テーマ:反日ファシズム

一刻の猶予なき「在日処分」…隠れた北鮮労働者大国

繰り返される“最強の対北制裁”。異様な北の海外労働者にもメスが入り、各国で受け入れ制限・追放が進む。だが、世界に恥ずべき北朝鮮労働者大国は、この日本だ。 「北朝鮮が危険な道を歩み続けるならば、圧力を続ける」 決議の採択後、米国のヘイリーUN大使は、そう話した。強がっているようにも、悔しさが滲んでいるようにも見えるが、ホワイト…
トラックバック:20
コメント:4

続きを読むread more

反日メディアが戦時体制突入…民間防衛再開を告げる鐘

ついに完成した悪魔の熱核兵器。それでも北の核開発に在日科学者が関与した事実は覆い隠される。そしてメディア工作員の蜂起と同時に72年ぶりの民間防衛が始まった。 「被告人が犯した罪は殺人よりも悪質である」 判事はそう指摘し、死刑を言い渡した。被告人は2人、しかも夫婦だ。戦後の米国を震撼させたローゼンバーグ夫妻事件。米中枢に食い込…
トラックバック:18
コメント:2

続きを読むread more

文在寅も溺れた敗者のゲーム…捏造史を晒す“徴用工像”

反日映画にあやかった徴用工プロパガンダ拡散も束の間…日本側の強硬姿勢に文在寅は“君子豹変”。そして南鮮に出現した新たな像は、強制労働とは無関係のシロモノだった。 浮き出た肋骨に張り出したエラ、そして手にはツルハシ…8月12日、ソウル中心部のターミナル駅前に見窄らしい男の像がゲリラ設置された。いわゆる徴用工の像なのだという。 ▽ソ…
トラックバック:6
コメント:3

続きを読むread more

日本列島包む“内患外患”…在メディア工作員の蜂起

無慈悲な倒閣キャンペーンが、激増する領海侵犯も日本海の新脅威も覆い隠す。端緒は北朝鮮の対決宣言。そしてメディア上層部に潜む工作員の蜂起で、内戦の火蓋が切られた。 「危険な行動だった」 ペンタゴンの報道部長は7月24日の会見で、そう指摘した。東シナ海の公海上で、現地時間23日、米海軍の偵察機EP-3に中共軍戦闘機2機が異常接近…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

党員資格なき党首=謝蓮舫…歪められた国防の無法

外国勢力排斥の代表選で競った代表候補が外国籍の持ち主だった。公開コピー書類に記された日付の真実。そして多重犯罪者・謝蓮舫最大の罪は「歪められた国防」だ。 「戸籍を迫られて公開すれば、例えば外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか」 党会合で戸籍開示に言及した謝蓮舫に対し、捏造紙は7月13日付の社説で絶叫。謝が任…
トラックバック:11
コメント:4

続きを読むread more

謝蓮舫“黒塗り出自”の虚実…党を滅ぼす工作員疑惑

戸籍謄本と国籍喪失証明書の開示は最低限だ。更に謝蓮舫が存在すると断言した法務省作成の謎の公文書。だが、全てを公開しても工作員疑惑は晴れず、党勢の低迷は止まらない。 「息をするように嘘をつく」 最初で最後となりそうな昨年12月の党首討論。キメラ民進党の謝蓮舫は、安倍首相に噛み付いたのではなく、自己紹介に過ぎなかった。会見の度に…
トラックバック:8
コメント:1

続きを読むread more

半島に響く吉田清治の怨声…因果巡る“捏造謝罪碑”

亡き父が残した醜い傷跡を消し去りたい…“捏造謝罪碑”の修正劇は吉田長男の決意から始まった。元自衛官の義挙を傍観する極悪朝日新聞。そして、南鮮当局は罠に嵌められたことに気付く。 「妻には数か月は帰ってこないから、アルバイトでもして稼いでくれと話しておいた」 南鮮に向かう便に搭乗する直前の那覇空港で、改めて覚悟を示した。そう語っ…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

“北鮮ファースト”の叛乱…メディアが加担した選挙妨害

再び首都に吹き荒れたグリーンの旋風。新たな代表は今も総連を敵視しているのか…そして選挙戦最終日、メディアが共謀した深刻な選挙妨害事件が発生、公選法違反の容疑が浮上した。 まさに薄氷を履む勝利だった。迫合いの末に蹴落とした共産党候補者との差は約850票。6期目を決めた今回の選挙戦は序盤から終盤まで、これまでにない大苦戦を強いられた。 …
トラックバック:12
コメント:4

続きを読むread more

沖縄女子のUN国士無双…被告人と心中したD・ケイ

国を守る戦いの最前線に立つ女傑がジュネーブで沖縄の真実を暴いた。被害者役の刑事被告人は冷笑の的。そして反日報告者D・ケイの仲間こそが、メディア弾圧の張本人だった。 「私は沖縄の現状を報告すると共に暴力的な反基地活動家山城博治が15日に国連の場を悪用しようと試みてることを皆様に報告したいと思います」 「沖縄の真実」を伝える我那…
トラックバック:16
コメント:5

続きを読むread more

フェイク機関“国連”の汚物…一打逆転シチリア島奇縁

マルタからの使者はシチリア島で正体を暴かれた。安倍首相が歴訪した地中海の島の奇妙な縁。ケナタッチ脅迫文が誘い込む未来で待っているのは“国連幻想”の消滅だ。 伊・シチリア島タオルミーナでのサミットを終えた安倍首相は5月27日、歴代総理で初めて地中海の島国・マルタ共和国を訪問。到着後、真っ先に向かったのは小高い丘の上にある英軍墓地だっ…
トラックバック:15
コメント:6

続きを読むread more

対話が招いた北の核危機…瀬戸際外交“不敗神話”に幕

安保理決議も多国間合意も蹴り飛ばす独裁国家。対話を呼び掛けて始まった6カ国協議は核開発の“影の功労者”だった。親子2代に渡るイカサマの果て、もう瀬戸際外交は通用しない。 「ソウルや東京への核攻撃は現実の脅威であり、北朝鮮が米本土を攻撃できる能力を備えるのも時間の問題だ」 4月28日に開かれた北朝鮮を巡るUN安保理の閣僚級会合…
トラックバック:7
コメント:3

続きを読むread more

BPO“沖縄地上戦”の弾幕…再び暴かれた「高江の真実」

凄まじい暴力映像に絶句…『ニュース女子』の反論は敵陣営を殲滅する総攻撃だった。一方、クロ判定ありきで暴走するBPOは新基準を打ち出し、TV地上波を死地に追い込む。 北朝鮮が3月6日朝に放った弾道ミサイル「スカッドER」が、能登半島沖200㎞の海域に着弾したことが判明した。日本海に向けたミサイル発射では最も列島に近い距離である。 …
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

在日派遣部隊の高江ゲリラ戦…墓穴の底でBPOが足掻く

我那覇vsシン・スゴの対決構図で在日高江決戦の雌雄は決した。騒乱を煽動する敵の正体とは…狙われた番組のVTR出演者が猛反撃。そして、BPOへの“沖縄マネー”流入も発覚した。 「マスクをした人達が急に車の前に現れ、帰れとかUターンしろとか、通りたいなら身分を証明しろとか行ってきた」 沖縄・東村の男性は昨年9月、仕事で地元を通行…
トラックバック:5
コメント:1

続きを読むread more

憲法9条で奪われた我が領土…腐れ像“竹島上陸”の告白

松江市に現れた反日芸人衆の中に竹島腐れ像計画のキーマンがいた。竹島問題では急に無口になる反日勢力。その島には「偽りの戦後の平和」が刻まれている。 「押すなよ」と喚きながら結局、警察車両に押し込まれてグッバイ。竹島捏造団体の会長・崔在翼(チェ・ジェイク)は、反日活動家と言うよりも熱湯風呂芸人に近い。 披露する芸が毎年同じで、い…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

忘れられた南京大屠殺の塔…新宿シナ人デモに余震なし

新華社系メディアがゴミ扱いすれば、本家も腰砕け。新宿シナ人騒乱が幻に終わる中、抗議の亡命者は中共の黒歴史を再発掘。忘れられた「別の30万人大屠殺」が怨霊となって仇をなす。 新聞を広げて驚いたり、呆れたりすることは多々あっても、戦慄が走るケースは少ない。2月4日付の産経新聞が正にそれだった。社会面の記事には、こんな見出しが踊っていた…
トラックバック:15
コメント:14

続きを読むread more

高江在日騒乱の膿んだ爪痕…弾圧機関=BPOが翳す凶刃

報道キャスターが違法テントで指示を出し、軍資金を集めても政治的中立で公平。だが真実の暴露は放送させない…結論ありきのヤラセ芝居。在日勢力と共謀する政治結社BPOの言論弾圧が始まる。 「自治体の首長として、これ以上耐えられない」 昨年12月末に開かれた釜山東区長の“腐れ像容認会見”は、見るに耐えられないものだった。乱入した活動…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

洋公主が裁く慰安婦騒動…「反日自虐史観」崩壊の鳴動

在南米軍モンキーハウス訴訟で洋公主と慰安婦の絶望的“格差”が浮かび上がった。釜山腐れ像問題では捏造派が惨敗。覚醒した日本国民の前で、自虐史観そのものが崩れようとしている。 「全く知らなかった…」 病床の自称慰安婦は、無関係を強調した。自らの預かり知らない所で、親族に勝手に大金が振り込まれたのだという。嘘で塗り固めた人生の末の…
トラックバック:11
コメント:1

続きを読むread more

反日ソルジャーの福島急襲…神仏大量破壊に震えた朝

山間の村を震撼させた神仏大量破壊の兇徒は南鮮人だった。揚陸した“ソルジャー”が挑んだ局地戦。「反日」が政治思想である時代は終わり、対日宗教戦争の火種が燻り始めた。 嵯峨天皇の御代というから9世紀のことである。下野国に跋扈する凶賊を成敗する為、藤原俊仁公が勅命を受けて現地に赴いた。しかし苦戦して後退、今の福島県・白河地方の峠に追い詰…
トラックバック:13
コメント:3

続きを読むread more

波紋呼ぶ「死ね」全面解禁…憐れ団塊用語のクソ知識

年末の黒い風物詩“流行語大賞”の延焼が止まらない。各種WebサイトでNGワード指定される「死ね」のメディア一斉解禁。選考委員には、現代社会を読み解く基礎知識が欠けていた。 「日本を貶める言葉を選ぶなど国民として到底受け入れられるものではない」 発表直後の炎上から3日、ついに反日企業ユーキャンに対する抗議活動が実行された。都内…
トラックバック:10
コメント:4

続きを読むread more

沖縄・高江在日騒乱の腐臭…破壊活動を煽動するTBS

相次いで逮捕されたのは在日活動家だった。有田しばき隊の犯罪者と共闘を誓ったTBS報道局の実力者。そして高江騒乱を主導する最高幹部の実名はパク・ホンギュと判明した。 「勝手に転んでんだよぉ」 防衛省職員を襲撃した後も刺青男は居直り、ドスを利かせた声で更に脅し続けた。9月24日、この日も沖縄の米軍北部訓練場に侵入した反日暴力組織…
トラックバック:10
コメント:2

続きを読むread more

謝蓮舫に旅券法違反の容疑…露見した反日ネットワーク

虚偽説明か虚偽申請か。二重国籍を自供した謝蓮舫に旅券法違反の容疑が浮上する。一方、在日台湾人を恐怖に陥れた法務省“新見解”。その背後に反日ネットワークの影がクッキリと現れた。 資料などの証拠を求める動きに対し、追及を受ける側は何も示さず、逆に「新たな人権侵害」と喚き散らす。謝蓮舫の二重国籍事件は、捏造慰安婦問題と似た展開を辿った。…
トラックバック:16
コメント:5

続きを読むread more

謝蓮舫が求める悪魔の証明…防衛力削った“違法大臣”

台湾籍離脱の“証拠”は31年前の朧げな記憶だけだった。矛盾だらけの会見で墓穴を掘る謝蓮舫。自衛隊装備にメスを入れ、議員外交で北京詣で…それは今に残る日本弱体化工作の爪痕だ。 「高3年で、18歳で日本人を選びました」 村田蓮舫ことHsieh Lien-fang(謝蓮舫)が、そう明言したのは僅か3日前のことだった。それが一転、9…
トラックバック:11
コメント:9

続きを読むread more

華人議員・謝蓮舫の選択…泥沼化する二重国籍疑惑

「私は華人議員として…」謝蓮舫の衝撃発言が疑惑を更に深める。二重国籍に関する回答は二転三転。最大野党の党首を目指す女は何故1枚の公文書開示を頑なに拒むのか。 「法廷に2年間も拘束されるかも知れない候補が必要なのか? そうなったら大問題だ」 米大統領候補の指名争い開幕を前に、ドナルド・トランプはライバルを牽制した。矢面に立った…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

電波に溺れた電波芸者…桜井誠伝説を生んだ17日間

桜井候補の伝説と初の女性都知事の誕生。波乱にまみれた17日間の激闘で電波芸者は惨敗した。首位から3位への大滑落…鳥越をこんがりローストした“調理人”は意外な組織だった。 忘れられない夏になる予感がする。選挙戦最終日の7月30日夜、秋葉原を舞台にした桜井誠候補のグランド・フィナーレ。聴衆は1,500人を超え、何本もの日章旗が宵闇に浮…
トラックバック:6
コメント:3

続きを読むread more

首都決戦の風雲児が往く…鳥越エンドの秒読み開始

桜井誠候補の演説に天敵の反日記者が“乱入”した。現代日本の政治思想を牽引する若きエースとは対照的に、老醜を晒す反日サヨク。小池優勢が伝わる中、鳥越の地獄堕ちに当確ランプが灯った。 「ホント、色んな人がいます。先程もそこで『馬鹿野郎』と叫ぶ人がいて、フレンドシップしに行ったら『助けてくださーい』と両手を挙げる。何ですか、これは?」 …
トラックバック:11
コメント:9

続きを読むread more

鳥越俊太郎が担ぐ反日の墓標…お座敷で震える電波芸者

10万対1の壮絶格差に高笑い。煙幕を毒ガスと捏造し、小説を史実にすり替えた報道犯罪者・鳥越俊太郎。被害女性の証言が真実で疑うことは許されない…そんな叫び声が有権者の胸をえぐる。 岸井成格はバカなのか? 「報道への政治圧力」というデマを拡散したいなら、下手な演技をしてでも騙し通さなければならない。嘘を嘘で固める必要があるのだ。 …
トラックバック:9
コメント:11

続きを読むread more

参院選濁す幻の改憲勢力…戦後を一夜で始末する方法

メディアによる「改憲勢力2/3阻止」キャンペーンは失敗に終わるのか…戦闘機ロックオンで尖閣情勢が緊迫化する中、敢えて憲法改正を問わず、反日勢力を一網打尽にする強硬策も存在する。 「冷戦期にもなかった対象国戦闘機による攻撃行動であり、空自創設以来初めての、実戦によるドッグファイトであった」 尖閣周辺のショッキングな舞台裏が織田…
トラックバック:6
コメント:5

続きを読むread more

殺人政党=共産党の馬脚…民共合作に踊る反日メディア

我が自衛隊を「人殺し」呼ばわりした末端議員は、党職辞任で逃亡を図るが、暴言は代々木の党見解と同じだ。本物の殺人政党に服従を誓う民進党。民共合作の黒幕は反日メディアだった。 「人を殺す予算というのは、政治家の発言としてまずい。国防というのは、国民の命を守る為にある」 日本のこころを大切にする党の和田政宗政調会長は、そう指摘し、…
トラックバック:10
コメント:3

続きを読むread more

川崎~天安門の六五真相…「嘘つき在日」は違法表現

日本人に襲い掛かかり、公道を不法占拠する在日勢力…蘇ったのは終戦直後の闇市の風景だ。挑発に屈し、媚を売る警察。その前に司法当局は狂気の審判を下していた。 その年の6月、東アジアで二つのデモが当局によって潰された。ひとつは北京、もうひとつは川崎だ。一見無関係に見えるが、2都市で起きた現象は同じ根を持っている。 米の中文サイトに…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

今大名・舛添要一の晩節…焦点隠したヤラセ会見

「大荒れ会見」は茶番だった。2時間超のマラソン会見でも都庁クラブ記者は誰一人、最大の問題に触れなかった…“都民の声”を無視しているのは舛添応援団の大手メディアだ。 「私的なものが入っているのなら計上しないとか、自身が基準を示すべき。その基準自体を弁護士に任せるのは、トンチンカンだ」 2時間15分に渡った注目の金曜定例会見。や…
トラックバック:15
コメント:11

続きを読むread more