テーマ:反日ファシズム

中共「千人計画」の髑髏杯…膿と肥が溜まるアカデミー

米アカデミズムを震撼させた大物教授の逮捕劇。中共「千人計画」学者の“本職”にFBI捜査のメスが入った。そして我が国は、既に東洋有数の“草刈り場”となっている。 地方の党書記を歴任し、中南海の政争にも関連する幹部候補は時折、話題にのぼる。しかし、アカデミズム畑にいる技術系の中共党エリートは、押し並べて無名だ。 そうした人物の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリンを穢す慰安婦像…瀕死の捏造派が放つ腐臭

独首都の真ん中に突如姿を現した腐れ慰安婦像。悪徳詐欺集団ならではの隠密作戦に衝撃が走った。だが捏造派は2人のボスを同時に失い、指導部壊滅の危機に瀕している。 「米軍の装甲車に轢かれて死亡した少女たちの親は、『悔しい死を遂げたわたしの娘を二度殺すな』と言っていた」(後掲書157頁) 南鮮・世宗大の朴裕河が著した『帝国の慰安婦』…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

李登輝総統の居るアジア史…哲人政治家が遺した道標

“台湾国のモーゼ”は捏造史の海を割り、埋もれていた真実に光を当てた…李登輝総統閣下は北東アジアの近代史そのものだ。100年史の終焉が迫る中、決着は遺志を継ぐ人々に託された。 「銃後にあって治安保護の戦士としてお国に尽くすこともご奉公ですが、出来る事なら第一線でお国の為に華々しく活躍したいと思っておりましたが、それが本当になりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇に消えた反日種族の頭目…朴元淳 青瓦台裏山に死す

最期の場所は青瓦台の裏山だった。大規模捜索にも拘らず、遺体発見までに要した「12時間」の謎。80年代から反日勢力を統べる指揮官の死は捏造派に更なる混乱をもたらす。 不自然な早朝登山中の転落、目撃者は1人、パソコンは起動したままだった。第一報段階で南鮮元大統領の最期は、あらゆる情報が不審な死であることを告げていた。 捜査の手が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横田めぐみさんの帰り道…被害者家族が闘う風化勢力

3,000人規模の大捜索に機動隊も出動。横田めぐみさん拉致事件の再検証で新事実が浮上した。滋さんという支柱を喪った後も、被害者家族会は風化勢力との闘いを強いられている。 「これからは、もっとお洒落に気を遣ってね」 娘はそう言って、鼈甲の櫛をプレゼントした。昭和52年11月14日、父・横田滋さん45歳の誕生日だった。めぐみさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尹美香を祟る“怨嗟慰安婦”…はじまりの挺対協にも新説

挺対協は血を吸うヒル、新人6人を支那から輸入…李容洙騒動の最中、10数年前に葬られた女の呪詛が蘇る。そして尹美香の過激派出身説や80年代の極秘“3党合意”説も新たに登場した。 会見は全7局が生中継し、合算視聴率は10%を超えた。平日の昼下がりという時間帯だったにせよ、世論沸騰中のタイムリー企画にしては低調で、決して“視聴率女”とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪演洋公主の“独立騒動”…哀れ捏造派キャットファイト

モンスター洋公主・李容洙が5年ぶり2度目の“独立トラブル”を起こした。事務所側の「偽物」示唆に続き、機関紙が「台本朗読」を暴露。内ゲバお騒がせ怪演女優の引退興行が迫る。 怒鳴った直後にさめざめと泣き、再び声を荒らげる…5年前にサンフランシコ市議会で見せた演技力は女優と呼ぶに相応しかったが、実際は28年の間、道化を演じさせられただけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文科省“反日村”の復活…抹殺された新しい歴史教科書

あいち不敬展のなし崩し的“手打ち”に続く衝撃だ。歴史真実派の教科書が検定で不当弾圧される一方、捏造慰安婦が再登場。レトロ極左が巣食う文科省“反日村”が牙を剝く。 「日本国民の統合の象徴に対する侮辱を文化庁は認めるのか」 物腰柔らかい高須院長もご立腹だ。文化庁は3月23日、あいち不敬展への補助金交付を一転して認めた。御真影を毀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“軍艦島の吉田清治”を葬れ…徴用工哀史砕く杜撰設定

注目のソウル「軍艦島訴訟」でニセ徴用工は敗れ去った。岐路を迎えた南鮮政府の“地獄島宣伝”。自称生き証人の作り話は、元島民有志によって木っ端微塵に粉砕されている。 200人を超す集団訴訟で“勝ち残った”原告は、たった1人だった。ソウル中央地裁で1月9日に開かれた自称徴用工を巡る判決公判。何も画期的ではないが、ジャッジは興味深く、示唆…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中共スパイ事件のレゾナンス…国賓問題が晒す浸透工作

豪州で投降した“中共スパイ”の証言が台湾国で波紋を広げる。政界・メディアを覆う幅広い工作…それは、習近平の国賓来日問題を安倍政権叩きに活用しない反日勢力の正体をも暴き出す。 雨傘運動の挫折から1年が過ぎようとしていた頃、香港でショッキングな事件が起きた。振り返ると、その衝撃が今年の反送中デモ拡大の下地となり、大きな影響を与えた可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『反日種族主義』学者の戦争…捏造史に楔を打つ義勇

真実の歴史を語る学者達は、闘いの舞台を研究室から街頭に移した。「問題の書」に降り掛かる火の粉、身辺に迫る危険な影…いま、捏造派との内戦が始まった。 「慰安婦像を撤去せよ。水曜集会を中止せよ」 反日運動の象徴である“水曜デモ”会場の近くに、そんなプラカードが掲げられた。無言で立ち尽くすのは、ベストセラー『反日種族主義』の共同著…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

南鮮「悪文トリオ」罷り通る…首脳90秒トークの“柳腰”

南鮮には外交関係を破壊する3人のムンがいる。最弱の巨頭は来日して悪態をつき、1号機は“柳腰外交”で醜態。そして知名度最低のムンこそが最も危険な人物だ。 報道陣が詰め掛けた講演会でも結局、謝罪はなかった。国会議長という立場を悪用して入国した文喜相(ムン・ヒサン)だったが、喰って寝て脱糞しただけの3泊4日旅行で終わった。 南鮮で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラップに塗れた愛知不敬展…御真影隠し3ヵ月の攻防

不敬展“検証委”の報告は弁明と嘘に満ちていた。反日陣営が待つのは再開ではなく、再開後に起きる「事件」だ。会場には主催側が被害者になる為のトラップが仕掛けられている。 「電凸攻撃です。威力業務妨害です」 不敬知事・大村秀章も、国民有志からの訴えを犯罪と認定した。有権者・納税者の主張を封殺するばかりか、犯罪者に仕立て上げて叩く。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽りの記憶に旭日旗が翻る…“放射光恐怖症”の仮病患者

東京五輪の観戦ルールは南鮮が決める…開催国を脅す暴力的な介入に反日メディアも奮って参戦。赤い甲殻類を見ただけで“被害者”に早変わりする仮病民族に付けるクスリはない。 10月5日から海自横須賀基地を中心にした「フリートウィーク」が開幕する。もちろんメーンは10月14日に相模湾で開かれる観艦式。3年に1度の海の一大イベントだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

制御不能の“反日放射脳”…歴史問題に通じる非科学信仰

反日の為なら医学的に根拠のない“被爆2世”を担ぐのが南鮮だ。日南メディアの共謀で広がる異様な放射能デマ。だが、邪教じみた非科学信仰は「創られた歴史問題」を原子崩壊へと導く。 「異例の激論を繰り広げた」(9月17日付け時事通信) 「激論」の他にも「論戦」や「応酬」といった言葉が踊るが、不正確な表現だ。南鮮側の言い分は因縁やイチ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日南破局で変わる言論地図…GHQ・左派史観の往生際

二枚舌外交の文在寅は朝鮮史の生き証人だ。平然と嘘を吐く南鮮高官に米国は愕然とし、東アジア史の通説に疑問を抱く。そして反日言論人が奉る“日本悪玉論”の戦後史観に深刻な亀裂が走る。 8月28日午前零時、ホワイト国からの南鮮追放は政令施行に伴って事務的に行われた。カウントダウン・イベントもない静かな発動の瞬間だったが、日南関係正常化へ向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米南の失われた同盟…反日狂乱に仕込んだ遅延毒

昨年の旭日旗騒動が全ての始まりだった。レーダー照射事件もGSOMIA破棄を実現する為に文在寅が打った布石。最終目標は駐留米軍の半島撤退、そして軍事同盟の解消だ。 外務大臣は待ち惚けを食らった末に会見もお蔵入りとなった。今から7年前の平成24年6月29日のことで、当時の外相は玄葉光一郎。民主党悪夢政権の時代である。 その日、玄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不敬展“中止”の共同謀議…異分子出現でシナリオ狂う

狙いは初めから展示中止に伴う議論の沸騰。不敬2人組が描いた被害者シナリオは、河村市長の登場で狂った。余りにも緩い“テロ予告”後の会場警備が「仕組まれた計画」を解き明かす。 自らが犯したミスを棚に上げて被害者に成り済まし、恫喝する。朝鮮スタイルの“論法”だが、最近は全く通用しなくなった。それに気付かなのか、或いは代替手段が思い付かな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

旧ホワイト国の断末魔…反日リスカ芝居に効果なし

不適切フッ化水素横流し事案に新たな終着地が浮上。経産省の強気の背後には米国が居るのか…南鮮ホワイト国追放令への決断が迫る中、文在寅政権の“反日本気度”が試される。 今年のネット流行語大賞的には「ホワイト国」と「N国」が上位で拮抗しそうな気配でもある。いずれも瞬発力抜群だが、年末まで引き摺るのは「ホワイト国」だろう。 「ホワイ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

河野外相の見えざる切り札…発動迫る対南制裁第1弾

貿易管理の案件を歴史問題にすり替えた事で南鮮は自ら袋小路に迷い込んだ。秒読み段階に入った対南制裁。河野外相が強気の姿勢で臨む中、外務省には有効なカードがあるのか? 「朝早くから、有り難うございます」 駐日南鮮大使を迎えた河野外相の顔は、笑みこそ浮かべていなかったものの、穏やかだった。挨拶も、着席を促す仕草もごく普通で自然体だ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

歯軋りする密輸大国=南鮮…「不適切事案」リストの裏書

南鮮紙の一報から2ヵ月、追い込まれた南鮮が輸出「不適切事案」を公表した。刑事罰も企業名も“黒塗り”の半端なリスト。ホワイト国落第のお粗末な貿易管理に反日陣営も絶望する。 「この情報を見る限り、韓国をホワイト国として扱うのは難しいのではないか」 UN対北制裁委の元メンバーだった古川勝久氏は、リストを見て唖然とする。FNNソウル…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

対南“異次元外交”の開幕…レーダー照射事件に新疑惑

沿岸の北漁船を見逃す一方、日本海の北木造船は的確に捕捉した…レーダー照射事件の矛盾が再浮上する中、輸出規定見直しに南鮮が震撼。これは日南関係“正常化”に向けての大きな一歩だ。 「確認した所、関連内容を日本側へ通知したことはない」 南鮮国防部も参謀本部も「事実無根」と否定した。フェイクニュースと断じたのは4月22日に読売新聞が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニセ徴用工像の“身体検査”…具現化した妄想が暴れ出す

今年も釜山でニセ徴用工像の押し引き大騒動が起きた。像のモデルは現地の「歴史館」に額縁で飾られる日本人。全てが幻想と妄想の“強制徴用”物語に製作した親北彫刻家も黙秘する。 “老舗”の反日拠点で静かな地殻変動が起きているのかも知れない。米ニュージャージー州バーゲン郡パリセイズパークに新設される恐れの高かった腐れ売春婦像が、暗礁に乗り上…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

「令和」の扉が開かれる…万葉の風舞う新たな御宇

新元号「令和」への賞賛に、前倒し公布反対論も霞む。約40年前の“消滅危機”を乗り越え、遠い未来に紡がれる。不敬陣営の戯れ言とは裏腹に元号とは「多様性」の象徴でもあった。 新しい元号について論じることは好ましくない。下々の者が「評価」するなど以ての外で、不敬に値する。そもそも改元は聖上崩御や深刻な災いを伴い、慶事ではないのだ。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

NHK内“共産分子”の蠱毒…沖縄在日騒乱に流れた受信料

NHKディレクターと共産党の不都合な関係が国会質疑で暴かれた。テロ集団指揮官として沖縄で暗躍していた疑いも浮上。共産分子は局上層部にまで食い込み、反日プロパガンダが量産される。 昭和の中頃、新東宝という映画会社があった。末期にはマニアックなB級路線を突き進むが、決して怪しいプロダクションではなく、東宝から枝分かれし、有名俳優・監督…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

文喜相W不敬発言の深刻度…完成した反日トライアングル

南鮮議会と朝日新聞の捏造コラボは一瞬で暴かれた。取材側の音声公開で確定した文喜相のダブル不敬発言。半島の南に完成した“三権連立”反日トライアングルに戦慄する。 マッチポンプという形容は不適切で、消火ポンプからガソリンが噴き出した格好だ。訪米した南鮮国会議長・文喜相(ムン・ヒサン)は2月11日、サリバン国務副長官との会談でぬけぬけと…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

南鮮軍と組んだ反日メディア…上海沖の“未確認飛行物体”

南鮮が公開した謎画像に日本人有志のメスが入る。なぜ国防部は暗礁の「近く」という嘘を吐いたのか…レーダー事件の論点ずらしが続く中、反日メディアは南鮮軍加勢に舵を切った。 「日韓関係は最悪の新年を迎えた」(1月11日付日経新聞) 日系企業の資産強奪に続くレーダー照射事件の居直りで、メディアには「史上最悪」「過去最悪」といった表現…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ニセ徴用工に偽証疑惑が浮上…歴史戦“場外乱闘”の誤算

誠意ある対応とは真逆の居直り恫喝だった。文在寅に加え、南鮮首相も挑発モードで我が国に説教…南鮮が歴史戦の場外乱闘に持ち込む中、元凶のニセ徴用工に重大偽証疑惑が浮上した。 1月11日、ソウル市内にある南鮮大法院(最高裁)の周囲は騒然となった。詰め掛けた報道陣と取り巻く抗議者。渦中の人は、前の大法院長・梁承泰(ヤン・スンテ)だ。 ▽…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

照射事件の封印された始末書…南北が跋扈する“冷戦の海”

第一声は「謝罪せよ!」南鮮が公開したPVはファクトとは無関係の論評と意見だった。真相を隠し、逆ギレする文在寅政権。だが連中は、日南論戦の最強友軍を喪ったことに気付かない。 例えば高速道路で執拗な煽り運転を受けたとしよう。ピッタリと真後ろに付けるスポーツカー。更に、激しくパッシングをしてくる…こちら側に対する何らかの合図であることは…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

LA旭日旗騒動に終息の風…南鮮移民がケネディ家と激突

「次はアリゾナ州旗だ」と息巻く米の南鮮系団体に強敵が出現。放射光を用いた壁画の塗り潰しが凍結された。激怒するケネディ家に抗い、いつまで南鮮移民は被害者を演じ続けるのか。 「多大な反響があり、更に議論する必要がある。現時点で直ぐに塗り消すことはしない」 土壇場での逆転劇だ。学校の壁画が旭日旗に似ていると難癖を付けた南鮮系団体に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more