君側の奸・河野洋平の暴走…暗黒度増す媚中派トップ

懲りずに河野洋平が御前で反日暴言を吐いた。それは中共に向けた態度表明の発言だ。媚中派トップの座に登り詰めた真性売国奴の暴走をいつまで手をこまねいて見過ごすのか…
画像

また確信犯的に河野洋平が不届き千万な妄言を吐いた。英霊を罵倒する暴言だ。河野洋平は既に許せるレベルの政治家ではないが、暴走ぶりは度を越している。

この国賊の反日暴走を止める手立てはないのか…

毎年日本武道館で8月15日に催される全国戦没者追悼式で、河野洋平は衆議院議長の職位を悪用し、歪んだ思想信条を滔々と述べた。

「海外での武力行使を自ら禁じた『日本国憲法』に象徴される新しいレジームを選択して今日まで歩んできた」
▽追悼式での河野洋平(JNN)
画像

これが安倍首相の掲げる「戦後レジームからの脱却」への当てつけであることは明快だ。護憲・改憲の政治的スタンスは、例え衆院議長であっても自由だ。

しかし、それは戦没者への「追悼の辞」に挟み込んで吐き出されたものだった。遺族や関係者を前にした追悼の場であって、己の政治信条を吐露する席ではない。
▽全国戦没者追悼式(時事通信)
画像

これだけでも全国戦没者追悼式を政治利用する悪質な言説だが、更に河野洋平の口からは皇軍を罵り、なじる言葉が続く…

「日本軍の一部による非人道的な行為によって人権を侵害され、今もなお苦しんでいる方々に、心からなる謝罪とお見舞いの気持ちを申しあげたい」

日本軍の一部による非人道的行為とはいったい何か?

【遺族の憤慨を嘲笑う2年連続の暴言】

具体的には述べていないものの、これが“従軍慰安婦”を暗示していることは明らかだ。朝鮮人などの斡旋業者などを「一部」として故意に日本軍と混同させ、一方的に断罪している。

米国で深刻な動きが表面する過程でも、河野洋平は93年の談話について、口を閉ざしていたが、あろうことか追悼式典の席を利用して持説を補強するとは盗人猛々しい…
▽追悼の辞を読み上げる河野洋平(JNN)
画像

なぜ、戦没者の遺族を前にして改めてキーセン従業員に謝罪をする必要があるのか?河野の式辞は、追悼の思いからは遠くかけ離れ、大東亜戦争で命を失った皇軍兵士、遺された者を責め立てるものに他ならない。

由々しきは、河野洋平が追悼式の場を徹底的に政治利用していることだ。昨年の全国戦没者追悼式でも河野洋平は衆院議長として、暴言を吐いていた。その内容は、こうだった。

「新生日本の目覚めを信じ、犠牲を受け入れた若い有為な人材たちに思いを馳せるときに、戦争を主導した当時の指導者たちの責任を曖昧にしてはならない」

主導した指導者とは、甲種英霊(俗称A級戦犯)を指している。河野洋平は2年連続で、追悼の場を持論を披瀝する場所として悪用したのだ。

今年は“従軍慰安婦”、昨年は“A級戦犯”…タイムリーなテーマを扱っているのは決して偶然ではない。
▽追悼式に参列する遺族ら(イザ)
画像

昨年の発言に関しては、戦犯として処刑された者の遺族が参列していたことから、「不謹慎かつ無礼極まりない」と憤りの声が上がったという。

参列者から非難を受けながら、更に今年も愚弄する発言を行なった。河野洋平は、追悼の意を表する人間的な感情も持ち合わせず、単に喧嘩を売りに現れているかのようだ。

果たして、2年連続で不規則発言を行なった河野洋平の意図はどこにあるのか?

【中共を満足させる態度表明】

天皇・皇后両陛下がご臨席される式典、しかも御前で皇軍を難詰するとは常軌を逸している。河野洋平は、やや語義と異なるが敢えて言えば「君側の奸」だ。やはり現存する最大級の国賊である。
▽ご臨席された天皇・皇后両陛下(産経新聞)
画像

河野洋平の暴言は、朝日新聞などが溜飲を下げる内容だが、反日メディアに迎合するものではない。その言葉を発した意識の先には中共があったと考えられる。

北京向けの売国発言だ。

シナ人学者の石平氏は、我が国の親中知識人らに課せられた義務のひとつに「表態」があるという。 表態とは日本語で言う態度表明のことである。

北京詣でを欠かさない大江健三郎など代表的な“シナ犬言論人”が、日本非難を繰り返すのは、シナに売り飛ばした思想信条がいささかも変わりないことを言葉で示す為だという。
▽南京行脚する大江健三郎
画像

河野洋平の式典での宣言にも、その悪しき「表態」を垣間見ることが出来る。皇軍非難は遺族に向けられた暴言であると同時に、中共指導部を強く意識したものだ。

毎年複数回、北京詣でを行なっている河野洋平は、必ず強烈な日本批判発言を口にし、中共指導部を満足させている。一例を挙げると、3年前、呉邦国に語った次のような発言がある。

「日本軍国主義の誤った国策が招いた侵略戦争は、中国とアジア諸国に災難をもたらした。この恥ずべき歴史的教訓は、永遠に記憶されなければならない。『一つの中国』政策の堅持、台湾独立の不支持という日本の立場に揺らぎはない」
▽江沢民と握手する河野洋平
画像

一度シナに魂を売り渡した人物は、裏切っていないことを示す為に、執拗に“日本軍国主義”批判を口にしなければならないのだ。

今年の追悼式での暴言もまたシナに於ける自らの信用を高める作用を持っている。全ては自分の立場を守るためだ。それ故に、悪質と言える。

河野洋平が、戦没者遺族を罵ってまでキープしたい立場とは何か?

【媚中レースを勝ち抜いた河野洋平】

自民党有力議員の中には媚中派と目される“大物”が数名存在するが、その中でも河野洋平はトップヒッターだ。古くから反日売国的なスタンスだった河野洋平は、中共から白羽の矢を立てられていた。

しかし、媚中派トップに登り詰めるには、再三再四、我が国を貶め、攻撃する発言・行動が必要だった。そうした文脈で登場したのが93年の河野売国談話だったことは言うまでもない。
▽談話を発表する河野洋平
画像

河野が最上段に到達するまで、我が国の政界では醜いレースも展開されていたようだ。

産経新聞の論客・阿比留記者は、河野売国談話の発表が、前年(92年)の加藤談話に対抗したものだった可能性があるとの見方を呈している。

「宏池会のライバルで官房長官としても前任者である加藤紘一氏の加藤談話より、さらに一歩踏み込んだ談話を発表することで、加藤氏に差をつけようという功名心が働いたのではないだろうか」(『情報戦「慰安婦・南京」の真実』161頁)

90年代初頭から売国競争を繰り広げていた加藤紘一と河野洋平だが、どうやら最近になって差が広がったようだ。メディアでの媚中発言が目立つ加藤紘一だが、黒い実力では河野洋平に及ばない。
▽京城で反日発言を繰り返す加藤紘一(NNN)
画像

その河野洋平が、名実共に媚中売国奴ナンバーワンにのし上がったのは意外にも昨年のことだった。ハニートラップでロボットになりきっていた元総理に代わっての“繰り上げ当選”だ。

【橋龍死亡でトップの座を射止めた】

媚中政治家らが集結した禍々しい写真がある。昨年、4月に「日中友好7団体」の幹部が雁首揃えて胡錦濤に指導を仰いだ際の記念ショットだ。日付けは4月1日。
▽北京を訪れた7団体代表(人民網)
画像

胡錦濤の脇を固めるの高ポジションに収まっているのが、上手=高村正彦(日中友好議連会長)、下手=橋本龍太郎。ポマード奴が当時務めていたのが、日本国際貿易促進協会の会長職だった。

この記念撮影からジャスト3ヵ月後の7月1日に、橋本龍太郎は鬼籍に入る。そこで空席となった日本国際貿易促進協会の会長席に座ったのが、河野洋平であった。

橋本龍太郎の死は、媚中キングの代替わりを意味した。突然とも言えるポマードの死で、河野洋平は少々タイム・スケジュールを早めて媚中売国奴のトップの座を射止めたのだ。
▽胡錦濤と握手する河野洋平
画像

そして会長就任後、昨年末には会長として北京に招かれ、更には、7月の選挙期間中にも財界の悪代官たちを引き連れてシナ入りしている。閑職に追われた泣き虫・加藤とは大きな差がついてしまった。河野洋平の圧勝である。

日本国際貿易促進協会は7団体の中でも最も謀略色が濃い。役員名簿を見ると、財界首脳が顔を揃えているが、青木直人氏によれば、元は代々木(日共)の工作団体として産声を上げたのだという。

「国貿促とは、一九五四年、中国を中心とした当時の社会主義国との貿易を目的にして、日本共産党の指導の下に誕生した経済団体である。当時、主要幹部はいずれも共産党員であり、日中貿易に関係する、中小のいわゆる「友好商社」を傘下に収めていた」(『中国の黒いワナ』38頁)
画像

当初の設立目的は中共からの援助資金を“合法的”に代々木に流し込むことだったという。その後の路線対立や改革・開放の動きで組織は変貌し、現在のような財界幹部が参集する団体となった。

参照:日本国際貿易促進協会HP協会案内

しかし、工作機関として中共の心臓部に直結していることは何ら変わりがない。数ある“友好団体”の中でも、とりわけ実行力と資金力の双方を兼ね備えた危険なグループだ。

【衆院議長職を利用した五輪議連】

日本国際貿易促進協会役員には、森ビル社長の森稔を筆頭にシナ利権を握り締めた連中が居並ぶ。強力な布陣だ。そして、こうした輩が河野洋平という政治家のバックに控えている。本物のダーク・パワーだ。

一部から根強い批判を受けても一向に動じず、逆撫でする発言を続ける背景もそこにあるだろう。端から日本の有権者など相手にしてない。見つめているのは北京だけである。
▽8月3日講演する河野洋平(NHK)
画像

そんな正真正銘の売国奴が衆院議長の職に居座っている現実は、悪い冗談にもならない。三権の長の一角を敵国の内通者が占めている。自立した主権国家の姿はそこになく、戦わずしてシナに破れているに等しい。

そして、異常なのは河野洋平の正体がほぼ暴かれているにも関わらず、マスメディアが正面から疑問を呈さないことだ。逆に、侮日発言を繰り返すと応援団が増える始末…

中共にシッポを振れば、カネも権力もついて来る。それが我が国にある歪んだ「反日の構造」のひとつだ。
▽議長席に座る国賊
画像

衆院議長のポストは本来“一丁上がり”の名誉職で大きな権限を有さない。しかし、5年近くに議長席に陣取る河野洋平は、その役職を最大限に利用して「北京五輪推進議連」を組織し、240人以上の議員を掻き集めた。

五輪ボイコット論に怯える中共指導部にとって河野洋平は“救いの神”で、同時に我が国にとっては“疫病神”だ。

河野洋平という国賊を衆院議長の座から蹴落とす現実な手段はないが、少なくとも国民有志が常に言動と行動を監視する作業が必要だ。ついで遠からず、自らの犯した罪の深さに震えさせなければならない。

敵国に魂を売った国賊が勲章を貰って安らかに天寿をまっとうするような国など、独立した国家ではない。


      〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

河野洋平を詰問会見に追い込めれば…

画像

参考記事:
読売新聞8月15日『河野衆院議長、戦没者追悼の辞で「戦後レジーム脱却」批判』
イザ8月15日『河野衆院議長ら、日本の加害責任を強調』
毎日新聞8月15日『終戦記念日:河野衆院議長、追悼式で首相批判?の発言』

人民網2004年9月21日『呉邦国委員長、中日関係について河野衆院議長と会談』
中共大使館2006年4月1日『日中友好7団体責任者と会見 胡錦涛国家主席』
中共大使館2006年12月27日『呉邦国委員長、河野洋平衆院議長と会見』

"君側の奸・河野洋平の暴走…暗黒度増す媚中派トップ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント