暗黒面に堕ちた既存メディア…ネット言論が挑む“恐竜”

情報の隠蔽で利益を得る…それは正にブラックジャーナリズムだ。危うい方向に進む我が国の既存メディア。ネット言論と“紙とインク”の闘いは、他国と大きく異なる意味を持っている。
画像

「日本人の、日本人による、日本人のためのメディア」

そう謳った新サイト「メディア・パトロール・ジャパン(MPJ)」が遂に2月27日夜からスタートした。既存メディアの体質的な問題に批判が強まる中、祖国を憂う人々の橋頭堡となるサイトの誕生だ。

参照:メディア・パトロール・ジャパン

メーンのMPJコラムには、管理・運営の中心となるすぎやまこういち氏、西村幸祐氏、三橋貴明氏の他、石平氏や青山繁晴氏、さらに櫻井よしこ氏らが執筆する。

MPJコラムにはコメント欄も用意され、トラックバックする機能が付いているのも特徴。感想などと共に、読者が情報を寄せることも出来るだろう。ガイドラインには、コメントの投稿に関してユニークな条件も付されている。

■あなたは、日本を愛していますか?

やんわりとした表現だが、反日陣営による「荒らし」を避ける為の効果的な条件設定だ。初期から粘着質の不届き者がいたが、産経新聞の「iza!」は最近、中傷目的の登録ユーザー急増が表面化している。

老害サヨクの廃棄場だった「日刊ベリタ」などはジリ貧で、コメ欄も閉鎖…反日系ブログの大半は端からコメント拒絶姿勢だ。iza同様にMPJが攻撃対象になる恐れが充分にある。

行き場を失った“反日ネット難民”の存在は、隠れた問題だ。

日本解体3法案が喫緊の政治問題として浮上する中、産声をあげたMPJ。2年前の変態新聞Wai Wai事件のような新聞・TVが完全沈黙するケースが再発した際には、重要な役割を担うことになるだろう。


今、既存メディアで起きているのは「報道しない問題」なのだ。

【ネットが暴く「報道しない問題」】

在日参政権法案はようやく既存メディアも報じるようになった。しかし、この問題が民主党の政策として急浮上したのは、総選挙前のことだった。

「小沢一郎前代表も鳩山由紀夫代表も私も付与すべきだという意見だ。幹部の間では意思統一ができている」

岡田幹事長(当時)が、そう明言したのは衆院解散直前の7月18日。政治ブログなどネット上では民主党の特大反日政策として注目を浴びたが、既存メディアが殊更に取り上げることはなかった。
▼昨年10月の日本解体法案反対デモ
画像

産経以外の新聞、特にテレビ報道が関連のニュースを扱うようになったのは、今年に入ってからのことだ。ネット言論界との時間差は、約半年…致命的な遅さである。

また 昨年5月から始まった『JAPANデビュー』をめぐる反NHKデモは、参加者が1,000人を超す規模に膨れ上がったが、既存メディアは徹底無視した。一方で、同時期の小規模反核デモは報じられた。

大規模デモなどに関して、テレビの報道局や全国紙は、記事化・オンエアーの有無に関わらず、記録用に取材を行うが、対NHK抗議のケースでは皆無だった。最初から報道ベースになかったのだ。

明らかに「報道しない問題」である。

取材陣殺到の過熱報道が問題になったことがあった。だが、より深刻なのは報道機関が横並びで沈黙する「逆メディアスクラム」と呼ぶべき現象。そこでは良し悪しを判断する材料すら国民に与えられていない。
▼昨年5月30日のNHK抗議集会&デモ
画像

古くから我が国のメディアには「報道しない問題」が歴然と存在した。三大タブーと言われる「創価・同和・在日」…それらの不祥事が伝えられるのは例外的だった。

理由は意外にシンプルで、三大タブー団体が報道機関の上層部とパイプを持ち、睨みを利かせてきたからだ。恫喝による言論弾圧の構図である。

そこに現在、もうひとつの要素が加わった。“恫喝3団体”を遥かに上回る巨大な組織だ。

【既存メディアが暗黒面の堕ちた日】

ブラックジャーナリズムと総称される世界がある。

金品を受け取って報道内容に手心を加えることも、そう呼ばれるが、実際には記事を公にしない代わりに現金を受け取るケースが多い。企業の不祥事などを掴み、それをネタに取引を行うものだ。

社会正義とは無縁で、正当な取材活動とは言えない…大手の報道機関は、そうしたブラックジャーナリズムを蔑んできた。しかし、状況は大きく変わっている。
▼習近平を表敬訪問する田原総一朗2008年3月
画像

2008年3月に起きたチベット大虐殺、それに続くシナ棒回しへの集中抗議。とりわけ我が国の既存メディアは、中共サイドに立った報道に終始し、進行する弾圧を見逃した。

最もシンボリックな具体例は、その年の4月末に起きた長野シナ人騒擾事件に対する報道だった。当時、長野市内には全国紙・民放各局の取材班が入って、惨状を目の当たりにしていたが、シナ人の狼藉を伝えることはなかった。
▼長野に集結したシナ人暴徒H20年4月26日(AFP)
画像

報道すべき事実を隠蔽したのだ。

その時、報道各社には夏の北京虐殺五輪の取材パス問題があった。中共批判を続けることで、取材ビザがおりなくなる事態を恐れ、報道内容に手心を加えたのである。

ネタの取引だ。その先にあったのはオリンピック報道だった。報道機関にとって、五輪取材は欠かせないものだという。しかし、五輪報道は、あくまでも読者獲得・視聴者獲得を目的とした“売り物”だ。
▼長野で日本人を恫喝するシナ人(ロイター)
画像

結局は、自らの利益の為に、中共に批判的な報道を封じたのである。それはブラックジャーナリズム以外のなにものでない。蔑んできたアンダーグラウンドな行為を、社の総力を挙げて実行してしまった…

2008年の五輪報道は、既存メディアがブラックジャーナリズムに堕した瞬間だ。

【事実の隠蔽が自らの利益に結び付いた】

旧来のブラックジャーナリズムは、主に大企業や公的な団体を対象にする。ネタの取引によって不祥事が闇に仕舞われるが、そこで国民に不利益が生じるケースは稀だ。おおよそ国民の生活と関係ない。

しかし、中共という巨大組織を対象にした既存メディアのブラックジャーナリズム化は、生活どころか、国家の存亡にまで関わってくる。比較にならない程、悪質で危険だ。
▼昨年10月の北京軍事パレード(AFP)
画像

大企業や団体が一般市民に攻撃を加えることはないが、一方の中共は巨大な軍事力を備え、我が国の弱体化・属国化という明確な意思を持っている。

「報道すべき事実」の隠蔽は、取り返しのつかない事態を招きかねない。

昭和期から朝日新聞などは一貫して親中共のスタンスを保ってきた。中共による狡猾な工作もあったが、朝日の媚中姿勢は、イデオロギーに対するシンパシーが主な要因だったと推測する。
▼北京詣でする日本メディア幹部ら08年3月
画像

ある意味、のどかな時代だ。しかし、中共が豊富な資金力を蓄えた現在は、ダイレクトな資金援助も想定できる。シナ関連での「報道しない問題」は「取材活動の制限を避ける為の配慮」と言い切れない側面が、今後、増えるだろう。

出版社のケースだが、昨秋、藤井厳喜氏の新刊『NHK捏造事件と無制限戦争の時代』が出版直前に版元から拒否される事件が発生。その背景には、版元の出版社とシナ国策企業のビジネス上の関係があった。
画像

著者自身による調査・告発で実態が明らかになったものの、似たような言論封殺は、他にも確実に存在する。最近も宮崎正弘編『シナ人とは何か』の新聞広告が各紙に拒否されるケースが表面化した。

【“畸形の恐竜”…世論形成という驕り】

新聞の部数減と収益の悪化が続いているが、昨年度は、民放キー局の減収も顕著になり、いきなり冬の時代が到来した。スポットCMの落ち込みが直撃した格好だ。

既存メディアの黄昏は、情報媒体を取り巻く環境の変化を映し出している。しかし、それは同時に危険性も孕んでいる。

新聞の広告欄には創価系出版物などカルトが目立つようになり、テレビ界では、ついに朝鮮賭博の機器メーカーCMが、ゴールデン・プライムの枠にまで進出した。
▼賭博機器メーカーの発表イベント(イザ)
画像

これらは広告減に悩む既存メディアが、その巨体を維持しようと努める余り、生じている現象だ。解決策は、身の丈に合わせて適正規模に戻る以外にない。

我が国の大手メディアは巨大化し過ぎてしまったのだ。1世紀も前に誕生した全国紙は、戦後、系列テレビ局を抱え、圧倒的な量の情報伝達能力を獲得。「世論形成」も可能になった。

「世論喚起」ではなく、オピニオンの領域を越えた「世論形成」だ。特に発行部数の多い読売・朝日は、世論をコントロールできると自覚している。
▼築地の朝日新聞本社
画像

それは他の自由主義国家を眺めても、見当たらない異常な状態だ。 一歩誤れば『人民日報』のような全体主義のツールとなってしまう。今後、中共などの介入が強まれば、独立国家を危険に晒すだろう。

20世紀初頭から続く「紙とインクと輪転機」が果たして生き残れるのか?

米国では政治ブログから始まった「ハッフィントン・ポスト」などのニュースサイトが、大きな影響力を持つようになった。しかし、我が国の「ネット言論と既存メディアの闘い」は状況が異なる。

相手は巨大なメディア複合体だ。それ故に、挑む価値があり、引き裂く必要性がある。


  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考記事:
■iNSIDE3月1日『すぎやまこういち氏ら保守系文化人がニュースサイトを立ち上げ』
■産経新聞2月26日『保守系文化人がネットで「メディアパトロールジャパン」立ち上げ』
■AFP2008年12月『2008年、ウェブが政治を変えた年』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 69

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

花うさぎ
2010年03月02日 14:30
アネモネさん GJ!!!
2010年03月02日 20:49
テレビと新聞の広告は大幅な減少傾向が続き、ついにネット広告が新聞広告を抜きました。このトレンドは変わることはないでしょう。肝心なことは何も報道せず、日本を貶めることに徹してきたマスゴミ。そして売国・詐欺・嘘つき政権誕生に寄与したマスゴミ。こんな有害無益な存在が一刻も早く淘汰されることを願ってやみません。
Frank
2010年03月02日 23:59
>より深刻なのは報道機関が横並びで沈黙する「逆メディアスクラム」と呼ぶべき現象。そこでは良し悪しを判断する材料すら国民に与えられていない。

>中共という巨大組織を対象にした既存メディアのブラックジャーナリズム化は、生活どころか、国家の存亡にまで関わってくる。比較にならない程、悪質で危険だ。

アネモネ様

私なりに、「もっともだ!」と感じたところを引用して少し思うところを書かせて頂こうと思いました。
しかし、その論で行くと、それ以外の部分も、すべて一字一句、すべて引用しなければならなくなりそうです(笑)。

既存メディアの存続が颯爽問題視されています。
一刻も早く、そのビジネスモデル自体が崩壊することを望んでいます。

日本が嫌いなマスコミは、その報道によって日本の国力を殺いでいます。その結果、スポンサーを失い、自身の存続さえ危うくしているわけです。
この姿、サヨク言論人の姿とぴったり重なります。

日本を貶めることにより、自分の生存圏である日本、故郷、そして家族をも危険にしている。
第一義(ex 憂国者)
2010年03月03日 11:53
御無沙汰です。未だに仕事も決まっておりません、浪人の身です。

相変わらず鋭い切り口のアネモネ様のエントリ-、流石です。

まだ、これから大変ですが、前向きにやってゆきます。

PS 神谷殿は御健勝ですか?
2010年03月04日 02:47
>PS 神谷殿は御健勝ですか?
第一義(ex 憂国者) 2010/03/03 11:53

おいら元気だよ。去年の10月に、ブログを開設しますたw。

「きらやまと・さらいにこ」と言う名のブログです。

名前の部分をクリックすると、私のブログトップに直行できます。遊びにおいでw。

気味が悪いほど奇遇なのは、このエントリコメントは『宗教キャラ』神谷晃良の名前で書き込みしたいなと考えていた事です。

でも、時間の関係上今日は止めます。

以後自重・・・・w。
2010年03月06日 01:50
こんばんわ。
「メディア・パトロール・ジャパン(MPJ)」。私は、少しだけ懐疑的です。勿論、全く効果(効力)が無いとは思いませんが・・・、

何故、言論主が正体を曝すのです?腐り切った既存メディアに挑む別次元の言論メディア(ネット言論)足ろうとするなら、皆が匿名で挑むべきなのです。

理由は3つ。

先ず1つ目は、現実社会に築いている利害関係の遮断。例えば、コラムニストの一人、櫻井よしこ氏(作家・ジャーナリスト)の場合。彼女は娘がNHKに在籍している筈です。

そんな彼女が、NPJの中で堂々とNHKを批判できるでしょうか?いわば、大事な身内を人質に取られている状況下。端から、堂々とした戦いを挑む事など出来ません。それは、他の方々も恐らく同じです。大なり小なり既存メディアの中で生業を営んで来た方々です。彼等が発する言論には、何らかのオブラートに包れてしまう気がします。

第2に、安全の問題です。既存メディアは朝鮮人の巣窟だそうです。アネモネさん自身が仰っている様に、既存メディアに挑むという事は、三大タブーの「創価・同和・在日」に挑むと同義です。何故、既存メディアがあの様に成り下がったか?個人に対する暴力、その他の卑劣な圧力によって切崩されて来た結果です。戦いを挑む前から、自分は此処だよと宣言している様なものです。ネット言論がそれなりに力を持つのは、(ある程度)匿名性を持つからです。恐竜の様な巨大な言論権力機構に挑むつもりなら、わらわらと群がるゲリラ戦を挑む他ないのではないのかと。

最後に、正体を曝してネット空間に発せられる言論は、発言主の名前以上の力を持つ事は出来ない気がします。それぞれの方が、実社会で功名乗りを上げられた方々ばかり。最初からそれなりの説得力を持ってはいますが、言論主の実社会での存在以上の力を持つ事は出来ない筈です。

2010年03月06日 01:58
続けます。
2chネラの言葉を読んでいていつも感じる事は、レス番1つ1つ毎に言葉の重みが違う事です。それは、発する者の実社会での存在(社会的地位?)とは、余り関係が無い様に想像されます。

本当に言論で勝負するつもりなら、発信者の身分は秘匿すべきであったかも知れませんね。

とは言うものの、全く効果が無い訳ではありません。と言うか、相当な力を持つ筈です。ネット空間で生きる者として、希望の存在になる事は間違いありません。

相手は巨大。局所的にどこか一部をわらわらと群がって食い散らかしてやれば、相手は勝手にひっくり返りそうですw。
2010年03月06日 02:43
私にとって、「反日メディア論」は、

(-_-メ )ソンナタイソウナモノカヨw?

東アジア黙示録に辿り着く前の私の、メインテーマでした。特に、反朝日新聞、反テレビ朝日でした。

最大の要因は、『富田メモ』。『・・・、それが私の心だ』でしたっけ?信仰心とか宗教とか、死者の事をいつも傍らにおいて日常生活を送る人間にとって、聞けば一瞬で判ります。

『これは、先帝陛下昭和天皇のお言葉ではない』。

それなのにテレビ業界は、延々と3日間はやっていましたね。あたかも先帝陛下が、仰られたかの様に。そして、これでもかと繰り返す世論調査です。(小泉総理大臣の)靖国神社参拝反対68%から、最大82%まであったと記憶しています。

『死人に口無し』。

古来から日本人が忌み嫌っていた、責任を死者に追い被せる手法です。追い被せた相手が、事も在ろうに身まかられて10年以上経つ、先帝陛下昭和天皇です。

全てをチェック網羅した訳では無いですが、一番酷い決め付け発言をしていたのが丁BSニュース23筑紫哲也でした。

第一報は日経新聞でしたが、その年の新聞協会賞でしたっけ?受賞しました。検証報道をすると約束しましたが、結局為されずじまいです。

いつか先帝陛下の無念を晴らしたい。真剣にそう思っています。それまで私は、皇室や天皇陛下と言う存在には、余り関心が無かったです。勿論、物凄く大事には思ってはいましたが、私の様な人間には全く縁の無い方々だと考えていました。

今は、毎日2、3回は、瞬間的に先帝陛下が思い出され、(マスゴミテレビ業界に対して)言い知れぬ怒りが込上げます。殆ど病気ですね。恐らくこの思いは、仏教徒の立場から来ているのだろうと想像しています。
2010年03月06日 03:17
もうこんな時間w、あと少し。
死者の冒涜。それもよりによって先帝陛下。テレビ画面の向こうで、偉そうにふんぞり返って講釈垂れている者共等の神経が理解できないです。

『加藤さん、昭和天皇は偉いお人だったのですねぇ~』。(古館伊知郎)、彼はそんなに悪い人間だとは感じませんが、やはり許せません。報道ステーションに於いて彼が、『国民の怒り』と言う枕詞の後に延々と繰り返して来た、上級官僚叩き、公共事業土木事業者叩き、自衛隊安全保障叩きそして、自民党と言う、国民政党政権倒閣行為が許せないです。

>メディアが情報を独占してきたことがこの20年間の日本の衰退を招いてきたことは間違いないと考えています。(西村幸祐氏)

二大政党制確立などと、20年近く国民有権者に嘯いて来た小沢一郎と、それに同調する腐れたテレビ業界の『椿』運動が、日本の衰退を齎しました。自民党の党勢の減退=日本の衰退=在日朝鮮人の増長と捉えています。異論があるとは思いますが、テレビ朝日ニュースステーション久米宏。報道ステーション古館伊知郎。この者共等の責任は、極めて大きいと思います。

その責めは次世代の、例えば富川とか市川とかに負わせてやりたい。一視聴者としてはそう考えます。

ところで、小沢一郎とか鳩山由紀夫とか、レン・ホーか、どんな死生観を持っているのか凄く関心があります。人は必ずいつかは死にます。

死んだ後、何らかの世界があるのか無いのか?小沢や鳩山(由紀夫)やレン・ホー達は、自分が死んだ後辿り着いた世界に、松岡利勝や中川昭一達が(てぐすねを引いて)待っているかも知れないとは、考えないのかしら?

『ようw』とか言って、彼等が近づいて来たら、小沢や鳩山はどう答えるつもりか知らん?すっごく興味があります。私に、特殊な力があったら絶対に枕元に立たしてやるのに、残念です。以後自重。

この記事へのトラックバック

  • 我慢は限界、声を上げたドイツ!

    Excerpt: EUでも歴史は終わっていない 「ヒトラーの犯罪」で帳消し?そう は いかない、ドイツ人の財産返せ   「正論」4月号が届きました。雑誌正論も表紙カバーが変わってから読み応えのある内容となって、やはり保.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-03-02 11:27
  • 文例:「子供手当てを、外国人の母国に残した子供の分まで支給することへの反対意見書」 *利用、改変可*

    Excerpt: 【今般の主旨】 今般、当ブログのコメント欄で ●夕刻の備忘録さま ●だいあのつぶやきさま ●詳細のお問い合わせ先 厚生労働省 代表 03-52... Weblog: 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】 racked: 2010-03-02 12:39
  • 一阿のことば 48 「ケルトの木 4」

    Excerpt: 戦前我々は、祖国を神州不滅と呼びました。私は今もさう思っています。 然しそれは万世一 系の天皇と、武士道があってのことです。 Weblog: ガラス瓶に手紙を入れて racked: 2010-03-02 12:39
  • 逆風スランプ ~民主党、首長選3連敗etc

    Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。以前、民主党への追い風、スローダウン ~民主党、衆議院選挙直後の宮城県知事選で惨敗http://blog.livedoor.jp/school_for_patri.. Weblog: 愛国学園 racked: 2010-03-02 19:48
  • 女子フィギュアについての、あれこれ・・・・・・・。

    Excerpt: 真央ちゃん、銀メダルおめでとう。 Weblog: きらやまと・さらいにこ racked: 2010-03-02 19:55
  • 検察批判をし小沢を擁護していた元検事の郷原氏が、今度は小沢を信用できないと批判しているらしい!

    Excerpt: 民主の出馬要請を拒否=「小沢氏全く信用できぬ」-郷原氏  元検事の郷原信郎名城大教授は1日、自身が委員長を務める総務省の「日本郵政ガバナンス検証委員会」の会合後の記者会見で、民主党から夏の参院選.. Weblog: 憂国、喝! racked: 2010-03-02 20:48
  • 舛添さんの講演と自民党のこれから

    Excerpt:  自民党の舛添さんの日本外国特派員協会での講演の模様を読売新聞が次の様に報道(青字)していましたので、その記事に従って自民党のこれからを考えて見ました。なお(黒字)は私の感想です。 自民党の舛添要一・.. Weblog: 普通のおっさんの溜め息 racked: 2010-03-02 21:20
  • [速報]外国人参政権法案の今国会提出見送り正式決定!

    Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。政府・与党は2日、永住外国人に地方選挙権を付与する法案について、今国会への提出を断念する方針を固めた。47ニュース/今国会への提出断念 外国人選挙権法案http:.. Weblog: 愛国学園 racked: 2010-03-03 00:32
  • 鳩山・小沢会談で政治資金規正強化?

    Excerpt: 花うさぎの「世迷い言」(17)  子ども手当、日本 に 居住する外国人  海外 に 何人子ども が いても支給OK? ・自民党の参議院議員・桝添要一氏が時事通信のインタビューに答えた。曰く「自民の歴史.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-03-03 10:13
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 暗黒面に堕ちた既存メディア…ネット言論が挑む“恐竜” 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,あなたはここに情報を表示することができます関連の記事を見たい場合は、この記事は、しかし正確に書かれていた:lo.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 22:36