微風に抗った安倍総裁3選…岸田vs石破の暗澹未来

メディア総ぐるみのネガティブキャンペーンも安倍首相には微風レベルだった。次期総裁レースが密かに始まる中、石破茂が選択したのは、反日勢力と結託する前時代的な政治手法だ。 第2代台湾総督の桂太郎は、陸軍大臣を務めた後、内閣総理大臣に就任した。西園寺公望と持ち回りの形で、第11・13・15代首相を歴任。通算の在職日数は2,886日と8年…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ウイグル絶望監獄の鉄壁…終焉を迎えたUN人権理

連行されたウイグル人は300万人…東トルキスタンの絶望収容所に国際社会が漸く目を向けた。だが侵略国家が築いた鉄壁を崩すのはUNゴミ機関ではなく、中共幹部を標的にした制裁案だ。 黒い神通力は確実に衰えてきている。以前は、ジュネーブの国際委員会で対日非難の主張が出れば、各メディアはトップニュース級で伝え、大騒ぎした。90年代の慰安婦捏…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

武健一が潜む“砂上の楼閣”…闇に消えた北朝鮮利権

在日2世が握っていた北朝鮮の砂利利権は消滅…そして急成長した“労組コス”の圧力団体は北との関係を隠す気もない。生コン業界のドン=武健一の再逮捕で、パンドラの箱は開くのか。 「核開発の現場では日本の重機や機器があらゆる所で使われている」 核関連施設の元職員だったと明かす脱北者は、そう証言した。核開発現場に限らず、北朝鮮には日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more