チェコ訪台団が宿すハベル魂…蜜を取り損ねた“黄熊外交”

不屈の反共闘士・故ハベル大統領の魂が、チェコ議長団を台湾に誘った。反撃を試みた中共指導部は無惨な返り討ち…智恵の足りない“黄熊外交”が挽回に向けて照準を定めるのは我が国だ。
スクリーンショット 2020-09-10 19.14.35.png

「自由、真実、正義こそが最高の剣であり、鎧だ」

台湾国を公式訪問したチェコ上院ビストルチル(Vystrcil)議長の言葉が大きな反響を呼んでいる。儀礼的な挨拶とは一線を画す大演説で、取り分け台湾国会で発した一言は、鮮烈な印象を与えた。

「私は台湾人です」
▽台湾国会で演説するビストルチル議長9月1日(ロイター)
ビス議長の国会演説ロイター.jpg

スタンディング・オベーションが約1分続いた。我が国でも一部報道されたが、故ケネディ大統領が’63年に西ベルリン演説で放った「私はベルリン市民」という名言を解説しないと真意が伝わり難い。

飛び地だった西ベルリンは当時、共産陣営と間近で向かい合った。つまり、ビストルチル議長は台湾国を共産党の脅威に対抗する重要な最前線と位置付けたのだ。
▽台湾国会に向かうチェコ訪問団9月1日(ロイター)
ロイター1日、台湾の立法院(国会)に到着したチェコのビストルチル上院議長(前列右から3人目)ら一行=ロイター.jpg

反共の防波堤という意味だけではない。JFKは演説のラストを締める「Ich bin ein Berliner」というセンテンスの前に、こう力強く述べている。

「全ての自由な人々は何処に暮らしていようがベルリン市民であり、それ故に自由な人間として私はこの言葉に誇りを持つ」



キーワードは「自由」だ。目の前で香港の自由を奪われたことに対する後悔の念も感じ取れる。そして、香港情勢に多大な影響を及ぼした台湾国野党「時代力量」幹部は、こう讃えた。

「その場に居た全ての人が議長の言葉に感動しました。チェコは台湾と同じように自由と民主主義を求め長年努力してきた仲間です」
▽香港にも波及したプラハ「レノンの壁」(産経file)
産経香港に波及したプラハ市の「レノンの壁」.jpg

かつて「プラハの春」を戦車で蹂躙されたチェコからの来賓であったことが重要だ。上院議長率いる訪問団は約90人。その中には歴史的な訪問団結成の影の主役も含まれていた。

【脅しを跳ね除けた反中共の旗手】

「私は台北市民。これは宣言ではなく、事実です」

プラハのフジブ(Hrib)市長は9月4日、そう記者団に語った。市長は昨年3月に台湾国を訪れた際、国際交流の推進貢献で「名誉台北市民」の称号を授かった。親台湾路線の鍵を握る人物である。
▽台北市内で会見するフジブ市長9月4日(中央社)
中央社94会見するフジブ市長.jpg

フジブ市長は就任後間もない昨年1月、前任者が締結したプラハと北京の姉妹都市協定を一部破棄すると表明。理由は、協定に「一つのチャイナの原則を守る」という項目があったことだ。

「姉妹都市協定に政治を持ち込むのは適切ではない」

削除を申し入れたが、中共側は無視を貫く。暗雲が立ち籠める中、同年3月、チベット亡命政府のセンゲ首相と会談。ラサ蜂起記念日には市庁舎に雪山獅子旗を掲げるといった大胆なアクションを起こす。
▽庁舎に雪山獅子旗掲げるフジブ市長'19年3月(SCMP)
SCMP19年3月庁舎に雪山獅子旗掲げるフジブ市長.jpg

中共との対立は決定的となった。ただし、姉妹都市解消はフジブ市長のスタンドプレーではなく、プラハ市議会の全面的な同意を得たものだった。

「人権はパンダより重要だ」

各国政治家に聞かせたい名言も残す。フジブ市長は独紙への寄稿で、協定には「台湾とチベットの独立に反対する非常に政治的な条項」が盛り込まれていたと明かした。協定には裏の条項があったのか…
▽プラハ市長室に招かれたセンゲ首相'19年3月(地元紙)
地元紙19年3月センゲ首相迎えるフジブ市長.jpg

そして今年1月、新たに台北市と姉妹都市協定を結ぶが、台湾と同時にチベットを重要視していることに注目する。古くからのチベット支援者だった故ハベル大統領の影響が強いようだ。

故ハベル大統領は12年前のチベット大虐殺で、反中共の急先鋒となった。一般市民と肩を並べ、街頭抗議活動に参加していた光景を懐かしく思い出す。
▽中共大使館に立つハベル元大統領'08年3月(EPA)
EPA2008年プラハ大使館前抗議のハベル.jpg

ハベル大統領が導いたビロード革命、或いはプラハの春時代から底流にある伝統。フジブ市長は異端児ではなく、その精神の正しい継承者と言える。

むしろ異質なのは、チェコの現政権だ。今回の訪台団はあくまでも議会主導で、チェコ政府は無関係だった。現政権は親中派で、一帯一路=植民地ベルト構想の旗振り役を務めていた。

【訪台目前に…戦慄の議長急死事件】

「台湾とチェコは共に権威主義体制に反抗し、民主主義を勝ち取る道を歩んできました」

ビストルチル議長を迎えた蔡英文総統は、そう語った。この会見で、訪台が叶わなかった女性の映像が紹介される。クベラ前上院議長の未亡人である。
▽蔡英文総統との会談で流れた映像(新唐人TV)
新唐人9月3日会見のビデオ.png

クベラ前上院議長は今年1月、台湾国を公式訪問する直前に急死した。死因は心筋梗塞と発表されたが、倒れる3日前に中共大使館の夕食会に夫婦で招かれ、体調を崩していたことが判った。

「料理や飲み物を絶対に口にしてはいけない」

夕食会の席上、別室に呼ばれたクベラ前議長は、戻ってくると夫人にそう忠告した。別室で何があったのか詳しく判らない。だが、直後の急死は余りにも不自然で誰しも「謀殺」の二文字が頭を過ぎる。
▽クベラ前議長夫妻と中共大使館員ら:時期不詳(台湾英文新聞)
台湾英文新聞時期不明クベラ夫妻.png

2月に迫っていた訪台団は空中分解。「謀殺」を匂わせる新情報もなく、世間が忘れかけた頃、未亡人と娘は遺品整理中に発見した2通の手紙を公表する。脅しの手紙だった。

「1通はチャイナ大使館で、もう1通は大統領府からでした。どちらも恐ろしい内容の脅迫状です」
▽クベラ前議長に送り付けられた脅迫文(新唐人TV)
スクリーンショット 2020-09-10 15.02.08.png

支那に進出したチェコ企業への制裁に加え、議長家族の身に危険が及ぶことを示唆するものだった。この脅迫状について、チェコ議会は調査を要求しているが、大統領府は拒否を続けている。

現在のゼマン大統領は札付きの親中派で、習近平の左手敬礼事件で老将が涙した5年前の六四広場軍事パレードにも参加。元から親ロシア傾向でポピュリストという軽薄な政治姿勢が中共に狙われた。
▽プーを迎えるチェコのゼマン大統領’16年(産経)
産経16年6月調印式で握手するチェコのゼマン大統領(右)と中国の習近平国家主席=29日、プラハ.jpg

黄熊の植民地ベルト構想を欧州で最も早く受け入れたのが、チェコだった。プレゼントは激安の高速鉄道とパンダである。だが、口先だけの空約束で、社会では不満が高まりつつあった。

「国民の中から協力者や工作員になり得る人物を探し、接触するなどの活動が増加している」

チェコ情報当局は昨年11月、中共による大規模な工作活動を警告する報告書を公表した。各国で展開する“静かなる侵略”の典型だが、豪州のケースより大胆で、既に大統領府まで侵している。
▽プー訪問時にはプラハ市内で抗議も相次いだ'16年(AFP)
AFP16年プラハ訪問では抗議も.png

その中での上院議長訪台団は、大きな意義があった。一足飛びに国交樹立とは行かないにせよ、新政権でハベル時代の“物言うチェコ”が復活する予感もする。インパクトは絶大、タイミングも絶妙だった。

クベラ前議長はビロード革命に参加した闘士だった。ひと回り若い現上院議長は、その衣鉢を継ぐ形での台湾国訪問となったが、終生、脅しに屈しなかったハベル大統領の魂を宿しているかのようだ。
▽プラハの国際会議で3者が揃ったことも'09年(file)
ファイル2009年プラハ で2人招く.jpg

一方、クロスカウンターを放ったはずの中共は、近年稀に見る外交敗北を喫した。

【機能不全に陥った中共外交の矛先】

「絶対に座視することはなく、近視眼的な行為と政治的な博打に高い代償を支払わせる」

欧州歴訪中の中共外相・王毅は8月31日、チェコ議長らの訪台を猛批判した。相変わらずの傲慢な態度だが、北京の思惑に反し、欧州各国から逆襲を喰らった。

「脅迫は相応しくない」
▽共同会見で発言する独マース外相9月1日(NHK)
スクリーンショット 2020-09-09 22.45.48.png

ドイツのマース外相は、そう語った。しかも、会談後の共同会見という公の場所で言い放ったのだ。異例中の異例の予期せぬ屈辱…面子を重要視する王毅にとっては横面を殴られ、唾を吐かれたに等しい。

反トランプ・親中傾向が強く、安牌だったドイツに裏切られた。また最初の訪問国だったイタリアでも外相会談で香港問題に踏み込まれる。こちらは飼い犬に噛まれた格好だ。

「王外相の欧州歴訪は失敗に終わった」
▽歴訪追跡抗議には羅冠聡氏も登場9月(中央社)
image.jpg

仏紙は厳しく、総括した。チェコ恫喝では仏外務省も「脅しは受け入れられない」との声明を発表。EU主要国の取り込み強化を意図した外交が、暴言で全てマイナスに作用するという大失態である。

「王毅だけの問題ではない。中国が戦略もなく、頓珍漢外交の路線を走っている」

百戦錬磨のチャイナ・ウォッチャーである石平氏も驚く。中共当局はバイオレンス映画に準えて“戦狼外交”と自称するが、実態は少し頭の足りないプー主演の“黄熊外交”だ。
▽オランダ首相と偉そうに話す王毅8月(共同)
オランダのルッテ首相(右)と会談する中国の王毅国務委員兼外相=8月、オランダ・ハーグ(新華社=共同).jpg

武漢ウイルス禍で反転攻勢に出たい習近平は、マスク押し売り外交に続き、取り返しのつかない失敗を犯した。6月中旬、ハワイで緊急開催したポンペオ・楊潔篪会談である。

「言葉だけで事態を動かす提案はなく、楊の約束は空っぽだった」

米ポンペオ外相は7月末のニクソン博物館演説で、名指し批判した。問題は重要な会談に、中共指導部が楊潔篪を送ったことだ。王毅が外相のカウンターパートではない事実を内外に宣言したも同然だった。
▽決裂したポンペオ楊潔篪ハワイ会談6月17日(代表)
フォーリンポリシー話ハワイ会談.jpg

各国メディアも楊潔篪を「外交トップ」と表現するようになったが、正確ではない。楊は政治局委員で、その上には外交担当の政治局常務委員・王滬寧が居る。中共の党序列5位だ。

このオーダーから、王毅は諸外国の外務次官にも相当しないことが判る。我が国だと外務審議官、米国の場合は外務次官補クラス。ナンバー3とも言えない官僚で、伝書鳩に過ぎない。
▽欧州歴訪を始めた王毅8月27日(ロイター)
8月27日、中国の王毅国務委員兼外相(写真)は、新型コロナウイルスの発生源は中国かどうか分からないとの認識を示し、公衆衛生の専門家や外国政府の見方に疑問を呈した。オスロで撮影(2020年 ロイター.png

中共外相が次官補クラスであることは先進各国も承知で会談に応じてきたが、今後は難しい。本格的な外交交渉の場には、楊潔篪を送り込んでくるだろう。

我が国の新政権発足後、習近平は年内に楊潔篪を訪日させる。中共の頓珍漢外交は笑い事ではない。この難局で標的となるのは、脅しが効く国だ。手始めに屈服させた南鮮に続き、我が国を狙う。
▽南鮮恫喝で釜山入りした楊潔篪8月22日(聯合)
連合822釜山入りした楊 潔篪.png

間もなくニューヨークでUN総会が始まる。そこで黄熊とコンタクトするのか否かを含め、新政権はいきなり外交面で正念場を迎える。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考映像:
□YouTube石平の中国深層分析9月5日『中国、戦略なき頓珍漢外交の末路「合従連衡」を生み出した老大国の外交はここまで下手になった!』
□YouTube新唐人TV9月5日『チェコ議長と蔡英文総統会談「台湾とチェコは抑圧に屈しない」』
□YouTube新唐人TV9月5日『チェコの上院議長 台湾国立政治大学で講演』

参考記事:
□ロイター9月1日『チェコ上院議長「私は台湾市民」立法院で演説 中国は反発』
□産経新聞9月1日『「私は台湾人」 チェコ上院議長の演説に立法院喝采』
□産経新聞9月3日『台湾の蔡総統、チェコ議長と会談 「独裁に反抗した共通の歴史」』
□時事通信9月4日『中国の脅し「受け入れられない」 チェコのプラハ市長―台湾』
□フォーカス台湾9月4日『プラハ市長「私は台北市民」 チェコ上院議長の「私は台湾市民」発言に呼応』
□ブルームバーグ9月7日『対中関係悪化いとわず台湾訪問したチェコ上院議長-前任の遺志継ぐ』
□フォーカス台湾8月14日『チェコの台湾訪問団、中国の脅迫受けた故‧前上院議長の夫人も参加』
□大紀元4月29日『急逝したチェコ前議長 夫人「中国大使館の脅迫状に殺された」』
□産経新聞9月5日『中国外相、欧州取り込み難航 チェコ議長訪台で「恫喝」露呈』
□大紀元9月1日『各国から人権問題への懸念表明 仏メディア「王外相の欧州歴訪は失敗」』
□WSJ9月2日『中国の外交攻勢、欧州で成果上がらず』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント