平成最後の梅と桜と新緑と…上皇の御座す新たな御宇

粛々とフィナーレが近付く平成の御宇。最後と思われる御前での万歳三唱も恙なく終わった。そして202年ぶりに上皇陛下を戴く新たな御治世を迎える。 「なにごとの おはしますかは    知らねども かたじけなさに 涙こぼるる」 伊勢神宮参拝の際に西行法師が詠んだ歌は、日本人の宗教観を表現した一首として度々引用される。古来より我が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間延びした米朝会談第二幕…南北分断国家の喜劇

米朝首脳の第2ラウンドは鳴り物なしで静かに開幕する。開催地のベトナムは、かつて北朝鮮と共闘した血盟の友好国。だが、分断国家として歩んだ両国の歴史には決定的な違いがあった。 「炎と怒り…最初はとても困難な対話だった」 トランプ大統領は2月15日、国家非常事態宣言に伴う緊急会見で北朝鮮問題についても言及。感想レベルの発言だが、繰…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

文喜相W不敬発言の深刻度…完成した反日トライアングル

南鮮議会と朝日新聞の捏造コラボは一瞬で暴かれた。取材側の音声公開で確定した文喜相のダブル不敬発言。半島の南に完成した“三権連立”反日トライアングルに戦慄する。 マッチポンプという形容は不適切で、消火ポンプからガソリンが噴き出した格好だ。訪米した南鮮国会議長・文喜相(ムン・ヒサン)は2月11日、サリバン国務副長官との会談でぬけぬけと…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

国境を越えるウイグル人狩り…証言者が怯える非情の報復

鉄格子の扉と窓…潜入映像がウイグル強制収容所の実態を暴く。生還者の勇気ある告発が続く一方で生まれる新たな悲劇。恐るべき民族浄化の波が、周辺国にも打ち寄せる。 「ウイグルがこの世に残るかどうか、この世がウイグルを残すか。我が民族を世界に残す為に、中国共産党に対して『NO』というひと声を上げて下さい」 イリハム・マハムティさんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南鮮軍と組んだ反日メディア…上海沖の“未確認飛行物体”

南鮮が公開した謎画像に日本人有志のメスが入る。なぜ国防部は暗礁の「近く」という嘘を吐いたのか…レーダー事件の論点ずらしが続く中、反日メディアは南鮮軍加勢に舵を切った。 「日韓関係は最悪の新年を迎えた」(1月11日付日経新聞) 日系企業の資産強奪に続くレーダー照射事件の居直りで、メディアには「史上最悪」「過去最悪」といった表現…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

南北ウラ合意の極秘支援作戦…文在寅に叩き付けた絶縁状

不毛な協議の末の終了通告だった。防衛省が叩き付けた“絶縁状”には国防部の嘘を突き崩す新事実も登場。文在寅政権の強硬姿勢は、制裁破りの最高機密=南北ウラ合意を隠す為の猿芝居だ。 「一連の韓国側の対応ぶりや、これまでの韓国側の主張が一貫しておらず信頼性に欠けるものであることを踏まえると、韓国側が事実とは全く異なる主張を繰り返していると…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ニセ徴用工に偽証疑惑が浮上…歴史戦“場外乱闘”の誤算

誠意ある対応とは真逆の居直り恫喝だった。文在寅に加え、南鮮首相も挑発モードで我が国に説教…南鮮が歴史戦の場外乱闘に持ち込む中、元凶のニセ徴用工に重大偽証疑惑が浮上した。 1月11日、ソウル市内にある南鮮大法院(最高裁)の周囲は騒然となった。詰め掛けた報道陣と取り巻く抗議者。渦中の人は、前の大法院長・梁承泰(ヤン・スンテ)だ。 ▽…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

照射事件の封印された始末書…南北が跋扈する“冷戦の海”

第一声は「謝罪せよ!」南鮮が公開したPVはファクトとは無関係の論評と意見だった。真相を隠し、逆ギレする文在寅政権。だが連中は、日南論戦の最強友軍を喪ったことに気付かない。 例えば高速道路で執拗な煽り運転を受けたとしよう。ピッタリと真後ろに付けるスポーツカー。更に、激しくパッシングをしてくる…こちら側に対する何らかの合図であることは…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

日本海に“文在寅ライン”出現…南鮮海軍の愚かな野望

二転三転する南鮮国防部の供述、僅か2日で大和堆から板門店に消えた北の幽霊船員…設定が破綻する中、南鮮駆逐艦レーダー照射事件で浮上したのは日本海に敷かれた“文在寅ライン”だ。 まったく予期し得ない“宣戦布告”だった。12月20日午後3時頃、海上自衛隊第4航空群所属のP-1哨戒機は通常任務遂行中の能登半島沖で非常事態に見舞われた。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

LA旭日旗騒動に終息の風…南鮮移民がケネディ家と激突

「次はアリゾナ州旗だ」と息巻く米の南鮮系団体に強敵が出現。放射光を用いた壁画の塗り潰しが凍結された。激怒するケネディ家に抗い、いつまで南鮮移民は被害者を演じ続けるのか。 「多大な反響があり、更に議論する必要がある。現時点で直ぐに塗り消すことはしない」 土壇場での逆転劇だ。学校の壁画が旭日旗に似ていると難癖を付けた南鮮系団体に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中共軍産複合体が牙を剥く…21世紀型の“共産党細胞”

革命第1世代に連なる赤いエリートの血統。逮捕された女CFOこそ華為技術の核心だ。失われた10年…警告は無視され、中共軍産複合体の「細胞」は世界を覆い尽くしていた。 空港のトランジット・エリアは無国籍の空間ではない。もちろん容疑者自身、承知していたはずだが、真逆そこに捜査員が乗り込んでくるとは思っていなかっただろう。 華為技術…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本海に消えた揚陸部隊…戦慄の北パンデミック船団

再び出現した北朝鮮軍艦艇、エンジンのない木造船、そして感染者だらけの船…“謎の漂着”が過去最多となる中、パンデミック船団が列島に迫る戦慄シナリオが浮上する。 「北朝鮮の動向に重大な関心を持ち、情報収集と分析に努めている」 菅官房長官は12月4日、北朝鮮籍と見られる漂着船の発見数が今年既に180件を超えたことを明らかにした。異…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

高速走行に入った日韓断交…南鮮司法という無法空間

軍需工場で失明したと約20年前に訴えた原告が映画試写会に降臨…反日モンスターを産み続ける南鮮最高裁は、国際法をも裁く“絶対神”と化す。そして日南国交樹立の法的根拠は喪われた。 「殴られながら働かされた。これが強制労働でなければ何だ」 アジテーションは、さながら歴戦のプロ政治活動家。11月29日の南鮮大法院(最高裁)判決で“勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠れる潜水艦に捧ぐ弔砲…豪ダーウィンの傷と癒し

大編隊が壊滅させた港湾部の軍事施設、沖合に消えた伊号潜水艦…要衝ダーウィンを巡って縺れた日豪の糸がほぐされる。舞台裏で尽力したのは海自艦長と1人の大和撫子だった。 米国の他、オーストラリアにも日系人収容所があったことは余り知られていない。大東亜戦争の開戦直後、4,300人を超す日系人が、ラブデー、タツラなど3カ所の収容所に連行、拘…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南鮮ニセ徴用工の仮装遍歴…共産党が搾取した出稼ぎ労賃

朝鮮人の労賃を搾取して大儲け…日本共産党と朝連の暗黒共闘が映し出す戦後の闇。そして南鮮が創作したニセの徴用工は仮装を施され、通名を変え、今も日南メディアで虚勢を張る。 「問題を前向きに解決することが、日韓両国が本当の意味での友好関係を作ることになる」 ふざけた反日屋だ。代々木の序列2位・志位和夫は11月12日、来日した偽徴用…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

可視領域のシルクロード監獄…“家畜”にされた子供達

青天牙月旗と雪山獅子旗に包囲されたジュネーブのUN本部。各国の追及に中共代表は失点を重ねる。一方、都内で国際組織を旗揚げした「ウイグルの母」は新たな疑惑を投げ掛けた。 2人のトフティが監獄に消えた。1人は東大大学院でウイグル民族史を研究していた留学生のトフティ・テュニヤズさん。もう1人は北京・中央民族大のイリハム・トフティ教授だ。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

朝鮮労務者77年後の叛乱…捏造史が生み落すニセ徴用工

判決確定で勝ち誇る自称徴用者は、志願して来日した出稼ぎ工だった。密航者までが被害者に成り済ます狂気に満ちた朝鮮捏造史の集大成。日南歴史戦ファイナルステージの幕は上がった。 少し前になるが、討論番組で西岡力教授が、象徴的とも言えるエピソードを紹介していた。南鮮で学生運動が盛り上がった頃、北朝鮮亡命を希望する学生に対し、金日成は諭した…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やがて哀しき移民の歌…米・EUは日本の失敗に学べ

真っ当な反対論が掻き消される絶望的な状況で、危うい法案の審議が始まる。難民殺到の苦悩は欧米諸国に限らない。100年に及ぶ“寛容な移民政策”の果てに歪んだ島国が、ここにある。 メキシコ政府は10月18日、数百人の治安部隊を南部国境地帯に急派した。徒歩で北上するホンジュラス集団移民の流入を阻む為の措置だ。移民の数は5,000人を上回っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

“化外の島”の反基地闘争…米南融和ムードが終わる時

沸騰しては冷める南鮮の旭日旗騒動。背景には済州島という特殊事情もあった。そして、対北連携にクサビを打ち、在南米軍の弱体化にひた走る文在寅政権の正体に米国は漸く気付き始めた。 「東京朝鮮第一初中級学校は、東京では唯一済州島出身者が多い学校で、故郷で交歓試合をしたいという父母の希望が強かった」(金賛汀著『朝鮮総連』17頁) 20…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

米支激突の“仄暗い海”…国境を越えるオーウェリアン

寸前で回避された軍艦衝突。南シナ海の暴風域が拡大する中、米副大統領は中共にポスト冷戦時代の終わりを告げた。そして大陸を渡る“全人民監視システム”の悪夢に米国は抗う。 「北京は政府全体で政治・経済・軍事的手段およびプロパガンダを駆使し、米国内で自国の影響力を強め、利益を得ようとしている」 米ペンス副大統領が10月4日に講演で語…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more