テーマ:朝鮮総連

一刻の猶予なき「在日処分」…隠れた北鮮労働者大国

繰り返される“最強の対北制裁”。異様な北の海外労働者にもメスが入り、各国で受け入れ制限・追放が進む。だが、世界に恥ずべき北朝鮮労働者大国は、この日本だ。 「北朝鮮が危険な道を歩み続けるならば、圧力を続ける」 決議の採択後、米国のヘイリーUN大使は、そう話した。強がっているようにも、悔しさが滲んでいるようにも見えるが、ホワイト…
トラックバック:20
コメント:4

続きを読むread more

金日成記念学校の黒い不動産…野党内戦で狙われた学園

大都市の広大な土地が北朝鮮に奪われる。国土侵食の支援勢力が乗り出した異様な私立学校バッシング。春の新入学を待つ児童が選挙目的の強引な野党共闘の犠牲になる。 犯罪予備校=朝鮮学校の教室に掲げられた金親子の肖像画。その異様なガジェットは今や一般常識の範囲だが、狂気の独裁者を祀る神殿が存在することは余り知られていない。 その名は「…
トラックバック:7
コメント:3

続きを読むread more

川崎~天安門の六五真相…「嘘つき在日」は違法表現

日本人に襲い掛かかり、公道を不法占拠する在日勢力…蘇ったのは終戦直後の闇市の風景だ。挑発に屈し、媚を売る警察。その前に司法当局は狂気の審判を下していた。 その年の6月、東アジアで二つのデモが当局によって潰された。ひとつは北京、もうひとつは川崎だ。一見無関係に見えるが、2都市で起きた現象は同じ根を持っている。 米の中文サイトに…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

「在日暴発」の衝撃に備えよ…日本列島に消えた朝鮮人

約45年ぶりに公表された在日朝鮮人の総数は、僅か3万人余りだった。しかし我が国には不法上陸後、闇に消えた朝鮮人が存在する。北朝鮮暴発…その同時刻、列島を震撼させる事態が起きる。 北朝鮮工作員は、朝鮮大経営学部の現職副学部長だった。警視庁公安部は2月2日、詐欺容疑で在日朝鮮人・朴在勲(パク・ チェフン)を逮捕した。余りにも遅過ぎた逮…
トラックバック:19
コメント:4

続きを読むread more

「北の核」支える在日科学者…“和製”大量破壊兵器の完成

弾道ミサイルだけではなく、北朝鮮の核開発にも在日科学者が関与していた。しかも勤務先は国立大付属の公的研究機関。日本人の血税が列島を脅かす大量破壊兵器を生み出していた… 「春の風物詩」で済まされる問題ではない。朝鮮人民軍は3月21日午後、少なくとも5発の飛翔体を日本海に放った。飛距離は約200㎞で、3日に発射したKN-09多連装ロケ…
トラックバック:14
コメント:2

続きを読むread more

軍艦島“朝鮮人騒乱”実記…地元メディアが犯罪加担

軍艦島突入を計画した南鮮人集団が桟橋を占拠し、違法な“慰霊祭”を強行。その一部始終をカメラが捉えていた。“強制連行”の捏造に地元メディアも加担し、世界遺産登録の実現を阻む。 「行政の許可なしで行ってはいけません。日本は法治国家です」 国民有志の正当な抗議を完全に無視して、南朝鮮人はパフォーマンスを続けた。違法行為の舞台となっ…
トラックバック:3
コメント:14

続きを読むread more

朝鮮総連の毒キノコ狩り…三代目も見放す在日独裁一族

ついに独裁一族に法の網が掛けられた。金正恩に見捨てられた朝鮮総連。本国の後ろ盾がなくなる中、メディアを屈服させた“在日強権”も過去のものになろうとしている。 5月12日早朝、京都府警を中心にした合同捜査員10人は、東京足立区内のマンションに突入した。マツタケの不正輸入に絡む強制捜査。いわゆるガサ入れだ。 間もなく、大勢の報道…
トラックバック:7
コメント:19

続きを読むread more

有田芳生の金正恩マンセー…オウム新広告塔にも大抜擢

有田芳生は国会質疑で金正恩体制を褒め称えていた。同時にオウム真理教とも親密な関係を築き、新たな広告塔に大抜擢。国内外の犯罪組織と連携する凶悪素顔の民主党議員を公安調査庁が追う。 「彼らの体質は、『自分たちの意に沿わぬ者』については、容赦なく攻撃をして、排除しようとすることです」 公安調査庁の調査第1部長は、そう警戒を呼び掛け…
トラックバック:4
コメント:7

続きを読むread more

飯島参与のアタッシュケース…外相級待遇に潜む毒と薬

待遇は予想を裏切る外相級だったが、ミサイル恫喝も忘れない。憶測と毒電波が乱れ飛ぶ“沈黙の飯島訪朝劇”。目立ち過ぎる謎のアタッシュケースが内外に疑心暗鬼を生む。 「今回、訪問して真摯に長時間、会談ができました。それなりの判断材料のひとつとして、これから精査して考えたい」 5月17日夜、北京空港に到着した飯島勲内閣官房参与は、取…
トラックバック:10
コメント:1

続きを読むread more

朝鮮学校の内部告発者を脅迫…偽装校舎で公金詐取狙う

犯罪者予備校=朝鮮高校の無償化に青信号が灯った。反対会見に出席する予定だった内部告発者を総連が脅迫。圧力・工作が激化する中、密室の検討会議は政府見解に反する決定を下すのか。 「民族差別だという指摘があるが、朝鮮民族が悪いわけではない。北朝鮮という不法国家が問題。それはドイツ民族とナチスの関係と同じだ」 朝鮮学校の無償化問題が…
トラックバック:13
コメント:5

続きを読むread more

在日歌劇団ヤミ集金の舞台…総連支援自治体が判明

金剛山歌劇団のステージに潜む仕掛け…それは組織への巨額集金だ。一方、本部差し押さえに朝鮮総連が震える中、総連擁護を貫く自治体が多数残存。その詳細が判明した。 北朝鮮=朝鮮総連の暗黒性とは、単に悪辣な外国人犯罪集団に留まらず、行政や司法に深く根を張って一体化していることだ。それは破滅的なレベルまで我が国を浸食している。 北朝鮮…
トラックバック:5
コメント:32

続きを読むread more

謎の組織=チョンリョン…金正日ファン未だ壊滅せず

「詐欺被害者ではない」総連が検察のシナリオを崩す見解を示した。タイム誌でも取り上げられた「チョンリョン」…果たして総連は本当に断末魔の悲鳴をあげているのか? 緒方重威と許宗萬、土屋公献らによる総連中央会館事件の露見から約1ヵ月。ようやく総連サイドが公の場で独自の見解を明かした。 朝鮮総連は7月11日、池袋の豊島公会堂に朝鮮人…
トラックバック:8
コメント:36

続きを読むread more

反総連“寸借詐欺”の怪…政治金脈寸前に岩盤

朝鮮総連と元情報機関トップの犯罪は“寸借詐欺”で幕引きするのか。特捜が描く事件の構図は問題を矮小化したものだった。取引した5億円の奥には巨大な政治金脈が眠る。 外国人犯罪組織・朝鮮総連を手玉に取って、巨額マネーを騙し取った英雄的行為… 東京地検特捜部は逮捕した緒方重威を大胆不敵な詐欺師に祭り上げたいようだが、そんな絵物語を素…
トラックバック:11
コメント:38

続きを読むread more

緒方重威 不可解な密会劇…すべては朝銀事件の闇に

緒方重威は監視網を知りながら総連幹部と会っていた。堂々たる“密会”は何を意味するのか…メディアは裏取引の経緯に着目するが、事件の背景にあるのは朝銀問題の深い闇だ。 6月13日、最初の会見で緒方重威(しげたけ)は報酬について、こう語っていた。 「着手金は1,000万円で、年100万円を5年間受け取る予定だが、まだもらっていない…
トラックバック:9
コメント:27

続きを読むread more

残されたサリンと北朝鮮…闇から来た男・徐裕行

現役北朝鮮工作員が語ったという化学テロの恐怖。そして、オウムと北朝鮮の繋がり…我が国最大の闇の中には何が? 総連の断末魔が聞こえ始めた今こそ闇に光を差入れる必要がある。 北朝鮮が我が国に送り込んだ現役工作員は、こう証言する。 「北朝鮮は対日戦争をテロ戦争と考えている」 「すでにサリンは日本国内の然るべき場所に保管してあ…
トラックバック:11
コメント:56

続きを読むread more

緒方重威は北鮮二重スパイか…反日弁護士との親密度

渦中の元公安調査庁トップは会見で総連支持を明言。謀議を仲介した有名な反日弁護士は友人だった。正に緒方の役回りは二重スパイ…特捜部が乗り出し、事態は急展開した。 我が国のインテリジェンス機関のエリートは、北朝鮮=朝鮮総連に内通するダブル・エージェントだったのか… これは不動産売買に絡んだ経済事犯などではない。日本海を股にかけた…
トラックバック:25
コメント:71

続きを読むread more

朝鮮総連と公安調査庁の闇…悪の牙城を叩き壊せ

総連の牙城・中央本ビルが密かに売却。買い上げたのは元公安調査庁トップだった。調査機関と犯罪組織の異様な取り引き。その経緯と真の目的は何なのか… 犯罪テロ組織と調査機関の内通が問われる異常な事実が発覚した。 税金不払いで差し押さえ状態になっていた朝鮮総連中央本部のビルと土地が、5月末に投資顧問会社に売却。しかも、その会社の代表…
トラックバック:7
コメント:37

続きを読むread more

NHKの親北プロパガンダ…浅野健一個人映像を放映

狂気の親北学者・浅野健一が訪朝し、北の高官と会談。一方的な北朝鮮の主張をニュースで垂れ流したのはNHKだ。その映像を分析するとNHKの奇怪な親北体質が浮き彫りになった。 NHKが5月7日のニュースで異様な映像を垂れ流した。 映像は平壌で撮影されたもので、内容は、北朝鮮外交部の対日担当者が、我が国の拉致事件捜査や経済制裁につい…
トラックバック:12
コメント:31

続きを読むread more

山拓&紘一の反日GW外遊…パイプ役失脚に総連動揺

中朝国境で反日を叫ぶ売国コンビ。山拓の3月再訪朝断念は招待状を送った要人の更迭劇だった。その情報に総連もパニック。だが山拓と接触した別の高官が対日工作のドンに出世していた。 世の中がGWならば国会も問答無用で小休止。安倍首相の外遊もGWにあわせたものだが、他の政治家もこぞって海外を訪問。その中で醜態を晒しているのが、山崎拓と加藤紘…
トラックバック:11
コメント:24

続きを読むread more

総連激震No.3まで聴取へ…朝鮮人騒乱で道路封鎖

バリケードを突破した朝鮮人を現行犯逮捕。一帯は騒乱で道路封鎖。強制捜査の本丸は、工作員の供給源「留学同」だ。更に朝鮮総連のドンに拉致事件で出頭要請…総連激震4・25捜索を追った。 核心に迫る強制捜査だ。 しかもタイミングは朝鮮人民軍の創建記念日にあたる4月25日。祖国で行われる大規模な軍事パレードと平行して、下部組織に正義の…
トラックバック:5
コメント:42

続きを読むread more

朝鮮学校 利権のグラウンド…枝川リンチ事件を忘れない

大阪でも訴訟が起きていた朝鮮学校。“石原都政の横暴”と叫ばれた枝川朝鮮学校は、最終的に都が屈服した…だが朝鮮人集落誕生の背景は通説とは違う。そしてそこで起きた血塗られた事件とは。 東京の枝川に続き、大阪の朝鮮学校もトラブルになっていることが明らかになった。 舞台は東大阪市にある大阪朝鮮高級学校。市側が起こしたグラウンドの一部…
トラックバック:3
コメント:30

続きを読むread more

総連エリート幹部の火病犯罪…北の重要日に泥酔大暴れ

無銭飲食の暴行犯は、売り出し中のエリート幹部だった。しかも総連の最上層組織メンバーで、対日工作の現場指揮管。そして泥酔していたのは、祖国の重要日の前夜だ。 暴行事件は未明に起こった。 4月11日午前1時頃、東京・神楽坂のバーで、一人の中年男性が暴れ、110番通報を受けて駆け付けた牛込署の警察官に取り押さえられた。暴行容疑の現…
トラックバック:12
コメント:19

続きを読むread more

万景峰号“追放”に順風吹く…工作船は帰国船となれ

工作船=万景峰号の入港に再び規制が掛けられた。金日成誕生日直前の決定だ。一方ソウルでは脱北者が独裁者の豪華別荘を暴露。その金王朝を支えてきた万景峰号の本来の役割とは何か? 対北制裁の継続に“順風”が吹いた。 政府は10日朝、日本独自の対北朝鮮制裁の半年間延長を閣議決定。13日の期限切れを目前にしての措置継続発表だった。 …
トラックバック:4
コメント:16

続きを読むread more

総連幹部の日本人殺害指令…母子失踪34年の闇

昭和48年の母子3人失踪事件が北朝鮮による拉致事件として捜査される。そこに関わったのは朝鮮総連の大幹部が作ったダミー商社…34年間、闇に葬られた事件に今、光が当てられる。 その日、妻の渡辺秀子さんは、連絡がつかなくなった夫を心配して勤務先の会社を訪ねた。悲劇だったのは、そこが普通の会社ではなく、朝鮮総連傘下の暗黒商社であったことだ…
トラックバック:4
コメント:14

続きを読むread more

浅野史郎と総連の蜜月…石原慎太郎よ帝都決戦を制せ

都知事選の構図が固まった。出馬表明した浅野史郎はかつて総連幹部を知事室に招くなどの蜜月も発覚。石原慎太郎都知事の慧眼とは余りにも違う“特亜のポチ”ぶりだ。 都知事選は「首都の顔」を選ぶ4年に1度の都民の“政治ショー”でもある。告示は3月22日、投票は4月8日。統一地方選の目玉が、首都決戦だ。 民主党の迷走で一時は無風状態に陥…
トラックバック:13
コメント:34

続きを読むread more

金一族崇拝カルトのダミ声…国内の北朝鮮を征伐せよ

週末の都心が不逞朝鮮人によって無惨に蹂躙された…暴力主義団体として出発した朝鮮総連は、今や金親子を崇拝するカルトだ。そしてこの「日本国内の北朝鮮」を叩き潰す必要がある。 穏やかな日差しに包まれた土曜日の銀座界隈は、滞留外国人の威圧的な声に覆われた… そこに居合わせた一般の日本人は、この異様な光景をどう見たのだろうか? …
トラックバック:6
コメント:31

続きを読むread more

総連3・3反日集会の愚挙…警察が守る“反警察の祭”

朝鮮総連の大規模集会の開催が二転三転。東京地裁は28日、反日集会にGOサインを出した。では、反警察を絶叫する集会を警視庁が警護する事態になるのか… 朝鮮総連が3月3日に予定する大規模な反国家集会を認める決定が28日、東京地裁でなされた。 余りにも常軌を逸した司法判断だ。 朝鮮系の不法滞留外国人らは、3月3日に都内の日比…
トラックバック:2
コメント:27

続きを読むread more

拉致司令室「対日課」…工作員来日を支援した総連

蓮池さん夫妻拉致で新たに容疑者が手配された。浮上した日本人拉致司令室「対日課」。しかも上部工作員は北朝鮮代表団として来日していた…その際に密着支援していたのは朝鮮総連の他にない。 日本を出国する直前、チェイニー米副大統領は横田夫妻と面会した。午前7時半という早朝のことだった… 「時間がないので久間防衛相とは会えない」とチェイ…
トラックバック:12
コメント:12

続きを読むread more

エセ右翼代表は元社会党幹部…和田静夫の訪朝歴を暴く

エセ同和の摘発から社会党大物議員との異常な関係が見えてきた。エセ右翼団体の代表も努めていた和田静夫は、平壌で北の最高幹部と頻繁に接触。総連とエセ同和を繋ぐ別ルートも浮上する。 高額な同和関連本の押し売り事件で、元社会党副代表・和田静夫との接点が浮上した。 異常な裏社会との繋がりである。 2月16日、広島県警公安課などは…
トラックバック:129
コメント:31

続きを読むread more

衝撃の総連捜索ウラ映像…北にサタンが生まれた2月

65回目の誕生日も金正日は生きて迎えた…北の傲慢ぶりが高まる一方、在日犯罪者が1級勲章を受けていた事実が発覚。更に家宅捜索で大暴走する総連の内部映像が反響を呼んでいる。 1942年2月16日… シベリアで、東アジアを混乱に陥れる一人の男が産声をあげた。ユーラ・キム。後に金正日と呼ばれる男だ。 65回目とされる誕生日も、ユー…
トラックバック:3
コメント:7

続きを読むread more