“尖閣の捕囚”を連れ戻せ…内閣府が詳細知る連行現場

侵犯船事件の報復で中共情報機関に監禁されるフジタ社員4人。彼らの連行場所を最も詳しく知るのが内閣府だった。菅政権は無能・無策外交の犠牲者を即時奪還しなければならない。
画像

「なんか、そういう事があるという知らせは、受けている」

日米首脳会議が終わった9月23日夜、河北省で起きた4邦人の人質事件について、記者から質問を受けた菅直人は、そう言い放った。まるで他人事のような口ぶりだ。
▼NYで記者会見する菅直人9月24日(共同通信)
画像

菅直人が記者懇に応じたのは日本時間の24日午前だった。既に朝刊各紙が速報で伝えていた他、TVニュースでも大きく取り上げられ、多くの日本国民が事件の発生を知って不安を覚えていた。

タイミング的に、人質事件が中共側の新たな強硬措置であることは誰でも直感できた。菅の発言には、首相としての責任感の欠片も感じられない。
▼カルト美術館を表敬訪問する菅9月26日(時事通信)
画像

新華社が「4人の取り調べ」を報じたのは日本時間の23日深夜だ。しかも公表前に「重要原稿」の配信を予告したという。この異例の取扱いは、記事に政治的なメッセージが含まれていることを意味する。

「邦人4人が中国の軍事施設保護法および刑事訴訟法に基づいて石家荘市で居住監視を受けている」
▼会見する仙谷由人9月24日午前(TXN)
画像

中共が日本政府に対し、そう通報したのも23日深夜で、新華社による公表とほぼ同時刻だった。スパイ容疑での日本人一斉摘発という重大事件。それでもNY滞在中の首相には詳しい報告が上がらなかった…。

これがルーピー時代から続く民主党政権の実態である。危機管理能力が欠如しているのではなく、危機を危機と捉えることすら出来ないのだ。

【4人の不明情報を統制した首相官邸】

準大手ゼネコン「フジタ」本社が、社員4人の異変を知ったのは9月21日午前だった。人質となった1人から現地法人スタッフの携帯電話にメールが届く。そこには短く、こう記されていた。

「救命(助けて)」

フジタ側は慌てて連絡を試みたが、SOSメールを送った社員に連絡がつかず、同行している3人も不通。現地法人の責任者を河北省石家荘に向かわせると共に外務省に調査依頼を行った。
▼報道陣が集まるフジタ本社9月24日(産経新聞)
画像

どのようなトラブルに巻き込まれたのか、事件なのか事故なのか…調査依頼直後の時点で4人状況は全く判っていない。それでも不穏な時期の不穏な事件。外務省は強い危機感を持って対応しただろう。

通常は外務省・海外邦人安全課の管轄業務だが、侵犯船事件以降、シナ各地で日本人学校が襲撃され、広州総領事館も標的になっていた。日本人が狙われるケースも想定していたはずだ。
▼レンガが投げ込まれた杭州の日本人学校(FNN)
画像

しかも「助けて」という言葉を最後に消息を絶ったのは、一般の観光旅行者ではなかった。内閣府直轄の“遺棄化学兵器”処理事業に関わる企業の社員4人である。

調査依頼を受けた外務省側が官邸に情報を上げないことは考えられない。邦人不明情報を隠蔽していたならば、局長クラスが更迭される大問題。メディアに漏れないよう統制したのは、やはり首相官邸だ。

邦人4人の消息不明が単なるトラブルの類いではないことを官邸側は把握していた。

【真相を封印した形式的な領事面会】

「本日の中国の報道で知った。拘束の情報は外務省からはない」

9月24日に会見したフジタの幹部も一般国民と同様、新華社の報道で社員が人質になっている事実を知ったと明かした。身柄を抑えているのは中共の情報機関。極めて危険な状態にある。

佐々木善郎さん44歳、橋本博貴さん39歳
高橋定さん57歳、井口準一さん59歳


2人は日本からの出張で、2人は現地法人への出向中だった。この日本人社員4人に加え、現地法人の51歳のシナ人社員も取り調べを受けているという。

「処理施設の建屋建設の為の調査だった」
▼会見するフジタ幹部9月24日(産経新聞)
画像

“遺棄化学兵器”処理事業に絡んだ工事の受注。フジタ側はそれを見込んで社員を河北省石家荘に派遣した。5人は9月20日に現地に到着したが、視察を始めた直後に連行された模様だ。

新華社は「日本人4人が軍の管理区域に許可なく侵入・撮影し、石家荘市の国家安全機関が法に基づき取り調べている」と報じた。4人が連行されてから4回目の夜を迎える中での発表だった。
▼石家荘入りした日本大使館職員ら9月25日(FNN)
画像

9月25日に北京の日本大使館領事部の職員が4人と対面したが、健康面のチェックなどに限られ、連行当時の状況を聴き取ることは出来なかった。その為、連行された当時の状況は不明なままだ。

一方で4人が連行されたエリアは、ほぼ判っている。フジタ側は事前に地図で確認して出張命令を出したという。中共軍が管理する処理事業の関連施設は、機密保持の為に軍と密接な場所に建設される。
▼連行現場近くで続く検問9月25日(共同通信)
画像

不明社員の調査を求められた外務省は当然、フジタ側から視察ルートの詳細を教えられている。その際、軍による拘束も視野に入れ、予想できる最悪のケースを官邸に報告したはずだ。

そして、石家荘市で進む処理事業について、最も詳しい情報を持っているのが内閣府大臣官房なのである。

【内閣府が詳しく知る民兵訓練施設】

「主要道から側道に入り数10㍍進むと突然、数10人の武装警察が現れ、『どこから来た』『ここで事件が起きたのを知ってきたのか』『4人の親類か』などと次々に詰問した」

フジタ社員が連行された現場を訪れた毎日新聞記者は武装警察に取り囲まれた。 附近は軍関係者が厳重に警備していたという。また24日に現場を取材した読売新聞記者も異様な光景を目撃している。
▼軍施設に続く道路9月24日(読売新聞)
画像

軍人とおぼしき若者ら10数人が軍施設周辺の道路を封鎖するなど一帯は厳戒態勢。一方、民兵の倉庫に通じる道路の入口には軍管理区域を示す標識は見当たらなかったと報告している。

地元住民以外は軍施設の存在を知らず、勝手に立ち入って注意されるケースも過去にあったという。フジタ社員が連行されたのはここで間違いない。なぜ断言できるのか?

実は、内閣府大臣官房「遺棄化学兵器処理担当室」が大々的に公表。HPにはカラー写真まで掲載されている。場所は石家荘市鹿泉市の民兵訓練施設。内閣府の複数の担当者が過去にここを訪れている。

我が軍が遺棄したとされる化学兵器とやらの殆どが発煙筒だったり、河野洋平が存在しないと断言した引き渡し文書が発見されたり…といったこの問題のインチキ捏造具合には踏み込まない。

関連エントリ:平成18年12月22日『“遺棄化学兵器”の主犯格…血税1兆円が闇に流れる』

平成3年、河北省藁城市の第一中学校で寮の建設中に砲弾が発見された。なぜか処理せず、鹿泉市にある民兵訓練施設の敷地に埋設して大切に保管。それが平成13年に我が軍の化学兵器と“認定”された。
▼大袈裟な演出の発掘作業(内閣府)
画像

内閣官房の処理担当室は、平成15年9月に回収事業を実施し、砲弾の仮梱包を行ったと紹介している。その後、化学兵器と“認定”された砲弾が別の場所に移されたという発表はない。7年前のままだ。

「軍事施設がたくさんある場所という認識はなかった」

フジタ本社の会見にも疑問が多い。受注を受ける弱い立場が、そう言わせているのか…しかし9月20日、フジタ社員の日本人は内閣府の事業プランに沿って軍管理区域に向かい、そこでスパイ容疑をかけられたのだ。

無謀な濡れ衣ストーリーである。

【人質の安全確保前に身代金…】

中共側は4人を取り調べているのが「石家荘市の国家安全機関」としている。額面通り受け取れば、市の公安ではなく、国務院に所属する巨大な情報機関=国家安全部のことだ。

だが、現場の管理状況から中共軍の情報機関=総参謀部2部や党中央対外連絡部である可能性も高い。丹羽大使を真夜中に呼びつけた戴秉国は、連絡部の前トップだった。
▼党対外連絡部長も務めた戴秉国:右(人民日報)
画像

もちろん偶発的な摘発ではなく、処理事業に絡むフジタ側の動きを把握したうえで計画・実行したものである。その中で奇妙なのが、連行翌朝に発信されたS0Sメールだ。

治安機関が拘束した際、まず外部への通信手段を奪う。凶悪な情報機関が、うっかりミスを犯すことは絶対にない。非常事態発生を伝える意図的な警告で、それは誘拐事件の最初の脅迫電話にも似ている。
▼上海のフジタ現地法人9月25日(FNN)
画像

フジタ社員の視察ルートを把握していた外務省中国課は、情報収集に追われただろう。連行直後に発表しなかったのは、混乱を引き起こす為のテクニックだ。巧妙な揺さぶり作戦である。

更に日本人4人連行の事実公表後も、あくまでも中共当局は「取り調べ段階」であることを強調。市内のホテルに監禁する「居住監視」という措置を取った。
▼4人が監禁されるホテル9月25日(時事通信)
画像

逮捕容疑の未確定は、日本政府側の対応次第で今後、量刑が決まることを意味している。犯罪事実など元から関係なしの無法国家だ。最悪の場合、死刑適用につながる容疑を持ち出す恐れもある。

完全な人質交渉だ。ところが首相官邸は、中共の交渉サインに気付かず、慌てて侵犯船の暴力船長を即日釈放してしまった。誘拐事件に例えるなら、被害者の安全確保前に身代金を差し出すような大失態だ。

【仙谷-菅政権は無傷で4人を連れ戻せ】

「現時点で尖閣周辺の中国側から提起されている問題との関連はないと考えている」

9月24日午前の会見で仙谷由人は、人質事件が侵犯船事件の対抗措置との見方を否定した。実際には報復以外の何ものでもない。それを根拠もなく否定した仙谷発言は今後の説明で手足を縛ることになる。
▼報復説を否定した仙谷の会見9月24日(産経新聞)
画像

釈放を決めた事実上の検察首脳会議も、フジタ社員人質事件が流れを一変させたという。「人道上の配慮」は言い訳になり得るのだが、仙谷の無関係発言で、検察による釈放決定の弁明は難しくなった。

参照:産経新聞9月27日【敗北 尖閣事件】(下)『責任、検察に転嫁…「起訴すべき!」会議室に響いた声』

そして暴力船長の即時・無条件釈放を実行しても、フジタ社員が解放される見通しは立っていない。約1時間の領事面会は実現したが、この件を巡る丹羽大使と中共外交部高官との会談は拒絶された。
▼通常警備の北京・日本大使館9月20日(AP通信)
画像

人質の解放で交渉もせず、いきなり“身代金”を差し出すミスを犯したのだ。交渉カードは相手の手の内にある。形勢は完全に不利。後手後手に回るのは当然だ。初めから外交交渉にすらなっていない。

法治国家の原則を踏み躙ってシナ人犯罪者を釈放した仙谷-菅政権には、政治生命を賭けて4人を奪還する責務がある。それも一部の容疑を認めるような妥協ではなく、完全無傷の即時・無条件釈放だ。
▼国技館で罵声を浴びる菅直人9月26日(AP通信)
画像

侵犯船事件の翌日、中共大使館の職員ら4人は石垣島に急行。容疑者と面会し、海保側に一刻も早く解放するよう強く求めた。党を挙げた全面支援を約束し、これを機に容疑者が態度を硬化させたという。
▼石垣島に乗り込んだ中共大使館員9月8日(読売)
画像

そして中共の宣伝機関も、暴力船長の家族の訴えを悲劇仕立てにして伝え、シナ人の同情を誘った。一方、我が国では、現在人質になっている4人の名前を何割りの国民が知っているだろうか。

ゼネコンとしてのフジタは“遺棄化学兵器”事業で血税を吸い取り、チャイナリスクも考えていない。それでも今回の連行劇は仕組まれたもので、4人は中共による報復行為の犠牲者。いわば“尖閣の捕囚”だ。
▼官邸前の緊急抗議活動9月25日(やまと新聞)
画像

無能な仙谷-菅政権を糾弾すると同時に、日本人が声を上げなければいけない。国民の多くが「国土と同胞」を断固守る気概を失った時、その国家は衰亡に向けて直滑降する。



  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1
政治ブログランキング

画像

参照:
内閣府大臣官房「遺棄化学兵器処理担当室」 HP『河北省石家荘市発掘・回収事業(平成15年9月)』

参考記事:
■イザ9月26日【敗北 尖閣事件】(中)『戦略なく思考停止の日本政府、「中国も冷静に」ばかり』(阿比留瑠比記者)
■やまと新聞9月26日【中国船船長 釈放】 地方議員ら有楽町で緊急街宣活動
■読売新聞9月24日『フジタ社員拘束現場?進入制限の軍施設標識なし』
■毎日新聞9月26日『中国:日本人取り調べ 拘束のフジタ社員4人と領事面会 現場は厳重警備』
■時事通信9月25日『メディア寄せ付けず=邦人4人の面会現場-中国石家荘』
■産経新聞9月24日【邦人拘束】「意図的なら遺憾、早期解放望む」フジタ本社が会見

この記事へのコメント

Frank
2010年09月28日 06:54
先ずは、すばらしいエントリを拝見できましたこと感謝します。

ただ、今回はいい意味である種の違和感を感じております。
結構マスコミで報道されている、ということです。
シナや朝鮮にのっとられているマスコミは、もっと別な対応もあるだろうに、と思うのですが、、、

これだけ報道されれば、(平和ボケではなく)政治ボケの日本人も少しはシナの異様なことに気づくことになります。

ただ、単なる皮肉か、シナの馬鹿さ加減か、アネモネさんのご指摘のとおり、フジタの仕事って売国利権やの仕事ではないですか!

此度の一連の騒動ですが、なんとなくシナの馬鹿丸出しの一幕のようにも見えます。

売国民主党も、売国マスコミも、シナの対応にさぞ困っているに違いない。
そして、歯がゆいことながらも、マスコミが変わることでやっと日本人の意識も変わることになるだろうと、かすかにではありますが、心から期待しております。
風来坊
2010年09月28日 09:05
逮捕するまでに紆余曲折はあったにせよ、シナ人船長を逮捕した海保の努力は多としたい。その努力が日本に僥倖をもたらした。シナが日中交流禁止を言い出したからだ。レアアースを禁輸されようが何されようが困るのはシナの方だ。シナ人観光客が来なくなるのも大いに結構。日本にとってはまさに千載一遇のチャンスだった。その矢先に船長を釈放してしまった管内閣の外交センスとは??

しかも、フジタ社員が拘束されたことについて「なんか、そういう事があるという知らせは、受けている」と喋った菅が政治家失格であることは勿論だ。
フジタもフジタである。アネモネさんやFrankさんがご指摘のとおり遺棄化学兵器処理事業は売国事業である。それに手を突っ込んで一儲けしようというその魂胆が浅ましい。
元を糺せば、河野洋平らにそそのかされた自民党政府が手を染めた事業に民主党政府が悪乗りして進めているのがこの処理事業である。その意味で、4人の社員は日本政府が率先して献上した犠牲者である。日本人を守らないどころか、日本人に犠牲を強いる政府なんぞ即刻潰すべし!!
kenn
2010年09月28日 09:39
遺棄化学兵器処理事業を推進した村山富市氏、河野洋平氏、佐藤嘉恭氏に、日本マスコミはこの件を質問すべきです。とくに河野氏が今年初めに訪中したことが、麻生政権で棚上げになっていた予算復活につながっているのですから、フジタの社員救出においても、日中友好を志す河野洋平大先生の類希なる政治力を発揮して頂きたい。率直にいえば河野先生にフジタ社員の身代わりになっていただきたいと、そう願っております。
竹島
2010年09月28日 10:19
中国側が日本人ビジネスマンを死刑にするくらいでないと日本国民は目覚めないよ

毒ガス事業には安倍ちゃんと関係のある製鉄会社もからんでるのにどうして自眠党が反対できるのか

米倉会長発言で2ちゃんが経団連たたいているが、批判するのが遅すぎたね

ty
2010年09月29日 01:46
民主党、マスゴミ、朝鮮人、中国、反日の皆さん 涙目なんですけど! 結局 勝ったのは日本みたいだね。 ざまあ!

売国企業よ、さようなら!もうユニクロは要りません!君らは日本を捨てて、日本語を捨ててグローバル企業になるんだろ!中国へ行け!!
ナポレオン・ソロ
2010年09月29日 22:39
 シナ人は此の事件で大失態を演じて終った事にやっと気が着き始めた様だ。

 自分達の主張が完全に「後出しジャンケン」である事が広く知れ渡って終ったのに、卑劣にも恫喝を行って、子分の日本民主党幹部を遣い、行政府配下の検事総長に、犯罪者であるシナ人を「処分保留のママ」釈放する様命令を出させて居る事も知れ渡り、民主党は全国民に失望と怒りをばら撒く結果となった。

 共産シナが幾ら「主権国家の云々」と立場を入れ替えて云った処で、裏返せば国家主導で侵略行為を行った事を強弁して居るダケとしか、第三国は受け取られて居ない。

 無法で暴力的な話し合いも出来ない野蛮で利己的な国と云う印象しか遺せていないのでは、今回の政治ショーは、全くのネガティブキャンペーンに終わったと云う事に成りはしないか。

 一番にショックを与えたのは、日本国民の御花畑ノンポリ集団だった事でしょう、元より、尖閣諸島がシナ領なのなら、何故、60年前は抗議をしていないのか、そのころの日本はシナにも劣る弱小国だったではないか、一方シナは建国直後だから、それこそ飛ぶ鳥を落とす位の勢いが有った筈だ。

 それにしても経団連にはホントにがっかりしますね、経団連のメンバー企業の不買運動でもするべきですよモゥ、脱米国も判りますが、モゥ少し相手を看て考えたらドゥでしょう、シナの歴史観はモぅ一回改めて看るべきですよ、稲盛さん。
猛虎の友
2010年10月01日 01:26
西村慎吾氏の言う通り
「コミンテルンの身分を隠して、ブルジョア組織に潜り込め。」という指令を反日は実行していますね。
政官財、全てに反日が・・・。

この記事へのトラックバック

  • 前原&仙谷乱す ミンス崩壊への序曲 ~尖閣諸島問題で民主党内からも批判続出す

    Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。尖閣諸島で海保の巡視艇にぶつけたシナ人船長が処分保留のまま釈放された事件は仙谷官房長官と前原外務相が那覇地検に圧力をかけたのではないかとする説がある。YOMIUR.. Weblog: 愛国学園 racked: 2010-09-28 02:43
  • 仙道の ~今、何故 菅談話なのか~「謝罪外交に断固反対する集会」 6.山田 宏氏(日本創新党、党首)

    Excerpt:  日本と朝鮮半島との付き合いには長い歴史がある。その付き合い方には江戸時代の色々な知恵がある。徳川幕府には、朝鮮通信使、つまり、朝鮮からの使節団であり、実際は朝貢団であったのですが、日本にやって来て、.. Weblog: ガラス瓶に手紙を入れて racked: 2010-09-28 08:55
  • 意見書文例:尖閣衝突事件における船長釈放についての抗議文*利用、改変可*

    Excerpt: はじめに クリックをお願いいたします! ◆◇◆今般の主旨◆◇◆ ●すでに皆さまがご承知の通り、本年9月7日に中国漁船が海上保安庁の巡視... Weblog: 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】 racked: 2010-09-28 08:55
  • 尖閣諸島と北方領土で挟み撃ち?

    Excerpt:   中露首脳会談、日本叩きで共闘か?   日清・日露 に 敗 れ 国 が 解体 した 両国   がタッグ を 組 み 雪辱 を 晴らし に 来た!   【主張】中露首脳会談 看過できない歴史の歪曲  .. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-09-28 09:14
  • アジアの命運を握る台湾情勢

    Excerpt: 当ブログの前回の記事では、自虐史観から目覚めるキッカケとなった日本精神の復興と強い日本を待ち望んでいる台湾人の文献を紹介した。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-09-29 00:24
  • 中川昭一氏を偲ぶ会に千人も!

    Excerpt:   麻生太郎氏がコメント、中川昭一がいたら…   『日本を売るような話はやめてもら   いたい』と大きな声で言っただろう 早いものですね。あれから「あっ」という間の一年、「日本が危ない!」という中川昭.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-09-29 06:20
  • 【尖閣】レッドデビル仙谷の超絶異常言動

    Excerpt: 菅・仙谷の出鱈目な言動が多すぎて、もう何から書いていいのか困惑してしまう。もしかしたらL・鳩山同様、日本国民を困惑の極限に叩き込み、その思考力を停止させようと企んでいるのかも知れない。 特に仙谷の対応.. Weblog: 賭人の独り言 racked: 2010-09-29 06:21
  • 中国人学校の窓ガラスが何者かによって割られる

    Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。神戸市内にある中国人学校の窓ガラスが何者かによって割られる事件が起きた。 先の尖閣諸島での事件を見てもわかるように、シナ人に謝る朝鮮人と同様にかえって付け込まれ、.. Weblog: 愛国学園 racked: 2010-09-29 14:45
  • 精神病棟#17 防衛本能欠損症

    Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。尖閣諸島沖で海保の巡視艇と衝突したシナの漁船の船長が逮捕されたものの、シナの圧力に屈した那覇地検(政府の関与も噂されている)が処分保留のまま船長を釈放したことに端.. Weblog: 愛国学園 racked: 2010-09-29 22:46
  • 青山繁晴氏、本当の亡国は経済の中国頼み

    Excerpt: 中国が急に軟化した理由は…  世界から の 孤立を恐れ 日本人が 「目覚めた」 のが 誤算だ っ たから 関西テレビの水曜アンカーに出演した青山繁晴氏は29日、今回の尖閣問題について番組の中で解説し、.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-09-30 05:03
  • 「尖閣諸島をシナに売る民主党を日本から叩き出せ! 街宣 in 大津」開催のお知らせ

    Excerpt: 在特会滋賀支部は以下の街宣を行うことに決定しました。?【件名】尖閣諸島をシナに売る民主党を日本から叩き出せ! 街宣 in 大津?尖閣諸島での巡視船との衝突事件を起こしたシナ漁船の船長の釈放に政府の関与.. Weblog: 反日ハンター racked: 2010-10-01 01:41
  • 頑張れ日本!全国行動委員会・事務局からのお知らせ

    Excerpt: 関西に居住されています皆さまへ:10/2 全国国民統一行動 in 京都、神戸のお知らせ ******頑張れ日本!全国行動委員会・会員、二千人委員会・友の会有志の皆さまへ ******** こ.. Weblog: 愛国学園 racked: 2010-10-01 01:54
  • チャンネル桜二千人委員会・友の会事務局からのお知らせ

    Excerpt: 「頑張れ日本!全国行動委員会」からのお知らせです。◆◇◆ 10.1 国会を召集される天皇陛下のお出迎え・お見送り ◆◇◆期日:平成22年10月1日(金)内容:11時30分 衆議院第二議員会館前 集合1.. Weblog: 愛国学園 racked: 2010-10-01 02:30
  • 主権回復58年、「日本は未だ国家たりえていない」

    Excerpt:    山際澄夫氏の堂々たる正論   屈辱 を 契機 に 戦後体制 の 虚構 に   目覚 め 大きく国 の 形 を 変えよう!   今回の尖閣諸島沖衝突事件で、「さすが」と納得のご意見をお馴染みの山際.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-10-01 07:14
  • 主権回復58年、「日本は未だ国家たりえていない」

    Excerpt:    山際澄夫氏の堂々たる正論   屈辱 を 契機 に 戦後体制 の 虚構 に   目覚 め 大きく国 の 形 を 変えよう!   今回の尖閣諸島沖衝突事件で、「さすが」と納得のご意見をお馴染みの山際.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-10-01 07:14
  • <EU>東アジアとの貿易・投資関係を強化へ

    Excerpt: 【ブリュッセル福島良典】欧州連合(EU、加盟27カ国)の行政府・欧州委員会が近く発表する貿易戦略で、自由貿易協定(FTA)のネットワーク構築が進む東アジアとの貿易・投資関係を強化する方針を打ち出すこと.. Weblog: サッカーはエンターテインメントだ! racked: 2010-10-24 11:29