反民主党勢力の監視部隊…自衛隊に政治将校の影

党に反対する者を炙り出せ…民主党政権の維持の為に活用されるカウンター・インテリジェンス部隊。深刻な言論統制に繋がった事務次官通達は、自衛隊に共産国家もどきの政治将校を生み出した。
画像

「このあいだ入間基地で航友会の会長が『民主党政権は潰れればいい』というような話をしたら、事務次官通達が出た。政権に反することは言わせるなと。まったく馬鹿げていると思います」

田母神俊雄閣下が、そう熱弁を振るったのは昨年12月1日のことだった。菅政権打倒を旗印にした「頑張れ日本」の大規模集会。この時、会場内に北沢防衛相直轄の“監視部隊”が紛れ込んでいた…
▼12・1集会で演説する田母神閣下
画像

自衛隊の情報保全隊が田母神閣下や陸自OBの自民党・佐藤正久参院議員の講演に調査目的で参加していることが判明した。波紋を広げる1月24日付産経新聞のスクープだった。

「自衛官の参加を厳重に確認するよう改めて指示が出された」

防衛省幹部は12月1日の菅政権打倒集会についても指示が出ていたと明かす。あの日の集会は収容人数オーバーで入場できなかった参加者も多かったが、会場内に情報保全隊員がいたことは確実だ。
▼12・1集会の会場パノラマ(撮影:真さん)
画像

保全隊員は田母神閣下の発言内容も記録していたが、目的は集会に参加していた自衛隊員の割り出しだった。身内の素行と思想傾向の調査・報告。外国勢力への情報漏洩を防ぐ本来の活動とは全く異なる。

これまでも情報保全隊は、反自衛隊を掲げる極左団体や親北勢力の集会に紛れ込むことはあったが、それは本来任務に沿った活動だ。外国勢力が浸透する組織と自衛隊員が接触することは情報漏洩に繋がる。

しかし12月1日の集会は反自衛隊でも反国家でもなかった。参加者は例外なく自衛隊の支援者だっただろう。その一方、集会のトーンは徹底的な反民主党政権で貫かれていたことは確かだ。



現政権に批判的な傾向を持つ隊員のリスト作成…監視活動の真の目的は、反民主党隊員狩りだ。この監視命令が出た時点で、まず自衛隊の政治的中立は破壊されている。

【政権批判を恐れる余りの“魔女狩り”】

「会合に保全隊員が来ていた。私も知り合いも顔を確認している」

佐藤正久議員は1月25日の記者会見で情報保全隊の活動を把握していた事実を明かした。また田母神閣下も早くから気付いていたと証言している。

この日、自民党国防部会には防衛省幹部が呼ばれ、質疑が行われた。だが、防衛省側は「隊員の権利や自由を侵害した事実はない」と原則論を述べる一方、具体的な活動に関する説明を避け続けた。
▼石垣海上保安部を訪れた佐藤議員11月(産経新聞)
画像


「佐藤議員に限って監視対象ではない」

防衛省幹部はそう明言したが、監視対象にしているのは集会や講演会に参加する自衛隊員だ。産経新聞のスクープ情報を否定するものではない。また田母神閣下に関しては「個別の問題」として答えなかった。

「政権と違う考えを持つ隊員を炙り出す『魔女狩り』だ」

国防部会で強く批判の声を上げた青年議員がいた。昨夏の参院選で初当選した元1等空尉の宇都隆史(うと・たかし)議員だ。憂国の情に溢れた選挙演説がネットで注目された候補でもあった。



「現職自衛官には案内を出していないのに1人だけ保全隊員がいた。監視していないと言いながらやっている」

その宇都参院議員が昨年12月に香川県内で開いた国政報告会に情報保全隊が派遣されていたことも判明した。民主党政権による“反党的隊員”の監視活動は予想を越えて遥か広域に及んでいる。

佐藤正久議員が確認したところでは、CRF隷下の特殊作戦群で初代群長を務めた荒谷卓氏の会合にも情報保全隊員が派遣されていたことが判っている。本来任務とは余りにも掛け離れた活動だ。



荒谷卓氏は国防の強化を訴える一方で武士道の真髄を解き明かす希有な人材である。そのような荒谷氏の講演を拝聴することは現職自衛官にとってプラスになっても決してマイナスには作用しない。

民主党政権下の自衛隊内では常軌を逸した事態が進行している。

【トップ級幹部による指示の背後】

「情報保全隊は、前政権からずっと続いてきておりまして、私どももこの問題について、特段議論したこともないし、当然、従前どおりに整斉と業務が行われてきているというくらいの認識しかなかった」

北沢防衛相は1月25日の閣議後の会見で産経新聞の報道や佐藤議員の証言を真っ向から否定した。情報保全隊に反民主党隊員狩りを命じた記憶はなく、スクープ記事はガセだと言うのだ。
▼ソウル訪問中の北沢防衛相1月10日(共同通信)
画像

しかし実際、情報保全隊員は田母神閣下の講演会などに潜入していた。佐藤議員は自らの会合の写真やビデオを解析し、そこに映り込んでいる保全隊員を証拠として突き出すことも検討中だ。

保全隊員が自主的な判断で本来任務と異なる活動を始めることは有り得ない。1月28日付の産経新聞によると、潜入監視活動は保全隊のトップ級幹部が部内会議で指示したという。

その部内会議が開かれたのは昨年11月下旬だった。自衛隊関連イベントからの政権批判を抹殺する防衛省事務次官通達の発出は11月10日。通達との関連が明らかになった。
▼会議が開かれた市ヶ谷駐屯地正門
画像

果たしてトップ級幹部が独断で指示を出したのか…もし隊司令らが独走し、反民主党的隊員の炙り出しを行ったとすれば、それこそ大問題。背後には必ず政権サイドからの指令があったと考えられる。

北沢俊美はシラを切るが、情報保全隊は防衛相の直轄部隊だ。佐藤議員が証拠写真を掴んだ段階で北沢防衛相の逃げ道は断たれている。そして注目すべきは、産経スクープ第1弾記事の取材ソースだ。
▼板門店を視察する北沢防衛相1月11日(ロイター)
画像

独自情報は複数の防衛省・自衛隊幹部が明かしたものだった。制服組と背広組の双方から情報保全隊の例外的な運用を疑問視する見方が広がっている証拠だ。国家の為ではなく、政権与党の為に内偵を行う…

特定の政党の為だけに活動する監視部隊の出現…それは突如、自衛隊内に政治将校が誕生したかのようである。

【党に忠実な政治将校の誕生…】

「外部からの働き掛けなどに対して隊員を保全する為、関係法令に従い適切な方法で行われるものだ」

1月26日の衆院代表質問で菅直人は、そう答弁した。自民党の小池総務会長が産経スクープを元に「不当調査だ」と糾弾したのを受けたものだが、杜撰な答弁だ。答えになっていない。



自衛隊情報保全隊は、調査隊時代を経て陸自・海自・空自3隊の保全隊を統合、平成21年8月に新編された。法的な存在根拠は自衛隊法施行令の第2章4節「共同の部隊」にある。

しかし、これは設置法に過ぎず、活動内容を規定するものではない。菅直人の「関係法令に従う」という答弁に中身はなく、実際には恣意的な運用も可能。その隙をついて民主党政権は私兵を獲得した格好だ。
▼朝霞駐屯地での観閲式10月24日(産経新聞)
画像

かつて共産国家では党が派遣した将校が軍隊内で特別な地位を占め、反共思想の取り締まりを断行した。悪名高い政治将校だ。今回の情報保全隊の「反民主党的隊員狩り」は、それとオーバーラップする。

現代から見ると冗談にも思えるが、政治将校による支配は文民統制の一種と考えられていた。党の軍隊である中共軍も似たようなもので、これが民主党閣僚の言うシビリアン・コントロールの正体だ。
▼観閲式で整列する陸自部隊10月24日(AFP)
画像

また、情報保全隊の活動記録は全て機密扱いで、裁判などでディスクローズされることは絶対にない。ブラックボックスであることを承知して民主党政権が私兵化させているのだ。

問題はそれだけに留まらない。スパイ防止法が存在せず、工作員天国である我が国にとって情報漏洩を防ぐカウンター・インテリジェンスは極めて重要だ。情報保全隊は、その核となる最重要部隊である。
▼観閲式ではしゃぐ最高指揮官10月24日(AP通信)
画像

民主党政権は、防諜という本来任務から保全隊の一部を遠ざけ、政権維持の為だけに流用した。確実に防諜活動が疎かになっているのだ。意図的な外患誘致に他ならない。

国益や国民の安全よりも、政権の維持・党防衛を優先…それは民主党政権で一貫する亡国姿勢だ。

【通達の主犯格は新国対委員長】

「クーデターにつながる極めて危険な思想だ」

昨年2月、日米合同訓練で挨拶した第44普通科連隊長に北沢防衛相は激高し、更迭処分を下した。この時から既に民主党政権による党防衛の為の思想弾圧・言論統制は始まっていた。

そして反党的発言狩りの断行が決定付けられたのが、昨11月の防衛省事務次官通達だった。大臣官房文書課長名の事務連絡とセットで、自衛隊行事での民間人による政権批判を封じ込めたものだ。
▼問題の防衛省事務次官通達
画像

事務次官通達そのものは、自衛隊の政治的中立を厳格に求める内容である。しかし、入間航友会会長による政権批判発言への報復だったことを北沢防衛相自身が暴露していた。

「自民党内閣の時に、こういうことがあったら、たぶん同じことをするだろう」
▼衆院予算委で答弁する北沢11月17日(FNN)
画像

通達の意図は明らかに言論統制だった。ちなみに、自衛隊員に中立を求める一方、アカ教師などを野放しにしている矛盾を突かれ、窮した仙谷の口から飛び出たのが、例の暴力装置発言であった。

実力組織だからこそ中立性が必要…苦し紛れの菅政権の主張は今回、その“実力組織”の一部を党の私兵部隊に変えたことで、見事なブーメランとなって跳ね返って来た。自業自得である。
▼降下訓練初めを視察する北沢1月9日(AFP)
画像

参院自民党は1月26日に会合を開き、事務次官通達の問題を改めて今国会で追及することを決定。その矢先に、通達を主導したのが当時の防衛副大臣・安住淳だったことが判明した。

1月27日付産経新聞の1面を飾ったスクープだ。安住は「記憶がない」などと嘯いているが、記事の情報源は「複数の防衛省筋」。内情を知る内局に背後を刺される結果となった。
▼行進を観閲する安住淳10月24日(AFP)
画像

大臣が主犯格でなかったのは意外だが、安住は先の内閣改造に伴い国対委員長に選出された。菅内閣にとっては今国会を乗り切る為のキーパーソンだ。安住問題で紛糾すれば、審議は簡単にストップする。

次官通達問題は、民主党政権の全体主義的な政策を象徴するものだ。野党陣営は追及の手を緩めてはならない。それは、北沢の辞任どころか菅政権を引き倒す突破口になる。


  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1
政治ブログランキング

画像

参照:
防衛省HP1月25日『北沢大臣会見概要』
佐藤正久参院議員HP1月24日『私は自衛隊にとって危険人物だったらしい!』
佐藤正久参院議員HP1月26日『自民党参議院言論弾圧PT:「防衛事務次官通達は即時撤回すべき」』

参考記事:
■イザ1月24日『講演会で自衛隊員監視、防衛相直轄部隊が「不当調査」』
■イザ1月24日『狙いは「反民主OBと現職遮断」 防諜部隊が不当調査』
■産経新聞1月25日【主張】自衛隊員監視 恣意的運用ではないのか

■産経新聞1月25日『自民・佐藤議員「保全隊員来た」自民・逢沢氏、防衛相問責に言及』
■産経新聞1月25日『「自衛隊員監視は魔女狩り」自民国防部会で批判噴出 防衛省は否定』
■共同通信1月25日『防衛省、隊員の権利侵害否定 収集活動説明せず』
■産経新聞1月26日『自衛隊「保全隊」問題さらに拡大 別の自民参院議員でも潜入調査』
■産経新聞1月27日【主張】自衛隊監視問題 北沢防衛相の責任を問う

■産経新聞1月28日『保全隊潜入監視「OBは黙認してくれる」トップ幹部が指示』
■産経新聞1月27日『防衛次官通達、安住氏が主導 政務官再考促すも耳を貸さず』
■産経新聞1月27日『安住氏、事務次官通達の関与は認める』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 67

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

風来坊
2011年01月28日 12:12
これは、アネモネさんご指摘のとおり「政権批判を恐れる余りの“魔女狩り”」であり、別の言い方をすれば「政権によるスパイ行為」ということでしょう。
そして、これをどう表現しようとも、「民主党政権の無能さ・自信の無さ」が為せる業なのです。「政権が放ったスパイが敵方に完全に尻尾を捕まれていた」ことが、この政権の無能振りの何よりの証拠です。
この程度の政権が長持ちする筈がありません。否、もしもこの政権を生きながらえさせたならば、無能の謗りを受けねばならないのはほかならぬ我々日本人ということになってしまいます。
kenn
2011年01月28日 12:48
一昨日の本会議で小池百合子さんが「自分も監視されているかもしれない」と言っていましたが、元防相で自民党総務会長の要職にあり田母神さんとも親しい小池さんは絶対に監視されていると思います。北澤も安住も本当に批判されるのが怖いんですね。つまり批判には効果があるということですね。
花うさぎ
2011年01月28日 14:28
権力さえ握れば憲法違反だろうが法律違反だろうが、何をやっても許されると勘違いしている無法・全体主義政権の本性が出ましたね。

いつもながら見事なエントリー、勉強になります。
2011年01月28日 19:27
こんばんは。
おお!!さすがはアネモネさん、この件を取り上げられましたか。

私はネット配信の情報で北沢ら売国奴の蛮行を知りました。断じて許してはならない行為です。野党は徹底して追及し、民主政権を完全に葬り去るべきです。
マトリックス
2011年01月28日 22:25
詳しい解説ありがとうございます。
田母神さんのマンションに侵入した空き巣もこの件と関係ありそうで恐いくらいです。
Frank
2011年01月29日 00:07
心底驚いています。変な比喩ですが、胸がむかつくような恐怖を感じております。

在日に乗っ取られたマスゴミはこの問題をするーするのでしょうか。
世論の非難が盛り上がることなく、この問題がフェイドアウトするようでしたら、本当に日本も終わりかもしれない。

ソ連はシナなど、社会主義政権下でいかに恐怖の支配が行われたかということ、そして左翼政権である民主党も例外ではないことを、一人でも多くの日本人が自覚することが急務です。

われわれに残された時間で間に合うのだろうか。
2011年01月29日 02:23
コメント&情報、有り難うございます。この所、更新が少なくなって申し訳ありません…国会は2月中旬辺りからヒートアップしてくるものと想像しています。引き続き正念場ですね。
 
■「トップ幹部が指示」という 28日の 産経独走スクープは、丹念に読み込む必要があると思います。記事では幹部が通達を拡大解釈、または政権の意向を忖度して潜入監視の指示を出したと受け取れます。

一見、隊司令らの独断にも見えますが、「先輩達は任務と理解してくれるはず」といった消極的なニュアンスも含まれ「上」からの指示があったことは確実と考えます。「上」とは北沢&政務三役。やはり問題の根源はそこにあります。

■通達問題は、産経以外の既存メディアが完全無視を決め込んでいますが、極端な言論統制です。それをスルーするメディアの姿勢こそが最も危険な要素です。
2011年01月29日 02:41
平成226勃発を祈っております。
くにお
2011年01月29日 13:55
民主党がモデルにしているのはスターリンやシナ共産党の言論弾圧と情報統制。
民主党政権が押し進めようとしている人権擁護法案も、人権に名を借りた言論弾圧のツール。
この政権は早く倒さないと極めて危険なことになります。
愛と勇気あるのみ
2011年01月29日 19:26
皆様 こんにちは。

 御存知の通り、去年9月7日、日本の領土である尖閣諸島沖で中国漁船が日本の海上保安庁の巡視船に衝突してくるという重大な事件がありました。
 このことは国民が知るべき情報であり、映像でした。しかし日本政府は私たち国民に対して公開しないと公言しました。
 そこで、当時海上保安官でありました一色正春氏は「多くの国民に真実を知ってほしい」とYouTubeに映像を流して下さいました。
 この行動に対して、感謝の気持ちを目に見える形で伝えたいと署名とカンパを募っています。
ホームページはこちらです。
http://www.eiyoshou.jp/
 多くの方々にご賛同頂き、日本を守るために行動を起こしてくださった一色正春氏を支援したいと思います。
 ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
そろ
2011年01月30日 00:31
スパイ防止法を望みます。
決して身内を監視するためではありません。我が身内を守るため、我が日本を日本であるために絶対に必要な国防法。
全世界が、同じ価値観、同じ思想の元で、同じく自由を共有するのであれば良いのですが、誰が現在の世界において、それらを共有しているといえるのかな?
言葉は悪いかもですが、反日野郎はことごとく殺してしまえ。
反日野郎に日本国民の証は与えられない。
ご注意を
2011年02月12日 00:24
民主党の手にかかれば、スパイ防止法さえも保守派狩りの道具と化してしまうでしょう。

この記事へのトラックバック

  • 朝敵!小沢一郎、再び「不敬発言」

    Excerpt:   週刊文春、ニコ動記者会見で   陛下 の ご体調 が 優れないなら 、 他   のどうでもいい日程 を 外 せば よい   産経新聞1月28日29 面下の囲み記事スキャン画像   小沢氏、ネット会.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2011-01-28 11:02
  • 寝言の 「私の嗅覚  『日韓併合』問題について考える」 4

    Excerpt: 【大韓帝国の誕生について】  日本は儒教原理主義から脱却出来ない朝鮮の真の自立、近代化を達成させる為、日清戦争を決意し、勝利した際、下関条約(講和条約)第一条の要求として賠償でなく朝鮮の独立を認めさ.. Weblog: ガラス瓶に手紙を入れて racked: 2011-01-28 13:23
  • 転載記事:緊急拡散【アマゾンは公式に謝罪せよ!】《アマゾンがまた言論検閲:これは許せません!》

    Excerpt: ◆◇◆まずはご連絡◆◇◆ ひとつ下の記事としまして、 転載記事:拡散《西川京子先生講演会の前に、西川先生が『南京の実相』のサイン会を行います!》としてご案内中です。 西川京子先生の講演会は来る1.. Weblog: 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】 racked: 2011-01-28 13:26
  • このゲシュタポ野郎が通達の犯人だ!

    Excerpt: 言論弾圧と思想統制で全体主義国家を目指す民主党政権。政権批判は絶対許さぬと云う姿勢で、防衛省の不正監視問題で開き直っていますね。自由と民主主義への挑戦です。 1月25日付の当ブログで、北澤大臣にナチス.. Weblog: 愛国画報 from LA racked: 2011-01-28 14:16
  • 安直に女性の自由や自立を煽るフェミニストは、詐欺犯罪者も同じ!

    Excerpt: ←はじめにクリックお願いします m(__)m(始めから) 勝間和代や福嶋みずほ、安室奈美恵らは推定年収数千万円、上野千鶴子や田嶋陽子らは大学教授で年収1千万円は超えるはず。浜崎あゆみ なんて億を超.. Weblog: うぃすぱー・ぼいす racked: 2011-01-28 16:25
  • 菅さんの施政方針演説・何故国民に訴えないのか

    Excerpt:  通常国会が開幕し、菅首相が、初めての施政方針演説を行いましした。 これに対して各社が社説を書いていますが、ナベツネさんを始めどちらかと言えば自民党よりと見られている読売新聞の社説の概要を纏めて見まし.. Weblog: 普通のおっさんの溜め息 racked: 2011-01-28 17:44
  • 北沢防衛大臣が、直属の諜報部隊を投入して自衛官OBの講演会を監視、だそうです。特高かよとw。

    Excerpt: 北沢俊美防衛大臣、その内に絶対やると思っていました。自衛隊を日本国民と敵対させる事。己が掴んだ権力地位の保全の為には、現場制服組の些細な上層部の揶揄も許さない。クーデターが怖いからってかw?そうじゃな.. Weblog: きらやまと・さらいにこ racked: 2011-01-28 20:55
  • 菅直人首相、「終着駅は始発駅」という曲もあります。

    Excerpt: > 「マーケット感覚がない人が首相をやっている。首相自身の格下げだ」(みんなの党の渡辺喜美代表) Weblog: 愛国の煙草 racked: 2011-01-29 02:23
  • 「休眠口座」狙う詐欺民主政権、次は「預金封鎖」…

    Excerpt: 詐欺政党・民主党がついに「泥棒政党」へと進化。 『休眠口座』、死者のものが多いとはいえ、政府が個人資産を巻き上げようとは … これは墓泥棒とでも言うべきか? 毎日新聞 1 月 28 日 朝刊記事↓ ….. Weblog: 賭人の独り言 racked: 2011-01-29 04:06
  • 中国が狙う名古屋三千坪の国有地!

    Excerpt:    WILL3月号に頑張れ愛知の井上代表がレポート   市民 の 知らぬ間 に 中国領事館 が 購   入へ 、 背景 に 民主古本議員 の 名も  WILL3月号が発売されました。以前からこの雑誌.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2011-01-29 06:39
  • 新聞の社説だけは、絶対に読んではいけない!

    Excerpt: 私は、この数年間で、新聞を読まなくなった。 地方紙、朝日、読売と購読したが、完全に読まなくなった。読みたいとも思わない。 カネを払って読むに値する内容がないからだ。 Weblog: 美しい国への旅立ち racked: 2011-01-29 08:25
  • 若者はもっとワクワクすべきだろう

    Excerpt: Tweet 三菱UFJの協調融資、世界4位 北南米の取り扱い急増 2010年に三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)が主幹事として取りまとめた協調融資(シンジケートローン)の実.. Weblog: ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ racked: 2011-01-29 12:18
  • 日本を蝕む内なる敵を斬る! マスコミ編 Part1

    Excerpt: 今回の「日本人が知らない シリーズ」では、NHK(捏造反日協会)、テレビ朝日、TBSを始めとする日本の反日左翼マスコミの売国報道が赤裸々に語られている箇所を紹介したい。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-01-29 14:06
  • 「頑張れ日本!」設立一周年!国民大行進&国民決起集会

    Excerpt:   大きな成果あげた「頑張れ日本」一年間の活動   有楽町デモ に 約1500人 が 参加!   争点 を 尖閣 に 絞り 、 打倒菅内閣を デモ出発前のシュプレヒコール、気合いが入っていました。  .. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2011-01-30 07:28
  • よく聞け!民主党員に告ぐ!

    Excerpt: 1936年2月、帝国陸軍の青年将校らが約1500名の兵を率いて、クーデター未遂事件を起しました。元老重臣を殺害を企てた、かの有名な226事件です。 この事件、皇道派の影響で天皇親政を求める「昭和維新」.. Weblog: 愛国画報 from LA racked: 2011-01-31 10:33
  • つくる会「新春講演会」に400人!

    Excerpt:   テーマは「尖閣事件と歴史公民教科書」   ワン ・ コイン ・ キャンペーン に 協力 し     四回目の採択 に 側面 から 支援を!  新しい歴史教科書をつくる会(藤岡信勝会長)は30日、「.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2011-01-31 11:04
  • [速報]小沢一郎、強制起訴さる

    Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。  「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で小沢一郎が強制起訴されたそうだ。 #topilogMsnsankeiBox_110068205 { .. Weblog: 愛国学園 FC2分校 racked: 2011-01-31 19:30
  • 日本を蝕む内なる敵を斬る! マスコミ編 Part2

    Excerpt: 前回の記事に引き続き、日本の反日・左翼マスコミのていたらくを、紹介したい。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-01-31 21:41
  • 相撲賭博,八百長…民主党政権の売国法案に注意せよ

    Excerpt: 昨年の角界野球賭博事件の時に押収したメールを何故、国会が始まったタイミングで出すのか。TV報道はこれ一色に染まり、国会での菅や閣僚の馬鹿丸出し答弁をさらっとしか流さないではないか。 警視庁はまるで、菅.. Weblog: 賭人がゆく (旧・「賭人の独り言」) racked: 2011-02-05 20:11
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 反民主党勢力の監視部隊…自衛隊に政治将校の影 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,??? ???? ?????? ??? ??? ??????? ???? ???? ????? ?? ?? ? ???.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 23:10