捏造慰安婦は二度死ぬ…植村隆の言論弾圧に鉄槌

慰安婦の真実を封じる事実上のスラップ訴訟は“門前払い”で終わった。朝日新聞が育てた捏造記者の完封負け。170人の大弁護団は10人去り20人去り、植村隆だけが残された。 「日本兵による大規模な強かんは、国際的な関心と怒りをかった」「看護婦などの技術職のために職業訓練をしてやるといって女性たちを騙した」 国際組織アムネスティは2…
コメント:1

続きを読むread more

バイデンの不浄な“統治権”…輪郭浮かぶ有権者詐欺組織

バイデンが口走った有権者詐欺組織の輪郭が徐々に浮かんできた。チャベス独裁政権を支えた選挙システムが「統治権」と名を変えて米上陸。憲政史上最大の疑惑に世界が震える。 背後から走り寄った黒服の大男が顔面を殴り、被害者は卒倒。さらに仲間の女が頭を裂く踏み付ける…ノックアウトされた男性はトランプ支持者で、襲い掛かったのはアンティファの構成…
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領の“対中内戦”…不正選挙を隠す不正報道

死に票ならぬ死人票もあった。中共の浸透工作を暴くトランプ政権と不正隠しに必死な新旧メディアの攻防。ラストベルトを焼き尽くす“米本土決戦”は泥沼化の様相を呈す。 不正選挙に怒りの声を上げたベラルーシ国民は、追い詰められつつある。10月下旬に呼び掛けられたゼネストも抗議者が一斉逮捕され、不発に終わった。 ▽覆面部隊が不正選挙抗議者を…
コメント:0

続きを読むread more

キツネ狩りには遅すぎた…中共“密猟”工作の罠と網

狩人が狙われる側に回った。米FBIが中共の海外反体制派狩りで反転攻勢。欧州には不当拘束に加担する国、そして極東には悲劇が連鎖するアジア最大の“狩猟区”がある。 「ニューヨーク市警や米軍にまで浸透していました。この事件は、中共スパイ活動の根深さと広さについて、警鐘を鳴らすものです」 NYクイーンズ地区に本部を置くチベット人協会…
コメント:0

続きを読むread more