テーマ:ビルマ問題

ビルマ・ラングーンの満月…長井記者射殺現場を歩く

約15年ぶりに訪れたラングーン。2007年9月、大規模抗議デモの最中に長井健司記者が撃たれた現場を見つめる。そこは見通しの良い交差点だった。なぜ、ここで?新たな疑問も生まれる。 オートバイの走っていないアジアの大都市を他には知らない。国家によって輸入が厳しく規制されている為だ。僅かに見かけた大型二輪車は、軍政関係者か、強いコネクシ…
トラックバック:11
コメント:14

続きを読むread more