南北同時斬首作戦の現実味…文在寅が漏洩した国家機密

慰安婦合意の「仲裁委員」だった米国の高官も絶句。文在寅政権が公開した外交文書には情報機関トップの機密も含まれていた。半島有事で首が狙われるのは金正恩だけではない。 「文在寅政権は12・28合意を破棄し、癒し財団を解散させろ」 南鮮外交部の庁舎前に集結した挺対協の幹部は、気勢を上げた。この日、発表された「慰安婦合意タスクフォー…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

軍艦島から愛と真実を込めて…捏造史覆す決定的証言

軍艦島では朝鮮人坑夫がダンス・パーティーを繰り広げていた…元島民が語る戦時中の実像は“東洋の楽園島”。そして反日プロパガンダ粉砕の決定打となる証言も飛び出した。 「第2の従軍慰安婦問題にしてはならない」 南鮮が世界に向けて拡散する軍艦島の反日プロパガンダ。それを真正面から迎撃する集会が12月19日、都内で催された。主催したの…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

反日歴史戦の無残な外交敗北…老兵を泣かす「負の遺産」

狂犬女は黙り、番犬男は一人飯…東京~北京の2都市に跨る壮絶な外交同時敗北に南鮮人は愕然。そして国賓冷遇の背後には習近平の「負の遺産」が聳え立つ。 「日本側の法的責任と賠償が不明確で不十分。法的拘束力もない」 外交部長に任命された康京和(カン・ギョンファ)は、そう息巻いた。親北極左の文在寅政権の中でも偏向が際立つ存在で、慰安婦…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

思想警察=BPOの吐瀉物…粛清逃れた弾圧実行部隊

救急車が止められた…現地調査で想定外の新事実に直面。それでもBPOは結論ありきで『ニュース女子』弾圧を強行した。反日陣営の指令を受けた思想検閲部隊が「民主社会の放送」を脅かす。 北朝鮮の秘密警察=国家保衛部は昨年6月、国家保衛省に格上げされた。名称が変わっても北庶民から「ホイップ」と呼ばれ、忌み嫌われていることに変わりはない。 …
トラックバック:9
コメント:1

続きを読むread more

北鮮海軍854部隊の侵攻劇…大量漂着に紛れた軍事行動

警戒網をすり抜け、北の木造船は秋田に侵入した。乗組員の正体が問われる中、朝鮮海軍の標識を掲げた不審船が海の要衝に潜入。“漂着騒ぎ”の陰で、敵斥候部隊の作戦行動が続く。 海沿いの街の住民が、あらかた眠り就いた頃だった。11月23日深夜11時半、民家のインタホーンが鳴り響く。家人が玄関の扉を開けると、外には見知らぬ男達が立っていた。話…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

朝日新聞“黒塗り”犯罪録…列島に吹く言論弾圧の暴風

比喩も皮肉も推理もダメ…捏造報道の暴露に狼狽する朝日新聞が狂気の言論弾圧を再開した。いきなり“償い金”を強要する恐喝行為。3年前の「謝罪会見」にも重大な疑惑が浮上する。 「森友劇場」も緞帳が降りかけた5月8日、籠池康博理事長は衆院予算委に居た。メディアを引率してのパフォーマンス。だが、上京の真の目的は国会傍聴ではなく、朝日新聞との…
トラックバック:8
コメント:1

続きを読むread more

米朝対話の失われた10年…忌わしき観光名所=板門店

北兵士亡命劇の映像公開に中共特使の訪朝が待ったを掛けた。成否が問われる中、トランプ大統領の回答はテロ支援国家の再指定。米国の対北迷走“失われた10年”は終わりを告げた。 側溝にタイヤが嵌り、運転不能と判断した兵士は車両を降り、南方向に走る。直後に北朝鮮警備兵4人が現場へ到達。至近距離から銃撃するが、頭部や脚には当たらず、逃亡を許す…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

“多弱野党”の国会動物園…背乗り政党が泥舟で漂う

小池新党崩壊で誕生した背乗り政党。民進残党が引き連れてきたのは盤石の「低支持率」だった。反日陣営が喧伝する“安倍1強”の裏には、弱過ぎるゴミ野党の群れがある。 惨敗の夜から3日後の10月25日、希望の党両院議員懇談会に現れた小池百合子代表の服にトレードマークの緑色はなかった。やや燻んだオレンジ色のストライプが目立つ。 ▽敗戦の弁…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

中共封じるインド太平洋の夢…対北時間稼ぎが別つ明暗

北朝鮮危機の陰で高速化する中共の南シナ海侵略。だが、習近平の“時間稼ぎ”作戦は思惑通りに進まない。歴史的なインド海軍の日本海進出で「海のダイヤモンド」は完成に近づく。 トランプ大統領のアジア歴訪に先立つ11月3日、日本海に日米印3カ国の艦艇5隻が集結し、6日までの4日間に渡って共同訓練が行われた。連携を深める3カ国の海軍だが、日本…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

トランプ節が止んだ瞬間…拉致被害者奪還の黒ばむ栄光

皇居の雅な佇まいに感銘を受けたトランプ大統領。上機嫌の初訪日だったが一瞬、表情が翳る。半島有事の際、拉致被害者をどう救い出すのか…それは我が国が長年放置してきた問題でもあった。 天皇陛下・皇后陛下におかれては11月6日、皇居・御所にて来日中の米トランプ大統領夫妻と御引見された。正門を抜けて参内した大統領の車列は30台に及んだ。 …
トラックバック:10
コメント:1

続きを読むread more

捏造慰安婦の羞しい記憶…対クマラスワミ最終戦争

ゲリラ設置の腐れ像が公共物にすり替わる…奇策を弄した像の増殖作戦は捏造派の弱腰ぶりを炙り出す。そして“慰安婦戦争”の火種を撒く国際謀略機関は進撃に躊躇し始めた。 「民有地にある慰安婦像と碑が、市の意思として公有地に移管されるようなことがあれば、姉妹都市関係を根本から見直さざるを得ない」 大阪市の吉村洋文市長は9月末、米サンフ…
トラックバック:23
コメント:5

続きを読むread more

安倍総裁V5選挙の落選者…墓場から蘇った反日議員

自民圧勝、そして安倍首相は国政選挙でV5の偉業を達成した。怪し気な風で国賊議員が蘇る一方、小池新党は既成ゴミ野党に転落。だが、真の落選者はモリカケ連呼の反日メディアだ。 台風一過の10月23日、永田町の上空には爽やかな秋空が広がっていた。日本晴れである。事実上の安倍政権信任投票となった総選挙は自民党の圧勝で終わった。予想外の好まし…
トラックバック:10
コメント:1

続きを読むread more

選挙妨害“解禁”の激戦区…カルト加勢で捏造報道に陰

都議選で“解禁”された選挙妨害。親北勢力の違法行為に反日メディアが喝采を送る中、日本人有志が反撃に出た。そして妨害陣営の新顔となったカルトがモリカケ捏造報道の闇を案内する。 「うるさーい」 安倍首相の演説中、女性の声が響いた。それは野次ではなく、選挙妨害を続ける男を制する一喝だった。10月17日、秋田・能代市で安倍首相が演説…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

中共が恐れる北崩壊後の世界…哀れ金正恩“命乞い演説”

宣戦布告に対する報復は「慎重に検討」。金正恩一世一代の声明は命乞いだった。中共で公然と論じられ始めた北崩壊後の次善策。習近平が恐れる悪夢の戦後シナリオとは何か。 要注意日と一部で囁かれた10月10日は何事もなく過ぎようとしていた。朝鮮労働党創建記念日、金正恩は対外的なアクションを起こさなかった。しかし、夜が更けた頃、報告に震え上が…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

9条カルト断末魔の秋…選挙後に開幕する小池更迭劇

密室謀議・独裁批判に小池代表はどこまで耐えられるのか…総選挙後に待つ希望の党トロイ派の叛乱。一方、改憲議論さえ封殺してきた反日メディアは異端のカルトに闇堕ちする。 「ギリシア人は逃げ去りました。予言によると、女神の怒りを鎮めるこの大きな木馬が城内に入ることで勝利がもたらされるのです」 最初、トロイア人は男の言葉を疑ったが、確…
トラックバック:10
コメント:1

続きを読むread more

闇鍋総選挙の腐った具材…邪道極める前原シロアリ作戦

波乱を呼ぶ民進党の看板掛け換え・偽装離党。唐突な「民共合作」破綻に戸惑う反日メディアもやがて小池劇場に加担する。前原の母屋乗っ取りシロアリ作戦に「希望」は引き裂かれた。 「民進党の前原代表が次期衆院選に無所属で出馬へ」 冗談のようなニュースが9月27日夜、永田町を駆け巡った。毎日新聞やNHKなど反日メディアだけではなく、各報…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

米大統領が振る“人権の旗”…偽リベラル派には絶滅フラグ

UN総会のトランプ演説に登場した横田めぐみさん。それは米大学生急死で高まる北の人権侵害批判を受けたものだった。一方で我が国のリベラル勢は完全沈黙、醜い馬脚を露わす。 「核・ミサイルばかり話題となり拉致問題が置き去りになっていると感じる。何としても今年中の解決をお願いしたい」 田口八重子さんの兄で拉致被害者家族会の代表を務める…
トラックバック:19
コメント:7

続きを読むread more

一刻の猶予なき「在日処分」…隠れた北鮮労働者大国

繰り返される“最強の対北制裁”。異様な北の海外労働者にもメスが入り、各国で受け入れ制限・追放が進む。だが、世界に恥ずべき北朝鮮労働者大国は、この日本だ。 「北朝鮮が危険な道を歩み続けるならば、圧力を続ける」 決議の採択後、米国のヘイリーUN大使は、そう話した。強がっているようにも、悔しさが滲んでいるようにも見えるが、ホワイト…
トラックバック:20
コメント:4

続きを読むread more

反日メディアが戦時体制突入…民間防衛再開を告げる鐘

ついに完成した悪魔の熱核兵器。それでも北の核開発に在日科学者が関与した事実は覆い隠される。そしてメディア工作員の蜂起と同時に72年ぶりの民間防衛が始まった。 「被告人が犯した罪は殺人よりも悪質である」 判事はそう指摘し、死刑を言い渡した。被告人は2人、しかも夫婦だ。戦後の米国を震撼させたローゼンバーグ夫妻事件。米中枢に食い込…
トラックバック:18
コメント:2

続きを読むread more

文在寅も溺れた敗者のゲーム…捏造史を晒す“徴用工像”

反日映画にあやかった徴用工プロパガンダ拡散も束の間…日本側の強硬姿勢に文在寅は“君子豹変”。そして南鮮に出現した新たな像は、強制労働とは無関係のシロモノだった。 浮き出た肋骨に張り出したエラ、そして手にはツルハシ…8月12日、ソウル中心部のターミナル駅前に見窄らしい男の像がゲリラ設置された。いわゆる徴用工の像なのだという。 ▽ソ…
トラックバック:6
コメント:3

続きを読むread more