テーマ:拉致事件

北3代目“半死半生”の火急…拉致欧州ルートと金平日

金正恩の出現報道に“お元気説”派は勝ち誇る。だが北権力機構の異変を解く方程式は複雑化する一方だ。そして謎の祖国復帰を果たした金日成の愛息に拉致事件との接点が浮上する。 一気に朝鮮労働党が畳み掛けて来ると思われた。ところが、党宣伝機関は5月2日に肥料工場の竣工式を大々的に報じた後、金正恩の動静を映像付きで伝えることなく、2週間以上が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有本さんと戦後日本の空白…蠢いたザグレブ拉致特命機関

日本人拉致欧州ルートで暗躍した非道のザグレブ機関。残酷な網に捕らわれた有本恵子さんと母の再会は遂に叶わなかった…「空白の37年」は決して有本さん一家だけのものではない。 「欧州で多くの韓国市民が消息を絶っており、そこで活動している北朝鮮工作員に拉致されたと信じられている」 拉致事件に大きく踏み込んだ2014年のUN北朝鮮人権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米朝蜜月が生む負の遺産…残存する対日工作機関

キナ臭い米朝会談を前にした最後の直談判で、安倍首相の“警告”は伝わったのか…中途半端な合意は金王朝の延命を許し、拉致事件に深く関与した対日工作機関は温存される。 カナダで開かれるG7サミットを前に、安倍首相6月7日、ワシントンに立ち寄った。急遽決まった7回目の安倍・トランプ会談。日本側の“最終防衛ライン”を伝える最後のチャンスだっ…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

【拉致犯罪国家・中共】「救う会」門前払いで浮き彫りに

【北京で門前払い~「救う会」の戦略とは?】 8月27日から北京を訪れていた「拉致被害者を救う会」代表メンバーは、28日になって中共外交部や民間研究者らとの意見交換がすべて一方的にキャンセルされたことを明らかにした。 北京まで足を運んだ末、門前払いになった格好だ。 金正日の拉致自供後も、中共はこの問題に関して日本側の主張を受け入…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more