村山富市と新世代ニセ慰安婦…詐欺基金が支える洋公主

老害の元首相がソウルで出会ったのは、南鮮と中共の合作ニセ慰安婦だった。名乗り出れば慰安婦認定&ボーナス贈呈…河野洋平と村山富市こそが“ニセ慰安婦バブル”を産んだ張本人だ。
画像

まさに売国奴オールスターズの様相だった。悪夢の競演である。2月13日、東京・港区の中共大使館で大々的に開かれた新春会。そこに招かれた政界関係者の顔ぶれが、日支関係の異常さを物語る。

河野洋平、加藤紘一、海江田万里、江田五月…まるで「日本をダメにした政治家」の顔見せ興行だ。マニアックな視点からは、江沢民派の重鎮・二階俊博が含まれないのが、少し面白い。
▼支那新年会に現れた河野洋平2月13日(NNN)
画像

シナ新年会には欠席した模様だが、我が国には他に、鳩山由紀夫や野中広務といった中共の御用聞き・伝書鳩が棲息する。いずれも総理・官房長官を務め、国家の中枢にいた人物だ。

歪みきった日支関係を象徴している。例えば李鵬や喬石、あるいは温家宝が北京の日本大使館に招待され、中共指導部を口汚く罵る…といった事は、まず有り得ない。
▼支那新年会で演説する加藤紘一(NNN)
画像

もし、そんな事態が起きたら大騒ぎになる。ところが、日本政界の元キーマンの多くは日常的に「中共マンセー」と「日本叩き」とを繰り返す。それが“日中友好”の禍々しい素顔だ。

旧正月明けの新年会。そこには村山富市の姿もあった。党宣伝機関は「駆け付けた」と表現した。文字通り、南鮮から帰国し、都内の中共大使館に直行したのだ。毒々しい反日行脚である。
▼村山富市と金大中の妻2月13日(共同)
画像

村山富市の“凱旋”帰国で、3人が勢揃いした。「加藤談話」「河野談話」「村山談話」という主観的・個人的な談話を強引に発表した当事者。その全員が中共の熱烈な支持者である事実は見逃せない。

既に3人とも永田町を去っているが、反日国家の代弁者としての活動は精力的だ。そして、一部メディアに対してはインタビューを拒否し、沈黙するが、北京やソウルでは実に“雄弁”だ。

【自称慰安婦「若さの秘密」】

「国民的コンセンサスを得ていると確信しており、安倍さんも総理大臣としては否定できない」

韓国慰安旅行に招待された村山富市は2月12日、ソウル議員会館内の講演で村山談話について、そう息巻いた。脅し文句そのままで、とても元総理大臣の発言とは思えない。
▼講演で毒づく村山富市2月12日(共同)
画像

村山談話のどこに国民的な合意があったのか…金曜日の夕刻、多くの議員が地元に向ったのを見計らって抜き打ち決議され、同時に発表された談話。議会制民主主義では許されない詐欺手法である。

参照:西村眞悟の時事通信H17年4月『不可解な、村山談話の朗読』

「女性の尊厳を奪った。言葉では言えない大きな罪を犯した」

捏造慰安婦に関する講演発言は、もっと抽象的だ。いったい誰が「奪い」「罪を犯した」のか? 主体を大日本帝国か我が軍としたいのだろうが、証拠は何一つない。この場合の主語は、朝鮮人の女衒が正解だ。
▼南鮮旗がよく似合う反日老人(共同)
画像

産経新聞の連続スクープや国民有志からの猛批判で河野洋平が追い詰められる中、村山富市も危機感を強めている様子だ。今回の南鮮訪問には、そんな焦りが滲んでいた。

村山富市は、紀元節の2月11日から13日にかけ、3日間の日程で南鮮を訪れた。招待したのは極左政党・正義党で、現地では同党主催のインチキ慰安婦展も開かれていた。最初から演出する気満々である。

「若く見える」
▼待ち構えていたニセ慰安婦2月11日(東亜日報)
画像

村山富市は、用意された自称元慰安婦の手を握りしめ、そう言った。おざなりの褒め言葉だろうが、嫌味にも聞こえる。この最初の発言は真実の一面を的確に現しているのだ。

セットされていた慰安婦役のうち2人は1920年代後半の生まれで、終戦時も未成年だった。慰安所を転々としていたという“証言”に照らすと若過ぎるのである。

【新世代ニセ慰安婦の暴走】

村山富市の訪問に合わせ、収容先から前線に送り込まれた慰安婦役は3人。姜日出(カン・イルチュル)、李玉善(イ・オクソン)、朴玉善(パク・オクソン)だ。
▼M・ホンダと姜日出2013年7月
画像

この中で、姜日出と李玉善の2人は共に1928年(昭和3年)生まれである。大正生まれで戦争末期に学徒動員された富市より年下。「若い」と思わない方が不自然だろう。

そして、この3人の慰安婦役は“特徴的”だ。いわば新世代ニセ慰安婦。あるいは「帰国子女慰安婦」と呼んでも良い。昨年もトリオで来日公演を開催していた。
▼昨9月の関西巡業宣伝ビラ
画像

「ナヌムの家」に監禁されている自称慰安婦の多くは、朝鮮戦争以降に就職した洋公主である。UN軍向けの売春婦だ。ところが、今回の3人は洋公主ですらない。なにしろ、朝鮮半島にいなかった…

姜日出ら3人は、2000年から2001年にかけて相次いで出現した。彗星の如く現れたといっても過言ではない。シナ国内で暮らしていた3人の老婆が突然、元慰安婦を名乗って南鮮に移住したのである。
▼富市に嘘説明する姜日出2月11日(朝鮮日報)
画像

シナ国内といっても全て満州エリアだ。李玉善は、北朝鮮との国境の街・延吉に居住していた。延吉は、延辺朝鮮族自治州に属し、住民の大半が朝鮮族。そんな特異な場所から名乗り出たのだった。

「58年ぶり感激の帰国」

李玉善が帰国した際、南鮮メディアは英雄の凱旋さながらに報道した。しかし、慰安婦捏造ストーリー云々どころか、この3人が半島南部の出身であるという証拠もない。出迎えた家族は皆無だった。
▼米国巡業中の李玉善2013年7月
画像

南鮮での迎え入れ先は定番の「ナヌムの家」。身元引き請け組織があったことで、南鮮政府は軽々に移住を認めた模様だ。だが、シナ国内から他国への移住、また国籍変更の手続きは、それほど簡単ではない。

いきなり出現した3人が、間もなく南鮮に「帰国できた」のは、中共側の支援があった為だ。シナ・南鮮による反日合作の産物。米国内の動きに見られるように、中共は背後で慰安婦捏造に関与し続けている。
▼M・ホンダと李玉善2013年7月
画像

そんなシナ産の捏造慰安婦3人組に村山富市が出会ったことは実に象徴的だ。姜日出らは、河野談話と村山詐欺基金が産み出した捏造慰安婦に他ならない。

【ニセ慰安婦バブルの生みの親】

捏造慰安婦の創始者たち。日本側代表を吉田清治や朝日新聞・福島瑞穂らとすれば、南鮮側の筆頭は尹貞玉(ユン・ジョンオク)だ。反日凶暴組織・挺対協(挺身隊問題対策協議会)の設立者である。
▼挺対協の創始者・尹貞玉
画像

吉田清治や千田夏光の小説に刺激を受けた尹貞玉は、1980年代に日本各地やタイ、パプアニューギニアなどを精力的に回った。それは慰安婦の生き残りを探す為の旅だった。

そして、2人の元慰安婦を見つけ出す。アジア各地を訪ね、やっと“発掘”した2人だ。ただし、うち1人の在日朝鮮人・裴奉奇(ペ・ポンギ)は既に日本で紹介されていて、新発見はタイ在住の朝鮮女だけだった。
▼裴奉奇を描いた『赤瓦の家』(S62年刊)
画像

たった1人だが、元慰安婦“発掘”作業は、それなりに慎重だったと言える。同様に、朝日新聞がデッチ上げた金学順もキーセン学校卒という筋金入りの洋公主で、物語る売春宿の内幕にはリアリティがあった。

対して今回、村山富市が会ったシナ産ニセ慰安婦は、素性も経歴も完全に闇の中だ。辺境の朝鮮族は満州国瓦解と朝鮮戦争で大混乱を経験。第三者が身元を追跡し、半生を解き明かすことは不可能である。
▼米バーゲン郡長と李玉善2013年7月
画像

中共当局と南鮮の受け入れ側が共謀すれば、素性の書き換えは自由自在。いくらでもフレッシュな偽慰安婦をデッチ上げることが出来る。そして現実離れした捏造慰安婦ストーリーも創作し放題だ。

「腸チフスにかかった者は山に連れて行かれ、穴の中で生きたまま焼かれた」

第1次安倍政権当時、毎日新聞は姜日出(カン・イルチュル)のそんな捏造証言を大きく報じた。度を越えた妄想ワールドだが、こうした異常設定は、捏造派の最近の傾向を示しものだ。
▼富市と握手する姜日出2月11日(朝日)
画像

捏造派は「終戦時に慰安婦が殺された為に生存者が殆どいない」とか「証拠は全て焼き払われた」などと主張している。そして一部の自称慰安婦は、命か1らがら朝鮮同胞に救出されたという設定である。

これらは90年代初めの慰安婦騒動勃発時には無かった“証言”だ。B級ホラー・タッチの設定が幅を利かせ始めるのは、河野談話と村山詐欺基金の発足以降だった。
▼基金を手土産にした首脳会談95年(産経)
画像

自称慰安婦の“証言”を丸呑みした河野洋平、名乗り出れば誰でも簡易審査でビッグ・ボーナス贈呈の村山富市。この2人が“ニセ慰安婦バブル”と呼ぶべき現象を引き起こしたのである。

捏造慰安婦問題にインフレをもたらし、我が国に大きな傷を与えた政治家だ。

【反日団体が素性をバラした】

「慰安婦問題に非常に大きな傷を与えた政治家だ」

挺対協の現在のドン=尹美香(ユン・ミヒャン)は2月12日、そう村山富市を批判した。報じたのは産経新聞と夕刊フジで、反日メディアは軒並みスルーしたが、非常に重要な発言だ。

村山詐欺基金の特別ボーナス支給に猛反発したのが、この挺対協だった。挺対協は、日本政府と自称慰安婦の間に割って入り、受け取りを拒絶させた。確かに、村山富市とは宿敵の関係にある。
▼仏巡業をプロモートする尹美香(右端)
画像

挺対協が要求するのは、あくまで日本政府による国家賠償で、ワンクッション置いた村山マネーの配布は、邪魔でしかなかった。そこからも挺対協が人権団体ではなく、反日組織であることが窺える。

南鮮メディアなどは最近、“日本右翼”が元慰安婦を売春婦と罵っていると批判する。だが、名乗り出た自称慰安婦を最初に売女呼ばわりしたのが、挺対協だった。

村山マネーを受け取った老婆に対し、挺対協は裏切り者のレッテルを貼り、「売春婦」と罵倒した。この場合は、罵ったのではなく、単に自称慰安婦の素性をバラしただけなのだが…
▼ビッチ像設置の主犯・尹美香2011年
画像

我が国の慰安婦捏造派は、嘘を垂れ流すだけではなく、こうした南鮮国内の歪んだ状況を必死に隠す。実際に、現在の捏造慰安婦再燃は、挺対協を軸に動いている側面が強いのだ。

対面したシナ産ニセ慰安婦3人も手配元は、ナヌムの家と挺対協だった。その場で1人がプロモーターの指示通り、「謝罪と補償」を要求。村山が沈黙する一幕もあった。
▼富市と握手する李玉善2月11日
画像

一方、村山富市は今回の南鮮訪問で、本当に会うべき自称慰安婦を無視した。南鮮国内には今も村山マネーで不自由のない生活を送っている自称慰安婦たちが生存する。

【洋公主の老後支える日本人…】

巨額の使途不明金が国会でも追及された村山詐欺基金。2007年に解散した後も事業は、香川県のNPO「C2SEA 朋(シートゥーシーとも)」など民間組織に引き継がれて現在に至る。

継承組織は、生存する自称慰安婦に健康診断費用や現金、医薬品を支給。また一部には訪問ケアも実施しているという。こうした手厚い生活援助の為に外務省は年間1000万円以上の予算を確保している。
▼基金事務局に押し掛けた自称慰安婦(file)
画像

国家予算の中では微々たる金額だ。しかし、援助の対象者はあくまでも自己申告した自称慰安婦に過ぎない。実際のところ、受給者の大半を占めるのは洋公主だろう。血税による不当な援助である。

「基金をつくった経緯や真意を十分理解していただければ違っていたのではないか」

2月12日の記者会見で村山富市は、詐欺基金について、そう話した。南鮮で受け取り拒否が相次いだことへの弁明だ。だが、基金の受給者が、一部少数だったかのような話し振りは、奇妙だ。
▼講演で息巻く村山富市2月12日(聯合)
画像

昨年1月、産経新聞ソウル支局の黒田勝広記者が、基金受給者に関するスクープを報じた。日本大使館筋から入手した情報として、南鮮国内の受給者が実際には61人にのぼっていた事実が判明したのである。

2004年までに南鮮政府が証言だけで認定した自称慰安婦は合計204人。その当時、生存していた自称慰安婦は130人ほどに過ぎず、半数近くが村山マネーを受け取っていたと推測できるのだ。
▼鄭首相との緊急会談に臨む2月13日(聯合)
画像

これを詐欺基金側は説明していない。プライバシー保護を口実に、ボーナス受給者の仮名リストどころか、全体数すら非公表。しかも、HPなどでの説明では過小報告を繰り返していた。

「最初に受けとられた7名の方々も、受けとりについてプライバシーが守られているその他の方々も(略)」「基金から受けとった当初の7名と基金から受けとったとして誓約書に署名しなかった4名、計11名」

参照:村山詐欺基金HP『各国・地域における償い事業の内容-韓国』

最初に受け取りを表明し、挺対協から「売春婦」と素性を晒された者が7人で、その後、4人が受け取ったというニュアンスの記述だ。だが、実際に村山マネーを握りしめた南鮮の自称慰安婦は60人以上もいた。
▼熱烈歓迎する与党セヌリ党代表2月12日(時事)
画像

その内の何人かが今も南鮮国内で日本人の税金を頼りに、ひっそり暮らしている。2泊3日の南鮮滞在で、村山富市が会うべき自称慰安婦は、彼女たちではなかったのか…

もちろん、挺対協に元の職業をバラされた経緯もあり、報道陣を引き連れて対面することは不可能だろう。しかし、少なくとも村山富市には、記者会見や講演の席で紹介・説明する義務があった。
▼ソウル講演で興奮する富市2月12日(朝日)
画像

政治家としての責務。捏造話で募金を集め、巨額の公金を垂れ流した基金理事長としての責務だ。現在も南鮮のどこかで、何人かの朝鮮戦女が村山マネーの恩恵に預かって不自由なく生活している…

その多くが大東亜戦争とは無関係の単なる売春婦である確率が極めて高いのだ。微々たる公金であっても見逃すことはできない。我々日本人が洋公主や朴正煕「慰安婦」の老後を支える理由は、一切ない。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1


参考記事:
□産経新聞2月11日『村山元首相訪韓、賠償求める元慰安婦に無言でやり過ごし』
□ZAKZAK2月13日『村山元首相、韓国で痛烈批判浴びる「慰安婦問題に傷与えた」』
□産経新聞2月12日『村山元首相の面目丸つぶれ 韓国の慰安婦支援団体 「大きな傷与えた政治家」と批判』

□ロイター2月11日『村山元首相が韓国訪問』
□時事通信2月11日『村山元首相、元慰安婦と面談=体験描いた絵画展見学-韓国』
□WSJ2月13日『村山元首相、日韓関係改善を模索―元慰安婦とも面談』
□毎日新聞2月12日『村山元首相:「村山談話継承」を強調…韓国で講演』
□朝日新聞2月12日『村山談話「国民的合意得ている」 元首相、韓国で講演』
□新華社2月12日『訪韓中の村山富市元首相、元慰安婦たちと面会』
□時事通信2月11日『村山元首相、元慰安婦と面談=体験描いた絵画展見学-韓国』

□産経新聞H25年1月19日【緯度経度】ソウル・黒田勝弘 対日強硬派、解決阻む(魚拓)
□朝日新聞2013年8月30日『日本政府、元慰安婦の訪問ケア継続 基金の事業引き継ぐ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 80

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年02月17日 23:51
こんばんは。
まったく腹立たしい限りですね。加藤、河野、村山をはじめとするシナ及びチョンの男妾たちには「死」すら生ぬるいですよ。

過去を清算するためにも、わが国に無実の罪を着せた談話はすべて破棄すべきです。
甘酒大介
2014年02月18日 21:50
いつもありがとうございます。
画像に登場する面々の人相が酷い。
自分のまいた種を、刈り取らない人々の顔。
そうならないように、日本人として、正直に生きたいと思います。
微力ながら、応援させて頂きます。
反ミンス党
2014年02月19日 22:30
【山梨大雪】民主党が除雪費用を縮小 ⇒ 除雪作業が全然進まず被害が拡大!!!蓮舫の仕分けがことごとく裏目に出る… ⇒ ミンス「安倍の天ぷらガー」 バカかよ…
日本人
2014年02月19日 22:37
民主党 蓮舫:
「いつくるかわからない天災の予算は無駄!!」
「200年に1度の地震に備える必要があるんですか!」
民主党が仕分け ・ 廃止した防災対策事業
□ 緊急時に備えての、原油 ・ 塩 ・ 米の備蓄廃止 ( 民主党の仕分けパフォーマンスの生贄 )
□ 防衛費削減による自衛隊災害活動の縮小 ( 日本の自衛・防衛弱体化は民主党の継続悲願 )
□ 地震再保険特別会計引出し ( 子ども手当の財源化 )□ 耐震補強工事事業廃止 ( 高校無償化の財源化(朝鮮高校にまで無償化する為) )
□ 学校耐震化事業 ( 自民政策だから廃止 → 旧復活折衝の、政策コンテストで民主党政策として再開、入札からやり直し )
□ 除雪費用縮小 ( 蓮舫が東北地方整備局を目の敵に、結果は最悪の事態に…… )
民主党、社民党は早く日本から消滅してほしい!

福沢諭吉
2014年02月20日 16:05
日本大使館に汚物投げる=竹島問題で抗議-韓国
 【ソウル時事】韓国の聯合ニュースなどによると、19日午前、ソウルの日本大使館前で、男が「独島(竹島)はわが領土」と訴えながら汚物の入った袋を投げ、警察官に取り押さえられた。
 男はソウル市江東区の元区議(69)。用意した三つの袋のうちの一つを大使館の正門付近から投げたが、敷地内には入らなかったという。
 男は「日本に警告するためにやった。独島も対馬もわが領土だ。日本は慰安婦問題を反省し謝罪しなければならない」と話したという。男は軽犯罪法違反で立件され、罰金を払い釈放された。(2014/02/19-16:51)
韓国は敵だ!直ちに断交せよ。
2014年02月20日 16:56
【泣きついてきた韓国に日本が援助してあげた金額】
1965年 60兆円相当のインフラ整備費譲渡
1965年 800億円+αを援助 日韓基本条約
1983年 特別経済協力 4000億円支援
1997年 韓国通貨危機 1兆円支援
2006年 ウォン高救済支援 2兆円支援
(韓国高官は「日本の援助は迷惑だった」と不快感を表明)
2008年 リーマンショック危機 3兆円支援
(韓国高官は、「日本は出し惜しみしている」と不快感を表明)
東日本大震災の義援金では、台湾が400億円もの義援金で日本を助けてくれた中、
国連が認定する最貧国の、
30カ国からの計約6億円よりも韓国は低額
しかも、韓国は全世界の中で唯一"義援金に対する見返り"を要求
さらに『東日本大震災をお祝いします』などと無礼な祝意を表明する。
その他、2002日韓W杯スタジアム建設費融資300億円未返済
日本のIMF援助8400億円とその前の1兆4000億円、
更に以降の1兆2000億円とODAの有利子負債の利子
計約1070億ドル、約13兆円の負債に対して
韓国は未だ1円も返済していない。
70兆円近くもお金をあげて援助して、さらに別口で13兆円も貸してあげて、これだけ配慮しても国連では「反省(お金)が足りない」と非難、
ソウルの水曜デモ(反日デモ)で
毎週日本国旗と天皇陛下の肖像画を燃やし続ける韓国人。
反ミンス党
2014年02月20日 17:34
今日の国会予算委員会の民主党原口一博のNHK会長に対する
質疑は見ていられないほど異常であった。日本人とは思えない心情の持ち主である。このような人物が国会議員であることが日本人として我慢ならない。原口一博は恥を知れ!
親日
2014年02月20日 20:12
ジャーナリストの「津田大介」氏が安倍総理の天ぷら騒動に巻き込まれ炎上している。事の発端は安倍総理が天ぷらを嗜んでいる問題について批判。その影響でフォロアーなどに反感を買うことになる。

朝日新聞官邸クラブ @asahi_kantei
フォローする
総理番・安倍龍太郎)安倍首相は今夜、東京・赤坂の天ぷら料理店で支援者らと食事をしました。先ほどお店を出発しました。


津田大介 ✔ @tsuda
フォローする
バカですか?「大雪で山梨が大変そうだから会食延期します。落ち着いたらおいしい天ぷら食べましょうね」と連絡して弁当食べればいいだけでしょ。RT @shinichi7777: @tsuda 大手マスコミみたいな下らない情報ですね。災害があったら首相は断食でもしないといけないんですか?
事の発端は昨日の安倍総理が、山梨で大雪の緊急事態にもかかわらず「天ぷら」を嗜んでいたという報道からはじまる。ツイッターでは「こんな切迫した状態でのんきに天ぷらを食べるとは何事だ!」と、冗談交じりの本気で安倍総理を批判。ついには「天ぷら野郎」などと揶揄されるまでに。
親日
2014年02月20日 20:56
浅田真央に世界中の有名フィギュアスケーターがエール
ショートプラグラムを終えたソチ五輪出場中のフィギュアスケート・浅田真央選手に、世界中の有名フィギュアスケーターがSNS等でエールを送っている。
【ミシェル・クワン(米・女子)】
「マオ・アサダ… 胸が張り裂けそうだわ)」
ハビエル・フェルナンデス(スペイン・男子)】
「マオにとって辛い日だ…でも、マオは変わらず素晴らしいよ」
ジェレミー・アボット(米・男子)】
「ただただ心が痛いよ。マオは偉大なチャンピオンであり、明日はこれまで以上に強くなってくれるだろう」
【ジェフリー・バトル(カナダ・男子)】
「オーマイゴッド…。マオのことを本当に尊敬してるよ。技術的にも芸術的にも限界に挑戦している」
【ミーシャ・ジー(ウズベキスタン・男子)】
「たくさんのファンもそうだと思うけど、マオ、そして彼女のスコアがとても悲しい。でも、より良いフリープログラムのために、諦めずにもっとたくさんの応援をマオに!」
ミーシャ・ジーは、「#MaoFight」や「#GoMao」といったハッシュタグも作成し、浅田を応援。この他にも、多くの有名フィギュアスケーターが浅田にエールを送っている。


ベストFAMサンエース合同アシストグループ
2016年06月15日 01:10
戦犯精神異常小杉辰男飯田俊之金山守小杉文子今野余代

この記事へのトラックバック

  • 朝鮮パン助像に焼香の米国アホ議員が来日

    Excerpt:   今日( 2/17 )岸田外相と会談した米下院 外交委員 会の ロイス委員長は、 去る1月31日、あのロサンゼルス近郊グレンデール市にある「慰安婦像」=朝鮮売春婦の像に献花・焼香した.. Weblog: 賭人がゆく (Yahoo!ブログ) racked: 2014-02-18 22:41
  • 昭和天皇の日本全国巡幸が開始

    Excerpt: 今日は何の日 2月18日 昭和21(1946)年 - 昭和天皇の日本全国巡幸が開始。 昭和天皇の全国巡幸  昭和20年10月 昭和天皇から宮内府次長へ  この戦争によって先祖から.. Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN racked: 2014-02-19 06:49
  • 日本の使命  Part1

    Excerpt: 20世紀のパクス・アメリカーナの終焉が始まり、もはや世界の警察ではなくなったアメリカ。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-02-19 20:39
  • 日本の使命 Part2

    Excerpt: 前回に引き続き、『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』から、米中冷戦と日本の使命に関する論説の Part2 です。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-02-20 19:16