哀れ慰安婦“捏造派内戦”…「証言が証拠」の暴論に幕

“強制連行”の嘘がバレた朝日新聞が縋り付く南鮮の女性学者。著書を巡る起訴騒動は捏造派の分裂に発展した。そして、自称慰安婦は“絶対神”の座から引き摺り降ろされる。
画像

「泥棒をしていない人を泥棒呼ばわりする本だ。学問の自由は関係ない」

慰安婦役の老婆をプロデュースする事務所「ナヌムの家」は12月3日、声明を発表し、内外の動きを牽制。1冊の慰安婦本をめぐる議論は、泥仕合いの様相を帯びてきた。
▽問題の書籍を抱える自称女14年6月(JNN)
画像

『帝国の慰安婦』を著した世宗大学・朴裕河(パク・ユハ)教授が名誉毀損罪で在宅起訴処分を受けたのは11月中旬。南鮮メディアの扱いは当初低調だったが、半月のタイムラグを経て議論が過熱し始める。

「検察庁という公権力が特定の歴史観をもとに学問や言論の自由を封圧する挙に出た」

11月26日、狂犬フェミの上野千鶴子や“南鮮亡命中”の若宮啓文が都内で会見を開き、朴裕河起訴を非難した。これに同調した50人余りの学者らは揃いも揃って慰安婦捏造派の面々だ。
▽非難声明発表する若宮ら11月26日(産経)
画像

連中が敵視・問題視したのは南鮮検察だが、それに「ナヌムの家」が噛み付いてくることは予想外だったかも知れない。日本国内の捏造派と「ナヌムの家」が対立する事態は、史上初めてである。

この日本側の動きを受け、12月2日には南鮮の学者ら約190人も声明を発表し、検察が「学問の自由」に踏み込んだことを批判。更に朴裕河も同日、沈黙を破り、ソウルで記者会見を開いた。

「検察の非人権的な調査と起訴に強く抗議する」
▽記者会見する朴裕河12月2日(読売)
画像

南鮮の主要紙も、日南双方の意外な反応に驚き、「学問の自由論争」として動きを詳細に伝え始める。検察を批判する捏造派の中には、これまで“親韓派の良心日本人”と絶賛してきた人物が多かったのだ。

その筆頭が河野洋平である。

【河野洋平vs自称軍団の夢対決】

「談話の意図が曲解されていると感じている」

河野洋平は、そうコメントを寄せた。大国賊も南鮮検察非難に賛同した1人。さすが捏造派の重鎮である。会見には姿を見せなかったが、盟友の若宮啓文が代理で大国賊の感想を紹介した。

南鮮検察は朴裕河起訴にあたって、河野談話を“証拠資料”のひとつに挙げた。大国賊・河野洋平は、自らの売国談話が採用されたことに不快感を抱いた模様だ。盗人猛々しいにも程がある。
▽会見で説教する河野洋平6月(産経)
画像

談話発表時の会見で、第2次政府調査の結論を曲解し、“強制連行”を認めたのが河野だ。そして談話は曲解され続け、性奴隷というUMAを産み出した。他国の検察を糾弾する資格などない。

朴裕河起訴で問題となったのは「自発的な売春婦」「日本軍との同志的関係」といった切り口で、“強制連行”をめぐる朝日の捏造とは異なる。だが、河野談話から「自発的売春」を読み取ることは出来ない。

「慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たった」(平成4年8月4日河野談話)
▽談話を発表する河野洋平H4年
画像

実在する慰安婦の大半は、自発的だった。半島では朝鮮人女衒が暗黒リクルートに携わったケースもあるが、例外的と言える。最初に事実を捻じ曲げ、自発的な就職を無視したのが、河野洋平である。

また朴裕河起訴の発端は、「ナヌムの家」がマネジメントする慰安婦役の老婆が昨年6月に提訴したことだ。その際、ソウル地裁前に集結した自称軍団は、こう合唱していた。

「朴教授の本はウソだ」
「一体どこからそんな話が出てきたのか」

▽朴裕河を罵倒する洋公主14年6月(JNN)
画像

南鮮検察の起訴認定は、そんな自称慰安婦の主張に添ったものだ。河野洋平は23年前、ヒアリングした自称慰安婦の“証言”に心を痛め、反証作業を行わず鵜呑みにした。

なぜ今回は、自称女の言葉に耳を傾け、寄り添わないのか? 老婆たちの自叙伝を真に受けたり、無視したり…他の捏造派にも当て嵌まる事柄だが、完全な二重基準だ。
▽“クネ詣で”の河野洋平13年(聯合)
画像

しかし「日本が悪」という点では見事に一貫している。自称女や所属事務所に攻撃される朴裕河もまた「反日」を超克できない南鮮学者に過ぎない。

【挺対協はずしの「即席解決」】

「慰安婦は『戦争』が作った存在である以前に国家勢力を拡張させようとする『帝国主義者』が作った存在だ」

12月2日の記者会見で、そう朴裕河は持論を披瀝した。そのロジックが普遍的なものであるなら、第5種補給品と命名された南鮮の米軍慰安婦も“帝国主義者”が生み出したのか?

我が国の保守系論客の中にも朴裕河を評価する声はあるが、いわゆるニューライトの安秉直(アン・ビョンジク)教授らとは毛色が違う。そもそも歴史家ではなく、日本近代文学・思想が専攻だ。
▽記者会見する朴裕河12月2日(共同)
画像

ただし、歴史家以外が慰安婦問題で発言することは別に筋違いと言えない。歴史論争は20年前に終決し、現在必要なのは、メディア論や外交論に絡んだ議論である。朴裕河のアプローチもそれに近い。

「支援団体は慰安婦少女像を象徴する『無垢な少女』であるというイメージだけが唯一の正しいものだという主張を展開してきた」

矛先は、挺対協など支援団体にも向けられる。慰安婦捏造ビジネスを展開する「ナヌムの家」が発狂して噛み付くのは当然の成り行き。昨年の提訴前から両者は緊張関係にあったのだ。
▽「ナヌムの家」所長・安新権(聯合)
画像

朴裕河が『帝国の慰安婦』を執筆した動機は、野田政権下で進んでいた慰安婦ウラ交渉が挺対協の横槍で決裂したことだったと明かす。「解決の道を阻む支援団体」という位置付けである。

挺対協が一切妥協を許さず、慰安婦問題を混乱させていることは事実だ。だが、そこにあった「解決」とは、日本政府による公式謝罪と再補償の実施だった。
▽来日した挺対協代表・尹美香11月22日(産経)
画像

河野洋平ら捏造派の主犯格が、こぞって朴裕河応援団に参加した背景もシンプルだ。連中の言う「解決」とは、河野談話や村山詐欺基金の21世紀バージョンに過ぎなかった。

朝日新聞が朴裕河の支援に乗り出したのも同じ理由だ。

【捏造紙が頼った反日理論】

「日本語版の一部削除」

それが自称慰安婦が要求した示談の条件だったという。昨年の提訴を受け、南鮮検察側は調停案を示して和解を持ちかけたが、朴裕河は拒絶。結局、今年11月中旬に起訴された。

問題となった『帝国の慰安婦』(日本語版)の版元は、捏造紙の子会社・朝日新聞出版だった。もし、朴裕河が要求を呑めば、日本語版も原書同様に一部が伏字に修正される事態になった。
▽『帝国の慰安婦』(日本語版)
画像

伏字だらけの異様な本は、パク政権や南鮮司法の言論弾圧を日本国内で大宣伝することに等しい。それは朝鮮マンセーの捏造紙にとって到底受け入れ難いものだ。

朴裕河と捏造紙の蜜月は数年前に遡る。最初の著作が捏造紙主催の賞を授かったのは2007年。その後、朴裕河は捏造紙後援のシンポジウムなどで繰り返し来日している。
▽来日講演する朴裕河5月16日(捏造紙)
画像

これだけなら捏造紙イチ推しの新鋭学者という取り扱いだろう。しかし、日本語版『帝国の慰安婦』の出版は、奇妙なタイミングだ。訴訟に慌てて刊行は先延ばしになるが、当初予定は昨年の7月だった。

いわゆる朝日8・5ショックの直前である。捏造紙は吉田清治社葬で“強制連行”を慰安婦問題の核心から外し、改めて「日本の罪」を叫んだ。その攻撃スタイルは、朴裕河の論調と似通ったものであった。
▽会見で居直る捏造紙幹部H26年9月(産経)
画像

ややソフトな路線への方向転換とも言える。捏造紙は、朴裕河アゲに突き進む一方、強硬派を切り捨てた。ほんの数年前まで準レギュラー格だった吉見義明は昨夏以降、朝日紙面から失踪した。
▽カラー扱いだった頃の吉見義明(捏造紙)
画像

これまで朝日新聞は社員の家族がソウルで反日デモを煽動、現役幹部が反日集会の演出に携わるなど運動体と一体化して捏造話を拡散してきた。それが今になって強硬派団体と距離を置き始めたのだ。

慰安婦捏造派20年目の大分裂。警戒を怠ってはならないが、今回の朴裕河起訴で生じた亀裂は、予想以上に深くなる可能性を秘めている。

【“絶対神”偽慰安婦の追放】

「従軍慰安婦は売春業」

事実をスバリ指摘したソウル大の李栄薫(イ・ヨンフン)教授は、反日団体だけではなく、南鮮社会からも糾弾され、ナヌムの家で土下座を強要された。約10年前の出来事である。
▽土下座させられた李栄薫教授’04年(朝鮮日報)
画像

額を床に擦り付ける屈辱的な朝鮮式土下座だ。朴裕河の場合も、同じ土下座謝罪で決着すると予想された。提訴した直後の自称軍団は威勢も良く、女性学者を軽く捩じ伏せる自信に満ちていた…

「ナヌムの家の所長は2度、元慰安婦数人を同伴して私の勤務先にデモに来ていた。『大学をクビにせよ』『拘禁せよ』などのプラカードを持参してのことだった」

朴裕河によると自称軍団は大学にまで押し掛け、デモを展開したという。しかし、南鮮メディアがデモ側に加勢し、包囲網を築くような事態は訪れなかった。
▽大学に押し掛けた自称軍団’14年6月(pressian)
画像

これまで自称軍団は南鮮社会で絶対神のごとく扱われ、老婆たちの言葉は全て正しいものだった。被害者の証言が証拠…そんな暴論が学界や議会、そして法廷でも罷り通っていた。

ところが、今回の検察非難声明で河野洋平ら捏造派の一部は、自称軍団の神聖視をアッサリ放棄。南鮮でもそれに追従する勢力が現れた。20年来で初の“捏造派内戦”とも言える状況だ。
▽朴裕河支援表明の南鮮学者12月2日(共同)
画像

絶対神の座から引き摺り降ろされた偽慰安婦が、再び悲劇のヒロインとして返り咲くことは難しい。嘘吐きと罵られることはないにせよ、その黒い神通力は急速に衰えるだろう。黄昏は突然のように始まった。

歴史論争で完敗した捏造派にとって、自称慰安婦の“証言”が最後の砦だった。“証言”の神聖視をやめた後、何を武器にして真実派と戦うつもりなのか?
▽朴裕河糾弾する自称軍団’14年(Newsis)
画像

捏造派の間に生じた亀裂は、今のところ決して大きなものではない。しかし、それは修復することの出来ない深刻な亀裂だ。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

関連エントリ:
H26年6月17日『河野談話が産む大嫌韓時代…検証結果に南鮮が恫喝予告』

参考記事:
□ZAKZAK11月26日『【新・悪韓論】『帝国の慰安婦』著者の在宅起訴 「学問の自由」擁護しない韓国紙の異様』
□時事通信12月3日『元慰安婦ら、識者抗議に反論=名誉毀損での大学教授起訴-韓国』
□中央日報12月4日『ナヌムの家「『帝国の慰安婦』起訴批判、被害女性の苦痛知らない」』
□朝鮮日報12月2日『【コラム】韓国に「良心的日本人」を説得する戦略はあるのか』
□ZAKZAK11月28日『韓国に突きつけられた学問、研究の自由 慰安婦問題からみ国内メディアはほぼ黙殺』
□産経新聞11月26日『【阿比留瑠比の極言御免】韓国学者起訴を招いた河野談話 「善意」のはずが韓国内までも縛るとは…』
□読売新聞12月2日『「帝国の慰安婦」で起訴、朴教授が「強く抗議」』
□産経新聞12月2日『朴裕河教授の会見詳報 「検察の非人権的な起訴に強く抗議」 「元慰安婦を非難する本を書く理由がない」』
□産経新聞11月26日『「韓国の言論の自由侵害を憂慮」元朝日新聞主筆らが抗議声明、「帝国の慰安婦」著者の起訴で 河野氏、村山氏も賛同人に』

□The Huffington Post14年8月14日『慰安婦支援者に訴えられて』

この記事へのコメント

永遠に停滞
2015年12月11日 14:07
バカどもの内輪揉めか、良い知らせだ。
朝日新聞はテロリストが大好き
2015年12月12日 03:10
朝日新聞は事件後も赤軍側に立った報道を続けていました。

現在テレ朝などがISIIL側に立って報道をしているのと同じです。

40年以上も前の事件ですが、朝日新聞の報道姿勢は常に恐怖集団(テロリスト)側に立ったものです。
朝日新聞記者たちは、今も昔も恐怖集団(テロリスト)が大好き。

そして在日・反日勢力の常套句は、今も昔も「話し合え」なのです。

「話し合え」と言うが、自分達は絶対に当事者にならない。

ニュースになり、新聞が売れ、テレビの視聴率が上がり、儲かるからなのでしょう。

国民は、もう、朝日新聞記者たちが、日本人が大嫌いで、金のためには卑怯で卑劣な行為を平気ですることを知っている。
日本人
2015年12月12日 03:17
日本が戦争に負けると、在日・反日勢力は、GHQの協力者となり、旧体制を破壊し、戦後日本を支配してきた。
その在日・反日勢力は、政界・財界・法曹会そしてメディア、学界、教育界を牛耳り、自虐史観を流布させた。
その罪は非常に大きい。
これら在日・反日勢力の犯罪や、従軍慰安婦報道の虚妄がネットで日々拡散されている。
それによって、従軍慰安婦報道をした朝日新聞は、購読者の減少に歯止めがかからなくなり、その記事の捏造を認めた。
そして在日・反日勢力が振りまいてきた自虐史観が、見直され出した。
読者
2015年12月12日 03:21
朝鮮人が言う「善良な人たち」は、朝鮮人の主張を擁護する人達を指す。

つまり朝鮮人は自分たちが正しいと言っているわけだ。

日本サヨクも、自分たちの主張は正しいと思っている。

そして日本サヨクも朝鮮人と同様に、自分たちの主張に反論するものの言論を規制しようとする。

我々普通の日本人とは、彼らは価値観を共有しないわけだ。
日本人
2015年12月12日 07:55
今年一年で以上に中国人が市内に増えています。
恐怖でいっぱい。
中国人が仕事場に苦情に来る回数も増え、
その思考経路(主張)に驚きます。
決して退くことはありません。
政府や国民に是非知ってほしいです。

唐突ですが、なぜ日本語入力
「一太郎」は負けたのでしょうか。
日本語の劣化が蔓延していますが、
ウインドウズなどの入力ソフトは
最悪です。
日本人は何が日本で進行しているのか、
もっと深く知るべきです。

日本の破壊が進行するなかでの、
中国人の増加現象でしょう。

なんとか阻止したいですね。
買春300人経営者
2015年12月13日 03:44
買春相手の斡旋を受ける行為の反復継続を指摘される買春300人経営者、キャノン・御手洗冨士夫会長は業界団体で放置するのか? – Sakura Financial News
、さくらフィナンシャルニュース=東京
2015年12月13日 03:48
未成年の高校生などを含む女性など300人あまりを買春している、時価総額1兆円を超える一部上場企業創業者の関係者である、60代の経営者A氏が、妻に対して離婚請求をしている訴訟が提起されている問題が、日増しに関係者の間で波紋を与えているようだ。
さらに、A氏が、買春行為だけでなく、買春行為の斡旋者への利益供与行為を、反復継続的に行っていることが明らかになった。
A氏の妻側は、買春行為にA氏が年間1000万円以上の支出をしていることも問題視。
プチエンジェル事件
2015年12月13日 03:53
【特報】300人買春経営者、プチエンジェル事件との関係は否定
【12月9日、さくらフィナンシャルニュース=東京】
未成年の高校生などを含む女性など300人あまりを買春している、時価総額1兆円を超える一部上場企業創業者の関係者である、60代の経営者A氏が、2003年に小学生4人が誘拐された、通称・「プチエンジェル事件」との関係を否定する主張を、裁判所に提出している書面で行っていることが、わかった。
「プチエンジェル事件」とは、無店舗型の非合法の未成年者デートクラブ「プチエンジェル」を経営していた当時29歳の男性が、2003年に小学6年生の少女4人が誘拐・監禁するなどしていた事件。
死亡した犯人が借りていた、埼玉県久喜市のアパートからは、1000本以上のビデオテープと2000名に及ぶ顧客リストが押収されるなどし、顧客には会社経営者や医者、弁護士などが多数いたとされるが、実際にA氏自身が、顧客だったかは不明だ
その一方で、A氏は、「この女の子たち、みんなヤラレちゃった」などと、周囲には嬉々として語っていた模様で、A氏の妻からも、A氏の法令遵守意識の低さを裏付ける主張として、本件の主張書面が提出されるみこみだ。
にうんこ放り込んだというんだが
2015年12月13日 04:06
在特会が韓国領事館にうんこ放り込んだというんだが、あまりにワザトラシイので「自作自演」という声も上がっているんだが、コイツラが関わると、何もかも信用できないので、「在特会」か「在特会に見せ掛けた韓国領事館の自作自演」か、それとも「在特会に見せ掛けた韓国領事館の自作自演に見せ掛けた在特会」の仕業か、どれか、ですw
一郎
2015年12月17日 15:01
はじめまして。初めて書き込ませて頂きます。 最近、植村隆氏も「週刊金曜日」誌上で反撃に出たようですが、問題の記事を拝読すると、産経の阿比留記者にも、もっとしっかりして頂きたい印象です。「リテラ」という媒体も、かなり反日勢力と連携しているようですが、是非管理人様の御意見・分析を伺えれば幸いです。 これからも勉強させて頂きます。

この記事へのトラックバック

  • 中央値

    Excerpt:  歳末の繁忙期に中国人の出稼ぎ労働者を使うとしよう。  念の為、生活費に宛てる所持金をチェックした処、7人は5万円、54人は10万円、19人は6万5千円持っていた。  単純平均 ... Weblog: しんぶん【白旗】 racked: 2015-12-11 05:52
  • 戦後レジームと防衛論 青山繁晴

    Excerpt: 今回の『青山繁晴が答えて、答えて、答える!』は、政治の話から青山の個人的な事情まで、雑多な質問に回答している。 Weblog: 風林火山 racked: 2015-12-12 06:36
  • 八木体制への挑戦状8 ~何者かが在特会名義で横浜の韓国領事館へ汚物を送りつける

    Excerpt: 反日ハンター・神功正毅です。何者かが在特会名義で横浜の韓国領事館へ汚物を送りつけたそうです。産経ニュース/韓国総領事館の不審物、箱には「靖国爆発の復讐」 中身は排泄物か ... Weblog: 反日ハンター racked: 2015-12-12 19:38
  • 韓国国会議員選挙の選挙人登録終了まであと2ヶ月

    Excerpt: 反日ハンター・神功正毅です。韓国国会議員選挙の選挙人登録終了まであと2ヶ月となります。そして、今回の選挙からインターネットでの選挙人登録が可能となり、領事館へ出向く必 ... Weblog: 反日ハンター racked: 2015-12-13 00:00
  • 韓国領事館に対する排泄物送付事件に対する抗議声明

    Excerpt: 本日、在特会の中でも最も凶暴な運営に半ば脅される形で、一緒に夕食を嗜んでおりました。その後、Caol Ilaという酒を飲み、好い感じで酔っ払っております。 そんな中、とんでもな ... Weblog: 反日ハンター racked: 2015-12-13 09:21
  • 靖国テロ犯に執行猶予無用

    Excerpt:   例の眼精疲労に加えて年末の諸事情もあって、エントリー更新が滞ってしまいました。ネタの報道がてんこ盛りですが、今更書くのも周回遅れなので、   .. Weblog: 賭人がゆく racked: 2015-12-13 13:55