沈黙破るイラン緑の革命…決起した大群衆の目的地

アハマディネジャド大統領の“圧勝再選”に、対立候補の支持派が決起…抗議参加者は数十万人規模に急増し、首都を埋めた。各地にも広がる「緑の革命」はイランをどこに連れて行くのか?
画像

6月16日、ソウルで行なわれたW杯アジア最終予選の韓国・イラン戦で、これまでにない光景が見られた。ピッチに現れたイラン代表選手の数人が緑色のリストバンドを付けていたのだ。
▼緑はイスラムのカラーでもある(ロイター)
画像

そしてスタジアムには、イラン国旗の白い部分に「FREE IRAN」の文字が刻まれ、横断幕には「独裁者は地獄へ行け」の文字…
▼ソウルのスタジアム6月17日(AP通信)
画像

現在、イランで起きているのは、単に大統領候補者を支持する人々の猛抗議ではない。大統領選の過程で用いられた「緑の革命」という言葉そのままに、大きなうねりに発展している。

アハマディネジャド大統領派とムサビ元首相派の対立。6月13日から始まった大規模デモは、当初こそ、選挙結果に反発したムサビ元首相支持派によるものだった。

しかしデモ参加者は日をおって激増し、今や民衆蜂起の様相をも呈している。大統領の上に位置する最高指導者を震撼させる状況だ。
▼抗議参加者による“緑の川”(ロイター)
画像

反発の声は6月17日、首都テヘランから中部のエスファハンや南部シラーズなどイラン各都市に広がり、抗議行動は未明まで続いた。警官隊と市民の衝突も相次ぎ、多くの負傷者と逮捕者が出た模様だ。

犠牲者の数は詳しく判っていない。公式発表とはかけ離れた数字であることは間違いないだろう。学生組織の報告によれば、14日夜、テヘラン大学の学生寮が襲撃され、5人が死亡。シラーズでも少なくとも2人が殺害されたという。

【事前のダブルスコアが開票で完全逆転】

4人が立候補したイラン大統領選は、事実上、現職のアハマディネジャド大統領とムサビ元首相の一騎打ちとなった。アハマディネジャド大統領は、イスラエル抹殺発言などで知られる強硬派。一方のムサビ元首相は、いわゆる穏健派である。
▼4人の大統領選立候補者(AFP)
画像

ムサビ元首相の政治手腕や思想に関しての知識はなかったのだが、今回の大統領選を前に、ハタミ師(前大統領)が出馬を取りやめ、ムサビ元首相を推した経緯があった。筆者は、ハタミ師に対して好感を持っていたことから、密かにムサビ元首相の勝利を願っていた。
▼選挙戦中のムサビ候補:5月末(タイム)
画像

当初は現職の強みがあったアハマディネジャド大統領だったが、選挙戦中盤から後半にかけてムサビ元首相が激しく追い上げ、拮抗。5月末に集計したイラン内務省の世論調査では、ムサビ元首相が大きくリードしていた。信用のおける調査ではないが差は歴然だった。

アハマディネジャド大統領=33%

ムサビ元首相=57%


このデータは時事通信などが投票前に報じたものだが、当然、イラン国内でも伝わったはずだ。またラジオ局がまとめた都市部富裕層限定の調査では「10:1」でムサビ元首相が圧倒的だった…
▼ラジオ局の世論調査(ニュースJAPAN)
画像

そして6月3日には、イラン史上初の候補者同士によるテレビ討論会が行なわれ、両者は激しく応酬。互いに相手を呼び捨てにする程の非難合戦となった。また選挙線終盤には、両候補の支持者が市街で衝突。これまでになくヒートアップしていた。

6月12日、投票日…投票率は85%という過去最高を記録。しかしフタを開けてみると、ダブルスコアでアハマディネジャド大統領の圧勝となった。
▼タブー発言も飛び出したテレビ討論会
画像

ムサビ元首相支持派ならずとも、疑問を抱く選挙結果だ。あまりにも選挙前の気運とかけ離れた得票数になったのである。

【市内各所で炎上…民兵が市民を狙撃】

翌6月13日。ムサビ元首相の支持派は、テヘラン中心部にある選挙事務所に続々と集結し始めた。人数が膨れ上がると、警官隊が警棒や催涙弾などで排除に乗り出し、最初の衝突が起きる。AFP通信によると抗議者の規模は数千人。
▼負傷した元首相支持派の青年6月13日(ロイター)
画像

警察車両が破壊され、路線バスも炎上。テヘラン中心部は騒然となり、夜までにはハタミ前大統領の弟を含む約100人が拘束された。そして、ムサビ元首相支持派の流血写真が世界に配信され、異常な事態が起きていることが海外にも伝わった。
▼市内中心部で激しい衝突が発生6月13日(ロイター)
画像

6月14日、アハマディネジャド大統領が再び記者会見を開く一方、ムサビ元首相は選挙を監督する「護憲委員会」に異議を申し立てる。テヘラン市内の大通りで繰り広げられた抗議行動には1万人以上が参加。翌未明にかけて散発的な衝突が続き、抗議は地方に拡大する気配を見せ始める。
▼6月15日未明の市内大通り(AP通信)
画像

そして15日。内務省はデモを許可せず、違法集会を開けば武装警官に発砲を許可すると発表。それでもテヘラン中心部に市民が詰め掛け、その規模は数十万人に上った。
▼アザディ広場の大群衆6月15日(AP通信)
画像

1979年のイスラム革命以降、最大の規模である。大群衆の中には、ムサビ元首相やハタミ師の姿もあった。
▼集会に登場したムサビ元首相(AP通信)
画像

しかし、大規模デモが終わる間際、銃声が響き渡る。抗議者の一部がバシジ(民兵部隊)の建物を取り囲んだ際、1人が頭部を狙撃され死亡。国営メディアは7人が死亡したと発表した。
■発砲の瞬間を捕らえた映像(YouTube)

一気に不穏な空気が広がる中、最高指導者のハメネイ師は選挙結果の再調査を命じる。反政府的な抗議の広がりに、危機感を募らせた結果だ。

だが、アハマディネジャド大統領派も傍観しているばかりではなかった。

【元副大統領ら穏健派を一斉拘束】

6月16日。今度はアハマディネジャド大統領の支持者がテヘラン市内に集結した。その規模は数万人と伝えられるが、国営テレビが集会の告知を行なうなど、いわゆる官製デモだった。

しかも開催場所は、ムサビ元首相支持者側が夕方からの集会を呼び掛けていた広場。敵陣営を潰しにかかったのだ。この動きに対し、ムサビ元首相自身が自派の集会不参加を呼び掛け、最悪の事態は回避された。
▼大統領派の官製デモ(イラン国営TV)
画像

一方16日には、大物政治家の拘束も相次ぐ。アブダヒ元副大統領らハタミ師の側近2人が捕われた。イラン治安当局は「首謀者26人を逮捕した」と発表。その他の拘束者は約170人に上っている。

イラン政府の締め付けが厳しくなる中でも、翌17日の抗議集会に数万人が参加。そして18日には、発砲による犠牲者の追悼集会を開くとしている。
▼市内の大通りで開かれたデモ6月17日
画像

スローガンを叫ばない追悼デモではあるが、どう治安当局が動くか、予断を許さない状況が続いている。そして、テヘランの模様は辛うじて伝わってくるものの、地方都市の状況は殆ど報道されていないのが現状だ。

イラン国内からの声は徐々に国外に届かなくなっている…そこで鍵を握るのは今もイラン国内に留まっている外国のジャーナリストたちである。

【記者を追放…海外メディアの取材禁止】

イラン政府は大統領選を前に、世界44ヵ国・540人の外国人記者に特別な取材ビザを発給した。その理由は、民主的な選挙を内外にアピールする為だった。

しかし抗議の拡大で、その思惑が一転して裏目に出始めた…締め出しである。
▼負傷して運ばれる男性6月15日(AP通信)
画像

これまでにベルギーの記者1人が一時拘束された他、オランダのTVクルー2人が拘束後に国外追放処分になっている。RSF(国境なき記者団)によるとイラン人記者は11人逮捕されているという。

そして6月16日、メディアを監督する文化イスラム指導省は、発行した記者証を無効とし、事前許可のない支局外での取材を一切禁じた。ビザの延長も認めず、事実上の取材制限である。
▼市民が撮影した6月17日のデモ
画像

外国メディアは屋内から撮影をする他、イラン人にカメラを渡すなどして対処しているという。海外メディアの目が隠され、ブラックアウト状態になれば、イラン革命防衛隊が 大規模な弾圧に踏み切る恐れが高い。最も憂慮すべき事態だ。

こうした状況下で、ジャーナリストは重要な役割を担っている。テヘランでの抗議集会では英語のプラカードも目立った。世界に向けられたメッセージだ。海外メディアのカメラは、それを伝える義務があり、世界の人々は受け止める必要がある。
▼「私の票はどこへ行った?」(TwitPic)
画像

一方で、今回の選挙戦とその後の抗議活動では、ネットも大活躍した。発砲の瞬間をキャッチしたのは、イラン人のビデオカメラだ。YouTubeが大きな役割を果たしている。

更に、フェイスブックやツイッターも、市民の声を外国に届けている。それらは選挙戦の前から活用されていた。大統領が国営テレビを操作する一方で、反対の陣営はゲリラ的にネットを駆使した。
▼襲撃されたテヘラン大の寮(AP通信)
画像

それらは僻地では余り役に立たなかったかも知れないが、言論規制が厳しい国では、携帯電話と共に重要なツールだ。

今回の動きは、果たしてイランに大きな変革をもたらすのだろうか?

【イスラム革命30年目の咆哮】

報道規制や女性の服装規制などイランは、厳格なイスラム国家と見なされる。米国がテロ支援国家に指定している点でも印象が悪い。しかし、北朝鮮や中共のような非人道国家ではない。

筆者は10年以上前、パキスタン国境からトルコ国境までイランを1ヵ月近くかけて横断したことがある。「世界の半分」と呼ばれる中部エスファハーンや、ペルセポリスのある南部シラーズ、もちろん巨大な首都テヘランも散策した。

ホメイニのイスラム革命やイラクとの長期戦争などのイメージが濃いが、ビルマに比する親日国で、意外にも長閑な国柄だった。実際、街にはコミテと呼ばれる秘密警察がいたのだが、特にトラブルはない。
▼棍棒を持つ男達が秘密警察と推測(AP通信)
画像

特徴的だったのは、日本語の達者なイラン人がほぼ全ての都市にいたことだった。エスファハーンでは、そうしたイラン人の家に泊めてもらった。3泊ぐらいした記憶がある。

その日本帰りのイラン男性は、娯楽の乏しい祖国を息苦しいと語っていた。みんな同じように感じているとも言っていた。正確に覚えていないが「国民は不満を抱えながらナゼ大人しく我慢しているのか?」といった主旨の質問をぶつけた。

するとイラン男性は、こう答えた。

「疲れた。あの時(79年のイスラム革命)生活が一変して、慣れるのに苦労した。二度、そんな思いをするのは嫌なんだ」
▼79年当時のテヘラン・アザディ広場(AP通信)
画像

アメリカナイズしたイラン帝国で起きたイスラム革命は、国民に激変を強いたようだ。たった1人の意見にせよ、「疲れた」という言葉に重みがあった。

あれから10年以上が経っている…

ムサビ元首相が政権を奪取しても、イラン・イスラム共和国が世俗国家に変わることはない。

それでも激動の革命から30年。市中心部を埋め尽くした数十万の人波に、意を決して立ち上がった“疲れた人々”の力強さを感じる。
画像


  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

参考記事:
■CNN6月18日『イラン改革派がデモ続行 首都から地方に拡大』
■毎日新聞6月4日『イラン大統領選:相手呼び捨て、激しい応酬 有力2候補』
■東京新聞6月17日『イラン治安当局 ハタミ氏側近ら逮捕 デモ策謀と処理?』
■産経MSN6月17日『混乱続くイラン 武力弾圧か再投票か 問われる最高指導者の威信』
■ i-morley 6月17日『イラン国内にチャット取材』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 41

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

風来坊
2009年06月18日 15:15
“選挙もどき”の選挙に抗議するデモ隊に銃を向け、言論の自由を奪い、外国メディアを閉め出し…まるでお隣の国を見ているような。強いて違いを探せば「選挙の有無」だけなのでしょうが、その選挙とて“選挙もどき”なのだから、何から何までソックリと言うべきでしょう。

「FREE IRAN」とか「独裁者は地獄へ行け」と書いた横断幕を掲げているスタジアムの観客の姿が、私には明日の日本人の姿に見えてなりません。「一度民主党にやらせてみたら」というような軽い気持の日本人が、「FREE JAPAN」と書いたプラカードを持つ日が来ないことを祈るばかりです。

それにしても、「疲れた。あの時(79年のイスラム革命)生活が一変して、慣れるのに苦労した。二度、そんな思いをするのは嫌なんだ」というイラン人の言葉は重いですね。政権がどちらに代わるにせよ、生活が一変するのは堪えられないことです。
その点、同じ革命でも次のような革命なら歓迎なのですが。(つづく)
風来坊
2009年06月18日 15:16
(つづき)
以下は、戦時中に、福田恆存氏が友人のA氏から聞いた話だそうです。
「B氏(A氏の友人)が中米のある国のレストランで食事していると、静かな軍靴の音が聞こえてきた。見るとその国の軍隊の整然たる行進だった。B氏が給仕に『何かあったのかい?』と訊ねると、『革命です』と答えた。他の客も平然としているので訝って問いただすと、給仕は『いつもそうなのです』と言う。
外では軍隊の行進について行く人も多い。B氏もついて行った。行先は政庁だった。政庁に着くと指揮官が、現大統領の親米政策の謝りを指摘して、軍の名において「政権交代を求める」というような演説を始めた。
すると直ぐにバルコニーに現大統領が姿を現して「委細承った」と答えた。ここに無血革命が成就した。代わって新大統領が現れ、国民の支持を得て政権を担当することになった喜びを述べて『革命ごっこ』は終わりを告げた」
というのだが、この話には後がある。
早ければ数ヶ月、遅くとも二三年後にはこの新大統領も前大統領と同じく親米政策の故をもって次なる『反米の闘士』に政権を譲ることになるのだという。
これがラテン系の知恵なのでしょうか?
丸山光三
2009年06月18日 15:54
こんにちは。
>特徴的だったのは、日本語の達者なイラン人がほぼ全ての都市にいたことだった。
十数年前ですか、ヴィザ免除で東京にあふれていたイラン人を思い出します。そんなことも世間ではもう忘れられているのかも知れませんね。あるイラン人との個人的な交際は以前エントリーしたこともありますが、イランはその歴史的背景から文明的な奥深い社会であると思います。狂信的な原理主義ばかりが喧伝されますが、それも「共同謀議者」たちのプロパガンダでしょうか。また今回の騒動にも20年前の北京と同様某国の工作を感じてしまうのは考えすぎでしょうか?
丸山光三
2009年06月18日 15:55
<承前>
左翼国家ドイツではムサビ氏は左翼リベラルとして好感をもって受け止められています。イランにとっての問題はイランが国として直面しているサヴァイヴァル・ゲームを勝ち残るためには何をなすべきか、ということでしょう。わたしはもう欧米流の「民主化」という価値を信じません。また敵国に対して内部からの軟化を促すというのは情報戦争の定石ですから、わが国もイランの問題を他山の石とすべきと考えます。言葉を省いて述べているのでご理解していただけないかもしれませんがどうかわが意を忖度してくださいますように。
花うさぎ
2009年06月18日 16:05
北朝鮮では投票率100%で将軍様が圧倒的な信任を得た、というニュースは聞きますが、今朝のテレビを見てたら今回のイランは地域によっては投票率120%とか140%にもなってしまうケースがあったとか。
 で監視員は投票率が100%近くなる前に投票所を閉鎖してしまうので、時間内にいっても投票できない国民が多かったと。どっちにしてもこれはやり直ししかないでしょうね、国連の監視団つきで。
sdi
2009年06月18日 19:40
アネモネ殿
エントリーありがとうございます。
安全保障面に限ってですが、イラン問題はEU諸国にとって日本における北朝鮮問題のようなポジションになっています。差し迫った現実的な脅威に対して、政治的な理由から直接干渉できないしその能力にも欠ける。EU諸国にとって、最善なのはイラン自身が自発的に政策を激変させて核及び弾道ロケット開発計画を放棄することです。そういう点からみると、今回の「第二次イスラム革命」は彼等にとって実に都合の良い事件であることは確かです。では今回の蜂起が煽動と陰謀によって引き起こされた人為的なものか、というと私はその見方には反対します。ただ、いずれ今回のような事態が起こることを予測しイラン国内穏健派に接触していたとは思います。そして、その状況が起きたときそれを利用すべく準備もしてきたことでしょう。
慶互
2009年06月18日 20:26
いやはや、流石アネモネ様。良い仕事ぶりです。
テレビは体制派が握っている為、新聞若しくは
ネットでしか、体制を批判出来ない。

しかし、新聞も それなり痛烈なら一回出した
だけで 廃刊に追い込まれるものや、学生寮に
襲撃される図等を見るに情報統制の国だから…

まさしく、だからこそ。の独裁国家。
大統領にして、政権が変わる事によって 非難を
浴びる事、命の危険を感じる事が、嫌なのだろう。

それが、有り得ない選挙結果と、死者の出る弾圧
を 引き起こした。それにしても、酷いものだ。

かの国の為には、世界中で非難が高まる…
気の遠くなる手段しか 無いのかな。
2009年06月18日 20:52
>風来坊さま
「生活の激変」を「昭和20年の夏」と連想して考えていたのですが、今回の事態を見ると違うように思います。79年のイランには政治的なパッションがあり、今回はそれの復活。占領による変化とは異質で、やはり我が国は“去勢”という面が大きいのかも…

>おいちゃん
イランでいう「民主化」は欧米流の定義とは異なるでしょう。アラブ国家とも違いますね。「シーア派非世俗国家」という他にない政治体制の壮大な“実験”の過程にある国でしょうか。この辺りが激しく興味を引かれる部分です。

>花うさぎ様
カルビ候補は前回の得票数が300万以上だったのに、今回は40万票程度…納得できないでしょうね。反アハマディで他が結束している状態。これまでのイラン首脳の中でもアハマディだけが突出して変人です。いったい彼が何者なのか…不思議でなりません。
2009年06月18日 20:52
>sdiさま
EUはイランの地政学的な意味を充分に認識しているでしょう。安全保障面での差し迫った脅威はイスラエルなのですが、ネタニヤフは今回の選挙結果を歓迎…皮肉でない点が中東の複雑さを物語っているように思います。

>慶互さま
言論規制に対してネットユーザーが獅子奮迅の活躍。その姿は現代的で痛快なのですが、翻って我が国は、大差がないとは言えないまでも、将来的に中共の情報支配いかんでは、本気で“武器”にせざるを得ない状況になるやも…他人事ではないような。
神谷晃良
2009年06月18日 23:52
こんばんわ。
昨日のエントリ、『封印解かれたウラン濃縮問題…安保理決議迷走の背後』に於ける北朝鮮問題から、パキスタンの科学者カーンの「核の闇ネットワーク」つながりで、イランですか。凄い。よく考えられています。

イランは、EU諸国に於ける北朝鮮の様なポジションだとどなたかが仰っていました。しかし、核武装に関しては、私はイランを日本と被らせて見てしまいます。本来なら、周囲を敵対国に囲まれているイスラエルが、日本の立場に近いのかも知れませんけれども。

あれ程までに核開発を阻止されるイランが、私は不憫に思います。勿論、対アメリカ及びEU諸国強硬一本槍のアハマディネジャド大統領の姿勢にも、問題が在る事は判ります。それでも、アメリカもEU諸国も自分達が保有している核に関して、お前(イラン)は関連技術すら持つなとは、先の戦勝国のエゴでしか無い様にも、思われます。
神谷晃良
2009年06月19日 00:29
微妙にスレ違い気味で続けます。
イランと言えば私は、イラン空軍のF-14トムキャットを、思い浮かべます。パーレビ王朝時代に引き渡された80機のF-14の内数十機が、本国アメリカで全機現役を引退した今も活躍しているそうです。可変翼機萌えw。

F-2支援戦闘機が2011年度の調達を終えると、それ以降国内での戦闘機生産が途絶えるそうです。そうすれば製造ノウハウや防衛産業先端技術への影響が必至となります。

そんな中で、外薗健一朗航空幕僚長の発言。『F4ファントムⅡの引退引き延ばしにも限度がある』。それでも、次期戦闘機選定に関して、F-22を諦めず一年先送りする可能性も在りとの事。

その一方で、『日本がユーロファイターを採用するならライセンス生産しやすいように技術情報を開示する、ブラックボックス化はしない』。英BAEシステムズ副社長アンディー・レイサム。

何にも知らないド素人の私が、気にする事では無いのかも知れませんが、私が小学校低学年の頃から活躍していたファントムは流石に、

(-_-メ) モウ、アカンヤロw、ト。

あんたが言うなよw。
shou
2009年06月19日 02:24
イランでは、メディア調査の事前予想と真逆の選挙結果ですか。
このイランの選挙については、公正性が疑問ではありますが、我が国日本の総選挙では、良い意味で事前予想を覆してほしいです。
日本人がどの程度、今のマスコミ情報を信用しているかが試されることになります。状況は実に危機的ですが、実は国民はそれほど馬鹿ではなくて、自民が280議席ぐらい取るということもあるんじゃないかなぁと思っています。
自民が足の引っ張り合いで自壊してしまうのが先か、それとも民主得意のブーメランが炸裂するのが先か、重大な分かれ目です。
党首討論をノーカットで見れば、鳩山が首相なんてありえないんですけどね。
憂国者
2009年06月19日 21:28
こんばんわ。エントリーとずれていますが・・・

>党首討論をノーカットで見れば、鳩山が首相なんてありえないんですけどね。
shou
2009/06/19 02:24


全くです。

でもマスゴミはミンス党の餌に釣られて嘘報道を堂々とやる。政権交代後の税金注入欲しさに。
それともう1つ、推測ですが、ミンス党からのご褒美でマスゴミが泣いて喜ぶことをミンス党がする筈です。
すっかり忘れてましたが、ネット規制。つまり言論弾圧ですね。

そう考えると朝日新聞の工作員、ネトアサが日夜工作に勤しむ理由は言論誘導よりも実はネット言論規制でしょう。というよりまさにGHQの行った言論統制のネット版を狙っていると思います。
神谷晃良
2009年06月20日 00:52
こんばんわ。
先ずは、追加と訂正をば、
>お前(イラン)は関連技術すら持つなとは、先の戦勝国のエゴでしか無い様にも、思われます。
  ↓
>お前(イラン)は関連技術すら持つなとは、先の戦勝国『とキリスト教国』のエゴでしか無い様にも、思われます。

ペルシャ帝国の末裔達に甘いのかな?私は、イランが核武装する事には賛成できます。彼等(イラン)は、食うに困って核兵器を開発保有して、それをひけらかす事に拠って支援と言う『食い扶持』を得ようと企む、北の朝鮮人とは根本的に違う様な(あくまで様なですけれど・・)気がします。

石油輸出国機構(OPEC)第2位の産油国。大国に見えるのですけれど。イランは、北とは違うのですよ北とはw。凄い批判を浴びそうですね。
神谷晃良
2009年06月20日 01:07
先程まで、ニュース番組見ていました。最高指導者ハメネイ師がテヘラン大学に於いて、アハマディネジャド大統領等を前にしながら、今回の選挙結果の正当性を唱えていました。そして選挙の不正の一切を否定、更に抗議活動の自粛を呼びかけました。ハメネイ師は明らかな『嘘』を述べた訳です。

抗議活動に参加しているイラン国民は、選挙に不正があったと判断しているのですから。

イラン革命以降最大規模の抗議活動。もしかしたら、革命評議会などの宗教指導者が国を支配する構図が、崩れる一端になるかも知れません。それにしても、イスラエルとかイランとか、アフガニスタンとか。砂漠の国って、どうしてこうも神に対して一途と言うか、狂信的と言うか(不適切かも知れません)、宗教が絶対的な力を持っているのかしら?
神谷晃良
2009年06月20日 01:16
やっと、本題です

>党首討論をノーカットで見れば、鳩山が首相なんてありえないんですけどね。 shou 2009/06/19 02:24

こんなのありました。

2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2009/06/18(木) 10:33:36 ID:EkViX2Tw
93 名無しさん@十周年 [] Date:2009/06/18(木) 02:43:03 ID:I1hBvzGX0 Be:
やっと文字起こし終わったぁ~コノヤロー!
10時間ぐらいかかったぞ!
http://l19.chip.jp/tousyutouron2/
お前らリンクしまくって1人でも多くの情報弱者に伝わるようにしろよ!

もう寝るからな!じゃあな!
(引用おわり)

麻生太郎vs鳩山由紀夫 2009年6月17日 党首討論 発言全文

今回驚いたのは、テレビ朝日報道ステーションが意外と否、かなり公平であった事でした。
神谷晃良
2009年06月20日 01:45
古舘伊知朗曰く、『本当は、編集無しでお見せしたい』。テロ朝は先頃の金正雲の偽写真でヘマを打ったばかりだから、幾分殊勝であったのかも知れませんw。

それに引き換え、TBS膳場貴子のニュース23の偏向振りには驚きました。

55 :渡る世間は名無しばかり :2009/06/17(水) 23:05:01.64 ID:5P83GI9K
各社の討論見てるが、TBSが一番酷いなw

70 :渡る世間は名無しばかり :2009/06/17(水) 23:05:43.71 ID:ahFXtRkL
編集すげーな
鳩山さんの一方通行にしか見えなかった

麻生が、どもったりつっかえたりした場面ばかり。肝心な発言場面はカットして、後はキャスターが纏めて要約整理しますたの糞編集の卑劣ぶりです。

膳場貴子、『どうも鳩山代表のペースで進んで行き、議論の主導権を握っていた印象』。

それにしてもTBSの卑劣な編集ぶりは、何も変っていません。こう言った些細な細かい編集ぶりが、信用と言う点で実は大事だったりします。TBSは、もうダメかも知れんね。

神谷晃良
2009年06月20日 02:01
>消費税の論議というものを避けて通るというのは、
財源を避けて通るということになろうと思いますが、この点に関しましてはどのように、財源を考えておられる、なぜか‥ならば、財源というものがなければ少なくともこういう話は極めて無責任なことになりますので、
財源というものをきちんと提示してこそ始めて政策が実現しうると、我々はそう思っておりますんで、是非この財源も問題についてのご見解を聞かせていただければと存じます。

>私は、今お話を伺って、人の命より財源の方が大事かなと。

>私どもはその優先順位をまず無駄遣いをなくすという徹底的に無駄遣いをなくしたいという方向からスタートしたい。今の制度はですね、官僚任せにされているものですから、この財源のんのすぐ話になって、本来ならば消費税を上げないで済む話なのに、すなわち無駄遣いを徹底的に見直すという部分を、官僚主導でやられてるもんだから、どこにも無駄がありませんという話になって、ならば減らせませんねと、減らせないからしょうがありませんねと

『官僚の無駄使い』(鳩山由紀夫)。

神谷晃良
2009年06月20日 02:31
鳩山由紀夫は、何処の部局の官僚が、一体幾らほど無駄使いしているか明言すべきです。

>政権を取ったら4年間は消費税を上げない。

>官僚の無駄使いをなくさせたら、10兆円ぐらいは削減できる。

鳩山由紀夫。前回の検察批判と良い、今回の官僚の(在りもしない)10兆円規模の無駄使い批判と良い、そんなに官僚や役人を悪し様に叩いて大丈夫なのだろうか?私から言わせれば、官僚も検察官も列記とした日本国民です。

>日本列島は日本人だけのものでは無い。

>私たちは過去の歴史を直視する勇気を持っている、(両国間の懸案に関連し)、ナショナリズムのとりこにならないことが大事だ。

>「首相になったら靖国参拝しない」→「民主党の歴史認識は正しい」(中国・崔大使)

>永住外国人の地方参政権は、愛のテーマだ。地球は、生きとし生ける者のもの。日本も、動植物の所有物で…

糞塗れの朝鮮人のケツの穴を舐め捲くって来た鳩山由紀夫。そのような糞塗れの口で、あれ程悪し様に罵倒されたら『日本国民でもある官僚共等』も、
(-_-メ)コノヤロウ!
と言う気になる筈です。

神谷晃良
2009年06月20日 02:36
鳩山由紀夫の『故人献金』とやらに、公安とか警察とか検察とか国税とかの官僚共等の「使徒」が、わらわらと群がってやればと良いのにw、とつい思ってしまいます。

連投スマソ、以後自重。
2009年06月20日 21:21
こんばんは。
コメント有難うございます。

■麻生首相と鳩山代表のクエスチョンタイム(党首討論)は、実は「スレ違い」ではないんです。アハマディネジャドvsムサビのテレビ討論会は(ごく一部しか和訳されていませんが)政治生命を懸けた真剣勝負のド迫力…

質的に全く違いますが、一方、わが国の討論は、最後に麻生首相が安全保障問題を切り出し、鳩山が「最後に振られても…」と言った際に、与野党両サイドから笑いが起こりました。
決して失笑して済まされるテーマではありません。国家全体として危機感が欠如しているように思えて不安が募ります。

■エントリ内で告知しませんでしたが、きょう6月20日に渋谷で行なわれたNHK抗議デモに参加してきました。かなり暑かったです。花うさぎ様ほか抗議に加わられた皆さま、お疲れ様でした!
神谷晃良
2009年06月21日 00:54
>きょう6月20日に渋谷で行なわれたNHK抗議デモに参加してきました。
アネモネ  2009/06/20 21:21

お疲れ様でした。NHKから、泣きが入り始めましたよw。抗議活動に参加され、実際に行動されている方々には頭が下がります。

【日台】 NHK、“台湾特番”偏向批判でネットに説明文…「特定のイデオロギーや歴史観に基づくものではない」[06/17]

1 :芝蘭φ ★ :2009/06/17(水) 22:22:40 ID:???

★NHKスペシャル偏向批判でネットに説明文

(中略)

NHKは17日、同番組のホームページに「一次資料や研究者への取材に基づいて制作した。特定のイデオロギーや歴史観に基づくものではない」とする説明文を掲載した。

(中略)

ソース:産経新聞 [2009.6.17 20:09]
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090617/biz0906172011016-n1.htm

抗議行動が効いている証です。
神谷晃良
2009年06月21日 01:23
NHKがこの問題にシラを切り続ける限り、自身のニュース番組に対する信頼感は損なわれて行きます。NHK本社ビルを取り囲むデモ行進を伝えずして、何が報道ニュース番組かと。

それにしても、動画サイトの充実によって、去年の胡錦濤来日に際しての「フリーチベット」抗議デモ時に比べても、格段にネットによる情報伝達拡散力が増していませんか?

上記の2chスレッドにも、今日の抗議行動の模様が既に、書き込まれています。情け無くもPCを通じて傍観しているに過ぎない私にも、驚くほど現場感覚が伝わって来ます。

759 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2009/06/21(日) 00:15:35 ID:1+vXd5wX
738名無しさん@十周年2009/06/20(土) 23:55:47 ID:j3lRWO9K0
今日のデモのパノラマ写真が貼られていたので、拡散します
http://offmatrix.uni.cc/nhk/src/up_009.jpg
すごい人数だよね ビックリするわ
神谷晃良
2009年06月21日 01:45
今回は、アネモネさんや花うさぎ様は映っておられるかしらw?

753 名前:エージェント・774[sage] 投稿日:2009/06/21(日) 00:30:41 ID:sAmBfsb2
6/20第三弾動画いきまーす。

NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第3弾(1/2) デモ行進編
http://www.youtube.com/watch?v=l6fux38uWQU

NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第3弾(2/2) スタジオパーク潜入&バス立ち往生編
http://www.youtube.com/watch?v=9l0EaSaYPSw

本当に日本人は、怒っているのですね。NHKは、初動対応を誤ったみたいです。

そう云えば、イランに於ける、最高指導者ハメネイ師の呼び掛けを無視する形で為されたであろう抗議活動はどうなったのかしら?

今、イランで起きている事も日本で起きている事も、突き詰めれば同じに思えます。行き過ぎたイスラム教義社会、行き過ぎた自虐史観の押し付けに対する反発、揺り戻しでは無いのかと。
神谷晃良
2009年06月21日 02:13
今気がついたのですが、NHK捏造報道抗議行動されている方々は、緑の風船を手にしておられますよね。当エントリテーマ、イラン緑の革命。

何故、『緑』なのだろうか?

>▼緑はイスラムのカラーでもある(ロイター)

オイオイw、NHK抗議隊w。嘘。でも何故彼等は、緑なのだろうか?私だけが知らなかったのなら、御免なさい、謝ります。

766 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2009/06/21(日) 00:58:10 ID:QwlxtBj8
>>1  来週もNHKから目が離せません!

■NHK総合 「JAPANデビュー」第4回 軍事強国  6月28日(日) 午後9時00分~10時13分 放送予定

(中略)

「軍事強国」をめざした日本が、なぜ瓦解していったのか。新資料を駆使し、主に国際的な同盟関係を巡る情報戦の面から描いていく。
ttp://www.nhk.or.jp/special/onair/090628.html

神谷晃良
2009年06月21日 02:48
私個人としては、こちらの番組の方が重要だと思います。

第2回「“任那日本府“の謎」では、本来は、任那日本府というのは存在しなかったという放送内容のであった筈です。それが、一連の抗議行動に拠って、修正されたらしい。検証ビデオも何も無く、只司会者や解説者の会話のみで追加されただけであったとか。

■NHK教育 「日本と朝鮮半島2000年」第3回 仏教伝来
  6月28日(日) 午後10時00分~11時30分 放送予定

いま日韓の歴史研究者たちが熱い視線をおくる発掘現場がある。

(中略)

最新の研究成果をもとに朝鮮半島と日本の仏教外交、
さらに古代国家形成を支えた渡来人の姿に迫る。
ttp://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2009/0628.html

仏教は朝鮮半島から伝わった。と、殊更大威張りで、誇張される筈です。こうして回を追う毎に、朝鮮人にとって都合の良い日朝間の歴史が騙られる筈でした。
神谷晃良
2009年06月21日 03:06
李氏朝鮮時代の仏教弾圧で尽く破壊して、今更まともな仏教文化など残ってはいないくせに・・・。
http://koreaphoto.hp.infoseek.co.jp/buddhism.html

歴史や伝統文化を大事に後世に伝えて行く為には、こつこつと積み重ねる苦労や努力が必要です。それらを惜しみ、簡単に捨てて壊してしまったくせに今になって、日本人が守ってつなげてきた諸々の歴史、伝統文化が羨ましくて仕方が無い。

朝鮮人は、放って置くとどんどん盗んで行きます。許せないです。↓

応神=ヤマトタケルは朝鮮人だった[05/11]
1 :超イケメンマスク( ヽ´`ω´ )φ ★ :2009/05/11(月) 17:33:43 ID:???
日本建国の驚くべき史実

「応神天皇=昆支=倭王武=ヤマトタケル=八幡神=大国主命=スサノヲ、すべて同一人物である」と著者は主張する。

(以下略)

私にとって、これは看過できない。朝鮮人は、許すべからざる侵略者だと思います。スレ違い大変スマソ。
神谷晃良
2009年06月21日 03:44
今日も一杯書き込ませていただきました。アネモネさんに感謝します。

>我が国日本の総選挙では、良い意味で事前予想を覆してほしいです。

>状況は実に危機的ですが、実は国民はそれほど馬鹿ではなくて、
shou 2009/06/19 02:24

>だとすれば、次の様な文面を、この東アジア目次録に書き込んだらどうなるのだろうか?

『麻生太郎は、絶対に負けない』。 神谷晃良 2009/06/14 19:19

二人の表情を見比べれば判ります。人相は悪いが、明るく朗らかな麻生。それに比して、鳩山由紀夫の顔を見ていると、これから「試練」が待っているなと言う気にさせられます。

今更どうにもなるものでも無いです。作り笑いは出来ても、目は笑えない。鳩山由紀夫のそれは既にカルト信者の目つきです。彼は、自民党は麻生で総選挙を戦えと主張していますが、それはこっちの台詞です。願ったり叶ったり。

更に、故人献金トラップ。郵便事業不正使用トラップ。西松献金公判判決トラップ。

そんなに悲観する事は無いと感じます。以後自重。

この記事へのトラックバック

  • 6.13 テヘランの天安門 イランの流した血と汗と涙

    Excerpt:     ||| 6.13 テヘランの弾圧 ||| 6.13 イランの天安門事件: 大統領選の不正を隠蔽するアフマディネジャドの弾圧 非常事態のテヘラン市内で抗議のデモ隊と機動隊が流血の衝突、.. Weblog: 米流時評 racked: 2009-06-18 15:55
  • 民主党の公務員制度改革について

    Excerpt:  私は一昨日の民主党へ・政権を取っても慌てないためにで、民主党が政権を取ったとき、現在、麻生内閣の抱えている問題の・首相のリーダーシップの不足の問題・首相を支えるための挙党一致体の不足・弱腰と見られて.. Weblog: 無党派日本人の本音 racked: 2009-06-18 16:19
  • 「略奪されたイランの大統領選」タイム記者現地レポート

    Excerpt:    ||| 略奪されたイランの大統領選 |||  タイム誌現地記者レポート 略奪されたイラン大統領選と反対派への暴力的弾圧  投票前の世論調査「アフマディ対ムサビ3:7」を完全に裏返した不.. Weblog: 米流時評 racked: 2009-06-18 22:48
  • 何かが変わり始めたかも?

    Excerpt:  本来なら昨日エントリーをしようと思っていた 「沖縄密約文書」 の 情報公開訴訟 なのだが、党首討論をみていて仕事の手が止まってしまい時間が足らなくなってしまった。   先日も書いた「沖縄密約文書」問.. Weblog: 雑感 racked: 2009-06-19 05:40
  • 民主選択の行き先は「日本崩壊」!

    Excerpt: 花うさぎの世迷い言(11)  貴方は「日本を護る」のか、  特アに「日本を売り渡す」のか? ・ くどいようだけど何度でも言う。「自民党には国賊もいる、民主党には国賊以上がいる」。「自民党は駄目だ、しか.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2009-06-19 08:00
  • 検察、「説明責任」を果たす ~西松事件の初公判開始

    Excerpt: 西松事件の初公判が始まり、小沢一郎の公設秘書、大久保隆規被告の供述調書が読まれたそうだ。 msn産経ニュース/【西松事件公判】大久保被告「西松からの献金と知っていた」 検察が供述調書朗読 http.. Weblog: 愛国学園 racked: 2009-06-19 23:34
  • 楠木正成~花は桜木、人は武士

    Excerpt: その純粋な生き様は、武士の理想像として、長く日本人の心に生きつづけた。  「日本人なら誰でも知っているこんな有名な話をいまさら紹介して、何考えているのだ」と言われそうですが、「七生報国」の楠木正成の物.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2009-06-20 06:55
  • グリーン革命の怒れる若者たち・イラン現地レポート-2

    Excerpt:    ||| グリーン革命の怒れる若者たち |||  タイム誌記者テヘラン現地レポート<2> グリーン革命の怒れる若者たち  新しい中東へ! イランの民主化運動を支えるイスラム国家の次世代パ.. Weblog: 米流時評 racked: 2009-06-20 23:21
  • NHK、定期バスを阻止!

    Excerpt: デモ参加者20名が乗車したスタジオパーク行きバス、入口を封鎖し締め出す  20日午後4時過ぎ、渋谷駅発NHKスタジオパーク行きの定期バスがNHK構内に入ろうとしたところ、突然NHKが入り口を封鎖、バス.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2009-06-20 23:45
  • 毛唐(欧米白人勢力)の「自由と人権」考

    Excerpt: 本能寺の変 (1582 年 6 月 21 日 ) で斃れた織田信長、後を継いだ豊臣秀吉、そして最後に天下を取った徳川家康という日本統一の流れが中断していたならば、我が国はスペイン、ポルトガルを代表とす.. Weblog: 賭人の独り言 racked: 2009-06-21 15:37
  • 緊迫のイラン情勢

    Excerpt: 大統領選挙を機に都市部でのデモが終息せず、緊迫しているイラン情勢。 選挙に不正が Weblog: 本質 racked: 2009-06-22 16:36
  • 6.20 イラン 血の土曜日 デモ隊弾圧で死者19名以上

    Excerpt:    ||| 6.20 テヘラン血の土曜日 |||  イランの主要都市でデモ隊と武装警察が激突、死者19名以上、負傷者数百名  6.20テヘラン血の土曜日 ハメネイ・アフマディ体制抗議デモで.. Weblog: 米流時評 racked: 2009-06-23 03:17
  • テヘラン大学の虐殺 バシジ、イランの殺戮凶行軍団

    Excerpt:     ||| イランの虐殺軍団バシジ |||  イラン政府お抱えの虐殺軍団バシジ 首都テヘラン大学で次々に学生射殺の凶行 ポスト選挙のイランの争乱をもう10日以上ずっと追いかけているが.. Weblog: 米流時評 racked: 2009-06-23 22:24
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 沈黙破るイラン緑の革命…決起した大群衆の目的地 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Гэты артыкул была нап?сана дакладная Аднак, кал? вы хочаце.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 22:36