東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS オスプレイが好き!…反日勢力が怖れる猛禽類

<<   作成日時 : 2013/06/30 02:38   >>

ナイス ブログ気持玉 85 / トラックバック 8 / コメント 9

MV-22が海自護衛艦への歴史的着艦を果たした。島国を守り抜く為に欠かせない水陸両用作戦。ドーン・ブリッツが始まった日、安倍首相はオスプレイ自衛隊導入の提言を受け入れた。
画像

「上総国に至りて海路より淡水門を渡りたまふ。この時に、覚賀鳥(かくかのとり)の声聞ゆ。その鳥の形を見さむと欲して、尋ねて海の中に出ます。よりて白蛤を得たまふ」

『日本書紀』に綴られた第12代景行天皇ご巡幸のエピソードだ。ここに登場する「覚賀鳥」とは今でいうミサゴのことである。魚鷹の異名を持つ猛禽類で、広く列島各地に分布する。

このミサゴの英語名がオスプレイ。日本書紀と一直線で結ばれるのが面白い。
▼オスプレイ(準飛行形態)
画像

景行天皇は、記紀を彩る我が国の英雄・日本武尊の父君である。若くして薨去された日本武尊を偲び、平定した東国を行幸された折に、ミサゴの啼き声を聴かれ、その姿を一目見たいと願われた。

現代風に超訳すれば、MV-22Bの意外に静かなローター音を耳にして複雑変形する特徴的な機体をじっくり観察しようと近寄られた…といった感覚だ。異論は認める。
▼夜間飛行中のMV-22オスプレイ
画像

しかも、オスプレイを追われた景行天皇は、直後にお宝アイテムをゲットされたりとラッキー展開に繋がる。ともあれ、日本書紀の中にオスプレイが登場していたことは、何やら予言めいていて興味深い。

「歴史的に価値のあることだった。すばらしい訓練だった」

米海兵隊のエイモス司令官は6月26日、そう絶賛してやまなかった。ドーン・ブリッツ2013でMV-22Bオスプレイが海自護衛艦に初着艦したことを極めて高く評価したのだ。
▼飛来したオスプレイ6月14日(産経)
画像

いよいよ日本人が21世紀版の覚賀鳥を飼い馴らすことも現実味を帯びてきた。

【ひゅうがMV-22B格納せり】

陸海空3自衛隊が初参加して米カリフォルニア州で繰り広げられたドーン・ブリッツ2013。本格的な統合訓練が続く中、6月14日、歴史的な瞬間が訪れた。
▼ひゅうがに着艦するMV-22B(産経)
画像

米海軍基地から出港し、サンディエゴ沖に展開する海自護衛艦「ひゅうが」。その上空に3機編隊のMV-22Bオスプレイが舞った。まず、そのうちの1機がゆっくりと高度を下げる。

誘導するのは「ひゅうが」に乗り組む海自隊員。風圧に耐えながらパドルを振る姿は訓練そのままだが、MV-22Bは指定ポイントに難なく到着。初めてとは思えないマーシャリングだった。



注目は、着艦で耐熱ローラーが使用されなかったことだ。平成19年夏、第1次安倍政権末期に進水した「ひゅうが」は、甲板の強度も高く、デフォルトでオスプレイが着艦できることが判った。
▼ひゅうがに着艦したMV-22B(産経)
画像

そして、オスプレイ最大の特徴である両翼の可動式エンジン・ナセルが角度を変える。この変形で驚くのは早い。さらに、両翼が90度回転し、1基のナセルはコクピットを覆う形になる。

飛行形態とまるで印象が異なるこの複雑変形が、もう堪らない。日本人は世界でも稀なロボット好き民族と言われるが、合体とかではなく、巨大変形ロボにグッと来る世代もいるのだ。理屈ではない。
■「しもきた」「ひゅうが」着艦公式映像


変形が完了したMV-22Bは、少し前進。そこに「ひゅうが」の格納エレベーターがある。果たして入るのか…機能別訓練時に米海兵隊員がメジャーを持っていたのが、かなり気になる。

日米メディア公開の着艦で、計測ミスから格納できないという事態はあり得なかったが、スペース的にかなりギリギリだった。ピッタリと表現することも出来るだろう。
▼格納されるMV-22B(産経)
画像

写真の左端にいる米海兵隊員2人は、プロペラ部分の出っ張りを不安そうに見上げてたりもする。海自側の計測はミリ単位で完璧だ。その辺は信用して頂きたい。
▼格納庫内のMV-22B(産経)
画像

格納スペースは広く、整備に充分な空間が確保されている。オスプレイの為にあるような格納庫だ。「ひゅうが」こそ母艦に相応しい。

【反日勢力が怖れる猛禽類】

反日伝書鳩ルーピーの暴走で、日米2プラス2で合意した普天間基地の辺野古移設V字滑走路案が宙に浮いたのが、平成21年暮れだった。あのトラスト・ミー事件である。
▼英テムズ川上空のオスプレイ2006年
画像

その頃から一部のメディアは、オスプレイ反対の動きを伝えていた。当初、問題にしていたのは騒音だったが、やがて「事故多発」というデタラメの反対理由に一本化されいった。

メッセージを単純化するのが政治運動である。反オスプレイの動きは、代々木と社民党が中心になって牽引。全国の各労組が指示通り、普天間移設に絡めてオスプレイ叩きに熱を上げ始める。
▼ビッグベン上空のオスプレイ2006年
画像

そこに、官邸前を占拠する北朝鮮の核支持デモ集団などが場違いなオスプレイ反対を絶叫。国内の反日勢力が一斉に呼応し、米軍の新型輸送機など興味も知識もないメディアが呑み込まれていった。

初期の段階で中共がどのように関わったのか、定かではない。しかし、尖閣諸島をすっぽり包む飛行範囲に強い警戒感と嫌悪感を抱いていたことは明らかだ。
▼行動半径は約600`
画像

また岩国基地を基点にした行動半径は、北朝鮮南部や島根県の竹島をカバーする。反日勢力揃い踏みである。中共のみならず、特ア三国にとってオスプレイは邪魔な存在なのだ。

そうした反日勢力に加担したのが、民主党政権だった。昨年7月、野田佳彦は、プロパガンダに過ぎない「事故多発」を政府として真に受け、米軍の運用方針に異例の横槍を入れた。

「安全性の再確認ができなければ飛行運用することはない」
▼米空軍に導入されたCV-22(AFP)
画像

国防を担う責任感があれば、正確な事故率を紹介し、国民の不安を払拭するのが筋だ。「未亡人製造機」とかいうウソの代名詞は、反日勢力が情報戦の一環として用いたものに過ぎない。

19人が犠牲になったアクシデントは10年以上前の初期段階だった。10万飛行時間当たりの大事故件数を現す事故率は「1.93」で、米海兵隊の他の航空機の「2.45」を大幅に下回る。



実際の事故率を隠す反日メディアは、国内初飛行の模様を中継するなど異常報道を続けている。だが、そんな映像を眺めて、新たなオスプレイ好きが誕生したりするから皮肉なものだ。

【島国に欠かせない海兵隊的機能】

安倍首相は6月11日政府の新たな「防衛計画の大綱」策定に向けた自民党の提言を受け入れた。奇しくもドーン・ブリッツ2013の統合訓練がスタートした日と同じだった。

この自民党の安保部会・国防部会がまとめた提言にはオスプレイの自衛隊導入が盛り込まれている。島嶼防衛には機動力の強化が欠かせないと判断したのだ。
▼提言受ける安倍首相6月11日(産経)
画像

「海洋からの強襲着上陸による島嶼奪回等を可能とするため、自衛隊に『海兵隊的機能』を付与する。具体的には、高い防護性能を有する水陸両用車や、長距離を迅速に移動する 機動性能を有するティルトローター機(オスプレイ等)を装備する水陸両用部隊を新編する」

参照: 自民党HP6月4日『新「防衛計画の大綱」策定に係る提言』PDF
▼ひゅうが格納庫内のMV-22B(DVIDS)
画像

この提言にある「海兵隊的機能・水陸両用部隊の新編」が、そのままドーン・ブリッツの訓練に一致する。オスプレイの歴史的な着艦は、水陸両用作戦の一幕だった。

精鋭部隊・WAiR(西普連=西部方面普通科連隊)の勇姿は、部隊の性格上、取材向けの映像では僅かしか拝めなかった。一方、 旭日旗が美しいLCACの上陸シーンは迫力満点で感動的だ。
▼上陸する海自のLCAC6月24日(産経)
画像

6月24日、サンクレメンテ島沖の海自輸送艦「しもきた」から発進したLCAC(エアクッション型揚陸艇)がビーチに上陸。乗り組んでいた陸自部隊が続々と島の奥地に向った。



一部しか取材は許されなかったが、ドーン・ブリッツの期間中、これが最大規模の上陸訓練だったという。また、日米のLCACが並ぶかたちで上陸訓練を行なったのは、これが初めてだ。
▼上陸訓練する陸自部隊6月17日(読売)
画像

海に囲まれ、膨大な数の島を抱える我が国にとって、海兵隊機能を持った新部隊の編成こそ急がれる。こうした水陸両用作戦の訓練は遅過ぎたとも言えるだろう。

部隊の運用は尖閣防衛だけに留まらない。島国には元から必要不可欠な組織だったのだ。自衛隊の総合能力を奪う手枷足枷は、国軍化によって解かれる。
▼ひゅうが甲板に翻る旭日旗6月14日(DVIDS)
画像

近い将来、そのシンボルとしてオスプレイは誇り高く舞え。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考記事:
■産経フォト6月15日『「歴史的着艦」 海自艦でオスプレイ訓練 サンディエゴ沖』
■読売新聞6月15日『オスプレイ、海自護衛艦「ひゅうが」に初の着艦』
■産経新聞6月27日『オスプレイが海自艦で離発着訓練 「歴史的」と米海兵隊トップ』
■読売新聞6月18日『敵から離島奪還の想定…自衛隊・米軍が共同訓練』

■産経新聞6月11日『敵基地攻撃能力の検討 自民が首相に提言』
■ZAKZAK6月25日『自民提言の新防衛大綱 画期的でも二律背反懸念』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 85
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
701年(大宝元年)の大宝律令によって正式な宮中の年中行事に定められた 6月30日 夏越の大祓 
今日は何の日 701年(大宝元年)の大宝律令によって正式な宮中の年中行事に定められた 6月30日 夏越の大祓  ...続きを見る
草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
2013/06/30 07:11
[防衛]日比防衛相会談。自衛隊の比軍基地使用も検討
日比防衛相会談。自衛隊の比軍基地使用も検討 ...続きを見る
草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
2013/06/30 18:35
そこまで言って委員会 安倍総理登場
本日の「そこまで言って委員会」に、安倍晋三総理が登場した。 ...続きを見る
風林火山
2013/07/01 00:40
1871年(明治4年5月14日) - 明治政府が神道を国家の宗祀と定める。
今日は何の日 7月1日 1871年(明治4年5月14日) - 明治政府が神道を国家の宗祀と定める。 ...続きを見る
草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
2013/07/01 06:48
オスプレイ、海自護衛艦「ひゅうが」に初の着艦
オスプレイが、海上自衛隊の「ひゅうが」に初めて着艦しました。歴史的瞬間です。先の日米戦で、先代の航空戦艦「日向」は、アメリカ空軍の猛爆を受けて呉軍港外で大破着底して、その生涯を終えました。名前を受け継いだ海上自衛隊の「空母の様な形をした大型護衛艦」(by犬HK)ひゅうがに、アメリカ軍の軍用機(輸送機)オスプレイが、今回初めて着艦しました。ネット上で指摘されていた通り、ひゅうがの昇降エレベーターには、オスプレイはぴったり収まりました。ひゅうが型護衛艦+オスプレイが適正に運用されれば、尖閣諸島... ...続きを見る
きらやまと・さらいにこ
2013/07/01 20:51
オスプレイ、 海自の護衛艦に着艦訓練へ…中国側は反発、中止申し入れ[6/11]
米中首脳会談が、カリフォルニア州で成功裏に終わりました。が、今度は同じカルフォルニア州で、日米合同の離島防衛訓練が始まりました。 日本の陸・海・空の三自衛隊が参加した本格的な訓練です。それに合わせて、アメリカ軍輸送機オスプレイの、日本の護衛艦への発着艦訓練も予定されているとの事です。護衛艦にオスプレイが降りられるのか?と、ちょっと驚きます。が、それが可能ならば、日米双方にとってとてもメリットがある筈です。いざと成れば、米軍基地もしくはアメリカ海軍艦船から発進したオスプレイが、護衛艦で補給・... ...続きを見る
きらやまと・さらいにこ
2013/07/01 20:51
リアル「北斗の拳」 in 新宿 〜ゴロツキはモヒカンを呼ぶ
わしが反日ハンター・神功 正毅ぢゃ。 往復400Kmの長旅をした翌日でゆっくり休みたかったところぢゃが、 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現/モヒカン登場!在日外国人犯罪者追放デモin新大久保・有田「奴らを包囲する」→警察に囲まれる http://deliciou… ...続きを見る
反日ハンター seesaa猟友会
2013/07/01 21:20
louis vuitton outlet
オスプレイが好き!…反日勢力が怖れる猛禽類 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Siz burada m?lumat bil?rsiniz ?laq?li m?qal?l?r gorm?k ist?yirsinizs? Bu madd? Lakin, d?qiq yaz?lm??:louis vuitton outlet,http://www.fortsask.ca/fortsask/lv.aspx ...続きを見る
louis vuitton outlet
2013/11/09 22:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
アネモネさん
お早うございます、最初の行から胸わくわくで読みました。内容が深くて豊富、そしてロマンを感じるアネモネさんのブログ大好きです。
読者
2013/06/30 08:20
日本書紀とオスプレイ、大変勉強になりました。

「メッセージを単純化するのが政治運動である」とのご指摘に同意します。すべからく複雑錯綜して出来上がっている社会工学的事象を極端に単純化して大衆を煽動するのが左翼の常道。「未亡人製造器」などがその典型例でしょう。
左巻きの智恵遅れの悪企みをよそ目に安倍政権は7月にオスプレイ12機を追加配備するとのこと。「民主党政権が続いていたならば」と思うと…。
いずれにしても、左巻きがシャカリキになって反対する政策を進めることこそが日本再生のための一番の近道であるに違いありません。
自衛隊の国軍化・オスプレイの誇り高き飛行を一日も早く実現するためにも安倍政権が参院選で快勝されんことを!!
風来坊
2013/06/30 09:39
日本書紀とオスプレイとはなるほど、日本にとっては2600年の時空を飛び越えて現代に羽ばたいて来た感動的瞬間と言ったところでしょうか。
正に感涙ものです。



我理礼於
2013/06/30 20:46
ひゅうがの格納庫にきちんとオスプレイが収まるとは。見事ですね。日本上空を飛ぶオスプレイの勇姿を早く見たいものです。アメリカからの空母購入も急がなくてはいけませんね。
yosinaripon
2013/06/30 20:59
>読者さま
こんばんは。ありがとうございます。冒頭で古文引用するのは、けっこうな冒険だったんですけど、安心しました。レベルの高い読者様方にこそ感謝です。

>風来坊さま
反対運動の経緯とか背景とか謎部分が多いんですが、連中が猛反対するのには、それだけの理由があるのかと。その逆宣伝で、オスプレイの先進性を教えてもらう結果になりました。
アネモネ
2013/07/01 00:24
>我理礼於さま
オスプレイに遭遇された土地が、当時の新たな平定エリアだったのが面白く、沖縄という場所柄にも重なるような。民族神話の物語を超える部分に出会ったようにも思えます。

>yosinariponさま
格納のピッタリ感が素晴らしかった。甲板が開いて発進するシーンも見てみたい。数年後には、災害救助でオスプレイが派遣されるのも普通になっていると期待しています。
アネモネ
2013/07/01 00:25
「ひゅうが」とオスプレイ、よいコンビです♪
尖閣防衛ならこれで充分ですが、しかし来年度完成就役予定の22DDHにはおそらくF-35Bがお似合いです♪これで張子の虎の「遼寧」とはちがう実戦力のある軽空母がいよいよわが軍に登場です。STOVL機用の耐熱甲板が22DDHには搭載されていますように、そして海自には是が非でもF-35Bの導入が待たれます。
丸山光三
2013/07/01 06:14
>『日本書紀』に綴られた第12代景行天皇ご巡幸のエピソードだ。ここに登場する「覚賀鳥」とは今でいうミサゴのことである。魚鷹の異名を持つ猛禽類で、広く列島各地に分布する。

このミサゴの英語名がオスプレイ。日本書紀と一直線で結ばれるのが面白い。

(引用終わり)

何と言う格調の高さ。東アジア黙示録の真骨頂。正に、ブログ主の教養の高さをまざまざと知らしめます。

ところで・・・、

米軍オスプレイには、隠された任務があると、私は予想します。表向きは、尖閣諸島の島嶼防衛。中共は、正に此処に金切り声を上げて反対を叫んでいる訳です。その象徴が、犬HK。

が、実際は、来るべき在韓米軍撤収戦に於ける在韓米国人搬出機に相違ないと想像しています。オスプレイのもう一つの本拠地岩国が、その証左です。

朝鮮半島まで、一直線。

米軍が戦時作戦統制権を韓国にお返しするのが2015年。事実上米韓同盟解消の期日です。

それまでは、朝鮮半島は見かけ上穏やかでなくてはなりません。

日本もそれまでは、韓国人に対して我慢の一文字です。

と、私は想像しています。この辺りが、私の真骨頂でもありますw。

稚拙ながら、私のオスプレイ関連エントリをTBさせて頂きます。
神谷晃良
2013/07/01 20:49
アメリカ一辺倒のクソ売国奴どもが
!ほざくな!
あほ
2013/08/05 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

オスプレイが好き!…反日勢力が怖れる猛禽類 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる