序列1位・辻元清美の兇状…親北メディアが誓う忠誠

森友騒動の火遊びで自らに引火。国賊・辻元清美の疑惑隠蔽を巡って浮かび上がる親北・反日メディアの最終防衛ライン。深刻な北の脅威は私たちの身近にある。
画像

金正恩の最側近・崔竜海は2月16日の金正日誕生日イベントに姿を見せなかった。失脚説も飛び交ったが、直後に動静が伝えられ、3月末の3代目視察宣伝でも同行が明らかになった。

「北の核心権力層の間で対立の兆候がある」

元幹部クラスの脱北者は、平壌権力中枢の暗闘を指摘する。崔竜海は’14年5月に軍総政治局長を解任された後も浮沈を繰り返す。その背景にはナンバー2争いに起因する“チクリ合戦”がある模様だ。
▽復活が確認された崔竜海2月23日付労働新聞(聯合)
画像

金正恩体制が確立された今、序列2位以下の顔ぶれは国際社会の関心から遠い。しかし、北指導部内の序列、特に崔竜海の立場に一喜一憂する外国の政治組織があった。我が国の民進党である。

崔竜海の古くからの同志が辻元清美だ。2人の親交は、20年以上前に渡る。ネット上で拡散される有名な2ショット写真。これは新華社系TBSの『報道特集』で唐突に紹介されたものだ。
▽平壌で乾杯する辻元と崔竜海(JNN)
画像

撮影時期は1996年8月、場所は平壌市内と見られる。この時、辻元は自らのオルグ組織・ピースボートのツアーを率い、工作船・万景峰号で北朝鮮を訪れた。

奇妙なのは崔竜海が’96年当時、無名だったことだ。崔竜海が党政治局員・朝鮮軍大将に抜擢されたのは、金正日政権末期の2010年。それまでは地方党幹部を兼任する2世軍人でしかなかった。
▽リオ五輪会場で激怒する崔竜海’16年(共同)
画像

一方、崔竜海との接触直後、辻元清美も大出世を遂げる。総選挙に初出馬したのは、訪朝2ヵ月後。親北極左団体の主宰者は、朝鮮労働党“日本支部”の総力支援を得て、衆院議員に転身した。

崔竜海とは何者なのか? 欧米メディアは北の権力構造に疑問を投げ掛けるが、人物像は辻元清美に尋ねれば良い。日本では長年の知人が国会議員を勤め、半島危機の前夜に国政を混乱させている。
▽小学校建設地を訪れた辻元ら2月28日(産経)
画像

驚愕の事態だ。アルカイダの副官と親しい野党議員が、メディアと共謀し、大統領夫妻を嘘と偽りで攻撃する…そんな裏事情が語られたとしても、米国人は「お粗末な陰謀論w」と笑い飛ばすだろう。

しかし、我が国では現実に起こっているのだ。

【民進党献金者の“不発弾”処理】

「民進党さんには、したことはあります。はい」

渦中の自称作業員が、新華社系ラジオ局の収録放送で衝撃の告白をした。パクリ民進党に政治献金をしたことがあるのだという。土木関係者に限らず、一般庶民が政党に献金するケースは極めて稀だ。

「嘘の証言した男は辻元と仲良しの関西生コンの人間でした」「三日だけきた作業員が辻元清美が潜らせた関西なんとか連合に入っている人間らしいです」
▽反日メディアが一部封印した籠池メール(J-CAST)
画像

籠池夫人のメールでも指摘された仕込み疑惑の作業員。本人は辻元と面識はないと説明するが、「よく詳しく知らない」と言った1分後に「正直言って大嫌い」と話すなど設定を把握しきれていない。

この“証言者”が北朝鮮マンセーの中核派系組織・関西生コン連合とダイレクトに繋がっている可能性は小さい。何故なら、民進党と反日メディアが周到に仕込んだ操り人形だからだ。
▽ドヤ顔で質問する民進党・玉木(YouTube)
画像


「私がヒアリングした業者の方が言うには(略)、汚染土は処分費がかかるので、なんと半分程度は運動場、西側の場所に埋めてあるんだそうです」

民進党の玉木雄一郎が衆院予算委で、そう捲し立てたのは2月23日だった。質疑では匿名だったが、反日メディアは直後に業者に辿り着き、一斉に“爆弾発言”扱いで大きく報じた。
▽カメラ前で証言する作業員2月24日(ANN)
画像

実は、この時から既に森友学園バッシングの迷走が始まっていた。攻撃の基本は「国有地の不当に安値払い下げ」で、そこに「政治家の口利き」があったと決め付けるものだった。

ところが、国有地のゴミ処理費用を買い取り側が負担する契約で、払い下げ価格は妥当なばかりか、逆に「高い」とする見方も浮上。追及劇のシナリオは、いきなり崩れた。
▽建設が進む瑞穂の国小学校2月(共同)
画像

慌てた民進党と反日メディアは、作業員証言を使ってゴミ処理の問題をクローズアップさせたが、“核心”から遠ざかるばかり。教育勅語をめぐる論争など筋違いの方向にブレまくったのも、この頃である。

そして、投擲者の手元に戻ってくるのがブーメランだ。国有地払い下げ価格の問題が、民進党に突き刺さる。辻元清美記念公園とは一体、平壌のどこにあるのか?

【下請け・孫請けに流れるカネ】

「この辺はもう辻元清美議員の庭みたいな所で、その土地の地価を上げたかったんですよ」

3月29日の衆院国土交通委で維新の足立康史議員が、いきなり本丸を追及した。小学校建設地に隣接する豊中市の野田中央公園。国有地払い下げで、比較対象になった公園である。

最初に報じた朝日新聞は、約14億円の公園売却価格を掲げ、学園の“不当な安値”を強調した。国会質疑で豊中市の支払いが実質2,000万円だった事実が明らかになるが、それでも疑問が残った。
▽捏造紙“スクープ記事”の図解2月9日付
画像

森友学園の予定地は、ゴミ撤去費用の約8億円を足しても9億5,600万円。面積がほぼ同じにも拘わらず、坪単価は公園が1.5倍に近い。この価格差の謎を足立議員が解き明かした。

「これは補助制度が作った人工的な数字なんです」

国交省の常設補助金と臨時交付金を使い切る形で組み合わせ、それに豊中市が約2,000円を上乗せし、売却価格の約14億円が完成。しかも難航中だった払い下げ処理は鳩山政権発足で瞬時に決着する。



「政権交代が決まった後、21年の9月11日に豊中市が航空局に案件を初めて持ち込みました」

総選挙で民主・社民連合政権の誕生が確定した政権移行の空白期間。そして直後には、大阪航空局を所管する国交省が、前原&辻元の親北コンビに制圧される。
▽国交省を支配下に置いた親北閣僚(file)
画像

公園の建設を受注した業者が辻元に献金しているとの情報が乱れ飛んだが、ウラは取れていない。一方、辻元が代表を務める民進党大阪10区支部が生コン業界から献金を受けていることが判明した。

カネの送り主は経営者団体で、労働者とは対立関係にあるとの指摘もなされたが、撹乱情報だった。親北組織・関西生コン連合の総会は、収支報告書に記載された大阪駅前第3ビルで開かれている。
画像

参照:連帯ユニオン関西地区生コン支部HP1月17日『歴史的共闘の成果を実感して』

また辻元は上部組織の新年会にも福島瑞穂と一緒に招かれ、挨拶をしていた。組織を率いる武健一からの裏ガネ疑惑が取り沙汰された後もスブスブの関係を隠さない。
▽新年会で挨拶する親北シスターズ1月
画像

参照:連帯ユニオン関西地区生コン支部HP1月17日『2017年 新春旗びらき』

野田中央公園建設の下請け・孫請け業者に、関西生コン連合が含まれていたのではないか。豊中市の入札情報だけでは判らない。僅かでも関係あれば、そこは正に「辻元清美記念公園」と言える。

【序列1位守る親北勢力の覚悟】

「出発前の集会には約700人が参加。構成団体の全日建連帯労組関西地区生コン支部の武建一委員長は昨年の集会に山城議長を招いたことを振り返り…」

沖縄タイムスは3月中旬に大阪市内で行われたミキサー車デモを喜んで取り上げる。関西生コン連合も間接的ながら、在日米軍基地打撃任務に参戦しているのだ。
▽関西生コンの大阪デモ車両3月12日(沖タイ)
画像

籠池夫人のメール公開直後、ネット上では辻元との親密関係に加え、関西生コンの異様な実像が次々に暴かれた。朝鮮文字の腐れ像ステッカー付車両など衝撃的なものばかりである。
▽腐れ像シム・ミソン型の特製ステッカー(file)
画像

関西生コン幹部の1人が、北朝鮮マンセー組織の副会長を兼任していることも判明。日本人拉致事件に手を染めたチュチェ思想研究会と同じルーツを持つ大衆オルグ組織だ。
▽総連幹部出席の役員会’15年1月(朝鮮新報)
画像

金王朝崇拝を隠そうともしない。そして「辻元~関西生コン~北朝鮮」情報の噴出と平行して、有力まとめサイトが一斉にダウンする異常事態が発生する。

「サイバー戦争は既に始まった」

南鮮政府は昨年末の時点で、そう宣言している。欧米銀行へのハッキング強盗とDDos攻撃は規模や実利面で異なるが、北朝鮮・在日によるサイバー攻撃という憶測は、決して穿った見方ではない。
▽サイバー部隊強化した金正恩(KCNA)
画像

日本メディアへの親北勢力浸透は、想像以上のものだ。かつて在京キー局とNHKは、朝鮮総連が軽く脅した結果、北朝鮮の正式国名使用という表現指導を受け入れていた。

その指導を拒否したCXが、今回の辻元問題に触れたことは偶然ではない。総連の影響力は拉致事件の金正日自供で低下したが、テレビ業界には在日・北朝鮮タブーが色濃く残る。
▽みんなのニュース3月28日オンエア(FNN)
画像

辻元清美と崔竜海の関係を『報道特集』が取り扱ったことに違和感を持つ人も多いだろう。金正恩側近の軍事政権幹部と現職野党議員が旧知の仲であることは、スキャンダラスである。

ところが『報道特集』の制作陣は、そう捉えない。北朝鮮権力中枢との親密な関係は、辻元に箔が付くと考えるのだ。健全な日本国民の思考パターンとは全く違う。
▽小学校建設地訪問の辻元2月28日(産経)
画像

崔竜海が北序列2位か3位か、関心を寄せる必要はない。注目は、辻元清美が親北議員の序列1位に昇進したことだ。金正日ご指名の加藤紘一は他界し、山崎拓や川上義博は引退に追い込まれた。

核開発祝いで訪朝した親北議員には、アントニオ猪木や有田芳生がいるが、金正恩はゴミ同然に捨て去った。当人が虚しく北朝鮮マンセーを連呼しても、秋波は北に届かない。
▽追及チームを率いる辻元2月24日(民進HP)
画像

反日メディアが隠蔽の批判を恐れず、序列1位の辻元清美を守るのには大きな理由があるのだ。刑事事件に直結する容疑が浮上しない限り、今後もメディアは、辻元に媚態を示し続ける。

核・ミサイル・生物兵器だけではない。日朝の戦後史とは、北朝鮮による一方的な工作の歴史だ。朝開く新聞紙に流し見のテレビ…北の脅威が、もっと身近に存在することに日本国民は気付かねばならない。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参照:
□総務省HP平成27年11月27日公表『辻元清美政治資金管理団体収支報告書(PDF)』
□大阪府HP平成28年11月30日公表『民進党大阪府第10区総支部(PDF)』

参考記事:
□ZAKZAK3月31日『辻元問題で維新vs民進が国会“大乱闘” 第2の森友か、大阪国有地が14億円→2000万円の怪しい取引』
□産経新聞3月28日『民進・辻元清美氏に新たな「3つの疑惑」民進党「拡散やめて」メディアに忖度要求』
□東スポ3月29日『辻元清美氏 会見“ドタキャン”の怪』
□産経新聞3月31日『民進党の抗議に反論する-恫喝と圧力には屈しない 政治部長 石橋文登』
□Buzznews3月29日『焦点のひとつに浮上の「野田中央公園」について民進・玉木議員と維新・足立議員が国会で言及』
□沖縄タイムス3月12日『「山城議長の保釈を」 大阪でミキサー車など250台パレード』

関連エントリ:
H27年6月1日『北朝鮮直系議員の“国会侵攻”…脚色された安保法制議論』

"序列1位・辻元清美の兇状…親北メディアが誓う忠誠" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント