウルムチ巨大監獄の監視塔(RFA動画より)
RFAウルムチの収容所.png

祖国東トルキスタンで暮らすウイグル人は弾圧強化の数年間で急激に減少し、実数で1,000万人を割り込んでいる可能性も高い。500万人拘束であれば、2人に1人が監獄に囚われていることになる。

こうした数値に対して懐疑的な見方もある。「いくら何でも多過ぎる」といったエビデンスに基づかない感情論だ。そして中共は、膨大な失踪者や人口減を否定するプロパガンダを振り撒く。
▽ジュンガル盆地の端にあった収容所(YouTube)
スクリーンショット 2021-11-24 1.33.35.png

しかし、一切フィルターのない今回のGuanGuan映像を見て、確信した。砂漠の果ての世界にあるのは、常人の想像を遥かに超えた巨大な狂気だ。





最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中国侵攻で機能不全に陥る日米安保 [ 西村幸祐 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/11/19時点)




参照:
□the Pulitzer Prizes HP『Finalist: Megha Rajagopalan, Alison Killing and Christo Buschek of BuzzFeed News』
□Harano Times Official Channel11月19日『【日本語字幕】ウイグルの強制収容所を探す!一人の勇敢な若者がリスクを負って、撮影したウイグルの強制収容所』

参考記事:
□米RFA11月18日『Video from Xinjiang provides fresh evidence of China’s Uyghur repression』
□独ドイチェ・ヴェレ11月22日『Xinjiang footage sheds new light on Uyghur detention camps』
□英メール11月20日『China’s concentration camps exposed: Prisons at centre of Beijing's brutal clampdown on Muslim Uighurs are caught on video secretly filmed by brave activist who documented slogans including 'reform through labour’』
□スプートニク11月22日『中国のウイグル収容施設をブロガーが密かに撮影』

□バズフィード20年9月21日『中国政府、ウイグル自治区でイスラム教徒の強制収容所を拡大。衛星画像分析で明らかに』
□バズフィード20年10月3日『ウイグル自治区の強制収容所の過酷な現実。中で何が起きているのか』
□ギガジン7月8日『中国政府が隠ぺいするウイグル強制収容所を衛星写真から発見する手法とは?』
□AP通信7月22日『Room for 10,000: Inside China’s largest detention center』
□西日本新聞5月16日『地図アプリに載らない「強制収容所」を訪ねてみた』
□毎日新聞3月13日『「刑務所」は実在した。新疆で考えたウイグル問題』


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント