テーマ:東トルキスタン

ウイグル法廷が裁く弾圧全史…“対中非難決議”の霧散無惨

加害者側だった漢族の元公安が“証言台”に立った。ロンドンで開かれたウイグル法廷が弾圧の全容を解き明かす。一方、我が国の無能で不能な国会に習近平指導部は喝采を惜しまない。 「ある少女は100人の拘束者の前で繰り返しレイプされ、目を背けた者は連れ去られました。例外はありません。全員が飢え、屈辱を受けたのです」 ロンドンで6月4日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨抜き対中非難決議の元凶…南モンゴル加勢で布陣整う

チベット・東トルキスタンに続き、南モンゴルを支援する世界初の議連が誕生した。3ヵ国の人々が連帯する極東の先進国。だが国会の人権非難決議案は“親中の虫”によって無害化された。 「私達は、かつて日本人とチベット人が自由・人権・民族自決権、そして五輪の精神を擁護し、中国の弾圧体制に対峙したこの長野の地で再び訴えます」 ▽長野市内で行わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“新疆綿”が紡ぐジェノサイド…中共侵略兵団の奴隷農場

安さの秘密はウイグル奴隷…“新疆綿”が強制労働の代名詞となった今も一部日系企業は人権問題を嘲笑う。中共侵略兵団を太らせる悪魔のコットンに誇らしい未来はない。 「第三者による監査は前向きに取り組んでいる印象だが、共産党政権下では自由な社会で行われる透明性のある検査はできない」 日本ウイグル協会のレテプ・アフメット副会長は4月8…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北京ジェノサイド五輪の挽歌…奴隷労働を踏み台にする血祭

奴隷労働の女性が仕立てたウェアで選手は喝采を浴びる…人類の狂気を孕んだ虐殺五輪。ボイコット論を嘲笑うIOCは、前回の北京大会がウイグルの悲劇を生み出した事実と向き合え。 不思議なニュース配信だった。共同通信は3月2日、日本企業12社がウイグル人強制労働問題に絡み、取引を停止する方針を固めたと報じた。短い記事で、企業名は出てこない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京ジェノサイド五輪再び…中共が狙う疫病克服の祭典

中共は「ウイルス禍克服の祭典」強奪を目論む。その中、北京ジェノサイド五輪ボイコットの波が再び打ち寄せ始めた。虐殺実行犯が催す競技会への参加に大義はあるのか。 「モンゴル語教育廃止で学生30万人が立ち上がりましたが、現在、1万人以上が拘束され、何千人もが行方不明になっています。中国政府が南モンゴルで行っていることは文化的ジェノサイド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶望監獄“暗い部屋”の真実…邪悪な人体実験疑惑も浮上

各国のウイグル支援者を震撼させた新証言の余震が止まらない。収容所の“暗い部屋”で毎夜行われる女性凌辱、拷問…そして謎のワクチン強制注射など新たに人体実験の疑いも浮上した。 「その監房に居た多くの女性が正気を失っていました」 東トルキスタンの強制収容所から生還したウイグル人女性の証言が世界に衝撃を与えた。英BBCが2月2日、被…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

“バイデン・カメラ”の捕囚…運命別つジェノサイド認定

ウイグル人を地獄に連れ去るハイテク監視網の背後に米ファーストチルドレンが居た。硬骨ポンペオ乾坤一擲のジェノサイド認定を北京バイデンが「紙屑」に変える。 「たった今、バイデン大統領の弾劾決議案を提出してきました」 共和党のマージョリー・グリーン下院議員は1月21日、投稿動画でそう報告した。グリーン議員は昨年11月の下院選挙で対…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キツネ狩りには遅すぎた…中共“密猟”工作の罠と網

狩人が狙われる側に回った。米FBIが中共の海外反体制派狩りで反転攻勢。欧州には不当拘束に加担する国、そして極東には悲劇が連鎖するアジア最大の“狩猟区”がある。 「ニューヨーク市警や米軍にまで浸透していました。この事件は、中共スパイ活動の根深さと広さについて、警鐘を鳴らすものです」 NYクイーンズ地区に本部を置くチベット人協会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年の植民地解放闘争…世界染めたResist China

合言葉はResist China。中共政権出現71年に合わせ、地球規模の抗議活動が行われた。単なる弾圧停止要求ではない。それは新たに始まったアジアの植民地解放闘争だ。 「数々の弾圧、度重なる大量虐殺、そして強制避妊・中絶手術という女性へのジェノサイド、強制労働という奴隷政策…悲劇は中国の植民地にされた日から始まり、今なお続いていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“ペンス演説砲”の命中精度…絶滅危惧種となった反共闘士

数々の警告は不幸にも香港の抗議弾圧で証明された。再び火を吹く米ペンス副大統領の中共批判演説。しかし、その意志を汲み取り、獰猛な毛沢東2世に抗う反共の闘士は現れない。 八村塁選手の鮮烈なデビューが我が国でも大きな話題となったNBAのプレシーズン・マッチ。10月9日に行われた支那チームとの対戦前、スタジアムが異様な雰囲気に包まれたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“絶望監獄”は香港を目指す…ウイグル弾圧巡るNYの熱戦

中共代表団が悪夢に魘されたNY行脚。米国は東トルキスタンの監視網潰しでも攻勢をかける。そして香港の有志はウイグル人との共闘を誓う。“絶望監獄”は遠い砂漠のフィクションではない。 不当に拘束されたウイグル人被害者の隠し撮り映像が公開された。目隠しの上、後ろ手に手錠を嵌められたウイグル人男性。頭髪も髭も剃り落とされ、気力なく中共治安部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国境を越えるウイグル人狩り…証言者が怯える非情の報復

鉄格子の扉と窓…潜入映像がウイグル強制収容所の実態を暴く。生還者の勇気ある告発が続く一方で生まれる新たな悲劇。恐るべき民族浄化の波が、周辺国にも打ち寄せる。 「ウイグルがこの世に残るかどうか、この世がウイグルを残すか。我が民族を世界に残す為に、中国共産党に対して『NO』というひと声を上げて下さい」 イリハム・マハムティさんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可視領域のシルクロード監獄…“家畜”にされた子供達

青天牙月旗と雪山獅子旗に包囲されたジュネーブのUN本部。各国の追及に中共代表は失点を重ねる。一方、都内で国際組織を旗揚げした「ウイグルの母」は新たな疑惑を投げ掛けた。 2人のトフティが監獄に消えた。1人は東大大学院でウイグル民族史を研究していた留学生のトフティ・テュニヤズさん。もう1人は北京・中央民族大のイリハム・トフティ教授だ。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ウイグル絶望監獄の鉄壁…終焉を迎えたUN人権理

連行されたウイグル人は300万人…東トルキスタンの絶望収容所に国際社会が漸く目を向けた。だが侵略国家が築いた鉄壁を崩すのはUNゴミ機関ではなく、中共幹部を標的にした制裁案だ。 黒い神通力は確実に衰えてきている。以前は、ジュネーブの国際委員会で対日非難の主張が出れば、各メディアはトップニュース級で伝え、大騒ぎした。90年代の慰安婦捏…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

砂漠の果てのディストピア…光彩を奪われたウイグル人

大虐殺の爪痕は残り、100万人のウイグル人が消えた…民族浄化の最終段階に入った東トルキスタン。習近平が進める「文革2期」は、最先端技術が管理・支配する反理想郷を生み出した。 2000人が殺傷され、1万人以上の行方不明者を出したウルムチ大虐殺から9年。今年も7月5日に世界各国でジェノサイドを実行した中共への抗議活動が行われた。 …
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

習近平が踏む血のカーペット…天才コメディアン訪英す

再び起きた雪山獅子旗と五星紅旗のロンドン決戦。“便所外交”で度肝を抜いた習近平に笑いの神も舞い降りた。それでも英国の叩頭政権は、失われた帝国の夢を追い求める。 豪雨による堤防決壊から約1ヵ月が過ぎた10月15日、鬼怒川沿岸の被災地を意外な人物が見舞った。世界ウイグル会議のラビア・カーディル議長だ。 「常総市民は必ず災害を乗り…
トラックバック:13
コメント:2

続きを読むread more

東シナ海のメディア不要論…報道されない国会神質疑

立て続けに2人の議員が国会で中共のウイグル侵略・虐殺に言及した。難癖問答が反復される一方、決して報道されない神質問。東シナ海ガス田危機ではメディアの一斉職務放棄が暴かれる。 「NATOに加盟していない為、米国や英国・フランスの集団的自衛権の対象ではない。国連もロシアが常任理事国の1ヵ国だから実際に動くことは出来なかった」 モ…
トラックバック:10
コメント:7

続きを読むread more

死地に送られたウイグル人…中共が“難民強奪”の暴挙

悪名高い特警部隊を海外に派遣させ、ウイグル人を大量拘束。前代未聞の“難民強奪劇”が起きた。中共が「テロ容疑者」と連呼するのは、農園で細々と働いていた一家だった。 男たちは手にした石で窓ガラスを叩き割ると一斉に内部に乱入した。7月8日深夜、トルコ最大の商業都市イスタンブールのタイ総領事館がデモ隊の襲撃を受けた。 乱入したのは、…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

中共がウイグル人民戦争布告…非道“テロ宣伝”の嘘と闇

再びフリー・ウイグルの叫びがこだまする。大虐殺から4年、中共は東トルキスタンでの「人民戦争」開始を宣言した。それは正規軍とシナ民衆が一体化してウイグル人抹殺を図るものだ。 2009年7月に発生したウルムチ大虐殺から4年が過ぎた。各国でウイグル支援デモが開かれる中、東京でも大規模な抗議活動が行なわれた。それは惨事の風化させない為の記…
トラックバック:3
コメント:9

続きを読むread more

東トルキスタン戦慄事態再び…テロ事件捏造で大規模弾圧

スパイク付きの棍棒でシナ人がウイグル女性を殺害…トルファン近郊で起きた惨劇の真相が浮かび上がった。そして中共指導部は首都ウルムチに大量の弾圧部隊を急派。再び虐殺の危険が高まる。 (注意:ショッキングな画像を含みます) 「当局はウイグル人のテロ事件としているが、違います。それはウイグル人虐殺なのです」 世界ウイグル会議総…
トラックバック:2
コメント:13

続きを読むread more

東トルキスタンと靖国の邂逅…狼狽える中共大使が脅迫

日本と東トルキスタンの2国間関係で今年5月はメモリアルな月となった。来日翌日の靖国神社昇殿参拝、そして代表大会の成功。焦る中共大使は前代未聞の脅迫状を送り付けた。 六本木・三河台公園の入り口付近から拍手が巻き起こった。人垣の中に白いスーツで身を包んだ小柄な女性が見える。ラビア・カーディルさんの登場だ。 5月17日、中共大使館…
トラックバック:21
コメント:5

続きを読むread more

中共侵略支配3ヵ国の慟哭…暗闇で続く異民族抹殺

ウルムチ大虐殺の悲劇から2年…東京と大阪の抗議活動では中共の侵略支配に苦しむ3ヵ国の国旗が翻った。南モンゴル決起で改めて共闘が注目される一方、現地から新たな悲鳴が届く。 「約3,000人が中国共産党に殺されました。そして、その現場にいた約8,000人のウイグル人が一晩で逮捕され、刑務所に入れられ、未だに多くが消息不明になっています…
トラックバック:8
コメント:5

続きを読むread more

消えた1万人のウイグル人…民兵が徘徊する絶望都市

ウイグル人居住区を覆い尽くす監視カメラと武装した民兵組織の出現…大虐殺から1年が経ったウルムチは未だ恐怖の中にある。そして事件を境に“消えたウイグル人”が戻ることはなかった。 東トルキスタン西部コルガスの村に、そのウイグル人男性が変わり果てた姿で無言の帰宅をしたのは、昨年9月19日のことだった。亡くなったのはウルムチで働いていたシ…
トラックバック:8
コメント:15

続きを読むread more

ウルムチ漢族デモの矛先…植民地総督辞任も要求

再びウルムチが緊迫。漢族住民が大規模抗議を行い、参加者は一時数万人に達した。抗議の矛先は地元党トップにも及び、辞任要求まで叫ぶ前例のない事態に。その背後には政争の匂いも嗅ぎ取れる… ウイグル人大虐殺から約2ヵ月、再び東トルキスタンの首都ウルムチが緊迫した状態に陥った。大規模デモの発生である。9月3日、ウルムチ市内で漢族住民によるデ…
トラックバック:35
コメント:39

続きを読むread more

ウイグルの母 大きな足跡…中共が謀略DVDで盗聴自供

我が国から発信されたラビアさんの言葉に世界からの視線が集まった。もがく中共は粗製DVDで盗聴発覚の自爆。罵詈雑言をよそに、日本人はウイグルの母と呼ばれる女性の素顔を目撃した。 7月29日、日比谷の日本記者クラブで開かれたラビア・カーディルさんの記者会見には、実に200人を超すプレス関係者が詰め掛けた。注目度の高さを如実に物語る大型…
トラックバック:22
コメント:39

続きを読むread more

圧力撥ね除けラビアさん訪日…NHKが中共に忠誠心示す

ラビア・カーディルさんの再訪日が実現した。中共の圧力は撥ね除けたが、日程短縮も決定。一方、来日を伝えたNHKは、中傷プロパガンダ映像も垂れ流し、党隷属局として中共への忠誠を誓う。 「ウイグルの人々がどれだけ銃殺され、逮捕されたのか伝えたい」 「世界ウイグル会議」総裁のラビア・カーディルさんが7月28日午後、亡命先の米国から成…
トラックバック:11
コメント:19

続きを読むread more

ラビアさん緊急来日の栄誉…ウイグル長刀に映った捏造報道

豪州の映画祭に中共が圧力をかける中、ラビア・カーディルさんの緊急来日が決定。女史の個人攻撃を続ける一方、中共のプロパガンダにウイグル人の印象を貶める特殊品目が頻繁に登場することが判った。 南半球で最も権威ある映画祭にウイグル大虐殺の余波が及んだ。7月24日開幕の「メルボルン国際映画祭」に参加予定だったシナ映画が出品を取り止めた。 …
トラックバック:23
コメント:34

続きを読むread more

ウルムチ情報戦の崩落現場…業務用カメラ担ぐ武装警官

ウイグル男性2人の射殺事件で中共当局が相次ぎ珍説を披瀝する一方、市内には素顔を隠した武装警官が出現。また業務用カメラを担ぐ隊員は何を意味するのか…情報戦の乱れが露見した。 中共党傘下の各種武装組織に制圧された東トルキスタンの首都ウルムチ市内に、異様な部隊が新たに出現した。サングラスを付けた武装警察の一団である。 7月5日から…
トラックバック:22
コメント:53

続きを読むread more

渋谷を埋めた青天牙月旗…現地ではウイグル人証言相次ぐ

初夏の渋谷繁華街に東トルキスタン国旗が雄々しく翻った。予想以上の熱気に包まれたウイグル大虐殺抗議デモ。一方、日本メディアはウイグル人側の目撃証言を採用し始めた。 大勢の買い物客で賑わう日曜日の渋谷中心部に無数の東トルキスタン国旗=青天牙月旗が翻った。 7月12日、その1週間前に起きたウルムチ大虐殺に抗議する大規模なデモ・集会…
トラックバック:20
コメント:39

続きを読むread more

ウルムチ 奪われた金曜日…胡錦濤サミット放棄の謎

金曜礼拝のモスクが無人と化した日、抗議の声をあげたウイグル人を武装警官が襲う瞬間が撮影された。一方、胡錦濤は何に蒼褪めて緊急帰国したのか?サミット放棄で指揮系統の混乱が露呈した。 大虐殺に続く、広範囲な弾圧。重武装の治安要員が市内を埋め尽くす中、ウルムチは最初の金曜日を迎えた。ムスリムにとって重要な礼拝日である。 半ば予想さ…
トラックバック:16
コメント:28

続きを読むread more