血税が『週刊金曜日』に流入…国賊劇団が芝居を強行

不敬芝居を売り物にする鬼畜劇団が公演を強行する。奴らを堂々支援するのは社民党だ。その一方、反人権誌『週刊金曜日』が公共図書館に溢れている実態が独自調べで判明。緊急報告する。
画像

『週刊金曜日』主催の催しで鬼畜芝居を演じた石倉直樹が、12月9日に都内で予定していた公演を強行することが明らかになった。

この問題を糾弾した12/1のエントリでも触れたが、国賊・石倉直樹がプロジェクトを組む「他言無用」のWebサイトには12月9日に永田町の三宅坂ホールで公演が行われることが告げられていた。

憂国の有志を中心に国民から鬼畜芝居への非難が澎湃と巻き起こる中、公演活動は自粛するものと想定していた。

しかし、実際には違った。
  ■国賊・石倉直樹
画像

複数のブログが「他言無用」Webサイトが復活し、謝罪文を掲載したことを伝えている。“お詫び”と“お陰様で”という言葉が並列する謝罪文は他で見た経験がない。
「他言無用」Webサイト

同サイトよれば、都内の公演は予定通り開催される模様だ。

そこで、筆者は改めて公演会場の「三宅坂ホール」に、確認の電話をかけた。
三宅坂ホールは愛称で、実際には社団法人・社会文化会館である。しかも皇居の間近だ。
画像

~~~~やり取り(要旨)~~
筆者「9日の他言無用のライブについて伺いたいんですが?」
社会文化会館「あ、はい…」
筆「9日の公演は予定通りですか?」
社「バイトなので…」
筆「はあ。当日券はそちらで販売されるのでしょう?」
社「いえ、扱っていません」
筆「是非、チケットを買いたいので、そちらに届けられた連絡先を教えて頂けませんか?」
社「チケットは完売と聞いておりますので…」
筆「完売ですか。判りました。もう一度お聞きしますが、公演は行われるのですね?」
社「はい」
筆「了解しました」
~~~~~~~~~~~

録音していないので、おおよそのニュアンスだ。『週刊金曜日』の問題が暴露されてから、ホール側も慎重になっているように受け止められる。

ここで2つの事実が判明した。

1)公演は強行される
2)当日券での入場は不可能

いい度胸をしているな、国賊・石倉直樹。
そして、この鬼畜芝居を誰が庇護しているのかも明らかだ。

【社民党が鬼畜劇団を守る】

公演強行とチケット“完売”は、セットだ。

社会文化会館ホールの座席数は688。2日間の公演で入場者数は1,300を超える計算になるが、それほど絶大な人気があるはずがない。

そもそも通常の舞台公演では、前売り席と当日席は別に区分されている。
前売り券がなくなり「当日券をお求め下さい」といった案内を見た経験がある方も多いだろう。

「他言無用」の狙いは、当日の入場者を制限・排除することにある。それは不測の事態が起きるのを予防する措置に他ならない。

前回も述べたが、公演が行われる社会文化会館は、社民党の牙城である。
財団法人・社会文化会館

財団法人の役員名簿を見ると…

理事長……福島みずほ(社民党党首)
専務理事…今井健夫(社民党財政委員)
理事………又市征治(社民党幹事長)
監事………山口鶴男(社民党前議員会会長)

もちろん、この下で働く社会文化会館の職員も党員か関係者である。国賊・石倉直樹&「他言無用」は、公演活動は、社民党に守られ、支えられているのだ。

御皇室を中傷した寸劇は、不敬問題であると同時に、人権を蹂躙する醜悪な表現方法だ。それを支援するのが、人権派弁護士を自称する福島瑞穂である。

福島の考える「人権」とは何か?

他人の子供を模した人形を大観衆の前で粗雑に扱う事は、人権侵害に当たらないとするレベルなのか。高齢者の重篤な病いを笑いの種にすることは人権蹂躙でないと捉えるのか。
画像

反人権劇団を支援するなら、福島瑞穂は直ちに人権派の看板をはずし、鬼畜派弁護士の看板を掲げよ。
お似合いだ。

さて…国賊・石倉直樹に鉄槌を下すことは近々の目標だが、中・長期的な視点からは『週刊金曜日』を最終的に廃刊に追い込むことである。

【都内の図書館を総チェック】

『週刊金曜日』の不買運動に賛同する。こんな鬼畜集団を放置しておいては国が滅ぶ。今後の不法集会を防ぐには、その資金源を絶つことが肝要である。

この『週刊金曜日』は取り扱い部数が低く、小規模の書店では見当たらないケースが多い。新潮記事が出た後に、数軒の書店をリサーチしたが、見当たらなかった。

安心してはいけない。

『週刊金曜日』は一般誌と言うより、機関誌の性質が高く、労働組合や市民団体が複数まとめて年間購読しているものと推測する。

こうした買い方を「機関購入」と言うが、出版元にとっては安定株主であり、浮動の激しい一般読者より大切な顧客だ。

その重要な顧客のひとつが図書館である。
各地の図書館に採用された瞬間に、その雑誌は“勝ち組”に入る。

『週刊金曜日』の図書館採用率を調べたところ、恐ろしい結果が出た。調査は、東京23区に限って行ったものだ。

×が『週刊金曜日』を採用(毎週購入)
○が不採用(購入せず)

荒川区立図書館× 板橋区立図書館×
葛飾区立図書館× 北区立図書館×
江東区立図書館× 杉並区立図書館×
品川区立図書館× 渋谷区立図書館×
新宿区立図書館× 墨田区立図書館×
世田谷区立図書館× 台東区立図書館×
中央区立図書館× 千代田区立図書館×
中野区立図書館× 練馬区立図書館×
文京区立図書館× 豊島区立図書館○
港区立図書館×  目黒区立図書館×
大田区立図書館(HP工事中につき未確認)
(12月現在『黙示録』調べ)

22区中、実に21区の図書館に『週刊金曜日』が置かれている。中には、同じ区内に5館以上の公共図書館があり、複数購入している自治体もあった。

これらはWebサイト上にあるレファレンス機能を使い、どのような雑誌が置かれているか確認したものだ。
東京都の図書館 蔵書横断検索

上記の図書館で直接、電話確認したのは、不採用の豊島区立図書館だけである。同図書館では昨年3月を最後に取り扱いを止めたそうだ。
理由は尋ねなかったが、その方針を激賞したうえで、今後も採用しないようお願いした。

だが、あくまでも豊島区立図書館は例外で、都内の殆どの図書館に『週刊金曜日』が置かれていると言って良いだろう。

そこで、何が問題になるのか?

【血税が『週刊金曜日』に流用】

私立大などの図書館なら文句はないが、税金で運営される公共図書館が『週刊金曜日』を購入していれば、それは重大な問題につながる。

勤労者の納めた税金が迂回して社長・佐高信のサイフに流れ込んでいるのだ。先の不敬集会を支えた軍資金も一部が税金に支えられていたと言っても過言ではない。
画像

日本全国の公共図書館数は実に2,929館にのぼる。一体いくらの税金が『週刊金曜日』に流れ込んでいるのか?
日本の図書館統計

極めて単純に算出した。

まず、区立図書館での独自調べでは9割以上の公共図書館が『週刊金曜日』を採用していたが、ミニマムケースとして、全国2,000の図書館が機関購入していると想定した。

『週刊金曜日』の定価は500円。
500×2000=100万円

週刊誌なので年間50巻とする…
50×100万円=5,000万円

なんと年間5,000万円だ。

その売り上げの大部分が、自動的に佐高信のポケットに落ちる計算が成り立つ。

繰り返すが、ミニマム算出であり、実際には5千万を超す血税が連中の手に渡っているだろう。
納税者のカネが巡り巡って連中の不敬集会を援助したのだ。

許せるはずがない。

では、どうするのか?

それは、図書館に激しいプッレシャーを与え、『週刊金曜日』を雑誌棚から追放することだ。

手始めに、筆者は最寄りの公共図書館に抗議した。まず、図書館を運営する自治体への納税者であることを告げ、『週刊金曜日』が置かれているか否か、確認した。Web上にレファレンス機能がなかったのだ…

ところが、その図書館は『週刊金曜日』を購入していなかった。
読書を希望する者と勘違いされては困るので、『週刊金曜日』が不敬な集会を催した事を告げ、今後も採用しないよう願い出た。

全国各地の公共図書館から『週刊金曜日』を駆逐すれば、奴らに一定の打撃を与えられると考える。

公立の図書館は、労組の温床になっているとも聞く。労組の支配が強まれば、そこに採用される書籍・雑誌の傾向もバランスを欠くだろう。

しかし、諦めてはならない。

これからも時間が許す限り、納税対象の自治体にある図書館に注意喚起をし続ける。

目標は会計年度末の3月までに図書館管理職に判断を促すことだ。

絶対に『週刊金曜日』を許さない。


        〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

@隼人正
2006年12月09日 02:12
アネモネさん
詳細な調査お疲れ様です。
結局、彼らは日本の伝統・文化を全否定することが目的の「言論・自爆テロ」でしかないということですね。

いい加減にしろと声を大にして言うしかないですね。
アネモネ
2006年12月09日 02:35
>@隼人正さま
さっそくのお言葉、恐縮です。電凸というのをやってみたかったんですが、やっぱり柄じゃなかったですww 腹の虫が治まらないので、つい…
仰る通り、連中の意図は日本の破壊ですね。やはり野放しにさせておくわけにはいきません!
ようちゃん
2006年12月09日 03:55
社民党は党首が在日なのだから、最後まで拉致を認めて無かった。土井たか子(李高順)、福嶋瑞穂(趙春花)、辻本清美は物凄い人物ですよ。国民新聞に掲載されています。http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H14/1404/140436tsujimoto.html
拉致家族や北のスタンスで発言したりして北のプロパガンダに加担している人々がまだいる。その代表的な一例は、「週刊金曜日」の件だ。国民新聞
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H14/1412/141219sato.html#10
本多勝一、(崔泰英)筑紫哲也、(朴三寿)
佐高信  (韓吉竜)他に粟野仁雄、鎌田慧(さとし)、小田実、田中宏(龍谷大教授)、前田哲男、(朝日新聞のコラムニスト)早野透、(東京新聞の魚住昭(ジャーナリスト、元共同通信社)、政治評論家の岩見隆夫

ごんべえ
2006年12月09日 07:17
精力的な調査をされたことに敬意を表します。
社民党、週刊金曜日、関係者のいずれも許せない。
公立図書館がこんな状態だとは…
以前、船橋市西図書館で西部邁、渡部昇一氏の焚書事件があったが、全く逆だ。取りあえずは図書館にある週刊金曜日を焚書せねば。
併せて購入禁止…経済制裁で息の根を止めるのがベスト。私も住所地の市役所と図書館に当たって見ます。
yuu
2006年12月09日 08:04
こんにちわ。
大変興味深く読ませていただきました。
背景を探るといろいろ出てきますね。
日本人の血税を使っての反日行動には
強い憤りを感じます。
こういった実体を暴き出し多くの日本人に
知ってもらいたいです。
(みんな、知らなさすぎるよ・・)
ありがとうございました。

素晴らしい着眼だと思います。
ナルト
2006年12月09日 09:48
アネモネさん、おはようございます。
公立図書館とは盲点でした。私も住民票のある地元の図書館を冬休みに調べてみましょう。「週刊金曜日」ならツッコミどころはいくらでもありそうなので、暇人凸撃隊さんにならって「人権問題」でつついてみましょうか。
社民党は小さくなった分ニッチなところでせっせと売国してますねえ。安倍政権は反北朝鮮で成立したようなものですから、現在断行されている総連締め上げの課程で、社民党を潰せるような情報が出てくることを期待しています。
嫌韓流
2006年12月09日 12:44
このような芝居に通常の日本人は嫌悪感を抱きます。そんなことで憂さ晴らしをやっている連中の正体をはっきりさせるさせるため、今後は名前を佐高信(=韓吉竜)、本多勝一(=崔 泰英)福島瑞穂(=趙春花)・・・というような形で掲載なさってはいかがでしょうか?
このような下劣芝居で盛り上がれるのは日本人ではなく、ほとんどが朝鮮系。
アネモネ
2006年12月09日 17:16
>ようちゃん様
時事放談の岩見は、言いたい放題でバランスを著しく欠いた発言ばかり。この男も問題にしないとダメですね。
アネモネ
2006年12月09日 17:22
>ごんべえ様
そう、焚書事件、ありましたね。
図書館は全国的に偏向しているように思えます。労働&フェミ関係の本が充実していたり…市民からリクエストがあると購入するとか。しかし、その前に選択の段階でかなり歪んでいると思えます。
打たれ弱い機関なので圧力は効き目ありと見ています。手近な部分から攻めていきましょう。
アネモネ
2006年12月09日 17:25
>yuuさま
ありがとうございます。
『金曜日』の獲得金額を算出して、これは由々しき問題と考えました。機関購入を叩いて、次いで、不買に持って行けたら理想です。
アネモネ
2006年12月09日 17:32
>ナルトさま
こんにちは。
恐らく、どの図書館でもハードカバーは書棚にありますが、雑誌類は表紙が見える状態で置かれているはずです。『金曜日』表紙のサブタイトルが目につくだけでも問題です。一掃しなければ…
社民党を追及できる材料は、既に公安は入手しているのでは、と想像します。ただ自民の大物に関連すると、闇に埋もれさせる可能性もありそうです。肝ひとつ、でしょうか…
アネモネ
2006年12月09日 17:39
>嫌韓流さま
在日暴露は、彼等にとって時限爆弾と見ていますが、大衆向け週刊誌さえ書かないのが不思議です。そこに本質的な問題があると見ますが…
土井や筑紫くらいハッキリすることを願っていますが、こればかりはウラの取り用がなく、悩みどころです。福島情報は材料不足。なんとかならないものか…
キラーT細胞
2006年12月09日 19:02
またカラシニコフが欲しくなりました(笑)。
冗談はさておき、在日朝鮮人には本当に全員半島へ帰つて欲しいです。南北朝鮮は、嘗ての李氏朝鮮の様に再び支那の属国となり、貧乏暮らしをすれば良いのです。あんな世界の鼻つまみ民族とまともな御付合なんぞする必要はありません。
PP
2006年12月09日 19:48
近所の市立図書館は週刊金曜日置いてなかった
某アニメ情報誌を定期購入してる愉快の所だけどw
Hisashi
2006年12月09日 20:06
毎日拝見しています。
日本国民の象徴である天皇家に対する不敬。
許せない!日本国民なら憤りを覚えるが普通
だと思います。在日朝鮮人が関係する組織の
壊滅を目指して政治家も国民も行動すべき時
がきていると実感しています。
これからも応援しています、頑張って下さい。
在日特権を許さない会
2006年12月10日 00:40
在日特権を許さない会が発足し、このたび公式サイトがつくられました。

zai.japan.aikotoba.jp/index.html

ぜひこちらにもご協力下さい。
アネモネ
2006年12月10日 03:06
>キラーT細胞さま
まだ、怒りがおさまりませんよね。他言無用はライブを強行したものの不測の事態はなかったのか…
社民党ごと処理したいですw
アネモネ
2006年12月10日 03:09
>PPさま
調査しましたか。なかったのは幸いですね。謀略機関誌に比べたらアニメ雑誌はかなり健全です。
アネモネ
2006年12月10日 03:13
>Hisashiさま
ご支援、ありがとうございます。
国民の理解はまだまだ中途半端ですが、偽装日本人に汚染された状況を一刻も早く暴かないと…多くの有志が同時多発的に動かないと、大きなうねりにはなりません。しかも時間的な猶予はあまりないし…
アネモネ
2006年12月10日 03:15
>在日特権を許さない会さま
初会合はもう定員に達したとか…HPは何回か閲覧しています。素晴らしい動きだと考えています。微力ですが、支援させて頂きます。
2PAC
2006年12月11日 12:07
ようちゃん》さん。お願いですから辻元清美女史のそのすごいプロフィール教えてください。当方携帯につきかのアドレスにアクセスできなかったものですから…よろしくですお願いします
2PAC
2006年12月11日 22:41
だいたいわかりました(笑)そうですか…よくしゃべるサヨク女史はなんとなく皆さんにてますな…対抗党派の方としてもとうるよね…ビジアル的にもね(笑)オラアでい嫌いでェ…ひひっれいしました
ミスター・D
2006年12月13日 10:57
アネモネさん初めまして。 
色々と問題のある船橋市在住の者です。
週刊金曜日、蔵書になってました・・・
早速蔵書を止めるようにメールしました。
微力ではありますが、これからもご協力できればと思います。
アネモネ
2006年12月18日 20:12
>ミスター・Dさま
コメントが遅れました…
やはり焚書事件の舞台では『金曜日』が置かれていましたか。情報と愛国運動、有り難うございます。みんさんお住まいの地域でクレームをつけて行けば、圧力になります。

この記事へのトラックバック

  • ★中共人身売買について一考。

    Excerpt: ≪皇室誹謗中傷、猿芝居で感じた事≫ ~日本人として理解の限界を超えた~  昨日のエントリー『★日本国民を愚弄する集団!!』では、週間金曜日を中心とした『人命軽視』の悪行についてブッタ斬らせ.. Weblog: Flight to Freedom/神の国へ… racked: 2006-12-09 04:35
  • 名古屋市文化振興事業団への直凸

    Excerpt: 例の【「皇室中傷」芝居が名古屋で開催!】の件で 知り合いが名古屋市文化振興事業団へ特攻して来られました。 Weblog: 楯追人.blog racked: 2006-12-10 01:46
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 血税が『週刊金曜日』に流入…国賊劇団が芝居を強行 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Artikel ini ditulis tepat Namun, jika Anda ingin melihat .. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 22:31