復党問題で因縁の対決…中川秀直は新たなドンか

復党問題でW中川が激突した。その裏には平沼赳夫と中川秀直の因縁が見え隠れする。このところの中川幹事長には不信感を抱かざるを得ない。それは森元首相が“奥の院”から去ったことと何か関係があるのではないか?
画像

郵政造反組の復党には、シナリオが用意されていると考えていた。それは高支持率を誇りながら、任期通り勇退した小泉前首相の決断に絡むものだ。

想像していたシナリオ…

☆郵政解散を決断する際に、小泉首相(当時)は、党内の反発を緩和するために「選挙で負けたら即辞任、しかし、勝っても任期で勇退」と執行部に明言。

☆総選挙は大勝したが、直後に、小泉首相は党規約を守り来9月に勇退すると表明。

☆後継総裁の決定後、2006年内に造反組の復帰。

つまり、小泉勇退は造反組復党のためだった…

このシナリオ通りならば、党内の復党手続きには何ら障害がないはずだったのだが、現実は違ったようだ。

【中川幹事長はトウ小平?】

復党問題の責任者である中川秀直幹事長は10月末に「踏み絵を踏んでもらう」という強硬な発言をして物議を醸す。

その後、水面下での調整が進んでいたようだが、当初設定した期限ギリギリになって復党組代表の平沼赳夫元経産相が強く反発し始める。

手打ち会談が開かれる前日、平沼元経産相はこう語っていた。

「私も国会議員なので、多数決で決まった郵政民営化の法律は認めなければならない。しかし、やり方には無理があった。踏み絵にすることには納得がいかない」
画像

平行線のまま翌22日夕方に国会内で平沼・中川会談が行われた。時間は僅か25分程度だったという。

結果は決裂だ。

中川秀直幹事長は「反党行為の自己批判」「安倍政権公約順守の誓約書提出」を要求。

平沼元経産相は厳しい復党条件を呑まず、回答を留保した。

ここまでは充分あり得る展開だった…しかし

翌23日、中川昭一政調会長が突然、中川幹事長を指弾する。
画像

「われわれの同士、一緒になってやろうじゃありませんか。なんか総括しろとか、反省しろというと、なんか天安門事件を思い出すんですけども。政治には、最後には情ってもんがあるだろうと」

この発言は中川幹事長の「平沼先生も信念の政治家と敬意を払っているが、わが党も信念を通さなくてはいけない」という発言を受けたのもだった。

なぜ中川政調会長が「天安門事件」を引き合いに出したのか…キーワードは“復帰”と“ 信念”だ。

天安門事件後、トウ小平は反旗を翻した趙紫陽元総書記に手紙を送ったとされる。

「事件で武力弾圧に反対した罪を認めるなら復帰を許す」

対して趙紫陽はこう突っぱねる。

「反対は信念に基づいたものだ」

中川政調会長がこのエピソードを流用したことは明らかだろう。秀直幹事長にトウ小平の影を重ねたのだ。

痛烈な皮肉である。

【平沼・秀直の因縁対決】

中川政調会長と平沼赳夫元経産相は思想信条が近いばかりではなく、平沼が昭一の父・中川一郎の秘書を一時務めるなど深い関係があった。

さらに98年の三塚派のお家騒動も絡んでいる。自民右派の合従連衡だ。

三塚派とは森派を経た現・町村派である。

少しややこしくなるが自民党右派の流れを見るうえで重要だ。

自民党右派にはかつて中曽根派と安倍晋太郎派(清和会)という2大勢力があった。この2グループが98年に複雑に交錯する。

安倍派を継承した三塚派では森喜朗グループと亀井静香グループの対立が先鋭化。

総裁選で小泉を推す森グループに反発し、98年9月に亀井グループが派閥を飛び出す。この時、平沼赳夫と中川昭一も清和会に別れを告げて亀井に同調する。

一方の中曽根派を継承した渡辺派も分裂する。山崎拓が若手を率いて独立し、山崎派を結成。派閥のドンだった中曽根康弘らベテラン議員は亀井グループと合流。99年3月に「志帥会」が結成された。

「志帥会」は少し前までは江藤・亀井派と呼ばれていたが、今は伊吹派だ。これによって確信的保守の中川昭一が伊吹文明の下にいるのだ。

ややこしいが、22日の平沼・秀直会談と23日のW中川対決には、98年からの因縁が色濃く反映されているように見えた。
画像

平沼赳夫も抗争がなければ、森派の重鎮となっていたはずだが、その座には今、中川秀直が就いている。

胸中、複雑であろう。

98年の分裂で森喜朗に付いた中川秀直が党の大番頭となり、かたや平沼赳夫は衆院の無所属席に収まって質問の機会さえない。残酷なものだ。

【キングメーカーの余生】

衆議院会館の自室に堂々と御真影を飾り、右翼議員のレッテルを貼られていた男がいた。森喜朗である。

小渕総理の急逝を受けて、森首相が誕生した時、朝日新聞を中心にした反日マスコミは強い警戒感を抱き、なり振り構わぬバッシングを始めた。

森喜朗=シンキロウ=蜃気楼

などは序の口でTVのコメンテーターは公共の電波で首相を「サメの脳」と笑い、裏口入学説も流布された。

更に、今となっては何が問題なのか判らない「神の国」発言では創価学会と組んで「政教分離に反する」と大合唱。支持率はヒト桁台に突入して無惨に下野した。

保守層の期待も裏切り、その後の小泉政権下でも森元首相は怪しい動きを続けた。

それでも最近11月21日から3年ぶりに台湾を訪問し、勲章を授与される姿は堂々としていた。
画像

どこか吹っ切れた印象だ。

自民党に台湾派と呼ばれるグループが存在することを中共に見せつけた格好だ。森喜朗の首相としての功績は、外務省の猛反発をねじ伏せ、政権末期に李登輝前総統の入国ヴィザを発給させたことだ。

根っからの親台湾派であった森喜朗は、キングメーカーとして権勢を振るったいた頃は、爪を隠していたようだ。
画像

そこに自民中枢と中共政権との不可解な関係が垣間見える。有形無形の利権が、自民の大物議員を北京に接近させると想像するが、実態は不明だ。

あくまで推論だが、院政を敷いていた頃の森元首相もその磁力に身を任せていた…それが吹っ切れたのは簡単な理由かも知れない。

何かを譲り渡したのだ。

誰に?

中川幹事長へである。

【派閥会長を棄てた理由は何か?】

先月、森派は町村派に名称を変えた。清和会の会長に町村元外相が就任したことで、便宜的にそう呼ぶのだが、実質的なドンは中川秀直である。

森元首相は10月30日の産經新聞とのインタビューでこう答えている。

「私がいつまでも会長を続けたら、ますます私への依存度が強くなり、次の後継者が育たない。で、引き際を見計らっていたら、中川秀直氏が幹事長になった。では町村氏をマウンドで投げさせようと。エースになるかは彼次第だ。みんなの評価と本人の自覚。中川氏が帰ってきたら、今度は町村氏が執行部などに出ればいい」

中川秀直への派閥継承は約束されているようだ。

まず、森元首相がキングメーカーのポジションを放棄した理由が判然としない。

これまで田中角栄、金丸信、竹下登という平河の“奥の院”で総理総裁を操った人物は、3人とも悲惨な末路を辿った。それは自民党が抱えるダークな部分と無関係ではなかったはずだ。

森元首相は何かを怖れて権力を手放したように見えてならない。その何かが単純にゼネコンなど巨大企業との癒着構造であれば、とっくに暴露されているだろう。

別の形だ。国税当局が踏み込めないカネの流れではないか。

また推論に推論を重ねることになるが、自民党に巨大な闇の利権構造があれば、それは「自民の裏表を知り尽くした男」小沢一郎が知らないはずがない。金丸信と一緒に暗躍し、海部時代は「影の総理」の異名を持った男だ。

恐るべきシナリオは、小沢一郎と中川秀直が裏で手を結ぶケースだ。もし、小沢と秀直が結託したら、国会を自在に操れるだろう。

現在、自民党の国対委員長には最も信用ならない二階俊博が就いている。マスコミは二階を「小沢の宿敵」と評しているが果たして、そうか?

教育基本法を巡っては審議拒否で民主党は大失点を犯した。

しかし、週明けに始まった審議を見る限り、与党の国会運営は野党に大幅譲歩している。

民主党の高木国対委員長の求めに応じて短時間だったが、月曜日には衆院特別委での審議まで行われた。法案が可決成立し、参院に送られた後での衆院特別委開催は異例中の異例である。

急に静かになっているのは民主党だけでなく、自民党も同じだ。大攻勢をかけるチャンスをみすみす逃している。

いま国会で何が起きているのか、慎重に見届ける必要がある。

復党問題に耳目を奪われている場合ではないようだ。

        〆
ランキングに参加しました
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

@隼人正
2006年11月25日 03:40
非常に深い考察、興味深く読ませていただきました。
平成退屈男
2006年11月25日 05:13
森から中川秀直への派閥継承までは、読めていた。が、その裏にある森の「何か」、秀直と小沢の結託までは考えてもいなかった。最近の秀直の言動の怪しさから見て、大いにあり得る推論だ。
安倍総理総裁、人事面ではチト不安が残る。
マルコおいちゃん
2006年11月25日 07:21
あれれ?イザ版とはかなり違った後半ですね。でも小沢、中川秀直、2Fの結託は実際ありそうで警戒が必要です。まあ、総理総裁はわかってらっしゃることととは愚察しますが。
でも森氏は台湾でいったい何をしてきたのかホントに興味深々です。まあ見ててみましょう、そのうち分かるでしょう。
北の国から
2006年11月25日 10:14
中川幹事長は官房長官時代(2000年)に不倫・覚せい剤使用疑惑・捜査情報漏洩疑惑、暴力団系右翼との交際疑惑で官房長官を辞任してるんですね。また在日の安本とゆう金持ちとも懇意にしてるみたいで、自分としては平沼氏より中川幹事長のほうが自民党からでって行ってほしいくらいです。
アネモネ
2006年11月25日 14:54
>@隼人正さま
いらっしゃいませ。
今回も推論をもとに愚考してみました。自民の権力継承はいつも不透明でマスコミも殆ど憶測を流しませんから、難しいです。
アネモネ
2006年11月25日 14:59
>平成退屈男さま
秀直の幹事長就任を安倍首相が嫌がってたとも伝えられますが、2人の関係がよく見えてきません。
微妙な力関係にあるのは確実ですが、今は党運営で実力が試されている感じですね。もう少し成り行きを見守ります。
アネモネ
2006年11月25日 15:03
>マルコおいちゃん
森元首相が台湾でどんな発言をしたのか知りたいですね。相次いで要人にも会っているようなので、反中的なコメントのひとつも聞きたいのですが、マスコミでは全然報じられない…
アネモネ
2006年11月25日 15:07
>北の国から様
確かに秀直幹事長は以前からキケンな部分との折衝を受け持って来たようです。
鈴木宗男も同じでしたが、離党後もそうしたダークサイドには完全沈黙しています。不思議…
平沼元経産相が秀直のポジションにいたら良かったのに…というのが率直な感想です。自民党のシステムには修復不可能の欠陥があるように思えます。
梅昆布茶
2006年11月25日 15:28
いつも読ませて頂いてます。

安倍首相の若さが弱点なんでしょうね、やっぱり。森氏の意向に逆らえずの中川(秀)幹事長起用という印象でしたし。中川幹事長って帰化人との噂もある、自民右派にまで入り込んだ朝鮮人勢力の危険分子だと認識しています。・・・ところで、trackbackに典型的な極左が湧いてますな。
horibble
2006年11月25日 23:40
今は、小泉時代よりも政府と党が乖離している状態ですね。
ただ以前は幹事長は武部氏で小泉首相と見解が一致していたためなんとかまとまっていたが、現在はその面では明らかに異なります。

中川幹事長は元々左巻きであるが故のここ最近の行動だと思っていましたが、いわれているような密約があれば一大事ですね。
まさかとは思うのですが、ここ最近のマスコミへの登場回数などみても何かいやーな感じがしていたのでありえる話かも・・・


アネモネ
2006年11月26日 02:49
>梅昆布茶さま
ご支援、ありがとうございます。
党三役人事では安倍総裁の意向と一部反する結果になったとも言われますが、さて、3人の中の誰だったのか…
秀直幹事長が表面で暴れている分にはまだ国民の眼も届きますが、裏作業まで監視できないのが残念。
注意喚起、恐れ入ります。余りに分かり易いエロTBには触れぬよう、お願い致します。
アネモネ
2006年11月26日 02:55
>horibbleさま
今エントリの一部はあくまで推論なのですが、嫌な感じがしているのです。「偉大なるイエスマン」などと言われても武部勤の方が透明性のある党運営をしていました。
与党幹事長こそ絶大な権力を持っていますので、甘い見方は禁物と自戒しています。
特に税制面で寝技をかけてきそうに思えるので、今よりも年明けの国会が注目でしょう。
平成退屈男
2006年11月30日 20:40
ごあいさつ。
先般、貴殿のこのブログを引用させていただき、さる御仁と若干の応酬をしました。その御仁が、当事者でない人に、私への恨み・つらみを残してizaを退会したようです。
このまま私が続けていても、“唇寒し”になるだけです。よって、私もやめることにしました。

貴殿のブログに出会えて幸いでした。人生の中で最高の師に出会えた気分です。これからもランキングボタンを押しながら、勉強させていただきますので、よろしく。ありがとうございました。ますますのご活躍をお祈り申しあげます。気が向いたら名前を変えて出直します。
アネモネ
2006年11月30日 21:47
>平成退屈男さま
いや…なんとお淋しい。あの論争を気にしていましたが、そのような結果になってしまったのですか。今までのエントリがもったいないです。
気が向いたらなどと仰らずに、明日にでも新規ネームで再び参戦して下さい。おいちゃんも応援してくれるとお思います。是非是非、ご考慮願います。イザが寂しくなります。イザに限らなくても微力ながら支援させて頂きます!
平成退屈男
2006年12月02日 00:29
暖かいお言葉ありがとうございます。このたびは、私なりに思うところあって決断しました。どうかお察しのほどを。
私のために書いて下さったおいちゃんとtorisanのizaも拝見しました。
字数制限のため、私の気持を次のコメント欄に記します。
つきましては、貴殿から、それを、お二人のエントリに書きこんで頂きたく伏してお願い申し上げます。旧名でなく、“名無しの権兵衛”からの伝言としてお伝え願えれば幸いです。
平成退屈男
2006年12月02日 00:30
iza友の皆様へ。
おいちゃん、ひよちゃまには、私のためにわざわざ貴重なページをお使い下さいまして恐縮しております。またiza友の皆様からの暖かいお言葉の数々、有難うございます。厚意謝するに余りあり。ただただ感激しております。

この度、思うところあって退会致しました。
「帰って来い」との暖かいお言葉ですが、拙いながら思いの丈を綴ったエントリーを、「退会ボタン」をワンクリックするだけで一瞬のうちに消去した私の気持をもお察しいただきとう存じます。
これからはゲストとして皆様のブログを拝見させて頂きます。
ひろさま、「女を泣かせるのは日本男子ではない」なんて仰っちゃいけません…こっちが泣けちゃうじゃありませんか。
ひよちゃまも、早くいつものエントリーを!!私の毎日の楽しみを減らさないで、お願い!!
平成18年12月2日00時30分 ~名無しの権兵衛より~
アネモネ
2006年12月02日 00:46
>平成退屈男さま
了解したしました。
さっそくひよさま&おいちゃんの最新エントリにコピペします。
ただ、本当に復活して頂きたいとの思いは変わっていません。
隠居氏も復活しているなど状況は刻々変化しています。決意の程は充分理解したつもりですので、どうか再考なさってください!
ごんべえ
2006年12月02日 01:22
拝見しました。早速転載していただき厚くお礼申し上げます。

ランキング上昇中、敬礼!!