台湾変革50万人デモの曙光…大陸に向日葵は咲かない

50万人のうねりが首都を包む。議場占拠の学生が呼び掛けた抗議デモは大成功で終わった。馬英九の総統府“篭城”は3週目に突入。そして、台北に咲いた花を震えて見詰める男がいた。
画像

「皆さんは台湾の歴史に新たな章を書き入れました。この勝利は台湾の全ての人のモノです」

3月30日夜、学生のリーダー・林飛帆は台北の真ん中で叫んだ。サービス貿易協定の撤回を求める大規模デモは、予想を遥かに上回る国民を集め、平和裡に終わった。大成功である。
▼総統府周辺のデモ活動3月30日(AFP)
画像

「昨夜は路上で眠った。何としてでも協定反対を訴えたかった」

3人連れでデモに参加した男女は、熱く語る。その手には「デモクラシーを守れ」と書かれたプラカードが握られていた。台北在住の女子大生は、こう語る。

「台湾の産業にダメージが大きい協定の発効を許せば、大陸に呑み込まれてしまう」
▼総統府周辺に集まった学生3月30日(産経)
画像

急接近する中共への警戒感と民主主義への危機感。この日のデモは、主催側の発表で50万人に上った。それは、台湾国民の多くが学生たちと同じ思いを秘めていたことを白日の下に晒した。

「台湾の為に学生は知恵を絞り、行動を起こしている。大人である我々はそれを応援し、支えたい」

デモに駆け付けた元教師は、大学生の息子に刺激されたという。学生だけではなく、30代から60代の幅広い層が、台北中心部に集結。子供連れで参加した者も少なくなかった。
▼抗議デモにファミリーで参加3月30日(AFP)
画像

「今回の協議で一番大きなダメージを受けるのは中小企業。しかし、政府は何の支援策も講じていない」

そう話すのは、不動産関係の仕事をしている男性だ。サービス貿易協定の発効で、台湾国内の不動産業は大きな影響を受けるという。反対の声を上げなければ、今の生活も国家の将来も危うい…
▼総統府前のケタガラン大道3月30日(AFP)
画像

首都中心部での大規模デモは、昨年11月の同性婚反対行動など決して珍しい現象ではない。しかし今回は、台湾国の未来に直結する強い不安感を孕んでいる。

【代々木公園の桜と向日葵】

台北市警は3・30デモの参加者を10万1,000人と発表した。速報値では21万人だったが、最終統計で何故か大幅に下方修正。デモ区域を一部に限定するといった印象操作の匂いがする。

地元メディアは35~40万人と推定。また主催者発表の「50万人」は、地方を含めた数とも伝えられる。いずれにしても、総統府前のケタガラン(凱達格蘭)大道は黒服で完全に埋め尽くされた。
▼日没後の総統府前3月30日(自由時報)
画像

この大規模デモと同時連携した動きは世界各地で起きた。最も敏感に反応したのは香港だ。同じ日、香港中心部では学生ら1,000人がデモ行進。台湾と団結して民主主義を守ろうと呼び掛けた。

「香港では1国2制度が50年間続くはずだったが、徐々に大陸との一体化が進み、民主主義の制度が影響を受けている」
▼台湾学生支持の香港デモ3月30日(共同)
画像

香港では2月23日、中共が地元メディアへの統制を強めているとして大規模な抗議活動が行われた。中共に批判的な『明報』紙の元編集長が謎の人物に襲撃されたのは、その直後の出来事だ。

同時抗議はオーストラリアのほか、我が国でも東京・京都・福岡の3ヵ所で行われた。雨が時折激しく降る空模様の中、NHK横の代々木公園には、台湾国からの留学生ら300人以上が集まった。



「なぜ日本人がこれほど台湾を応援しているのか、分かりますか?それは日本にとって台湾が重要な国だからです」

集会のハイライトで山際澄夫さんが登場した。ネット上で熱烈な支持が集まっている現状を紹介。日本人が応援する理由として、歴史的経緯・シーレーン防衛、そして民主主義という同一の価値観を挙げた。

この日の抗議では、向日葵を手にした参加者も目立った。一輪のサンフラワーは、密室審議に差し入れる光を意味している。台北のデモ参加者は多くが黒いTシャツを着用していた。
▼総統府周辺の学生ら3月30日(AFP)
画像

統一カラーのブラックは、密室=黒箱に由来すると解説されるが、それだけではない。今回の台湾学生運動は、6年前の反中抗議と直結している。敗北と挫折を経て、雄々しく復活したものだった。

【実らなかった野イチゴの逆襲】

「大学に入って参加した野草苺運動に啓蒙された」

議場占拠の指揮官・林飛帆は、そう明かす。副官と評される陳為廷(Chen Wei-ting)も同じく、2008年11月に始まった「野草苺運動」をリスペクトする。
▼集会で演説する陳為廷3月30日(AFP)
画像

野草苺運動は、中共高官の台湾訪問に反発した学生らの抗議行動だ。発足間もない馬英九政権は、徹底した排除に乗り出し、やがて暴力を伴う鎮圧作戦を実行した。

馬英九による弾圧に対し、台湾学生は黒い服にマスクを付けて座り込むなど非暴力的な抗議を続けた。黒服は自分たちが受けた苦痛を意味し、マスクは強い抗議の意志を表現していた。
▼野草苺学生運動の抗議2008年12月(大紀元)
画像

この野草苺運動は、一握りの有志による小規模な抗議が発端だった。それは当時、欧米や我が国で高まったフリー・チベット運動とも密接に関係している。

2008年11月3日、中共の窓口機関「両岸関係協会」会長の陳雲林が初めて台湾入りする。国共内戦以降、訪台した中共の要人としては最高位。また陳雲林は今回の貿易協定にも深く関係する人物だ。
▼台北入りした陳雲林:右08年11月3日(AFP)
画像

陳雲林が宿泊する台北市内のホテル前では、駆け付けた有志が中華民国旗と雪山獅子旗を掲げ、抗議の声を上げた。それに対し、警官隊は抗議者を強制排除し、手にしていた国旗を奪い取ったのである。

現場的には“小競り合い”に過ぎなかったが、一部の台湾学生は当局による国旗強奪を深刻に受け止めた。更に翌日以降も、抗議者と判定された者が会談場所周辺への立ち入りを制限されるなど排除が激化した。
▼チベット支援者の抗議08年11月3日(AFP)
画像

そして11月6日夜、1,000人規模に膨れ上がった抗議者に対し、馬政権は2,000人を超す機動隊を投入。未明にかけて衝突が相次ぎ、双方に大勢の負傷者が出る事態に発展する。

中共VIPの過剰な警護と抗議者の徹底排除。この事件を機に、黒い服をまとった「野草苺学生運動」が誕生した。目の前で失われていく自由。学生たちは、馬政権の親中シフトに強い警告を発した。
▼抗議者と機動隊が衝突08年11月6日(AFP)
画像

だが、運動は広がらず、海外メディアが継続して活動を報じることもなかった。学生陣は敗北し、挫折したのである。馬政権と北京の蜜月は続き、両国の“経済連携”は一気に加速した。

6年前の学生たちの警告は正しかったのだ。ようやく事態の深刻さに多くの台湾国民が気付き、今回の太陽花学生運動に結実した。同時に、強制排除の悪夢が繰り返される危険も捨て切れない。

【カウンターは親中マフィア】

「Democracy at 4am(午前4時の民主主義)」

大規模デモの直前、3月29日付NYタイムズに全面広告が掲載された。そこで使われた写真は、24日未明に発生した行政院周辺の強制排除シーン。エリア限定の一時的な実力行使だったが、流血の事態は衝撃的だ。
▼3月29日付NYT紙の全面広告(中央社)
画像

馬政権側は、力による排除も選択肢に入れている。大規模デモ当日も、学生らに反対する白シャツ集団が出現し、威圧する場面があった。この連中は、国民党陣営が手配したカウンターと見られている。

そして4月1日には、世界に悪名轟く台湾マフィア「竹聨幇」の首領・張安楽がカウンターデモを先導。立法院周辺で座り込みを続ける学生を威嚇・挑発する異常事態も発生した。
▼学生を威嚇する張安楽4月1日(蘋果日報)
画像

「竹聨幇」は外省人系のマフィアで、張安楽は昨年まで中共の保護を受けてシナ国内で暮らしていた人物だ。帰国後は、北京の代弁者となり、中台統一を掲げる政治団体の代表に収まっている。

かつて竹聨幇の大幹部は、蒋経国の暴露本を書いた台湾作家を米西海岸の自宅で暗殺。国際社会に衝撃を与えた。以来、国民党と竹聨幇の繋がりは台湾社会のダブーだったのではないか…
▼台北空港で逮捕された張安楽13年6月(AFP)
画像

武器を大量に隠し持つ巨大暴力組織が、議会占拠への対抗を宣言したことは、余りにも不気味だ。正体不明の銃弾が大混乱を引き起こし、平和的なデモが流血の惨事に変わったキエフの悲劇は記憶に新しい。

「会期終了前の法制化を支持する」

大規模デモの前日、馬英九は貿易協定を監視するシステムの導入を約束したが、撤回には応じない構えだ。強硬姿勢は揺るがず、放置プレイの長期戦になるとの観測も強まる。

【シナ大陸に向日葵は咲かない】

終身議員制の「万年国会」を批判する学生が中正紀念堂前を占拠したのは、1990年の同じ3月だった。民主化要求の原点となる野百合運動。その時、学生との直接対話を行ったのが李登輝総統だ。

総統は当初、紀念堂に乗り込む決意を示したが、国家安全局が懇願して断念させたという。また夜の寒さに震える学生の身を案じ、台湾大学長に善処を要求したエピソードも残る。
▼中正紀念堂前の学生抗議90年3月(file)
画像

事態発生から僅か5日のスピード解決。李登輝総統の名声を高めた政治決断だった。優柔不断の馬英九とは比ぶべくもない。伝説の元総統閣下は3月27日、報道陣を前に馬政権を痛烈批判した。

「まず学生と会って話を聞き、何が問題でどう解決すべきか理解する必要がある。それが出来ないのであれば、何の為に指導者に選ばれたのか」



李登輝元総統は、話すにつれ感極まった様子で、涙を浮かべた。その言葉を現政権は、どう受け止めたのか…発生から2週間を超えた議場占拠。同時に、馬英九の総統府“篭城”も3週目に突入した。
▼高度警戒態勢の総統府3月(読売)
画像

北京もまた沈黙する。議場突入直後は、中共メディアも一部報じていたが、六四天安門の元リーダーが相次いで議場を激励訪問した時点で、黒箱化。偽ツイッターなどSNSも情報統制下にある。

急接近ムードも一気にすぼみ、3月末に予定されていた福建省トップの訪台は吹き飛び、中共高官による交流も延期となった。台北中心部の動きに神経を尖らせ、固唾を呑んで見守るっているのは、習近平だ。
▼総統府周辺のデモ参加者3月30日(AFP)
画像

遠い地中海沿岸の出来事ではない。対岸で巻き起こった民主化要求の“火の手”。それは中共を震え上がらせるに充分なエネルギーを保ち、海峡の向う側に揺らめいている。




最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参照:
■日本李登輝友の会 台北事務所
■野草莓学生運動HP2008年11月7日『声明文(日本語版)』

参考記事:
□アップル・デイリー3月30日『東京櫻花相伴 日人發雷神助威』
□産経新聞3月30日『台湾学生デモ、日本で留学生ら呼応 300人超「民主主義守ろう」』
□the PAGE3月30日『参加者50万人に 台湾の総統府デモ 主催者が発表』
□産経新聞4月1日『学生ら占拠の立法院付近で「協定賛成」のデモも 台湾』
□イザ4月2日『議場占拠「多数が支持」 台湾学生代表、継続の構え』
□AFP3月30日『台湾で大規模デモ、対中貿易協定に反対』
□産経新聞3月30日『野ユリ、野イチゴ…今回は「ヒマワリ」 台湾の学生運動』
□読売新聞3月30日『中国にのみ込まれる…台湾学生、対中協定に抗議』
□中央社フォーカス台湾3月29日『米NYタイムズ、台湾“ひまわり学生運動”支持の意見広告掲載』

□AFP2008年11月4日『中国の台湾窓口機関会長が台北入り』
□AFP2008年11月7日『中国高官の訪台に抗議、デモ隊と警察が激しく衝突 台北』
□AFP2013年7月1日『台湾最大の暴力団幹部を台北の空港で逮捕、中国に17年間逃亡』

"台湾変革50万人デモの曙光…大陸に向日葵は咲かない" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント