親中“悪の枢軸”誕生危機…二階とバイデンを繋ぐ赤い糸

中共絡みの疑惑は揉み消され、逆に権力中枢へと近付く不可思議な現象…二階とバイデンの台頭に習近平がほくそ笑む。最凶パンダ・ハガー2人が牛耳る日米暗黒時代は到来するのか。 「中国とは長い冬の時代もあったが、今や誰が考えても春。訪問を穏やかな雰囲気の中で実現できることを、心から願っている」 底知れぬ恐怖を覚える発言だ。中共・精華大…
コメント:0

続きを読むread more

南モンゴル大草原の導火線…忘れられた南北分断国家

民話も民謡も消えていた…中共によるモンゴル語抹殺計画は予想を越えて過酷だった。直ちに反対の声を上げたのは北の同胞。忘れられた分断国家が、枯れゆく大草原の彼方に姿を現す。 「これはモンゴル語の抹殺です。文化的なジェノサイドです」 南モンゴルを故郷に持つ男性の悲痛な訴えが響く。9月5日、都内・中共大使館前に有志が結集し、強い抗議…
コメント:1

続きを読むread more

チェコ訪台団が宿すハベル魂…蜜を取り損ねた“黄熊外交”

不屈の反共闘士・故ハベル大統領の魂が、チェコ議長団を台湾に誘った。反撃を試みた中共指導部は無惨な返り討ち…智恵の足りない“黄熊外交”が挽回に向けて照準を定めるのは我が国だ。 「自由、真実、正義こそが最高の剣であり、鎧だ」 台湾国を公式訪問したチェコ上院ビストルチル(Vystrcil)議長の言葉が大きな反響を呼んでいる。儀礼的…
コメント:0

続きを読むread more