アクセスカウンタ

東アジア黙示録  

プロフィール

ブログ名
東アジア黙示録  
ブログ紹介
反日ファシズムを迎撃するコラム
はんにち-ふぁしずむ【 反日ファシズム】
冷戦構造崩壊後も東アジア地域で旧来の枠組を保持しようとする全体主義。左翼思想を偽装し、中共・北鮮などを擁護、日本叩きを行なう特異なイデオロギー。欧米のリベラルと
は著しい違いを示す。
banner1画像

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
波紋呼ぶ「死ね」全面解禁…憐れ団塊用語のクソ知識
波紋呼ぶ「死ね」全面解禁…憐れ団塊用語のクソ知識 年末の黒い風物詩“流行語大賞”の延焼が止まらない。各種WebサイトでNGワード指定される「死ね」のメディア一斉解禁。選考委員には、現代社会を読み解く基礎知識が欠けていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 5 / コメント 1

2016/12/06 00:43
万年属国・南鮮が招く戦雲…辞任拒絶クネの怪気炎
万年属国・南鮮が招く戦雲…辞任拒絶クネの怪気炎 北の暴君、南の呪術師…名君も知将も決して生まれない永遠の属国・朝鮮。情勢は20世紀初頭と酷似する。冊封体制から逃れ、半島国家が自立を気取る時、再び北東アジアに戦雲がたなびく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 5 / コメント 1

2016/12/02 00:47
米慰安婦バブル崩壊の叫喚…捏造決戦を嗤う“呪いの像”
米慰安婦バブル崩壊の叫喚…捏造決戦を嗤う“呪いの像” 米上陸第1号の捏造碑が倒れ、天敵ホンダも倒された。クネ絶体絶命で合意白紙が現実味を帯びる中、ユネスコ慰安婦決戦で敵陣営の致命的なミスが見付かった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 69 / トラックバック 19 / コメント 2

2016/11/18 21:19
トランプが発見した新大陸…星条旗燃やす反対派の正体
トランプが発見した新大陸…星条旗燃やす反対派の正体 トランプ快勝は既存メディア完敗の大惨事を呼び込んだ。一方、クリントン支持者の凶暴な素性を知る識者の予想は的中。米国分断の危機を叫んでいた“反差別集団”は公然と星条旗を燃やし始めた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 90 / トラックバック 15 / コメント 7

2016/11/11 20:00
クネが取り憑いた呪術師…亡国と反日の閔妃2世
クネが取り憑いた呪術師…亡国と反日の閔妃2世 パク・クネが政権運営で頼ったのは、怪しいシャーマンだった。かつて宮廷に陣取り、国の運命を握った朝鮮呪術師・巫堂。閔妃2世もまた半島国家を滅亡の淵に追いやるのか… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 69 / トラックバック 16 / コメント 2

2016/11/03 01:34
沖縄・高江在日騒乱の腐臭…破壊活動を煽動するTBS
沖縄・高江在日騒乱の腐臭…破壊活動を煽動するTBS 相次いで逮捕されたのは在日活動家だった。有田しばき隊の犯罪者と共闘を誓ったTBS報道局の実力者。そして高江騒乱を主導する最高幹部の実名はパク・ホンギュと判明した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 84 / トラックバック 10 / コメント 2

2016/10/29 01:47
謝蓮舫が震える断崖絶壁…産地偽装女の国防弱体化工作
謝蓮舫が震える断崖絶壁…産地偽装女の国防弱体化工作 嘘を嘘で塗り固めた挙句、国籍選択宣言をガン無視していた事実が判明。謝蓮舫は謎の公文書で「合法」のお墨付きを得たと居直る。だが、民進党代表の国籍法違反は過去最悪・最凶の事例だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 74 / トラックバック 15 / コメント 5

2016/10/19 22:48
倒れた捏造慰安婦が動き出す…運命決めるユネスコ決戦
倒れた捏造慰安婦が動き出す…運命決めるユネスコ決戦 挺対協との直接対決を避けたクネ政権は、再ボーナス支給でも見切り発車。大声で喚く洋公主軍団の特殊性が浮き彫りになる中、捏造派は決戦の舞台をパリに定め、逆転復活を狙う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 3 / コメント 1

2016/10/17 21:04
リェファン民進党の命日…波乱を招く“二重国籍国会”
リェファン民進党の命日…波乱を招く“二重国籍国会” 今国会最大の焦点に二重国籍問題が浮上した。開幕直後に発覚した自民新人議員の米国籍保有。怯む声と嘆く声が交錯する中、ブーメランが最後に向かうのは謝蓮舫だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 65 / トラックバック 13 / コメント 1

2016/10/05 04:24
“空の神兵”72年後の帰郷…零戦が刻んだ日台の航跡
“空の神兵”72年後の帰郷…零戦が刻んだ日台の航跡 街を練り歩く神輿には軍刀を携えた日本兵が鎮座していた。地元の神様となって甦ったゼロ・ファイター。遠い歴史の中に眠れる英霊が“凱旋”した祖国で新しい物語を紡ぎ始めた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 9 / コメント 2

2016/09/27 20:25
吉田清治とKCIAの固い絆…消息絶った朝日捏造特派員
吉田清治とKCIAの固い絆…消息絶った朝日捏造特派員 吉田清治を操った「半島の組織」とはKCIAだった。実の息子と元刑事が明かす真実。そして衝撃スクープの先に、反日謀略を仕掛けた工作員記者の姿が浮かび上がる。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 90 / トラックバック 18 / コメント 1

2016/09/20 00:47
謝蓮舫に旅券法違反の容疑…露見した反日ネットワーク
謝蓮舫に旅券法違反の容疑…露見した反日ネットワーク 虚偽説明か虚偽申請か。二重国籍を自供した謝蓮舫に旅券法違反の容疑が浮上する。一方、在日台湾人を恐怖に陥れた法務省“新見解”。その背後に反日ネットワークの影がクッキリと現れた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 116 / トラックバック 16 / コメント 5

2016/09/14 02:03
謝蓮舫が求める悪魔の証明…防衛力削った“違法大臣”
謝蓮舫が求める悪魔の証明…防衛力削った“違法大臣” 台湾籍離脱の“証拠”は31年前の朧げな記憶だけだった。矛盾だらけの会見で墓穴を掘る謝蓮舫。自衛隊装備にメスを入れ、議員外交で北京詣で…それは今に残る日本弱体化工作の爪痕だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 89 / トラックバック 11 / コメント 9

2016/09/08 21:13
華人議員・謝蓮舫の選択…泥沼化する二重国籍疑惑
華人議員・謝蓮舫の選択…泥沼化する二重国籍疑惑 「私は華人議員として…」謝蓮舫の衝撃発言が疑惑を更に深める。二重国籍に関する回答は二転三転。最大野党の党首を目指す女は何故1枚の公文書開示を頑なに拒むのか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 81 / トラックバック 2 / コメント 6

2016/09/04 16:35
黄泉の国から来た洋公主…朝日植村“捏造魂”の禍根
黄泉の国から来た洋公主…朝日植村“捏造魂”の禍根 自称慰安婦への再ボーナスは1人1千万円也…今回も受給者の履歴は秘匿されたままだった。そして洋公主一派が受け取りを拒む中、財団の余剰金で巨大反日モニュメントが誕生する恐れが浮上した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 64 / トラックバック 10 / コメント 2

2016/08/27 00:02
八月八日玉音放送の衝撃…斯くして御聖断は下された
八月八日玉音放送の衝撃…斯くして御聖断は下された 一言一句に緊張が走った運命の10分間。斯くして下されたのは、御譲位の御聖断だった。深く係わったと見られる二度の大震災…玉音放送を受け取った日本人が果たすべき努めとは何か。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 18 / コメント 1

2016/08/13 22:43
尖閣の海を覆う海上民兵…中共海軍別働艦隊の奇襲
尖閣の海を覆う海上民兵…中共海軍別働艦隊の奇襲 南シナ海で行き場を失ったシナ海上民兵は北東に進路を取った。300隻を超える武装漁船団が尖閣諸島沿岸に展開。緊迫した状況が続く中、現場に急行するメディアはなかった… ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 64 / トラックバック 7 / コメント 0

2016/08/08 01:21
電波に溺れた電波芸者…桜井誠伝説を生んだ17日間
電波に溺れた電波芸者…桜井誠伝説を生んだ17日間 桜井候補の伝説と初の女性都知事の誕生。波乱にまみれた17日間の激闘で電波芸者は惨敗した。首位から3位への大滑落…鳥越をこんがりローストした“調理人”は意外な組織だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 109 / トラックバック 6 / コメント 3

2016/08/02 01:09
首都決戦の風雲児が往く…鳥越エンドの秒読み開始
首都決戦の風雲児が往く…鳥越エンドの秒読み開始 桜井誠候補の演説に天敵の反日記者が“乱入”した。現代日本の政治思想を牽引する若きエースとは対照的に、老醜を晒す反日サヨク。小池優勢が伝わる中、鳥越の地獄堕ちに当確ランプが灯った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 156 / トラックバック 11 / コメント 9

2016/07/26 16:57
鳥越俊太郎が担ぐ反日の墓標…お座敷で震える電波芸者
鳥越俊太郎が担ぐ反日の墓標…お座敷で震える電波芸者 10万対1の壮絶格差に高笑い。煙幕を毒ガスと捏造し、小説を史実にすり替えた報道犯罪者・鳥越俊太郎。被害女性の証言が真実で疑うことは許されない…そんな叫び声が有権者の胸をえぐる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 155 / トラックバック 9 / コメント 11

2016/07/21 04:36

続きを見る

トップへ

月別リンク

Links

東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる