菅政権の隠蔽が生む疑心暗鬼…ゴミ箱の中の政治主導

菅直人が視察をドタキャンした日に何が起きていたのか…逆輸入された予測図、抹殺されたグローバルホーク映像。菅政権の情報隠蔽が国内外の原発不安を煽っている。
画像

1986年4月28日、スウェーデン・フォッシュマルク原発で作業員の靴から高い数値の放射線量が確認される。それがチェルノブイリ原発事故発覚の発端だった。その時、大爆発から2日が経っていた。

後にソ連崩壊の一因ともなった原発大事故の隠蔽。周辺の健康被害を悪化させた情報隠蔽に世界各国は憤りを隠さなかった。レベルは異なるものの、それを彷彿させる現象が我が国で起きた。
▼3月21日の拡散予測図(ドイツ気象局)
画像

3月下旬からネット上で放射性物質の拡散予測図が広まり始めた。ドイツ気象局やノルウェー気象研究所の公表画像。その詳細な予測データの元は我が国の気象庁だった。当事国では隠蔽されていたのだ。

「隠す必要がない情報であれば、誤解がないよう十分な説明を付けて公表するべきだ」
▼会見で指示を強調する枝野長官4月4日(産経)
画像

枝野官房長官は4月4日の会見で、そう発言した。政府が情報公開を指示したように受け取れるが、事実は全く逆だ。気象庁は情報発信が原子力災害対策本部に一元化されている為、独自に公表できなかった。

これは文科省の放射線観測データ公表をめぐる問題と同じだ。観測値に関する健康被害の評価について文科省の担当官は3月16日、こう答えていた。

「データの評価は差し控えたい。官房長官の指示でコメントするなと言われている」
▼4月5日の拡散予測図(気象庁)
画像

首相官邸が事前にクギを刺していたのだ。気象庁の予測図非公表も菅政権の圧力を受けていたことは確実である。それを隠し、あたかも政治主導で公開させたかのように演出した。汚い手口である。

自らの情報統制をゴマ化し、他者になすり付ける…それは昨年の侵犯船映像封殺と同様、民主党政権の隠蔽体質を晒すものだ。

【抹殺されたグローバルホーク接近映像】

3月17日、NNNのカメラが福島第1原発上空を飛行する物体を捕らえた。米軍の無人偵察機「グローバルホーク」だ。かなり低い高度で施設の上を通過していることが判る。
▼超低空で原発施設上空を通過3月17日(NNN)
画像

「グローバルホーク」はグアムのアンダーセン空軍基地から発進し、3月12日から被災地周辺を飛行していた。日本側が派遣を要請したもので、搭乗者の放射線量が懸念される原発施設の撮影には最適だ。

高性能センサーや赤外線カメラも装備し、地上の物体を見分ける能力は最大で30㌢四方とされる。そして画像データはリアルタイムで基地に送信することも可能で、日本側にも同時に提供しているという。
▼グローバルホークのグアム帰還3月18日(S&S)
画像

ところが菅政権は原発映像の公開に否定的で、これまで1枚も公開していない。米軍側は提供した映像の公開を承認し、非公開の理由について、こう明かしていた。

「あくまでも日本側の判断」

菅政権側が映像公開をストップさせているのだ。一時は解像度を落として公表することも検討された模様だが、北沢防衛相は3月30日の参院外交防衛委で完全否定する答弁を行った。

「映像が特段優れているわけではない」
▼米空母を訪問した北沢俊美4月4日(産経新聞)
画像

さらに米軍サイドから、軍事機密に該当しない映像も含めて公開に否定的な立場を伝えられたと答弁。米軍が公開を拒絶したと言うのだ。先の「日本側の判断」とする米軍の主張と矛盾する。

松下忠洋経産副大臣は3月18日に新潟の民間企業に無人航空機による撮影を要請。20日と24日に原発上空を飛行し、写真が公開されたが、既にグローバルホークが撮影している以上、全く不要な措置だ。
▼無人機が撮影した原発施設3月24日(時事通信)
画像

菅政権がグローバルホークの精密画像を封印したのは、昨年12月に閣議決定した「防衛計画の大綱」で導入を見送ったことに直結している。この期に及んで野党からの批判を恐れて抹殺したのだ。

3月18日に原発の消化作業を始めた東京消防庁の派遣隊は、瓦礫に阻まれ手作業でホースを延ばした。詳細な現場映像があれば事前に対処できた事態だった。映像封印が不要な危険を招いたケースである。
▼無人機が撮影した放水作業3月24日(産経新聞)
画像

現場の隊員の安全より、政権の保身・延命を優先…原発危機は菅政権による人災なのだ。その中心にいる菅直人の責任は免れない。

【3月21日未明に原発で何が起きたのか?】

チェルノブイリと同様に、情報を統制しても周辺で観測される放射線量まで隠蔽することは不可能だ。逆に観測データから現象を推測することも出来る。その中で奇妙な観測記録が残っている。
▼川崎市臨海部の観測グラフ(神奈川県HP)
画像

神奈川県が公表している川崎の空間線量1ヵ月データだ。3月12~14日の連続水素爆発の後、もう1度はね上がり、50nGy/hで現在まで推移している。線量が上がったのは3月21日未明だった。

21日は大地震発生後、まとまった雨量が観測されているが、雨とは関係ない。福島第1原発から南に約120㌔離れた茨城・東海村のデータを見ると、数値がはね上がったのは未明だった。
▼東海村の観測グラフ3月21日(ガジェット通信)
画像

3月21日未明に福島第1原発で何が起きていたのか…当日の報道記録には特筆すべき事柄はなく、午前4時まで放水活動が行われていた。また3号機から黒煙が上がったのは、21日午後4時前だった。
▼黒煙あげる3号機3月21日午後4時すぎ(東電)
画像

そして菅直人が視察の予定をドタキャンしたのが21日早朝だった。前日夜に視察日程を発表しながら、出発の30分前にあたる午前5時半にキャンセルするという慌ただしさだ。実に不可解である。

視察予定地は宮城・石巻市と原発対応部隊の拠点になっているJヴィレッジ。石巻市では村井知事や君塚東部方面総監らが未明から出迎えの為に集まっていた。官邸側はキャンセル理由を、こう説明する。

「ヘリコプターが首相官邸を出て、戻って来られるという天候状況にないため中止する」
▼視察先でヘリに乗り込む菅直人4月2日(ロイター)
画像

天候不良でヘリの離発着に難があったと言うのだ。完全な嘘である。首相を乗せるヘリは要人護送用のEC-225LPで、3月12日・4月2日の視察でも利用していた。

写真には「STH01023」の機体番号が見える。運用するのはCRF隷下・木更津駐屯地のSTH(特別輸送ヘリコプター隊)だ。パイロットは最高レベルで、暴風雨でもない限り、離発着に支障はない。
▼EC-225LPで移動する菅直人4月2日(ロイター)
画像

視察ドタキャンは何らかの原発異変と考えられるのだが、それを陸自の運用能力にしている所が薄汚い。その4日前、第1ヘリ団に放水を強要したのが、菅直人である。

そして3月21日の視察中止後、菅政権による原発関連情報の統制が更に強まった模様だ。

【最も必要な時に逃げ隠れするトップ】

「知りうる情報は全て公開している。事実を隠蔽してはならない」

菅直人は3月29日の参院予算委で、そう答弁した。グローバルホークの接近映像ひとつを取っても、官邸が知り得た全ての情報を公開しているとは言えない。
▼参院予算委に臨む菅直人3月29日(AP通信)
画像

東電は3月28日になって原発敷地内の土壌から微量のプルトニウムを検出したと発表したが、採取したのは3月21日。解析が慎重だったとしても1週間は遅過ぎる。背後には菅政権の圧力がある。

「日本からの情報は矛盾している」

逸早く批判したのは、ドイツのメルケル首相だった。また救援活動を行っていたドイツの民間団体が「事実の隠蔽はチェルノブイリを連想する」と批判して急遽帰国したのは3月14日だった。
記者会見する独メルケル首相3月14日(AFP)
画像

米国はNRC(米原子力規制委員会)のメンバー2人を3月12日に派遣。情報収集に乗り出したが、経産省や東電に出向いても新聞報道レベルの資料しか与えられなかったという。

「国際社会に対し、日本は引き続き情報を隠すことなく、共有していきたい」
▼陸前高田市の被災地に立つ菅直人(ロイター)
画像

菅直人は3月19日、官邸で会談したルース駐日大使に、そう説明した。米国側から情報共有で念押しされた経緯が透けて見える。だが、その後、積極的な情報開示に踏み切ることはなかった。

更に菅直人は「ぶら下がり」取材の廃止も検討している。かつて1日2回だったが、菅政権で1日1回になり、3・11以降は行われていない。大震災のドサクサに紛れ、逃げ菅の本領発揮だ。
▼被災地を専用車で廻る菅直人4月2日(AP通信)
画像

風評被害の歯止めなど、今こそ対策本部にトップとして細やかな情報発信が求められる。ところが菅政権は逆行し、情報を隠蔽することによって国民の間に不必要な疑心暗鬼を生じさせている。

我が国は、この状況下で政治指導者も責任与党も失っているのだ。

【「政治主導」の大ウソが暴かれた】

「農水省に前もって具体的な報告がなかったことは大変遺憾なことだ」

鹿野道彦は4月5日の閣議後の会見で不快感を露にした。放射性物質を大量に含む汚染水を海に垂れ流しで、事前に連絡がなかったと憤っているのだが、これは政府の機能不全を告白するに等しい。
▼会見で愚痴る鹿野道彦4月5日(農水省HP)
画像

汚染水の放出は東電の通告20分後に政府が了承した形になっているが、決めたのは菅政権だ。当然、事前に協議していた。菅政権は常に責任を逃れる為、東電の方針を追認するスタイルを採用している。

原発対応の最高責任者は菅直人で、ナンバー2は海江田万里だ。本来ならば、この2人が頻繁に会見を行う必要があるのだが、未だに東電・保安院に対応させて逃げ続けている。
▼衆院本会議に臨む菅直人ら3月31日(AFP)
画像

最終的な責任者が不明確になっていることも原発不安を掻き立て、不信感を増長させている大きな要因だ。リーダーシップの欠如どころではなく、常軌を逸した無責任ぶりである。

首相官邸のHPはトップに「震災対応の重要情報」へのリンクが貼付けられている。ところが、その内容が酷い。まるで役所の悪質な「たらい回し」さながらだ。
▼官邸HPリンク部分のキャプ画像
画像

官邸HPのリンクにある原発関連情報は、経産省にHPに飛ぶ。そこに原子力安全・保安院の案内をクリックすると「別表参照」とある。その別表は、東電が発表した資料のコピーで、しかも汚い。
▼官邸HPから辿り着く発表文書
画像

政府があらゆる情報を統合して発表しているのではなく、東電に丸投げだ。東電上層部の責任は重いが、原発4機の同時多発トラブルは民間企業の手に負えるレベルではない。

国が主導しなければ事態が収集しないことは誰の目にも明らかだ。民主党の「政治主導」を大看板に掲げ、官僚会見すらも禁止したが、重大な危機は「民間主導」で頬被りを決め込んでいる。
▼陸前高田市の被災地に…4月2日(AP通信)
画像

化けの皮は既に剥がされた。菅政権も民主党執行部も、素直に対応能力のなさを認めるべきだ。この体たらくでは確実に事態が悪化し、国民の実害と不安は深刻化する。


  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1
政治ブログランキング

画像

******************
【Side Story】

原発危機に関する報道は、初期段階で国内メディアと海外では大きな開きありました。日本側の情報発信に問題があったと指摘されていますが、近県の漁業にまで深刻な影響を与え始めた今、あながち大袈裟ではなかったようにも思えます。

国内では未だに安全厨と危険厨が鬩ぎあっていますが、原発周辺エリアと遠隔地を一緒に論じることに問題があると考えます。首都圏などの放射線量は低レベル。一方、30キロ圏外の北西地域で高いレベルが続いているのも事実です。

政府は1ヵ月のデータを根拠に、レッドゾーンとその他の線引きを行うべきではないでしょうか。線引きは必ず批判を伴いますが、強引に策定して責任を負うのが政治家の役割です。

参照:
気象庁HP『緊急環境対応業務に関するIAEAからWMO地区特別気象センター(RSMC)への支援要請 (仮訳PDF) 』

ドイツ気象局HP
神奈川県環境放射線モニタリングシステム

参考記事:
■読売新聞4月5日『指示されて…気象庁、ようやく拡散予測を公開』
■読売新聞3月16日『放射線観測の評価、枝野長官が一元化を指示』
■ZAKZAK3月29日『31日は関東南部まで…ドイツ気象局が放射性物質拡散予想』
■ZAKZAK4月5日『菅どこまで隠蔽する気だ! 放射能拡散、連日予測しながら…』

■産経新聞3月26日『原発内部の映像を公開へ 米無人偵察機「グローバルホーク」が撮影』
■産経新聞3月31日『米軍無人偵察機グローバルホークの映像公開しない 北沢防衛相』
■毎日新聞3月19日『福島第1原発事故 米軍無人機の映像、日本政府が公開に慎重』
■Stars and Stripes3月18日『Global Hawk offers images of quake's destruction』
■NNN3月17日『自衛隊による新合任務部隊を編成へ~防衛省』

■日刊スポーツ3月21日『農作物は検査する必要がある/21日の動き』
■朝日新聞3月21日『首相の被災地視察、政権内に賛否 天気理由に一転中止』
■ガジェット通信3月30日『原子力発電所で起こっていることは隠せても放射線は隠せない』
■読売新聞4月6日『汚染水で省庁連携悪く…農水、厚労省と調整なし』
■毎日新聞3月20日『福島第1原発事故 「情報を隠さない」首相、駐日米大使に』

この記事へのコメント

花うさぎ
2011年04月07日 10:29
アネモネさん、GJ!!!
風来坊
2011年04月08日 07:12
3月21日未明に放射線空間線量が異常上昇→直後に菅直人が視察ドタキャン??
この数値のことは知らなかったので、雨のせいにして悪名高い視察をドタキャンしたものとばかり思っていましたが、これは勘ぐるに十分な証拠ですね。
菅の頭脳は我が身の安全と保身を謀ることだけで許容量一杯で、とてもじゃないが国家国民のことまで慮る余力はないのでしょう。
それにしても、何をやっても何を言っても反感を買うだけの菅直人。これほどダメな首相を代えさせられない日本の法制度の欠陥をうらめしく思います。
悲観桜
2011年04月10日 11:36
雑誌、紙の爆弾.5月号より抜粋
―― 前略 ――
「彼らがここまで原発の安全に無関心でいられたのは、日本政府との間にある取り決めがあったからだという。もともと、日本の電力会社は、必ずしも原発に乗り気でなかった。現在は、マル秘扱いになっているが、'60年代に原発が事故を起こした場合の被害想定まで行っている。

『これだけの被害が出る恐れがあるから、とても怖くてうちではできません。事故を起こしたら会社が潰れてしまう』

というわけだ。
ところが、当時の自民党政権は、『事故が起きた場合の補償金は、電力会社はある一定額の補償金を負担すれば、後は政府がする』という約束を行っている。事故の際、電力会社が保険で負担する金額の上限は、現在1200億円だという。

ということは、それ以上は日本政府、すなわち国民が補償するのだ。
悲観桜
2011年04月10日 11:43
首相が東電幹部に『このままでは東電は潰れるぞ』と怒鳴っても、彼らは平気でいられるわけだ。

―― 中略 ――

今回の原発事故の被害の補償金が、とても1200億円程度ではすまないことは確かだ。それを政府が国民の税金で負担するというのでは、国民が納得しまい。

自民党政権下の約束など、民主党政権は無視するのではないかと思われる人もいるかもしれないが、ところがどっこい、東電には強い味方がいる。東電の株主欄を見れば、

【外国ファンド】が多いことに気づくだろう。

現在、円高誘導を行っている投機筋のお仲間だ。

政府が東電との約束を反故にし、東電の資産で補償させることなど彼らは許さないのではないか。
結局は、旧長銀型の解決になる可能性が高い。
悲観桜
2011年04月10日 12:07
つまり今回の事故で東電は形だけ破綻して、そこへ外国資本が白馬の騎士(中身はハゲタカ)のごとく登場し、有利な条件で買収。原発事故の責任追及もうやむやになり、東電や自民党政権下の闇の部分は、それこそ闇の中に葬られる。

管首相が抵抗したら、彼は政権から引きずりおろされるかもしれない。
―― 後略 ――

この記事へのトラックバック

  • 被災地、ソフトバンク携帯だけが通じない?

    Excerpt:   震災が暴いた儲け至上主義ー雑誌「選択」が告発レポート    ソフトバンクは意識的に復旧    に 手 を 抜いているフシ が ある!  東日本大震災に対する台湾からの支援金が100億円を超えたと聞.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2011-04-07 15:13
  • 菅が児童生徒へ責任転嫁…外道の極みだ

    Excerpt: 子供たちの未来のために大人が、政治家が、責任を持って取り組まねばならない筈である。 それを言うに事欠いて、子供達に膨大な借金と核汚染で荒廃した日本の未来を背負わせようとは、 あまりにも外道すぎる菅政権.. Weblog: 賭人がゆく (旧・「賭人の独り言」) racked: 2011-04-08 08:46
  • 支那の核実験の方が影響は深刻だ!

    Excerpt:   今は騒ぎすぎ、 週刊新潮が衝撃の特集記事    日本中 が 東京五輪 で 夢中の時    現在 より 一万倍 の 放射能汚染!  やっぱりオリンピックを招致したいですね。この東日本大震災から見事に.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2011-04-08 09:23
  • 谷垣総裁は人災総理を蹴り倒すべきだった!

    Excerpt: 震災後、自らの失政で人災が広がるのを見て、菅政権も、さすがにこりゃ手に負えないと悟った。それならあっさり総辞職すればいいのに、あえて居座る腹を決めたらしい。そして大連立を呼びかけた。大廉売とか大感謝祭.. Weblog: 愛国画報 from LA racked: 2011-04-08 12:13
  • 民主党は事態の収束まで政権を自衛隊に委譲せよ!

    Excerpt: 緊急を要する非常事態には、すみやかにその種のプロフェッショナルへと全権を委譲することこそが、もっとも早く事態を収束できる。特に事態が核関連であるとそれは急務である。 Weblog: 愛国の煙草 racked: 2011-04-08 18:16
  • 頑張れ日本!全国行動委員会・事務局からのお知らせ

    Excerpt: このお知らせは、4/9(土)から 5/7(土)にかけて全国各地で行われる集会・デモ・街宣・ 結成大会・抗議行動等の確定分です。  対象地区の皆さまのふるってのご参加を お願い致します。 活動の詳細.. Weblog: 愛国学園 FC2分校 racked: 2011-04-08 19:41
  • 環境主義者と効率性と

    Excerpt: Tweet 環境保護主義者は効率性を嫌う。いや、効率性は嫌わないかもしれないが市場を嫌う人は多い。 なぜなら、その思想は旧ソ連の崩壊後に追い詰められたサヨクが拠り所にした.. Weblog: ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ racked: 2011-04-09 18:43
  • 節電を強いる東電内閣

    Excerpt:  巷では、「枝野る」などと言って、有能の代名詞のように持てはやすよ うな向きもあるらしいが、とんでもない。  自民・民主ともに、東電の男妾・原子力推進の提灯持ちに等しく、東 .. Weblog: 俳諧奉行のブログ racked: 2011-04-09 20:35
  • 脱力感

    Excerpt: ■「二番じゃいけないんですか?」 この名言を聞いた時の脱力感。日本人の多くが後ろにのけぞった歴史的瞬間だ。仮に二番を目指して一生懸命頑張る人がいるのか。またそんな人がリーダーで誰がついていくのか。レン.. Weblog: 祝嶺記念館 racked: 2011-04-09 21:21
  • 政治が茶番でも

    Excerpt: ■東日本大震災発生後、リーダーシップを期待する声をよく耳にする。国でも組織でも、個性豊かな指導者が強力なリーダーシップを発揮しているなら、だれもこんな言葉など口にしない。平和な時なら強いリーダーシップ.. Weblog: 祝嶺記念館 racked: 2011-04-09 21:21
  • 軍政を敷く

    Excerpt: 国民新党の亀井代表は28日、BS11の番組で東日本巨大地震の被災者支援などについて、「誤解があるかもしれず、物騒(な言葉)だが、『軍政を敷く』くらいなことをやった方がいい。一番頼りになるのは自衛隊、警.. Weblog: 祝嶺記念館 racked: 2011-04-09 21:22
  • 福島原発事故は人災 売国政党を斬る 青山繁晴

    Excerpt: 数日前に、「アンカー(4月6日)」で放送された青山繁晴氏の動画が、Youtube にアップされていたが、残念ながらその動画は既に削除されてしまった。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-04-10 01:23
  • いまが満開、東京のさくら

    Excerpt: スナップ集 中野・新井薬師周辺のさくら 上野の桜と比較すると明らかにこちらはピンク色が強いです。  都内の桜はいまが満開を迎えています。テレビで報道される事の多い、上野公園や千鳥ヶ淵だけでなく、都内に.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2011-04-10 08:15
  • 「大連立」実現を狙う勢力

    Excerpt: Pray for JAPAN! 日本は、日本人みんなで一つのチームなんです。 我々の力で日本復興をなしとげよう! 風評に惑わされず、福島、群馬、栃木、茨城、千葉県の農産物&魚介類を食.. Weblog: 政治の本質 racked: 2011-04-10 16:58
  • 神奈川中古車買取査定センター

    Excerpt: 中古車査定シュミレーションページです。大手数社から同時に一括査定ができます。 Weblog: 中古車買取査定 racked: 2011-10-18 08:34
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 菅政権の隠蔽が生む疑心暗鬼…ゴミ箱の中の政治主導 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Qhov no tsab xov xwm no twb sau ib daim ntawv lub kos yog.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 23:16