朝日新聞と吉田清治の心中…葬られた「朝鮮独立支援」

抗日テロ集団の朝鮮人頭目を吉田清治が救った…慰安婦捏造派はそんな妄想話も史実と認めるのか。仕込んだ毒に自ら犯される大失態。素性不明の反日ゾンビが時を越え、朝日新聞を死地に招き入れる。
画像

反日サヨクは昔からUNの声明やら報告書を盾に怒鳴り、説教する習性がある。我が国に不都合なリポートなどは大好物で、金科玉条のように掲げて騒ぎ出す。

代表的なのが、捏造慰安婦を史実と断定して口汚く我が軍を罵った「クマラスワミ報告」。スリランカ出身の女性職員が1996年にUN人権委に提出したリポートだ。

第1次安倍政権下で捏造慰安婦が再燃した際、捏造派陣営はこの報告を振りかざし、真実派をねじ伏せようと頑張った。また、ネット上でも報告内容のコピペが氾濫。真実派にとって実に苦々しかった。
▼クマラスワミ元特別報告官(UN)
画像

ところが、去年の橋下発言騒動から最近に至るまで、取り上げられるケースは殆どなくなった。謎でも何でもない。このクマラスワミ報告は、吉田清治の小説を重要な歴史資料として採用しているのだ。

「さらに、強制連行を行った一人である吉田清治は戦時中の体験を書いた中で、国家総動員法の一部である国民勤労報告会の下で、他の朝鮮人とともに1000人もの女性を『慰安婦』として連行した奴隷狩りに加わっていたことを告白している」
参照:クマラスワミ特別報告(村山詐欺基金訳PDF)

クマラスワミ報告第29パラグラフの記述である。UN委員会で小説を根拠に加盟国を中傷した事例は、他に例がないだろう。致命的なミスだ。その為に、朝日新聞など捏造派も同報告の利用を避けている。
▼クマラスワミ報告に明記された吉田
画像

クマラスワミ特別報告官(当時)は、95年に調査目的で来日した際、吉田清治にコンタクトを求めた。しかし、吉田側が面会を拒絶し、直接の聞き取りは実現しなかった。

吉田清治は週刊新潮のインタビューで、関係者への配慮を理由に面会を拒んだと語るが、これも嘘の上塗り。当時、日本国内では吉田の証言が捏造であると判明し、沈黙を余儀なくされていたのだ。

それでも突如ゾンビ復活するのが、吉田清治という反日モンスターの特徴である。

【吉田をめぐるホンダ決議の迷走】

マイク・ホンダの大暴れが頂点に達した頃、産経新聞がスクープ記事を掲載した。米議会資料を読み込んだ古森義久さんの大発見。ホンダ決議案の調査局リポートが吉田本を有力な根拠に挙げていたのだ。

「早期の詳細の暴露は『私の戦争犯罪・朝鮮人強制連行』という本を1983年に書いた元日本軍憲兵の吉田清治氏によってなされた。吉田氏は同書で日本軍への性のサービスを提供する『慰安婦』として韓国内で合計1000人以上を強制徴用することに自ら加わったことを描写している」(米議会調査局報告書07年4月1日版)

いきなり肩書から大間違いだ。何がどうすれば、吉田が憲兵になるのか…ファンタジーの度が過ぎて逆に面白い。ただし、このリポートには、つまらないオチがあった。

決議前になって、吉田本の引用部分をバッサリ削除した改訂版に置き替えられる。吉田はマズいと判ったのだ。それでも時すでに遅し、米上院の議員が目を通したのは、改定前の吉田引用版であった。
▼絶頂期のマイク・ホンダ2007年(NBC)
画像

米国の上下両院では、未だに吉田本がノンフィクションだと刷り込まれたままの議員が多いのではないか。それが小説である事実を周知徹底すれば、ホンダ決議に遡って打撃を与えることが可能である。

慌てたような改訂は、日本側の資料と調整した結果とも推測されるが、経緯の詳細は不明。だが、ホンダ決議案を支えた支那・南鮮の反日組織は、吉田の小説を有力な証拠として使えると考えていたようだ。

「日本政府の関係者は、この本をしっかり読んでもらいたい」

一昨年の秋、そんな説教臭いコラムが朝鮮日報に掲載された。「読んでショックを受けた」と熱烈推薦するのは、吉田清治のデビュー小説『朝鮮人慰安婦と日本人』。完全に実録作品と勘違いしている。

参照:Birth of Blues 2012年9月9日『従軍慰安婦は事実。ソースは「吉田清治著書」と、朝鮮日報読者』

▼南鮮・謝罪ショーの吉田清治1992年
画像

南鮮メディアと南鮮大衆の慰安婦知識レベルが、いかに低く杜撰か、推し量ることが出来る。そして、南鮮政府も未だに吉田清治の創作を歴史事実と認定したままだ。

「19世紀アフリカの黒人奴隷狩りと似たような手法での人狩りで、慰安婦を充員することになった。吉田清治は、彼の著書『私の戦争犯罪』第2章で、このような状況を証言している」

南鮮政府が編んだ「日帝下の軍隊慰安婦実態調査 中間報告書」の一節だ。小説を資料にする大失態。この中間報告書は発表が1992年と古いが、最終報告は出ず、今も最新版の政府見解と言える。
▼仏漫画際でも嘘垂れ流す趙允旋1月30日(時事)
画像

吉田の捏造本は南鮮政府に反撃する材料としても貴重だ。我が国に発狂して吠える前に、南鮮側は“吉田証言”への見解を示す義務がある。

そして、吉田清治の嘘で深刻な打撃を受けるのが、我が国の反日メディア、とりわけ朝日新聞だ。

【朝日論説委員の“吉田詣で”】

「朝日新聞もこれを熱心に報じた時期があった。中には力ずくの『慰安婦狩り』を実際に行ったという日本の元軍人の話を信じて、確認のとれぬまま記事にするような勇み足もあった」

朝日新聞の前論説主幹で、南鮮“逃亡中”の若宮啓文は、昨年9月に出版した自著に、そう書き記した。「これ」とは慰安婦問題だが、日本の元軍人とは一体、誰のことなのか?

どうやら吉田清治らしいのだが、もちろん吉田が軍人だったという記録は何処にもない。この発言から、慰安婦キャンペーンを行った朝日幹部が、吉田について未だに事実関係を誤認していることが判る。
▼朝日時代の若宮啓文(週刊文春24年5月17日号)
画像

これは朝日新聞が当初から吉田清治の経歴や発言を精査せず、騒動の扇動役として吉田を活用したことの証拠だ。そして何より「勇み足」の一言で済む問題ではない。

朝日新聞と吉田清治の関係は実に昭和30年代にまで遡る。週刊朝日の懸賞金付きエッセイ募集で、吉田の作品が佳作に入選。昭和38年のことだ。左端にある吉田東司(下関市)が、吉田清治だった。
▼『週刊朝日』S38年8月23日号(『慰安婦と戦場の性』より)
画像

そして20年後の昭和57年、朝日新聞に再び登場する。大阪で行った与太話の公演を地方版が写真入りで伝えた。注目すべきは、それが小説第2弾を出版する前だったことだ。
▼吉田の公演報じるS57年9月2日付朝日新聞
画像

出版直後の悪質なステマ報道も残っている。昭和58年11月10日の朝日新聞「ひと」覧で、吉田清治を大々的に紹介。これは南鮮での「謝罪碑」設置パフォーマンスと絡めて宣伝する内容だった。
▼「ひと」欄に登場した吉田清治
画像

続いて、捏造慰安婦問題がスパークした平成3年(91年)から翌年にかけては、まるで専属評論家のように繰り返し朝日新聞に登場。“慰安婦狩り”の嘘を吐き続けた。過去に例のない大規模捏造報道である。

その中でも悪質だったのは、平成4年1月に掲載された論説委員コラムだ。吉田清治の捏造話を紹介、自宅を訪問したうえで、右翼連中の批判に屈しない「腹がすわった人物」と大絶賛している。
▼南鮮に招待された吉田清治92年
画像

自宅まで訪れた朝日新聞論説員は、北畠清泰。幹部として慰安婦捏造キャンペーンを推進した主犯格の容疑者だ。ところが、ある時を境に、吉田清治は朝日新聞紙面からフェードアウトする。

【「真偽不明」で逃げた朝日新聞】

「国会でもどこでも行って話す」

それが吉田清治の朝日新聞紙上での“遺言”となった。平成4年5月のことだ。その前月、産経新聞が秦郁彦氏の現地調査を報道し、朝日新聞は吉田の捏造話を流用できなくなったのである。使い捨てだった。

それから数年のち、朝日新聞は懲りずに慰安婦絡みの捏造特集を掲載。「重要なのは何より歴史の事実だ」と当たり前の主張を掲げる一方、吉田清治について、こう記した。

「朝日新聞などいくつかのメディアに登場したが、間もなく、証言を疑問視する声が上がった。済州島の人たちからも、氏の著述を裏付ける証拠は出ておらず、真偽は確認できない」(97年3月31日付)
▼小説を史実と報道したTBS
画像

捏造の自白に等しい。しかし、嘘話で煽りに煽った記事の訂正でも謝罪でもなかった。過去の取材を検証する作業を放棄し、吉田を紙面から追放して頬被りしているだけだ。

そして、新しいバイブル『すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」』を著した山際澄夫さんは、97年の朝日の変節にも疑問を投げ掛ける。済州島で異論が出たのは、秦氏の調査が最初ではなかった。

「まったくのつくり話であることは一九八九年までに、吉田清治が『慰安婦』狩りを行ったと証言している済州島で、済州新聞の女性記者が調査して判明している。ところが、朝日新聞は、その後、吉田清治を華々しく使い始めたのである」(前掲書124頁)
▼吉田証言に疑問呈した地元紙1989年8月
画像

朝日新聞は吉田の“証言”が創作だと知りながら、捏造キャンペーンの“語り部”に抜擢した疑いが濃い。確信犯的に嘘で紙面を埋め尽くしたのだ。その鍵を握るのが1人の不逞鮮人だった。

【抗日組織支援で吉田に勲章を】

済州島の捏造ストーリーが複数の現地取材で暴かれた後も、妄信系の捏造派は「当時は島全体に箝口令が敷かれていた」などとホラを吹く。それが明らかなデマでも、いわゆる「悪魔の証明」は難しい。

最初にバレた吉田清治の嘘は、戦前に上海で日系キャリアの幹部だったという経歴にまつわるものだ。この時、反日テロ集団の首魁・金九(キム・グ)を逃亡を手助けしたとデビュー小説に綴っている。
▼鮮人テロリスト・金九(1876-1949)
画像

金九とは、戦後米国が南鮮大統領候補に挙げ、ライバルの李承晩に謀殺された人物。南鮮では“抗日の英雄”として豪華な記念館も建設されている。その金九の重慶脱出劇を吉田清治が成功に導いたと言うのだ。

更に吉田は、金九を極秘移送した容疑で軍法会議にかけられ、2年間入獄していたと物語る。民間人が軍法会議で裁かれることはなく、金九に関係するストーリーも全てが創作だった。
▼吉田が語る入獄経緯(『慰安婦と戦場の性』)
画像

吉田清治は自らを朝鮮独立運動の協力者と位置付けたかったのだろう。しかし、創り出した物語は余りにも突飛過ぎた。そして、秦氏の質問に吉田は、金九のエピソードが嘘だったことをアッサリ自供した。

朝日新聞側も当初から、吉田の「朝鮮独立運動支援」がデッチ上げと認識していたはずだ。事実ならば南鮮から勲章を授かるレベルのこの逸話を完全無視。紙面で取り上げることは最後までなかった。
▼重慶の自称・光復軍総司令本部(中央日報)
画像

捏造慰安婦問題で朝日新聞を攻めるには、この吉田=朝鮮独立“功労者”説について事実関係を問うことが効果的だ。朝日新聞側は、絶対に金九絡みの捏造話を歴史事実として立証することが出来ない。

南鮮政府も同じだ。“慰安婦狩り”を公的資料に採用する一方、逮捕覚悟で金九を脱出させたエピソードを葬り去ることは極めて不自然。今からでも遅くない、吉田を独立運動の功労者として顕彰すべきである。
▼南鮮10万ウォン札の金九(発行中止)
画像
小説に事実が含まれる場合はあっても、ドキュメント作品の一部に創り話を散りばめることは許されない。吉田の捏造話検証は20年前に終わった。いま必要なのは、朝日新聞に吉田本を小説と認めさせる作業だ。

植村隆の詐欺募集記事や吉見善明の捏造スクープ事件など朝日新聞による安婦絡みの犯罪は枚挙に暇がない。その中でも致命的な工作の失敗が、吉田清治という詐欺師を重用したことだった。
▼朝日は未だ小説と認めず
画像
朝日新聞にとって最大のウィークポイントが、そこにある。吉田清治の嘘に基づいたキャンペーンは、期間の長さや規模、そして外交への影響度から間違いなく、戦後最大の捏造報道だ。

吉田清治と朝日新聞の合同葬は、われわれ日本人が出す。





最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

********************
【side story】

前エントリからの続編です。分割してもまだ書き足りない部分が…他の反日メディアを含めて朝日新聞を今後どう追及するか、という辺りなんだけれども。

あらためて、若宮啓文の「吉田=元軍人」発言は衝撃的だ。これまで朝日新聞は確信犯で吉田の嘘を取り上げてきたと考えるが、それも多少揺らがざるを得ない。論説主幹が初歩的な吉田のプロフィールすら知らないとは…大問題発覚なのではないか、これ。

前回に引き続き、秦郁彦著『慰安婦と戦場の性』と山際澄夫さんの新著『すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」』を参考にしました。今後の反撃材料となる洋公主やライダイハンについても、第5章「韓国の不都合な真実」で詳しく解説されています。
画像

↓アマゾン購入ページ
すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)

この記事へのコメント

2014年01月31日 23:07
こんばんは。
ご承知のことと存じますが、

>慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」をめぐり、日本維新の会は29日、河野氏に加え、河野談話の見直しに否定的な朝日新聞社社長の国会への証人喚問を求める署名活動を週明けに開始する方針を決めた。

―そうです。捏造の首魁を引きずり出し、断罪する好機を逃してはなりませんね。
反朝日
2014年02月01日 02:54
本日、テレ朝「朝まで生テレビ」の田原総一郎氏との対談収録をしました。不本意な結果でした。一方的に質問と主張をされ、私が自由に話す時間はほとんどありませんでした。あまりに偏った議論?なので、田母神選対の抗議で、収録が中断されました。狡猾なメディアの意識操作の一端を見た思いがします。
田母神俊雄


2014年1月31日 10:54 PM
町工場の親方
2014年02月01日 08:18

《それに比べて、マスコミ、特に朝日新聞の、吉田清治に対する入れ込み方は尋常ではなかった。》ーーー秦郁彦・著、「慰安婦と戦場の性」・・・新潮選書、より。

《厚顔、無責任コンビ》ーーー「朝日新聞をみんなで叩き潰す掲示板」
平成14年10月6日

和田俊が死にましたか。 今年の春友人が、「正月カンボジアに行った時,女性のガイドが 「私の両親は学校の先生でしたので、ポルポトに殺されました」と語った、と言っていたことを思い出しました。

世界史上でも稀な、酷い大虐殺者ポルポトをヨイショしたような人間が,その後も順調に社内出世コースを歩いたようですが,私は彼がポルポトを褒め称えたことについて,その後何らかの釈明や,自己の言論の責任について,語ったというのを寡聞にして知りません。(どなたか知っておられるて゜しょうか)
稲垣武氏がいっているように、「あそこは内部同志の顔色,評価しか考えない組織」なので、外からの正当な批判に対しては、「右翼の嫌がらせ」で
頬かむりしてしまったのでしょうか。


 
町工場の親方
2014年02月01日 08:21

今年初め、ほぼ同じ年齢の元論説委員の北畠清泰も死にました。
二人とも大学教授でしたが、「朝日新聞論説委員」という肩書きで、こんなのを迎える大学が
あると思うと嫌になります。

今,北畠が,平成四年一月二十三日の夕刊コラム「窓・論説委員室から」 「従軍慰安婦」の見出しのもとに書いた文を読むと,本当に酷い代物だ、とあらためて痛感します。
ご承知のように、吉田清治の本をもとに述べたものです。

「吉田清治さんは昭和十七年,朝鮮人を徴発するために設けられた「山口県労務報国会下関支部」の動員部長になった。以後三年間,強制連行した朝鮮人の数は男女六千人にのぼるという。吉田さんと部下、十人か十五人が朝鮮半島に出張する。総督府の五十人、あるいは百人の警官と一緒になって村を包囲し、女性を道路に追い出す。木剣を振るって女性を殴り、けり、トラックに詰め込む。一つの村から三人、十人と連行して警察の留置場に入れておき、予定の百人、二百人になれば下関に運ぶ。

女性達は陸軍の営庭で軍属の手に渡り、前線に送られていった。国家権力が警察を使い、植民地の女性を絶対に逃げられない状態で誘拐し、戦場に運び、一年、二年と監禁し、集団強姦し、そして日本軍が退却する時に戦場に放置した。 この後吉田清治を腹のすわった人と褒め称える文が続きます。
町工場の親方
2014年02月01日 08:23
当時朝鮮は日本であり、昔、白人が南米やアフリカでなら、このようなことをやったかも知れませんが、日本が日本国内でこんなことをやるわけがありません。またやる必要も全く無い、社会の状態でした。

私が北畠に対して、どうしてもわからなかったことは、戦後に生まれて育ち、飢餓と貧困の時代の日本を殆ど知らず、戦前は全くの暗黒時代であり、全国民で構成された日本軍も、悪魔のような軍隊、と徹底した左翼教育により洗脳された人間が、異常な考え方をするのならまだしも、どのような家庭環境で育ち、教育を受けたか知りませんが、年齢からいって、昭和二十年代には中学生、高校生になていた人間なら、あの時代の貧しかった日本の社会、ひどい就職難、職業として認められていた、娼家、娼婦の存在、その時代の世相、戦前戦後を現実に生きていた日本人(どの時代にもいる、ひどい人間もいる反面)=貧しくとも今よりはモラルの観念のしっかりした、大勢の大人が生きていた時代を、多少なりとも経験した人間が、裏も取らず、検証しようともせず、あのようなとんでもない、イカサマ本と、その著者に対して、何の疑いも差し挟まず、持ち上げるということでした。

このことは私の理解に苦しむところでしたが、先日、ふと発想を変えてみて、「北畠は吉田清治と同類、同質の人間かもしれない」、と考えるに及んで、やっと納得するようになりました。

参考図書
宮尾登美子   「夜汽車」  「岩伍覚書」  
町工場の親方
2014年02月01日 09:06
例によって、いつものような、緻密な考証、冴えた文章を読ませていただきましたことを感謝申し上げます。

吉田清治に関しては、中川八洋・筑波大名誉教授が著書

「歴史を偽造する韓国」、の中の

第十章・・・「《従軍慰安婦強制連行》、という嘘」

の中で詳細に述べられております。

吉田清治の経歴とやらが、全くとんでもない出鱈目であるかがよく理解できるとともに、
《朝日新聞》、なるものが、何一つ知らず、戦前の日本を悪魔化する、いかに酷い代物か、読んで唖然としてしまいます。

これに関し、一昨年、愛読するブログ、「狼魔人日記」、のコメント欄に
「チョーニチ&吉田清治の正体」、
と題してき込みましたので

よろしければ、狼魔人日記中川八洋吉田清治町工場の親方でググってお読みいただければ、と考えます。

日本人
2014年02月01日 12:20
内閣府職員が変死、ゴムボートで漂流 韓国で消息絶つ
北九州市若松区沖の響灘で、漂流していたゴムボートに乗っていたとみられる内閣府の男性職員(30)が遺体で見つかっていたことが31日、第7管区海上保安本部(同市)への取材でわかった。内閣府などによると、男性は1月に国際会議に出席するため韓国・ソウルに向かった後、消息を絶っていた。7管は事件の可能性も視野に調べている。
韓国は敵だ!直ちに断交せよ。
2014年02月01日 22:47
どう見たって普通の死に方じゃない
内閣府のシンクタンク「経済社会総合研究所」に所属していた職員が、韓国の国際会議に出るために韓国入国後、行方不明になって、それが北九州の沖でゴムボートの中で倒れているのを発見されるというんだが、殺されて、ゴムボートに乗せられて、流されたんだろ。とりあえず、何の会議でどんな発言をしようとしていたのか、そこが判明しないと、何とも言えない。韓国の「愛国者」の仕業なのか、それともKCIAが絡んでいるのか、それとも北朝鮮工作員が絡んでいるのか、今のところは何とも言えない。
反日韓国の仕業である。ついに、ここまでやる敵国である。在日工作員に警戒せよ!日本人よ目を覚ませ。
日本人
2014年02月01日 23:06
韓国の反日主張、米議会中枢を侵食 下院外交委員長が慰安婦像を訪問
ロサンゼルス=中村将】米連邦議会下院の外交委員長、エド・ロイス氏(62)=共和党、カリフォルニア州=が1月31日(日本時間2月1日)、同州グレンデールにある「慰安婦」像を訪問した。ロイス氏は「この像は人権運動と尊厳のためのもので、平和の記念物だ」と語った。韓国側の主張が、米議会外交担当の中枢にも浸透している実態が浮かび上がっている。
ロイス氏はこの日の訪問について、「(従軍慰安婦問題の対日謝罪を要求する)米下院121号決議の可決から7年を迎えたことと、(1月下旬にソウルで)亡くなった日本軍の慰安婦の追悼のためにきた」と説明。像の前に置かれた女性の遺影に、両ひざをついて線香をあげた。ロイス氏は「亡くなった女性は、苦しんだ慰安婦たちを象徴している。慰安婦を癒やすには事実を認めることだ」と、韓国側が主張する日本軍による強制を前提として見解を述べた上で、「慰安婦の生存者がいるうちにこの歴史を認めていこう。それが正しい道だ」と語った。「過去にあったことを認めて、忘れないようにすることを外交委員会でも呼びかけている」とも話した。
加藤清正
2014年02月01日 23:40
韓国の慰安婦企画展に600人 仏漫画祭、「ひどい」「初めて知った」主張浸透の恐れも
フランス南西部アングレームで30日に始まった「アングレーム国際漫画祭」で、韓国政府が実施している慰安婦をテーマとする企画展に約600人が訪れ、韓国側の主張に沿った展示内容をすっかり信じ込むケースも目立った。
会場には、旧日本軍の兵士が当時の朝鮮半島の少女を拉致したり乱暴したりするといった内容の十数作品が展示された。入り口の説明文には、日本側が慰安婦問題を認めていないかのような記述もある。
 見学者のイザベル・プティさん(48)は「ひどい。娘にも見せる。日本はなぜ認めないのか」と涙を流し、ベルギー人のジャンジャック・ハロタンさん(55)は「こんな事実を初めて知った。日本が認めないのは残念」と話した。
日本大使館は、政府による取り組みや立場を説明する文書をプレスセンターで配布した。(共同)
日本人
2014年02月02日 21:06
韓国で内閣府職員が殺害され見せしめか!1月上旬韓国入国→消息不明→13日前死亡→18日発見
小野寺まさる
韓国で消息を絶った内閣府の職員が変死をした状態でゴムボートに乗せられ漂流…
近年、尖閣諸島担当の内閣府職員も部屋で謎の変死をし、
離島担当の防衛省中枢の幹部は夜中の参議院議員会館周辺で
バイクに跳ねられ職員だけが死亡した。
不自然な二つの事案は自殺と事故で片付けられたが、続き過ぎている。
金大中事件
金大中事件(きんだいちゅうじけん[1])は、
1973年8月8日、大韓民国(韓国)の政治家で、のちに大統領となる金大中が、
韓国中央情報部(KCIA)により日本の東京都千代田区のホテルグランドパレス
2212号室から拉致されて、ソウルで軟禁状態に置かれ、
5日後ソウル市内の自宅前で発見された事件である。
日本ではスパイや工作活動が容易にできちゃってるような気がします。

顔が似ている特アの人間が日本人に紛れやりたい放題のような。。

韓国&中国の工作員に日本人職員が殺されまくっているようにみえませんか?
たろう
2014年02月02日 22:04
ふうっと、息をつきたくなる考察です。日本は本腰を入れて対抗しないと・・・もう手遅れですかね。
日本人
2014年02月02日 22:16
猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者
2014.2.2 18:00 (2/2ページ)[花田紀凱の週刊誌ウォッチング]
このところ精力的に韓国批判を続けている『週刊文春』(2月6日号)は今週もワイド型式で「韓国の『暗部』を撃て!」。なかでも注目は「“慰安婦捏造(ねつぞう)”朝日新聞記者がお嬢様女子大教授に」。
日本軍による慰安婦強制連行があったとする一連の記事を書いた植村隆記者が今年3月で朝日を早期退社、神戸松蔭女子学院大学の教授になるのだという。
〈大学で研究活動に入る前に自らの誤報について検証すべきではないか〉
〈「記者だったら、自分が書いた記事ぐらいきちんと説明してもらえませんか」
小誌記者の呼びかけに、その男は五十過ぎとは思えないほどの勢いで猛然と走り出し、タクシーに乗って逃げた〉という。
 こんな記者が、女子大でいったい何を教えることやら。(『WiLL』編集長)

 
加藤清正
2014年02月02日 22:25
従軍慰安婦捏造の朝日新聞植村記者が女子大教授になると知り怒り心頭です。
神戸松蔭女子学院大学
住所: 〒657-0015 兵庫県神戸市灘区篠原伯母野山町1-2-1

電話:078-882-6122
大学に抗議します。
やす
2014年02月06日 10:49
従軍慰安婦の捏造を断じて許さないという決意を示すためにもお願いします。
このブログに集いし真正保守の皆さん、
東京に友人や知人はいませんか?
どんなつてでもいいから、電話をかけてタモさんへの支援をお願いしましょう!
やるべきことをやって、9日の夜、ともに勝利の美酒を味わいましょう!!

神戸松蔭女子大にはすでに満身の怒りを込めて
抗議メールを送りつけてやりました。
momo227799
2014年05月21日 17:56
お話としては知っていましたが、これほどきちんとまとまったサイトは初めてです。ありがとうございます。
朝日新聞の購読者が減っているようですが、もう日本人は誰も読む必要はありません。
ベストFAMサンエース合同アシストグループ
2016年06月15日 01:07
戦犯精神異常小杉辰男飯田俊之金山守今野余代小杉文子

この記事へのトラックバック

  • 都知事選 テレビ初討論会

    Excerpt: 東京都知事選の告示から1週間の30日、主な候補者4人が顔をそろえて政策を訴える場が初めて実現した。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-02-01 04:06
  • 朝日新聞の靖國参拝批判

    Excerpt: 新藤義孝総務相が1日午後、東京・九段北の靖国神社を参拝した。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-02-01 04:10
  • 徳富蘇峰が「國民新聞」を創刊

    Excerpt: 今日は何の日 明治23(1890)年 - 徳富蘇峰が「國民新聞」を創刊。 『蘇峰文選』に掲載された国民新聞社時代の徳富蘇峰 肥後国(熊本県)上益城郡益城町字杉堂村出身。本名は徳富猪一郎.. Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN racked: 2014-02-01 06:17
  • 在特会からのお知らせ その187

    Excerpt: ★ 京都裁判について ★ ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 在特会では京都裁判への支援を求めていましたが、無事供託金を納め控訴することが出来ました。 支援していただいた皆様には深く感謝.. Weblog: 反日ハンター seesaa猟友会 racked: 2014-02-01 11:43
  • ゴロツキはモヒカンを呼ぶ2 ~朝日新聞にモヒカン頭現る

    Excerpt: 反日ハンター・神功正毅です。 朝日新聞にモヒカン頭の男が現れました。 しかも、配達員や拡販員ではなくれっきとした記者です。 保守速報/【ヒャッハー!】記者会見の場で朝日新聞記者がモヒカンで登場wwww.. Weblog: 反日ハンター seesaa猟友会 racked: 2014-02-01 17:57
  • 慰安婦問題で河野洋平と朝日社長の証人喚問要求 維新が署名活動(2月3日開始予定)。「進藤翔」記者。

    Excerpt: ★(お知らせ)朝日新聞社に「進藤翔」記者はおりません。朝日新聞が、こんなお知らせ記事をデジタル紙面に載せました。「進藤翔」とは、籾井勝人犬HK会長新任記者会見に於いて、場違いな慰安婦についての質問を、.. Weblog: きらやまと・さらいにこ racked: 2014-02-02 02:48
  • 売春婦かく語りき「私が死ぬ前に間違いを認めさせて欲しい。」

    Excerpt: 反日ハンター・神功正毅です。 売春婦かく語りき「朝鮮戦争当時日本軍に無惨に踏みにじられて悔しい思いをさせられた。」 で「朝鮮戦争当時日本軍に無惨に踏みにじられて悔しい思いをさせられた。日本が誤りを悔い.. Weblog: 反日ハンター seesaa猟友会 racked: 2014-02-02 13:03
  • 自称「慰安婦」の黄金子、死す

    Excerpt: 反日ハンター・神功正毅です。 自称「慰安婦」の黄金子(ファン・クムジャ)が亡くなりました。 livedoor.com/韓国の元慰安婦女性が90歳で死去、「天国で日本の謝罪を待っていて」―韓国メディア .. Weblog: 反日ハンター seesaa猟友会 racked: 2014-02-02 16:29
  • 都知事選 百田尚樹氏の応援演説

    Excerpt: 2月3日の新宿駅西口に、『永遠のゼロ』の著者、百田尚樹氏が田母神としお氏の応援演説に現れた。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-02-04 01:48
  • 大義なき市長選に臨む橋下徹が辞任までの経緯の中で協調・妥協・調整の能力の乏しさを露呈した件

    Excerpt: 橋下徹大阪市長が 大阪府・大阪市特別区設置協議会(法定協議会)での議論が停滞したことを理由に 職を辞して市長選を行って議論の前進をはかることをを明言したようですが、 これは橋下氏が協調・妥協・調.. Weblog: 名無しのデムパ論 racked: 2014-02-04 15:36
  • 韓国人へ捧げる歌 by YOKO

    Excerpt: 根拠のない捏造話で、日本国と日本人を貶め、誹謗中傷する韓国に対し、ついに保守の日本人女性が立ち上がった。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-02-04 22:40
  • 火炎瓶は放火魔を呼ぶ ~朝日新聞配達員、放火の疑いで逮捕される

    Excerpt: 反日ハンター・神功正毅です。 朝日新聞の配達員が放火の疑いで逮捕されました。 毎日新聞/自転車焼損:56歳ASAアルバイト逮捕 愛知県警http://mainichi.jp/select/news/2.. Weblog: 反日ハンター seesaa猟友会 racked: 2014-02-06 04:03
  • 都知事選 史上最強の田母神節炸裂!

    Excerpt: 2月3日、都知事選の最中、外国特派員協会の記者会見で、田母神節が炸裂した。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-02-06 05:59
  • 本性を知られた舛添要一が失速 【拡散希望】

    Excerpt: 過去の発言から本性を知られた都知事候補者、舛添要一が女性有権者から反感を買い失速し始めたようだ。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-02-07 01:34
  • 在特会からのお知らせ その188

    Excerpt: ★ 京都裁判について ★ ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 在特会では京都裁判への支援を求めていましたが、無事供託金を納め控訴することが出来ました。 支援していただいた皆様には深く感謝.. Weblog: 反日ハンター seesaa猟友会 racked: 2014-02-08 09:01
  • これはゾンビウェーブですか? ~日本最大の韓国雑誌「韓Fun」 2月いっぱいで休刊へ

    Excerpt: 反日ハンター・神功正毅です。 日本最大の韓国雑誌「韓Fun」 が2月26日発売の140号で休刊するそうです。 ネトウヨ速報/【超絶朗報】日本最大の韓国雑誌「韓Fun」 2月いっぱいで休刊へwwwwww.. Weblog: 反日ハンター seesaa猟友会 racked: 2014-02-08 18:59
  • 「日露戦争開戦から110年 国民よ、反日主義者に「果たし状」を叩きつけろ!街宣 in 彦根」の報告

    Excerpt: 反日ハンター・神功正毅です。 「日露戦争開戦から110年 国民よ、反日主義者に「果たし状」を叩きつけろ!街宣 in 彦根」開催のお知らせ で伝えたとおり、平成26年2月8日(土) 15:00~16:0.. Weblog: 反日ハンター seesaa猟友会 racked: 2014-02-09 13:19
  • 「中監会 「支那中共をぶっ潰せ!in 大阪 」街宣・デモ行進 第七弾!」のお知らせ

    Excerpt: 中監会 「支那中共をぶっ潰せ!in 大阪 」街宣・デモ行進 第七弾! ★★大阪・東京2都市同日開催★★ 【概要】 ※我らの日本は、支那共産党に、領海、領空を侵犯されていては決して安全ではない!! .. Weblog: 反日ハンター seesaa猟友会 racked: 2014-02-10 20:20