せんせい、喜び組の国へ…山崎拓の国家反逆

北朝鮮訪問を宣言した山崎拓が北京に到着。政府が難色を示す中、突然訪朝する山拓の狙いはどこにあるのか?今回のスタンドプレーには「二元外交」以上の深刻な問題が存在する。
画像

本当に“せんせい”は、北朝鮮に向かった。これが笑劇か衝撃なのか、現段階では見当がつかない…

年が明けてから訪朝話を口にし始めていた山崎拓せんせいは8日午後、成田を発って北京に到着した。かの地で一泊し9日に平壌に向かうという。

早くから9日訪朝説が出ていたが、ナゼ9日なのか…その背景は実に単純だ。現在、飛行機で北朝鮮に入国するには、週2往復の高麗航空に搭乗するしか方法がない。

JS(高麗航空)のフライトスケジュール
画像

9日火曜日の11時30分発JS152便で、平壌入りするのは確実だ。乗り遅れるとたいへん…
CZ=中国南方航空は1718号決議後、制裁の一環で運行停止。

また山拓せんせいが北朝鮮に4日間滞在するとしている点も、このフライトスケジュールから一目瞭然だろう。13日土曜日のJS151便で北京に舞い戻って来る算段だ。

せんせいは、同じ派閥の子分である田野瀬良太郎・党総括副幹事長を連れての行脚である。お目付役なのか、どうか知りたくもないが、せんせいが平壌で夜を過ごす事に国民が不安を覚えるのは当然だろう。

北京では中共がハニートラップを仕掛けるが、北朝鮮はそのジャンルに限っては親分格である。喜び組の国だ。手招きされれば飛んでいくオヤジも多いだろう。そして、手招きされた山拓せんせいは喜び勇んで文字通り飛んでいった。

注:冒頭から「せんせい」と呼称しているが、そのあだ名の由来は…
参考書籍:『せんせい~私は山崎拓自民党幹事長の愛人でございました』(飛鳥新社)
画像


【大混乱したマスコミと本人】

非常に奇妙な報道だった。9日訪朝説が噴き出したのは5日の講演直後だったのだが、新聞・テレビの記者の裏取りも二転三転した模様だ。

いち早く「9日に山崎拓が訪朝」と断定的に報じたのは日本テレビ系NNNだった。
画像

6日未明にテレビでそのニュースを見て驚いたのだが、一方で否定的な報道も出ていた。

6日午後のテレ朝系ANNは「3月20日からの訪朝で調整」と伝えていた。ちなみに、その日も火曜日でJS152便がある…
画像

また、1月7日付けの毎日新聞には面白いやり取りが掲載されている。

山崎氏は6日、毎日新聞の取材に訪朝時期について、いったんは「3月だ」と説明したが、その後、「早まる。1月中だ」と語った。

どうも混乱していたのは取材した記者でもデスクでもなく、せんせい本人だったようだ。

恐らく、JS152便の席は確保したものの先方との確約が取れていなかったのだろう。舞台裏では北朝鮮当局者との折衝が繰り広げられていたと想像する。

ならば問題はその相手だ。
山拓せんせいは国内にいる誰かを通じてギリギリの詰めの作業を進めていたに違いない。

そのネゴシエーターと、その先にいる北の担当者しだいで、せんせいの訪朝は“大化け”する可能性すらある。これが「笑劇」と一概に言い切れない部分なのだ。

9日到着というスケジュール設定が何より不気味である。狡猾と言っても良い。

1月9日から安倍首相は英国を皮切りに訪欧する。更に、その足でフィリピンの東アジアサミットに出席。15日まで日本を留守にするのだ。

歴訪には腹心の下村博文官房副長官も同行するため、官邸を守る塩崎官房長官の負担は大きい。しかも塩崎長官と自民党の軋轢も残されたままで、舵取りは厳しい状況が続いている。

その間隙をついて北朝鮮当局がせんせいを招いたように見受けられる。計算された頭脳プレーである。揺さぶりをかけるには絶好のスケジュールだ。

いったい、北朝鮮は何を狙っているのか?

それを占う上で重要なのは、実際に平壌でせんせいを待ち構えているカウンターパートナーだ。

【せんせいが平壌で会う男は誰だ?】

せいせいは、宋日昊(ソン・イルホ)日朝国交正常化交渉担当大使と会談をしたい考えを明かしている。特に危険な人物である。
□写真:共同通信
画像

顔を見ると善人には思えないが、性根も暗黒だ。この男は、前任者の鄭泰和(チョン・テファ)とともに、小泉訪朝を整えた実務者である。

山拓せんせいは、以前から対話重視を基本としていた。

「日本も北朝鮮に直接出向き、核問題などについて説得する努力が必要だ」
(8日付け読売新聞)

そう述べて、直接の話し合いを訴えていたようだ。

しかし、宋日昊は日朝関係の担当高官であって、核問題とは何ら関係がない。また6ヵ国協議とも無縁だ。この男の役割は、正常化交渉を進めて我が国から1兆円のマネーを経済協力名目でぶんどる事である。

拉致、核、ミサイル…その全ては軍と金正日の直属組織が握り、外交部(外務省)の出る幕ではない。

宋日昊の数少ない実績は、小泉訪朝の舞台をセットしたことである。その点から、3度目の訪朝を提起して山拓せんせいと話を詰める可能性はあるだろう。

一部報道では、将軍の懐刀である姜錫柱第一外務次官との会談も調整中だと伝えられている。宋日昊とは格が違いすぎるが、敢えて自民党の大物議員を特別ゲストとして招くからには、儀礼的にせよ顔を見せるかも知れない。

奴が出現するだけで日本政府への大きな揺さぶりにはなる。ただ、姜錫柱クラスでも拉致問題での突破口を開くことは出来ない。

金正日との対面は限りなくゼロ%に近い。もし、写真撮影程度でも姿を見せたなら、官邸には激震が走る。唐家センですら対面を果たせなかったのだ。せんせいには無理な注文である。

結局のところ、山拓せんせいは何を目当てに平壌まで行くのか?

単なる「下心訪朝」なのか…

マスメディアの論調も冷めた視線だが、その一方で重要なことが語られていないことに気付いた。

【せんせい、掟破りの北朝鮮訪問】

9日の昼過ぎにせんせいは北朝鮮の土を踏む…この男に取って初めて見る北の風景だ。

初訪朝である。

なぜかこの格好の飾り言葉をマスコミが使っていない。不思議だ。

自民党議員で北朝鮮を訪れた者は一握りしかいない。しかも、知る限りでは党の了承を得た訪朝団のスタイルを取っている。小沢一郎のチャーター機での訪朝は例外的だ。

二人旅でフラフラ足を踏み入れた自民党議員など公には存在しない。

自民が絡んだ訪朝団は過去に4回。

90年9月…金丸・田辺訪朝団
   (金丸信、野中広務ら13人)
95年3月…渡辺訪朝団
   (渡辺美智雄ら数人)
97年11月…森訪朝団
   (野中広務ら5人)
99年12月…村山訪朝団
   (野中広務ら3人)

興味深いのは、現役の屈北政治家ご三家・古賀誠、加藤紘一、山崎拓の3人が実際に北朝鮮へ入国した形跡がないことだ。今回せんせいは、その謎の慣習を破って初訪朝する。

せんせいと北朝鮮の繋がりは2004年4月に大連で鄭泰和と接触した時からだ。呼び込んだのは平沢勝栄だった。外交評論家の重村智計氏は著書『外交敗北』の中でこう書いている。

平沢議員に、エージェントまがいの人物たちが接触した。平沢議員との接触を通じ、小泉首相に直結する人物を北朝鮮側は求めた。平沢議員は、小泉首相の友人とされる山崎拓氏に話を通した。それまで、拉致問題にまったく関心を示さなかった山崎氏が登場したことで、うさんくさい話になってしまった。
(前掲書164頁)

気になるのは、平沢勝栄を猛烈に懐柔していた「エージェントまがいの人物」だ。今回も、同じ筋の人間たちが日本国内で暗躍したはずである。

そうした怪しい人脈がどのような組織をバックにしているのかは不明だが、真っ当な外交ではない。

大連会談も「二元外交」と非難され、また今回も自民党内から同様の批判が巻き起こっている。

当然だ。

だが、より深刻な問題も孕んでいる。実は安全保障上、恐るべき事態なのである。

【帰国直後に身柄を拘束せよ】

99年5月にクリントン大統領の特使が平壌を訪問する。ウィリアム・ペリーだ。大統領からの親書を携えたペリーを北朝鮮は歓迎し、礼を尽くした。

これが後のオルブライト訪朝、そして朝鮮人民軍ナンバー2・趙明禄のワシントン訪問にまで繋がる。
□写真:朝鮮日報
画像

北朝鮮がペリーに礼を尽くしたのは、ペリーが前国防長官の肩書きを持っていたからだ。過去に、米軍の頭脳=ペンタゴンを率いた人物である。

我が国で米国の国防長官に相当するのが防衛庁長官である。

その際に、山拓せんせいの経歴を忘れてはいけない…

ペリーと同格の元防衛庁長官である。

任期こそ短かったが、せんせいは第47代防衛庁長官だ。つまり我が国の元国防トップが、勝手に国交のない敵性国家を訪れることになる。

大問題だ。

山拓せんせいは、絶対に公に出来ない国防上の機密にタッチしていた人物でもあるのだ。20年間も警察庁がSATを極秘にしていたように、自衛隊にもそれを上回る極秘部隊が存在する可能性は高い。

もちろん超A級の機密事項は多数存在する。
せんせいは、それを当然知り得る立場にいたのだ。

そして、今回の初訪朝では政府など第三者の目が皆無で、北朝鮮当局者に何を語ったか、日本側で一切把握できない…

ダメ押しすれば、山拓は自民党安全保障調査会のトップであり、防衛族をまとめる立場にいる。今でも決して“窓際”とはいえない。最悪だ。

これほどの異常事態、防衛上の危機はない。

日本政府は「無関係だ」として難色を示すに留まっているが、対応が甘過ぎる。

山崎拓のスタンドプレーは、正に国家への反逆に相当するものだ。

帰国次第、公権力はお供の田野瀬良太郎と個別に事情聴取し、徹底した調査を行わなければならない。

平壌で誰に何を喋ったか…身柄を拘束して厳格検査だ。


        〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

この記事へのコメント

ごんべえ
2007年01月09日 10:11
訪朝日程はフライトの都合だったのですか。いつものことですが、マスコミ報道なんかよりも貴ブログの方がはるかに核心にふれている。

山拓訪朝は百害あって一利なし。
政府も冷たく傍観しているだけでなく、然るべき対策を講じるべきでしょうね。具体的には、ヒト・モノ・カネの全てにわたって一切の往来を禁止する制裁を実施すること。山拓に限らず、利敵行為を企む輩の動きを完全に封じ込めることです。

年末の小泉訪朝説は山拓が意識して流したものでしょうが、いまだに山拓あたりと交流している小泉氏に問題がある。皇室典範や北朝鮮問題を見るかぎり、小泉氏の思想は危険だ。
また、今どき、山拓の講演会に集まるような人間の気が知れない。
ナルト
2007年01月09日 11:05
アネモネさん、おはようございます。
いつもながら、丹念に情報を集め分析しておられ、大変参考になります。
こういう「全国民」の敵が、国民の税金で飯を食っているのも、民主主義ならではの喜劇なのか悲劇なのか。
「民主政体とは、自らを貶める政体なのか」とは、ある小説に登場する君主の言葉ですが、山拓のような人間の跋扈こそ、その最たる例かと。
次回の選挙では必ず落選させなくてはならない人物のひとりです。
駱駝
2007年01月09日 18:23
フライトの都合か。なるほど。
それと機密事項ね・・・危ないな 放置しておくのは。

このオッサン 己がニュースになることに
生きがいを感じておるのか。マトモなことでは
無理なので中狂や朝鮮で醜顔を(マスコミに)取り上げてもらおうと。相手もこのアホバカ
持ち上げて(日本)国内でひと波乱おこれば
面白いと。
昔はもすこしマシだと思ったが。ほんとに
脳味噌イカレタな。
マルコおいちゃん
2007年01月09日 20:40
この人物を落とすためには共産党への投票もセカンド・ベストの選択です。共産党の議席が一つ増えるより、この人物が国会議員であることの方が国益を損なうこと甚だしいからです。
北海鱚
2007年01月09日 20:50
それにしても山タフ君は、懲りないですね。平沢君からガセネタ貰ってしまったんでしょね。ピョンャンの夜が四日間楽しみなんでしょね。ホントにいい年こいてスケベですね。福岡選挙区の皆さん。次は選挙どうなんですか?
北海鱚
2007年01月09日 20:51
それにしても山タフ君は、懲りないですね。平沢君からガセネタ貰ってしまったんでしょね。ピョンャンの夜が四日間楽しみなんでしょね。ホントにいい年こいてスケベですね。福岡選挙区の皆さん。次は選挙どうなんですか?
2007年01月09日 21:13
>ごんべえ様
フライトスケジュールは更新されていない可能性もありますが、大筋変わっていないでしょう。
山拓の暴走を止める秀直幹事長の役割でしょうが、何もしなかったですね。小泉前首相とは何か相談したのか…気になりますね。

>ナルトさま
こんばんは。
山拓一家を税金で養っているのはホント苦々しい。次の選挙では落選運動が盛り上がって欲しいですね。
反日サヨクがこぞって投票するようにも思われますが…

>駱駝さま
話題づくりに必死な感じもします。マイナスイメージばかり何ですけど…。滞在中は音信不通でも帰国後に大々的な会見を開く恐れがありますね。
昔は毒にもならなかったのに、何が起こったのか、老醜を晒しています。
2007年01月09日 21:19
>マルコおいちゃん
共産党の泡沫議員の方がイイかも知れませんね。
山拓は実力者だけに問題行動は危険度が高い。これほど全方位で嫌われている人物も少ないですね。

>北海鱚さま
勝栄ルートで知り合ったエージェントが暗躍したのは確実でしょうね。外交上ルール違反とは言い切れませんが、国益を損なうのは確か…。次の選挙もなんかライバル不足のようですよ。まだ延命しそう。
真・愛国無罪
2007年01月10日 00:00
中国の古い書物に「敵国の使者が有能ならば成果を与えずに帰し、無能ならば成果を与えて帰せ」という言葉があります。
ということは山拓が北朝鮮に高く買われているなら何等の成果も得られずに帰国し、北朝鮮から無能と思われてるなら何等かの成果を得て帰国して来ることでしょう(笑)
それにしても国政を預かる議員や官僚は孫子や六蹈を学ぶべきだと思います。
神谷晃良
2007年01月10日 00:08
あり得ねー。アネモネさんの記事を読むまでは、私自身気が付いていなかったです。そうか、国防トップ経験者の事実上単身の包丁、もとい訪朝かあ。「対話や説得に向けた努力が足らない」と山拓はほざいています。がしかし、個人の資格で彼が、北朝鮮のどの様な高官に会わせて貰おうと、私達日本側から見れば、それは何かの(例えば防衛機密漏洩とか)の見返りにしか見えません。彼にとって、何のメリットも無いです。最近の山拓は、動けば動く程、自身に汚名をかぶり議員生命の晩節を汚している様に思えます。哀れだわ。しかし、世界中の多くの国が制裁・圧力政策に協力してくれている状況下で、議員個人資格での訪朝は、利敵行為、反政府活動と看做すべきではないのですか?(そのまま、気化すればいいのに。)安倍総理大臣は、不快感の表明だけでは無く、何らかの処分をすべきではないですか?
2007年01月10日 21:44
>真・愛国無罪さま
「敵国の使者が…」なんとも含蓄がありますね。孫子の兵法でしょうか…まさに山拓訪朝はそのような感じ。
>神谷晃良さま
歴代の長官を見ると加藤紘一や、金丸信の名前も出てきます。なんか、北が白羽の矢を立てる自民議員には共通点がありますね。
特に山拓は今回「支援」などの土産を持参しているわけではないので、頭の中に詰まっている情報を差し出すような気もします。これこそ、後で裏の取りようがないですね。
帰国したら親分格の中曽根あたりが呼びつけて叱責するべきでしょう。鈴を付けておかないと今後もやりたい放題です。
おと3
2007年01月10日 23:13
「敵国の使者が有能ならば成果を与えずに帰し、無能ならば成果を与えて帰せ」
至言ですね。
と言う事は、山拓は「横田めぐみ」さんと一緒に帰ってくる事も有り得る?
それって、相手の思う壺ですよね。
考えたくもないけど...
蓮華
2007年01月12日 07:14
六韜は文庫本になっています。
孫子・三略と共にお勧めの兵書です。
神谷さんの仰る通り、閣僚はこれらの兵書と同時に帝王学でも学ぶべきだと思います。
山拓の行為は言うまでも無く国家反逆でしょう。加藤は必死でフォローを入れているつもりのようですが。

真・愛国無罪
2007年01月12日 16:06
蓮華さまへ
その「六韜」の文庫本の出版社を教えていただけないでしょうか?
私もあの言葉は「逆説の日本史(井沢元彦著)」
からの引用で六韜の全てを知ってるわけではないので・・・
ねたねこ
2007年01月13日 16:49
アネモネ様

はじめまして。
FUNGIEREN SIE MEHR !! という
ブログの管理人をしております、ねたねこ
と申します。
TB失礼します。

今回のヤマタクさんの奇行は、全くの無駄に
終わりましたね。しかも日本国民の血税を
使った議員外交です。二元外交でもあります。

政府与党はヤマタクさんが帰国し次第、
徹底的に事情聴取を行うべきだと思います。

突然失礼致しました。
これからもよろしくお願い致します。

この記事へのトラックバック

  • 勝手に税金で国を売りに行く山崎拓

    Excerpt: 変態趣味を女性にバラされて落選したことのある山崎拓が、何の権限をもってか、勝手に中共に国を売りにいったようである。 この売国奴に今更立てるハラを筆者は持たないが、なぜこういう何でもない一議員が、国民の.. Weblog: 東洋の魔笛 racked: 2007-01-09 11:05
  • 山崎拓氏 訪朝

    Excerpt: 山崎拓氏、9日に平壌訪問…核問題など意見交換(読売新聞) - goo ニュース 5日に山崎氏の訪朝の話が出たらあれよあれよと具体化し昨日北京入り中国要人と面談の後今日午後のも平壌入りとなった {/h.. Weblog: 王様の耳はロバの耳 racked: 2007-01-09 11:10
  • 独断の危うさ

    Excerpt: 盧大統領が改称提案 日本海→平和の海 韓国内「世論無視」と批判(西日本新聞) - goo ニュース 韓国メディアは8日、盧武鉉大統領が昨年11月にハノイで行った安倍晋三首相との会談で、日本海を「平和の.. Weblog: 電脳空間「高天原」 racked: 2007-01-09 11:52
  • 山拓の狙い†中朝一致の思惑に乗る?

    Excerpt: この男の国賊ぶりは方々のブログで叩かれ捲っているので敢えてそ... Weblog: もののふのこころ racked: 2007-01-09 16:56
  • 日本という国・・・・

    Excerpt: 靖国神社に年頭の参拝を娘ともどもさせていただいたのですが、裏の『朝鮮総連本部』前で、街宣右翼が集まってスピ-カ-で大声をあげていた。 当然、普段静かなはずの靖国の杜にその騒音は響いていたのであるが、.. Weblog: 手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ racked: 2007-01-09 21:46
  • [政治] 拉致救出運動支援者は平壌宣言の破棄を安倍政権に迫るべきだ

    Excerpt: ◆自民・山崎氏、9日に訪朝 安倍外交に不信感? (http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/34107/) 自民党の山崎拓元.. Weblog: 異能生存体きこりの日記 racked: 2007-01-10 01:22
  • 「山拓」と「外務官僚」どっちが売国奴なのか見極めなければなりません。

    Excerpt: 山崎氏、金総書記との会談希望=平沢氏に明かす 北朝鮮訪問中の山崎拓自民党前副総裁が、金正日労働党総書記との会談を希望していることが10日、分かった。平沢勝栄内閣府副大臣が同日朝のTBS番組で明.. Weblog: 渡部昇一的ココロだー!! racked: 2007-01-10 23:59
  • 「アンカー」山崎拓訪朝で拉致問題に異変?

    Excerpt: ■横田めぐみさんの映画を国連本部で上映(日テレNEWS24) <1/9 12:08> アメリカのジャーナリスト、クリス・シェリダン氏と妻のパティ・キム氏が制作した横田めぐみさんの映画が8日、ニューヨー.. Weblog: ぼやきくっくり racked: 2007-01-11 01:24
  • 山崎拓訪朝が招くもの「だまされてはいけない」

    Excerpt: マスコミ報道などで既にご存知の通り山拓が平壌に行っているわけだが、いったい何をしにいったのか。その真意をめぐっていろいろと論評が繰り広げられている。 TV番組「アンカー」水曜日、青山繁晴の“ニュ.. Weblog: あすの日本を考える会ブログ racked: 2007-01-11 13:00
  • ■ヤマタクさんはどのようにして責任を取るのか

    Excerpt: 【山崎拓前副総裁:「拉致問題で進展なし」…北京で会見】  (毎日新聞 1月13日)  北朝鮮を訪問した自民党の山崎拓前副総裁は13日午前、帰国経由地の北京市内のホテルで記者会見した。山崎氏は.. Weblog: FUNGIEREN SIE MEHR !! racked: 2007-01-13 16:37
  • but tramadol

    Excerpt: this is why i always pick my nose. Weblog: but tramadol racked: 2009-03-19 18:23
  • buy simvastatin

    Excerpt: an interesting take on a boring subject. Weblog: buy simvastatin racked: 2009-06-04 04:53
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: せんせい、喜び組の国へ…山崎拓の国家反逆 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,??? ???? ??? ? ??? ?? ??? ?? ? ??,? ???, ??? ???? ??????? :lo.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 22:02