文化財強奪国家=韓国の悪態…被災者嘆く菅政権の反日暴走

日本叩きに悪用した日独決議に続き、菅政権は“日韓図書協定”の国会承認を急ぐ。我が国の文化財返還を求めない一方通行の売国協定。異論噴出の中、韓国人による仏像強奪事件も国会で追及された。
画像

安倍元首相や麻生元首相も議場を去った。4月22日、衆院本会議で行われた「日独友好150周年」決議の採択。自民党の有志議員約40人が決然と席を立った。

ドイツの駐日大使が外交官傍聴席で見守る中の異例の事態だ。事前に平沼赳夫代表が退席をアピール。棄権したのは創生「日本」のメンバーが中心だったが、議場で反対の意を示した議員も多かった。
▼衆院本会議で席を立つ議員4月22日(時事通信)
画像

「ドイツに対しても日本の国会が断罪して良いのか。絶対に賛成する内容でない」

下村博文議員は本会議前の代議士会で、そう訴えた。日独友好決議は民主・自民など5党が共同提出したものだが、細かい文言は直前になって知らされたという。決議文には次のような一節があった。

「両国は(略)1940年に日独伊三国同盟を結び、同盟国となった。その後、各国と戦争状態に入り、多大な迷惑をかけるに至り、両国も多くの犠牲を払った」
参照:衆院HP『日独交流百五十周年に当たり日独友好関係の増進に関する決議』
▼採決時に議場を出る議員4月22日(NNN)
画像

ドイツ側も同時に弾劾する歴史歪曲だ。民主党の原案には「両国の侵略行為により」と明記されていた。自民党などの反発でキーワードは削除となったが、それでも自虐史観丸出しの決議文だった。

「日本とドイツの友好増進には大賛成。でも、その中の決議文の事実の誤認に対しては良くない。事実誤認のまま、決議案に賛成する訳にはいかない」
▼採決で退席した小泉議員4月22日(NNN)
画像

小泉進次郎議員も棄権した1人だ。ソ連軍とドイツ軍がポーランドに侵攻したのは1939年で、文言には致命的な事実誤認があった。しかし、自民党執行部は単純なミスに気付かなかった。

直前の代議士会で糾弾され、執行部は慌てて党議拘束を解除。その結果、大量の採択ボイコット劇になったのだが、問題は2国間の友好にかこつけて反日策動に勤しむ民主党政権にある。

【韓国反日団体を招き国会承認は目前に】

日独友好を利用した歴史歪曲・日本人侮蔑。それに続き、民主党政権は矢継ぎ早に「日本叩き」を打ち出している。昨夏の仙谷&菅売国談話に基づく“日韓図書協定”の国会承認だ。

「手続きに問題があったり、日韓の今の関係も色々あるが、いつまでも引きずっているのは良くない」
▼会見する谷垣総裁4月21日(JNN)
画像

谷垣総裁は4月21日の会見で、反対するものの審議には応じる姿勢を示した。自民外交部会は前日に審議拒否を決めていたが一転。今月中に衆院で可決する見通しになった。

民主党は4月27日の衆院外務委、翌28日の本会議で採決する方針だ。そして松本外相が訪韓する5月15日までに参院採決を終わらせ、協定を発効させる算段である。
▼朝鮮王朝儀軌:資料(時事通信)
画像

参院で与党は過半数を割っているが、既にカルトと代々木が賛成を表明。状況は絶望的だ。さらに以前から「朝鮮王朝儀軌」の返還を強要していた韓国の団体が、一連の“反日政治ショー”を傍聴するという。

この反日組織は、代々木の笠井亮議員と関係が深く、韓国に招待する一方、外務省への陳情で協力を得るなどしている。代々木が賛成に回ることは既定路線だったのだ。
▼反日団体に招かれた笠井議員ら(2007年)

なぜ引き渡す古文書の筆頭に「朝鮮王朝儀軌」が挙げられたのか…理由は韓国国会で返還決議が相次ぐなど運動として盛り上がっていた事実があるが、背後には代々木の大きな関与もあった。

代々木の狙いは、単に文化財の返却に留まらない。宮内庁への直接打撃、ひいては御皇室を貶めることにある。それに乗っかったのが仙谷由人や菅直人だった。巧妙な反日タッグである。

【100万点超す日本図書不問の驚愕】

「日本にあるものは引き渡し、韓国にあるものをどうして日本に引き渡さないのか。それで初めて協定の趣旨が生きる。このまま国会を通す訳にいかない」

4月20日の自民党外交部会で、新藤義孝衆院議員は強く訴えた。“日韓図書協定”で問題視されるのは、我が国からの一方的な引き渡しに過ぎないことだ。その時点で真っ当な2国間協定とは言えない。
▼新藤議員作成“ひと目で解る図書協定問題”
画像

自民党の良識派議員は「片務的だ」として糾弾。その中でも昨年から徹底追及してきたのが新藤議員だった。最初に日本の重要文書が韓国内に残っていることを指摘した議員である。

「え、本当ですか。そんなのあるんですか」

外務省の担当者は目を丸くして頭を抱えたという。昨年11月11日、協定に署名する直前の出来事だった。新藤議員は韓国内に我が国の古文書が多数現存する事実を確認し、それを外務省にぶつけたのだ。



「日本が残してきた文書はありません」

外務省サイドは新藤議員が具体的に指摘するまで、そう言い切っていたが、調査の結果、韓国政府所有の日本由来図書は計100万点を超すことが判明。それでも韓国からの返還は求めないという。

「対象は朝鮮総督府を経由して現在日本政府が保管しているものに限定している。日本由来の図書は経緯・背景が異なり、同列に論じるべきではない」
▼自国不利の答弁繰り返す松本外相22日(衆院TV)
画像

4月22日の衆院外務委で松本外相は、そう答弁した。なぜ朝鮮総督府“限定”なのか…完全に破綻した理屈だ。新藤議員は韓国内に我が国由来の「対馬宗家文書」がある事実を早くから指摘していた。

大部分が国の重要文化財に指定された「対馬宗家文書」。韓国が保有する約2万8,000冊は、朝鮮総督府が対馬家から購入した後、現地に残してきたものだ。その引き渡しを要求しないと言うのである。
▼対馬宗家文書を収めた木箱(九州国立博物館)
画像

「日本由来の図書引き渡しを持ち出せば韓国側の反発は必至だ」

外務省幹部は、そう本音を吐く。繰り返すが、図書協定とは名ばかりの一方的な文化財の放棄だ。更に問題は、残された文化財だけに留まらない。

【韓国に盗まれた文化財を取り戻せ】

一部のネットユーザーが「韓国の狂気」として知る問題が、遂に国会で取り上げられた。長崎県・壱岐島の安国寺で起きた国の重文「高麗版大般若経」盗難事件だ。

盗難が発覚したのは平成6年7月だった。安国寺・宝財殿の南京錠が壊されて「高麗版大般若経」が奪われた事が判明。そして翌年6月に韓国で発見され、国宝に指定された。
▼安国寺の高麗版大般若経(長崎県HP)
画像

「高麗版大般若経」の獲得したのは韓国の化粧品会社の会長。盗難品であることは明らかだったが、ソウル中央地検は「盗品と知らずに購入した」と裁定して不問にし、安国寺には今も戻っていない。

文化庁の確認で特徴が一致したことを受けて当時、外務省は現物の調査を依頼したが、韓国側は「確証がない」と突っぱねた。文化財を強奪し挙げ句、国ぐるみでシラをきるという異常事態だ。
▼外務委で追及する平沢議員4月22日(衆院TV)
画像

この事件を平沢勝栄議員が“日韓図書協定”問題に絡み、22日の衆院外務委で追及したのだが、松本外相は韓国サイドに調査依頼する考えを示しただけだった。外相会談で提起するのは当然だ。

安国寺の強奪事件は犯人が捕まっていない。しかし平成15年に兵庫県の鶴林寺から重文の仏像が盗まれたケースなどでは韓国人の犯行が判明。グループによる計画的な犯行だった。
▼韓国人集団に盗まれた鶴林寺の阿弥陀三尊
画像

「日本に略奪された文化財を取り戻してきただけなのに、何が問題なのか」

主犯格の人物は取り調べの際に悪態をついたという。我が国には大陸から様々な仏画・仏像が伝来したが、それを「略奪」と捉える時点で気が狂っている。そして韓国政府も似たような精神構造だ。
▼週刊新潮H17年10月17日号の特集記事
画像

「朝鮮王朝儀軌」は総督府から移管されたものだけではなく、宮内省が購入した文書もあった。散逸を防ぐ為に市中から買い上げて保護したのである。

丁重に保護した文化財が引き渡される一方、南京錠を破壊して盗まれた文化財は返って来ない。“日韓図書協定”は、文化交流の発展を謳っているが、余りにも理不尽だ。

【被災者無視で反日を優先する鬼畜政権】

「協定を認めれば、強制連行や慰安婦問題など統治下時代に起こって今は法的に解決された問題を蒸し返すことになる」

外務省の参事官らを招いた自民党の外交部会で宇都隆史議員は、そう批判した。新たな文化財の返還要求どころか、日韓基本条約がなし崩しになり、広範囲の補償請求に発展する可能性が高い。



それが賠償ビジネスにリンケージする仙谷由人の狙いだ。昨年8月の唐突な談話発表に続く、強引な日韓協定。それを主導したのが首相や外相だったことを外務省サイドも認めている。

民主党内での手続きもなく、極少数によって推し進められたのだ。日本国民や議会はおろか、党内の意思すらも無関係。そして日韓首脳が合意し、協定への署名が行われてしまった。
▼日韓4人組による署名式H22年11月14日
画像

署名したのは前原外相(当時)と金星煥外交通商相だが、署名式には菅直人も参加した。韓国人から違法献金が発覚した2人に、官邸を留守にして駆け付けた仙谷由人と半島利権の役者が出添っていた。

昨年6月、首相に就任した菅直人は自国民の為には何の仕事もせず、仙谷-菅談話を出して韓国人を喜ばせた。日本及び日本人にとっては存在自体が害悪。それは今に至って加速している。
▼談話発表を報じる韓国のテレビ昨8月(AP通信)
画像

「災害支援に謝意の文言がひと言もないことが異常だ」

平沼代表は日独友好決議をそう非難した。民主党にとって主眼は常に反日だ。決議文をめぐって「侵略」表現で与野党間の協議が始まったのは3月末。それは未だ震災不明者の捜索が続いている時期だった。

震災関連で与野党が協議すべきテーマは山積していたが、菅政権・民主党は反日策動に血道をあげていたのだ。間もなく採決する“日韓図書協定”に関する決議も現時点で優先する事柄ではない。
▼被災者スルーで叱られる菅直人4月21日(産経)
画像

大地震発生から40日で菅政権が成立させた震災関連の法案は僅か1本だけだった。そして震災関連法が急がれる中でも韓国支援・日本叩きの売国法案成立に奔走している。

被災者の悲鳴を無視し、韓国人の為の政治を行う…それが民主党政権の亡国的基本スタンスだ。


  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1
政治ブログランキング

画像

参照:
☆下村博文衆院議員HP4月23日『日独友好決議に本会議退席する』
☆新藤義孝衆院議員HP平成22年11月27日『週刊新藤211号:「日・韓図書協定」に大きな疑問?~我が国外交に汚点を残す大失策への抗議~』
☆創生「日本」HP平成22年12月3日『朝鮮王朝儀軌等の韓国政府への引き渡し協定が抱える問題点について(PDF)』
☆外務省HP平成22年11月14日『日韓図書協定の署名』

参考記事:
■産経新聞4月22日『歴史観めぐり不満噴出 自民「日独決議」で40人退席』
■NNN4月22日『日独友好決議で棄権続出「歴史認識を誤認」』
■産経新聞4月22日『「日独決議は事実誤認」平沼氏代表の日本会議が本会議の採択退席を呼びかけ』
■産経新聞3月31日『日独友好決議の文言修正へ「両国が侵略行為」に自民反発』

■産経新聞4月22日『盗難の長崎の重文 韓国の国宝と「酷似」 外務省が調査依頼へ』
■時事通信4月22日『日韓図書協定、今国会承認へ=外相訪韓までに発効』
■共同通信4月17日『日本由来図書の全容判明 日韓図書協定で外務省調査』
■時事通信4月22日『韓国にも日本の古文書=返還は求めず-松本外相』
■産経新聞4月20日『韓国内の日本由来貴重「放置」、日韓図書協定 自民党反発』
■産経新聞4月20日『日韓図書協定をめぐる自民党部会の要旨』

*****************
【Side Story】

西村幸祐さん責任編集の新雑誌『JAPANISM』が4月26日に発刊されます。新たなコンセプトで幅広い層に訴えかけるオピニオン誌で、表紙は「もしドラ」のイラストで知られるゆきうさぎさんです。
画像

そして創刊を記念したトークライブが新宿ロフトプラスワンで4月30日に開かれます。「ああ言えば、こうゆう」の第4弾。午後2時開演の2部構成です。

会場のキャパに限りがあるので、入場希望の方は予約がベターです。
↓(プラスワン予約フォーム)
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/reservation/reservation.php?show_number=149

"文化財強奪国家=韓国の悪態…被災者嘆く菅政権の反日暴走" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント