中共大使館包囲デモの鮮烈…3,200人抗議で北京激震

暴漢の乱入に大使館前の規制…列島注目の中で行われた六本木の尖閣抗議デモには3,200人以上の有志が集まった。それを迎え撃つ形で発生したシナ学生騒乱は、中共指導部を震え上がらせている。
画像

千代田線・乃木坂駅の改札付近から既に混雑していた。10月16日午後2時前、外苑東通りに出ると、横断歩道の先、木立の向こう側に翻る日の丸が見えた。かなりの賑わいだ。

この日、六本木界隈で繰り広げられたデモ行進の参加者は実に3,200人を突破。青山公園で集会がスタートした時、広場はほぼ埋め尽くされ、演台を窺うのも簡単ではなかった。
▼青山公園の抗議集会
画像

国民に衝撃と怒りを与えたシナ人船長の釈放から3週間以上が経っている。最近は海保ビデオの隠蔽問題を除き、尖閣絡みの報道は激減。10月2日の渋谷デモを人数的に上回るのは難しいとも考えていた。

しかし、日本人の憤りは少しも衰えていなかった。前回の渋谷にも増して16日は、若いカップルや家族連れの姿が目立った。組織動員の出勤型デモとは全く装いが違う、市民による自由参加型の抗議活動だ。
▼20代と見受ける参加者も多かった
画像

第1弾の渋谷デモに比べ、今回の六本木デモでは雪山獅子旗や青天牙月旗も数多く登場。お馴染みのイリハム・マハムティさんの他、「チベット問題を考える会」代表の小林秀英さんの姿もあった。

中共が侵略を目論む尖閣・沖縄と、植民地支配を受ける東トルキスタン・チベットの問題は同じだ。それにグリーンの台湾旗が加わるのが、世界的にも稀な我が国の反中抗議活動の特徴である。
▼デモ行進の準備をするイリハムさんら
画像

今回は、新たに劉暁波氏の釈放を求めるプラカード類も並んだ。ノーベル平和賞の発表以降、デモで釈放がコールされたのは初のケースで、海外メディアは、この点に注目していた。
▼「Free Liu」のプラカード10月16日(ロイター)
画像

人権団体を標榜するアムネスティ日本は、受賞発表後に何のアクションも起こしていない。中共絡みだと急に沈黙し、人権の基準を大幅に下げ続けている団体だ。

10月16日のデモは保守系で過去最大規模となったが、一方、中共に何も言えない老舗のエセ人権団体が、その役割を完全に終えたエポックメーキングな抗議活動でもあった。

【虐殺支持派の2人組がデモに乱入】

白熱した演説に続き、午後3時半頃からデモ行進がスタート。外苑西通りから六本木通りを進む約2㌔のコースだ。第9悌団にも及び、順次出発したが、不測の事態は隊列の先頭で起こった。
▼第1悌団先頭の国士系政治家10月16日(AFP)
画像

午後4時過ぎ、第1悌団が六本木交差点を越えた時、突如、男2人組が行進を塞ぐように乱入。横断幕を持った2人組は、叫び声を上げながら、車線中央に座り込んだ。
▼取り押えられる暴漢2人組10月16日(ロイター)
画像

男2人組は直ちに警察官に取り押えられ、大きな混乱はなかった模様だが、危ないところだった。凶器を隠し持っていれば、デモ参加者に確実に被害が及んだ。2人組は不逞シナ人なのか?

第1悌団にいた武蔵村山市の甘目石市議は、乱入事件を間近で目撃し、写真も撮影。デモ行進後に麻布署を訪れた甘目石市議によると、警察側は2人が日本人の可能性もあると見ているという。
▼中共のジェノサイドを支援する2人組(AFP)
画像

参照:武蔵村山市議会議員 あまめいし要一郎の活動報告10月16日『尖閣デモに暴徒乱入!暴漢の写真付き』

暴漢2人組は身分証などで身元確認が出来なかったもののも、日本語には訛りがない模様だ。犯行声明ビデオらしきものもアップされているが、詳細は不明。既に釈放されている可能性が濃厚だ。

参照:YouTube『尖閣デモの妨害反日左翼鑑賞会 10.16』

ちなみに2年前の長野シナ棒回しで果敢に突進したタシ・ツェリンさんは、威力業務妨害容疑で現行犯逮捕。20日間も拘留されたうえに罰金50万円が課せられた。
▼六本木交差点近くを進むデモ隊列
画像

あの時、タシ・ツェリンさんは雪山獅子旗を広げようとしただけだった。無言の抗議だ。しかし今回の暴漢2人組は路上で意味不明のことを叫んでいた。即時釈放であれば、その対応の違いは納得できない。

さらに警視庁麻布署が中共大使館前で行った規制も異常だった。

【反日ならOK?…“岡崎機関”の横暴】

暴漢2人組の乱入事件の他に大きなトラブルはなく、勢いが途切れずに抗議デモは進んだ。9つもの悌団、3,200人を超える規模は壮観で隊列の長さも尋常ではない。
▼デモ最後尾から最前列までのロングカット


行進ルートの最終ポイントである三河台公園には全員を収容不可能。先頭集団は最後尾の到着前に中共大使館に向かって歩き始めていた。その為に田母神閣下の演説を聴けなかった参加者も多かった。

その一方で、後方の悌団と前列の悌団が擦れ違い、一時、六本木交差点には無数の日の丸が翻った。圧巻である。また先頭にいた田母神閣下がデモ参加者を激励し、握手する光景も見られた。
▼デモ参加者と握手する田母神閣下
画像

車道を練り歩くデモ行進の終了後が今回の抗議活動のハイライトであった。一列縦隊で歩道を進み、元麻布の中共大使館に向う。正に長蛇の列なのだが、前進のペースは牛歩レベル…。

悪名高い“5人ルール”が実行されたのは確実と判断。列を離れ、西麻布の交差点を抜け、広尾方面から中共大使館への接近を試みた。周辺に機動隊の影はなかったが、一部の辻には警察官が立っている。
▼中共大使館前の抗議活動


中共大使館目前で警察官にブロックされたりしつつ、何とか目的地に到達。裏口進入とあって後ろめたい気持ちで一杯だったが、大使館前は中共非難コールで激しく盛り上がっていた。

情報交換した所、一時は“5人ルール”を徹底し、所持品検査まで行われていたという。5人ずつの入れ替わりを実施すれば、参加者全員の抗議の終了は、日付変更線を軽く跨いでしまう。
▼中共大使館に抗議文を投函


全く馬鹿げた対応…警察組織のトップが公費を使い、日本大使館前で抗議を繰り広げているのだ。完全なダブル・スタンダード。岡崎トミ子が土下座して謝罪しない限り、大使館前の規制は許されない。

この“岡崎機関”の嫌がらせに苛立った参加者も多いだろうが、腰を休める時間もなく、中共大使館前で声を上げた方々の忍耐強さと心意気を讃えたい。その熱意が北京を揺さぶったのだ。

シナでイトーヨーカ堂が襲撃されたという一報を確認したのは、中共大使館前を離れた時だった。

【料理店などで略奪…学生騒乱が発生】

大学生を中心とした暴徒集団が10月16日、四川省・成都の中心部になる日本料理店に雪崩れ込み、ガラスを叩き割るなど徹底的に破壊。酒類の略奪に加え、売り上げ金が奪われたとの情報もある。

典型的なシナの騒乱事件だ。成都ではイトーヨーカ堂が襲撃目標となり、暴徒が石やレンガを投げつけ、ショーウィンドウのガラスを粉々にした。市内中心部の騒乱状態は2時間近く続いた模様だ。
▼襲撃された成都の日本料理店10月17日(時事)
画像

また陝西省西安市でも暴徒が日本料理店を襲撃。さらに繁華街にあるソニーやミズノなど日系企業の販売店も徹底的に破壊された。同様の騒乱は河南省鄭州市、浙江省杭州など計4都市で同時多発的に発生した。

メディアは横並びで「反日デモ」と表現したが、実態は官製デモを足掛かりにした大規模騒乱である。成都の場合、許可を受けたデモ行進は、ごく少数で組織されていたことが写真からも判る。
▼成都のデモ行進10月16日(中共保釣連合会HP)
画像

香港紙によると、中共の指導下にある各大学の学生会がデモを組織したという。集まった暴徒の偏った年代構成を見れば、一目瞭然。それよりも特徴的なのは五星紅旗やプラカードの少なさだ。
▼成都の日系商店前に集まる学生ら(ロイター)
画像

何も持たない若者ばかりで、野次馬と区別がつかない。デモ要員に選ばれた学生以外の暇な連中が呼応して集まったと見られる。それが予想以上に膨れ上がり、制御不能に陥った。

中共大使館に向けてペットボトルひとつ投げる者がいなかった都内の市民デモと襲撃・略奪がメーンの“反日デモ”は全くの別物だ。そこにあるのは、民度の違いだけではない。
▼菅内閣を糾弾する六本木のデモ(AFP)
画像

10月16日の六本木デモは中共の尖閣侵略策動を糾弾しつつ、返す刀で自国の菅政権も非難している。それに対し、外国への罵声しか認められないのがシナの限界であり、官製デモである証拠だ。

【大使館包囲の時刻に合わせた騒乱】

10月2日の渋谷デモを完全封殺した日本メディアも、今回のデモを無視することが出来なかった。ただし、各社ともボリュームは少なく、抗議集会で熱心に取材していたのは海外メディアだった。


その中でもイラン国営「プレスTV」のペン記者は、西村眞悟前議員らのインタビューも盛り込んだ見事なリポートを完成させた。演台の裏側で手持ち無沙汰にしていた在京キー局の報道記者と随分な違いだ。

NHKも取材に来ていたが、放送ではシナの騒乱に絡め、「日本右翼」と書き込まれた中共工作機関のHPを10秒以上垂れ流した後に六本木のデモを紹介。刷り込みに近い、悪質な印象操作である。
▼チャンネル桜の撮影スタッフが“NHKデビュー”
画像

テレビ報道で背景にウェブサイト画面を使用するのは、映像が足りない場合の最終手段で、5秒を超す静止画など通常は許されない。NHKの編集は意図的だ。しかし、それよりも共同通信は悪質だった。

朝日新聞など多くの日本メディアは、シナ各地の“反日デモ”が都内のデモに「反発した可能性」を指摘。オマケのように付け加えて手短に伝えたが、共同通信は日本側のデモを完全に無視した。

参照:共同通信10月16日『中国3都市で大規模反日デモ 計1万人超、尖閣めぐり抗議』

▼放送禁止用語で侮辱する鄭州のシナ人(AFP)
画像

この記事は、なぜシナ各地で“大規模デモ”が同時多発したのか、説明ができていない。前回9月18日のプチ抗議は、柳条湖事件79周年という中途半端な“理由”があったが、今回は何の“反日記念日”でもない。

成都のデモ行進は北京時間の午後3時から始まった。これは都内の抗議活動に合わせたものだった。中共のタブロイド機関紙「環球時報」は10月15日にアップした記事で、こう書き飛ばした。

「日本右翼3000人が16日午後4時に在京大使館を包囲攻撃する」
▼六本木交差点を過ぎるデモ隊列(ロイター)
画像

日本時間の午後4時は、北京時間の午後3時だ。この環球時報の扇動記事が、シナ憤青の間で反響を巻き起こし、即座にカウンター措置がセットされたことは明らかである。

日本側の中共大使館包囲抗議とシナ各地の学生騒乱には歴然とした因果関係が存在する。これが最も重要な点だ。

【中共指導部が震撼という大殊勲】

扇動記事を配信して学生騒乱を呼び起こした環球時報は16日、実際に行われた六本木の抗議デモ・集会の模様を伝えた。しかし、内容は一転して抑制が効いたトーンに変わっていた。当局が規制したのだ。
▼掲載写真に「尖閣」の文字も10月16日(環球時報)
画像

参照:環球時報10月16日『日本四千名右翼分子反华集会 包围我使馆』

学生騒乱の発生は、胡錦濤政権にとってショッキングだった。有り得ない事態である。北京では10月15日から党の重要イベント「五中全会」がスタート。そのタイミングで騒乱が起きてしまった…。
▼天安門広場も厳戒態勢10月15日(AP通信)
画像

権力闘争は「五中全会」の前に終わっているが、問題は会合の為に主要な党幹部が北京に集合し、地元を離れていることだ。末端の党書記が居なければ、初動対応でコントロール不能に陥る恐れが高い。

最も騒乱が激しかった成都市の共産党書記・李春城は共青団系。地元を離れていたか否か不明だが、やはり政争の匂いがする。単なるガス抜きの官製デモが大規模騒乱に発展しただけではないようだ。
▼略奪も横行した西安のミズノ販売店16日(NNN)
画像

中共指導部の狼狽ぶりは半端ではない。16日夜から騒乱の発生地に武装警察など治安機関を大動員。暴動の再発を抑えるのに懸命だ。都内のデモで忙しくなったのは麻布署ではなく、シナ各地の公安だった。

それでも翌17日、成都から約100㌔離れた四川省綿陽市で新たな大規模騒乱が発生した。暴徒が日本車を引っくり返し、パナソニックの販売店や日本料理店を襲撃。その規模は3万人とも伝えられる。
▼綿陽市中心部で起きた学生騒乱10月17日(FNN)
画像

目撃者によると反日スローガンを記した横断幕などはなく、治安部隊と暴徒が衝突する場面もあったという。反日抗議はきっかけに過ぎず、もはや大規模反乱の様相。胡錦濤政権が最も恐れていた事態だ。
▼綿陽市中心部に集まる暴徒集団10月17日(共同)
画像

その元を辿れば渋谷デモに引き続いて行われた10月16日の六本木デモに行き着く。反シナ抗議活動は世界各国で繰り返されてきたが、ここまで中共指導部を慌てさせたケースは過去にない。

大殊勲である。3,200人を超す日本人有志の行動が、遥か海を越え、今、北京の独裁政党を震え上がらせているのだ。


  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1
政治ブログランキング

画像

*****************
【Side Story】

■16日のデモに参加された皆さん、そしてネット生中継などで声援を送られた皆さん、お疲れ様でした。中共大使館に辿り着くまでの長い道程をスキップして申し訳ありません。当日は気合いが入り過ぎていた為か、2日前に充電したバッテリーをデジカメに差し込むのを忘れ、携帯電話での撮影に…夜間の撮影は不可能でした。

■『WiLL』緊急増刊号「侵略国家中国 守れ、尖閣諸島!」が10月14日に発売されました。この中の論文で山際澄夫さんが拙ブログを紹介して下さいました。大変、光栄です。
画像

安倍元首相の寄稿文を始め、新たな視野を広げる主張と情報が満載。巻頭を飾る山本皓一さん撮影の尖閣写真も素晴しい。魚釣島に山羊が居る本当の理由をはじめて知りました。

参考記事:
■やまと新聞10月16日『5800人が参加した!尖閣侵略糾弾デモ(動画追加)』
■読売新聞10月17日『大規模反日デモ、胡政権へ衝撃…日中修復に影響』
■産経新聞(共同)10月17日『四川省のデモは社会不満がエスカレートか 政府、制止できず衝撃』
■共同通信10月17日『中国紙、反日デモの内容伝えず 外務省談話のみ掲載』
■時事通信10月17日『中国政府、自制呼び掛け=党重要会議中に異例の反日デモ-北京で抑制、内陸で容認か』
■毎日新聞10月16日『中国:当局、報道統制か「5中全会」開催中の大規模デモ』

■環球時報10月15日『日本右翼团体计划3000人“围攻”中国驻日使馆』
■ロイター10月16日『Japan rallies against China over disputed islands』
■ブルームバーグ10月16日『Anti-China Protest in Tokyo Draws Thousands on Dispute』

"中共大使館包囲デモの鮮烈…3,200人抗議で北京激震" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント