マレーの虎ハリマオ・谷豊の壮絶生涯(前編)

ドラマ・映画で知られるハリマオは、日本軍と共に戦った実在の日本人をモデルにしている。盗賊だった彼がなぜ日本軍に協力したのか…そこには2つの国の狭間で揺れる青年の苦悩が刻まれていた。
画像

マレーシア北東部にクアラ・トレンガヌという大きな街がある。美しいビーチで世界的に知られる島々への出発地として多くの日本人観光客も訪れる。
■トレンガヌに近いカパス島
画像

■地図:マレーシア観光局より
画像

明治45年、日本からマレーへ移住してきた一家は、この街で小さな理髪店を開業した。街には移り住んできた日本人も多く、助け合いながら、商売を営んでいたという。
大黒柱が急逝したばかりの一家を悲劇が襲うのは、昭和7年のことだった…

英語学校から自宅に戻ろうとした谷繁樹は「逃げなさい」という声を聞いて、近所の医者の家に駆け込んだ。シナ人の暴徒集団が日本人商店の襲撃を始めていたのだ。

谷繁樹はひとりのシナ人が手に生首をぶら下げて歩いてく様を除き見た。暴徒が去ったあと、自宅に戻った繁樹が目撃したものは、血まみれになった首のない妹シズコの惨殺死体だった…

これがハリマオこと谷豊(たに・ゆたか)の人生を大きく狂わした、余りにもショッキングな出来事だった。

暴徒を目撃した繁樹は、谷豊の弟である。

惨事があった時、兄・豊は九州にいた。徴兵検査を受けるために一時帰国し、そのまま日本の会社に勤めていたのだ。

しかも失意の最中であった。

豊は徴兵検査の結果、身長がわずかに足らず、「丙種合格」となった。これは不合格に等しい。当時の規定では丙種は第二国民兵にあたり、軍には採用されなかったのだ。

この不合格が、後に豊の心に屈折した形で残ったとも見られる。

【劇画ヒーローのハリマオを追跡】
画像

テレビの草創期に人気を博したドラマがあった。昭和35年から放映が始まった『快傑ハリマオ』という無国籍ヒーロー物で、主人公はターバン風の布を頭に巻き、2丁拳銃で悪者をなぎ倒す。

『快傑ハリマオ』OPテーマ(YouTube)

このモデルとなったのが、日本軍と共にマレー戦線で活躍した谷豊であった。

ハリマオはマレー語で「虎」を意味するという。

ドラマ『快傑ハリマオ』の元になったのは、戦中の昭和17年に公開された『マライの虎』で、多くの日本人にハリマオというマレー語が記憶されたようだ。

その一方で、実在のハリマオ・谷豊は、殆ど知られていない。戦後暫くの間は、資料も少なく実像は不鮮明だった。

昭和60年に朝日新聞が「ハリマオの虚像と実像」と題した記事を掲載し「作られた英雄だった」と断じる。

この記事を切っ掛けに、ノンフィクション作家の中野不二男氏が、ハリマオ=谷豊に関する綿密な取材を重ね、昭和63年『マレーの虎 ハリマオ伝説』(新潮社)を出版。
■写真は文春文庫版表紙
画像

先駆的な調査で、大まかな人生の軌跡は判明したが、関係者が物故しているなど不明な部分も多かった。
特に、ハリマオ=谷豊が、なぜ日本軍に協力したかといった重要な部分が抜け落ちていた。

その後、マレーシアの政府職員でもある土生良樹さんが平成8年(96)に『神本利男とマレーのハリマオ』(展転社)を上梓し、謎が解き明かされる。敬虔なムスリムである土生さんは、ハリマオ=谷豊と行動を共にしていたマレー人から直接話を聞くことに成功。欠落していたジグソーパズルが見事に完成する。
画像

以下に記す秘話は、主にこの二冊から引用している。そして、このエントリは先の「その名は『F機関』…大東亜戦争の英雄・藤原岩市」の外伝にも相当し、藤原参謀の著書に頼る部分も多い。

【たった独りで始めた復讐】

戦争直前、ハリマオの名は、マレー北部で大盗賊集団を率いる大頭目として名を馳せていた。部下の数は3000人。統治者の英国人や金満華僑を震え上がらせていた…

人を殺めることはないが、各地で襲撃を繰り返し、そのクビには莫大な懸賞金が懸けられていたという。

開戦前からバンコクで諜報活動を続けていた田村浩大佐(陸大28期)は妙なウワサを聞いていた。

「マレーの有名な盗賊ハリマオは日本人のようだ…」

あくまでも伝え聞く風評で、事実はまるっきり判らない。

だが、ハリマオとは紛れもない日本人・谷豊であった。

妹がシナ人に惨殺されたことを福岡で知った谷豊は、単身マレーに渡り、犯人探しを始める。下手人のシナ人は裁判にかけられたものの無罪放免で消息不明になっていたのだ。

この時、ハリマオ=谷豊、21歳。

谷豊は、統治者のイギリス官憲に強く抗議するが、逆に不審者として一時投獄されてしまう。更に、伝手を辿って日本の政府関係者にも懇願するが、誰も取り合ってくれない。

味方が居ないことを知った谷豊はひとりで復讐を開始する。裕福な英国人の豪邸に忍び込み、金品を盗み取る。義族的な行為と見られた為か、マレー人の配下も増え続けた。

やがて金満華僑の商店も標的にし、義族的な活動は広がりを見せ始める。遂には金塊を積んだ鉄道車両の爆破など大規模な犯行にも及んでいた。

この頃、すでに谷豊は日本名を棄てハリマオの愛称で通していたようだ。新しい部下は谷豊が日本人であることを知らなかったという。

マレー語は堪能だったが、その一方で、日本語では不自由する面もあったという。谷豊は教育面を心配した両親の配慮で日本の学校に通っていた時期もあった。しかし、日本語レベルの違いから、イジメにあうなど良い思い出はなかったようだ。

言葉の面で苦労したことが、谷豊の心に陰を落としていたとも伝えられる。
「自分は何人なのか?」というアイデンティティーの問題だ。

【ハリマオを説得した男】

バンコクに駐在する田村大佐は、開戦を睨んでマレー人工作を命じられていた。マレー人の協力が得られなければ、戦線を拡大できないことは火を見るより明らかだった。

そこで、ハリマオが日本人であれば協力を求めようと考え、マレーに潜入してハリマオを探し出すよう、ある日本人に要請する。

田村大佐が白羽の矢を立てたのが、神本利男(かもと・としお)だった。
画像

神本は警察官で、満州では甘粕正彦元憲兵大尉から絶大な信頼を得ていたという。戦史的にはまったくの無名人物だが、異彩を放つ快男児である。

道教の満州総本山・千山無量観(せんざんむりょうかん)で3年間修行を積み、満州の影の支配者とも呼ばれた葛月潭(こうげったん)老師の門下生であった。

葛月潭老師の門下となった日本人は神本の他に、大馬賊・小日向白朗しかいない。

密命を帯びてマレー半島を南下した神本は千山のネットワークを使い、ハリマオ=谷豊の居場所を難なく突き止めた。

窃盗でタイ南部の監獄に収容されていた谷豊を解放し、神本はいきなり日本軍への協力を仰ぐ。

しかし…

「俺は日本人ではない」と谷豊はマレー語で叫んだという。
神本が日本人と断定して追及すると谷豊は複雑な胸中を語り始めた。

妹の殺害事件で日本政府に陳情しても「あきらめろ」と言われ、あげくの果ての「盗賊など恥晒した」と非難された現実を切々と訴えたという。

谷豊は日本という国から見捨てられたように感じていたのだ。

神本は説得を続ける。

「まもなく、この半島は戦場になる。おれはマラヤをマライ人に戻したいと思っている。その為に君の力を貸してくれないか」
『神本利男とマレーのハリマオ』(231頁)

更に、神本はマレー半島が白人に400年間支配されてきた歴史を説き、バラバラの反政府運動がすべて簡単に弾圧され、失敗してきた史実を語る。

そして、日本軍に現地人が協力してくれるなら、必ず英軍を駆逐して植民地支配を終わらせることが出来る、と訴える。

「小金を奪えば盗賊だが、国を奪えば英雄だ…」

ハリマオ=谷豊は、神本の人間的な魅力に引き寄せられて説得に応じたという。これまでに見たことのないタイプの日本人だったのだ。
またムスリムとなっていた谷豊は、コーラン第一章アル・ファティファ(開端章)を暗誦してみせた神本に驚愕したとも伝えられる。

この後、ハリマオ=谷豊は、敢然として反英活動に邁進する。

復讐のためにマレー半島に戻ってから10年近い歳月が経ち、谷豊は29歳になっていた。
(後編につづく)

            〆

最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

***************
【side story】
長くなり過ぎた為、本エントリは分割し、前後編としました。かなり中途半端な終わり方で済みません。殆ど人物紹介だけでしたね…
後編は27日夜にアップします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 148

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ごんべえ
2006年12月27日 07:01
いつもながらアネモネさんの圧倒的な知識・情報量に敬服します。今回も興味深いテーマを有難うございました。
ハリマオについては名前を知っている程度で、ここに書かれているようなことは全く知りませんでした。
ところで、先般の「F機関」に関して、図書館で探したところ「藤原機関」というタイトルの本を、きょう借りられることになりました。
きょうご紹介の本も、同じ図書館でたった今、ネット予約できました。手に入るのは年明けになりますが、その前に貴殿の「つづき」を楽しみにしています。
Lambare
2006年12月27日 10:07
コーランの第一章は一番短い章ですよ。俺でも言えるよ。
第2章を暗唱したんならそれは大したものだけど(笑)。
馬春
2006年12月27日 10:07
すごい話ですね。
ハリマオが日本人だったなんて、そして、彼が
義賊となった動機、その行動力、統率力に驚嘆
いたしました。
圧倒されて、読ませていただきました。
後編を待ち焦がれる思いです。
それにしても、アネモネさんの東アジア黙示録
素晴らしいブログでいつも感動し、勉強させて
もらっています。
有難うございます。
ネットの言論統制が始まるぞ!!
2006年12月27日 10:45
ネットの言論統制が始まるぞ!!

投稿者 :
freddieredd



ネットの言論統制が始まるぞ!!

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51256020.html

ネットの“匿名”潰しが狙いか!

 「人権擁護法案」の悪夢が再び

 発信者情報:同意なしで開示へ ネット被害で業界が新指針

 インターネット上のプライバシー侵害や名誉棄損について総務省と業界団体は、情報を書き込んだ発信者の同意がなくても被害者に発信者の氏名や住所などを開示する方針を固めた。これまでは発信者が開示を拒否すれば、誰が悪質な情報を流したか被害者側には分からず、泣き寝入りするケースが多かった。業界団体は新たなガイドライン(指針)を年明けに作り、来春から導入する。【ネット社会取材班】
たか
2006年12月27日 13:19
すばらしいエントリーありがとうございます
27日が待ち遠しいです。
恥ずかしながらハリマオは名前しか知らずどんな人物であったのか全く知りませんでした。
学校で捏造された我々の祖父の悪行を教えるのではなく、命懸けで国を守った事実を確りと教えて欲しいです。

それにしても我々の祖父たちは偉大な方が非常に多かったのだと改めて驚かされます。
彼らが命掛けで守った日本を、我々も命掛けで良い国にしていかなければいけないと強く感じます。
駱駝
2006年12月27日 14:13
わくわくしながら読みました。
面白かったですよ。後半も楽しみです。
怪傑ハリマオ - 歌も記憶にあり、
いい年して家で口ずさむことがあります。 
あつしパパ
2006年12月27日 16:40
前回の「F機関」と同様、いつも興味深い内容をありがとうございます。楽しみにしております。
2006年12月27日 16:57
>ごんべえ様
本が入手できそうですか。お正月のお楽しみになりそうですね。このエントリの後半は『F機関』からの引用が多く、長くなってしまいました。谷豊と直接話した本人の言葉なので貴重だったのです。
>Lambareさま
開端章は10センテンスもありませんが、現在と違い戦前の民間人でイスラム知識があった人は少なかったのでは…
>馬春さま
予定より大幅に原稿量が増えたので、前後編にしてしてしまいました。夜11時までにはアップします。
>たか様
ほんとに戦前、戦中の日本人は覚悟が違うように思えますね。
2国の間で揺れる豊の心情をメーンにしましたが、前エントリのオオニシとの対比でもあります。
>駱駝さま
なぜかドラマのテーマソングには聞き覚えがあります。ふしぎ…
陣内孝則主演の映画もありましたが、自虐史観だそうです。
2006年12月27日 18:31
>あつしパパ様
有り難うございます。『F機関』のエピソードに含めるつもりだったのですが、独立させました。もう少し短いと想定していたら、異様な長文に…
トオリスガーリ
2006年12月27日 20:28
>現在と違い戦前の民間人でイスラム知識があっ>た人は少なかったのでは…

大物だと、大川周明ぐらいでしょうね。あと、大川に面倒見てもらってた井筒俊彦ぐらいでしょうか。
柳生すばる
2006年12月28日 21:21
「真っ赤な太陽 燃えている
 遥かな南の大空に
 轟き渡る雄叫びは
 正しい者に味方する
 ハリマオ ハリマオ
 ぼくらのハリマオ ♪」
 あ、歳が分かっちゃう・・・笑
2006年12月28日 21:56
>トオリスガーリさま
意外でしたが井筒俊彦さんは大川博士に薫陶を受けていたそうですね。しかも、堂々と大川周明の弟子であることを公言していたそうです。左翼知識人が幅を利かせていた時代に、なんとも立派です。
2006年12月28日 22:00
>柳生すばる様
柳生殿、まさか本放送を観ていたとか…「ハリマオ」は懐かしドラマの常連なので、テーマソングのサビは知っています。どこの国の設定だったかのか…
月光仮面
2012年09月14日 12:18
ハリマオは,東南アジアに住む戦前の日本人の姿を投影したものだろう。東南アジアの人々を、白人と華僑が搾取していて、日本人は現地人側についていたことがこれでよくわかる。売国マスゴミが、大東亜戦争という言葉を使わせないのは、これが理由だろ。日本は戦争に負けたが、戦争目的はおおむね達成した。
pcfkozan
2014年10月04日 10:58
薄気味悪い 戦争したがっているみたい という中学生のコメントありましたが、皆さんムキに反論なされないところが大人ですね。本人ももう少し考えられる年頃にきっと分かることでしょう。あなたを含めた今世界で一番の安全の国はこうした先達の命と献身のお陰だと。紛争
戦争を経験しない国はどこにも有りません。人間社会の業です。靖国は遠かった自分も今、少しは身近に感じています。
ミンダナオの虎とビサヤの虎 ギャングの虎もいるぜ
2016年01月08日 15:38
国民から税を吸い上げなきゃやってけない日本とこれ以上税を取られちゃやってけない俺。
日本の税率UPにアップUPした俺は全てを処分してミンダナオビサヤ諸島に新天地を求めてやってきた。
相棒は日本から連れてきた小犬の〇 
払い下げの土地を他人名義で借り店を始めたはいいが、、おいハポンここでは誰も信じちゃいけねーぞと聞かされ、これで知らねー奴が敷地内に入ってきたら何も言わずに撃てと9mm16連装のバレルとマガジンをcommanding officerが寄越した。
ここはモスリムとキリスト信者の街 言い換えれば武装集団と強盗団の街
奴らはAKとアーマライト16を駆使して日々暴れまわってる。無暗に口論など出来ない街。
余りに死傷事件が日常的だと国内ニュースにもならないから笑っちゃうぜ
こんなバレルでAKやアーマライトと対抗しようなんて全くやれやれだ。
選挙が近いからまた派手にやらかすんだろうな。そのうち日本でもニュースが流れるから愉しみにしててくれ。

オマエはこんなトコになぜいるんだって?そりゃぁ、、、日本の虎だからさ




たか
2016年03月26日 19:20
知らなかった事実を読んでびっくりしました。
後半をぜひ読みたいので、よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック

  • 遠近法と神話の構造主義

    Excerpt:  構造主義・特にレヴィ=ストロースを語るには神話学と遠近法を無視できない。  遠 Weblog: Empire of the Sun太陽の帝国 racked: 2006-12-29 15:55
  • TVドラマ『怪傑ハリマオ』

    Excerpt: 子供の頃見たTV『ハリマオ』。かっこよかった!ハリマオは勝木敏之.ヒロインは近 Weblog: さんたのブログ racked: 2007-04-14 06:11
  • 「マレーの虎ハリマオ・谷豊の壮絶生涯(前編)」について

    Excerpt: 「マレーの虎ハリマオ・谷豊の壮絶生涯(前編)」について 知らなかった事実を読んでびっくりしました。 後半をぜひ読みたいので、よろしくお願いします。 Weblog: 平凡な日々 racked: 2016-03-26 19:18