総連も讃えたホンダ発言…中韓ユダヤ反日連合の罠か

狂気の反日議員マイク・ホンダの来日にはユダヤ人団体も同行。集会での発言は朝鮮総連も絶賛していた。米西海岸に広がる中・韓系移民の連帯で日本を悪役に?
画像

*前編からの続きになっています
慰安婦ストーリー暴走の背後…ホンダ議員の反日決議

*前編あらすじ:“慰安婦”決議案を提出したマイク・ホンダ議員は、99年成立「ヘイドン法」の共同提案者でもあった。その州法にはユダヤ人団体が深く関与。単なる特亜シンパの反日議員ではなかった…

(後編)

1枚の写真がある。
マイク・ホンダが来日した時のワンショットだ。
画像

掲載されているページはカナダのサイトで、ICF(国際市民フォーラム)とあった。参照:ICFプレスリリース:英文

日付は1999年12月11日。

このシンポジウムらしき集会は、社民党の牙城・社会文化会館で行われたものだった。紛うことなき反日ファシストのイベントだ。

ICFの正式な日本名は「戦争犯罪と戦後補償を考える国際市民フォーラム」

同席しているジョン・ツチダはカリフォルニア州立大の教授。鹿毛達雄は、元明治学院大教授で現在はカナダ在住と見られる。なんと「バンクーバー9条の会」メンバーだという。

肩書きの立派な反日人士を掻き集めたようだ。

その中身は、ドイツと我が国を比較しながら“戦後補償”について日本非難を行うといった主旨のものだったと見られる。

しかも、このイベントを絶賛して報じているのは、滞留外国人系機関紙『朝鮮新報』だ。それによるとメーンゲストは、やはりマイク・ホンダのようで、ご丁寧に発言を取り上げている。

実は私は数年前まで、日本の過去の戦争犯罪についてあまり知らなかった。しかし、カリフォルニアのアジア人コミュニティーが拡大するなかで、その横のつながりを阻んでいるものが過去の戦争の記憶、被害者の心の傷だと分かった。

強制収容の過去を持つ日系人としての経験からしても、被害者の傷を癒すためには謝罪と補償が必要だ。それは被害者の人間性の回復であり、正義の追求だ。

参照:『朝鮮新報』国際市民フォーラム

何が人間性の回復、正義の追求だ。ヘイデン法が求めたのは単にカネではないのか?

このICFは、姜尚中も参加する国際風味の反日団体であるのは明白だ。それだけなら、反日ファシズムの悪あがきとして笑い飛ばせる。

しかし、どうもマイク・ホンダの背後にいるのは、これまで想定していた反日ファシスト連合だけではないようだ。

【来日のホンダ議員に寄り添う影】

ICFのイベントで来日したマイク・ホンダを直撃していた人物がいた。南京捏造問題に取り組み、数々の証拠を暴いた研究家・松尾一郎さんだ。

松尾氏は、99年12月、靖国神社を見学に来たマイク・ホンダに直にインタビューし、そのやり取りをネット上に公開されている。
~~~~~~~~~~~~~
『南京大虐殺はウソだ!』~マイケル・ホンダとの対話http://www.history.gr.jp/~nanking/onda.html
注「~」を半角にしてクリック又は上記の色違い部分から表紙に飛び、「南京」編の左端下にある「その他」を参照
~~~~~~~~~~~~~
松尾氏の目的は、マイク・ホンダに南京関連の英文資料を手渡し、意思を伝えることだったようだが、同時に、そこで不気味な事実が暴かれている。

マイク・ホンダは、SWC=サイモン・ウィーゼンタール・センターのメンバーと一緒にいたのだ。ホンダ来日にはSWCが絡んでいた…恐るべき事態である。

サイモン・ウィーゼンタール・センターとは、最強と言われるユダヤ人圧力団体である。米ロサンゼルスに本部を置き、ホローコスト問題では、最大限の圧力を掛けてくることで有名だ。

日本でも文藝春秋社の『マルコポーロ』を廃刊に追い込み、『週刊ポスト』事件では、謝罪のうえ後日、数ページの絶賛記事を書かせていた。広告主に圧力をかけて一瞬で屈服させる手法を使うことで有名だ。

そのSWCが、なぜホンダとセットになって反日工作に荷担しているのか?総連が喜ぶエセ国際シンポジウムに関わっていた理由は何か?
画像

米国で何度も蒸し返される慰安婦工作には「ワシントン慰安婦問題Inc」が絡んでいた。これは明らかな在米中韓系の連合団体だ。米国内の特亜系市民が反日行動に出ていれば、まだ判り易い…

だがマイク・ホンダの反日謀略の背後には強力なユダヤ人団体が確かに存在する。

目的は何だ?

【アジア系移民の連帯に反日を悪用…】

松尾一郎氏のリポートによると、マイク・ホンダは99年に来日した際にシンポジウムで、こう語ってたという。

「あの決議(*注)は米国西海岸に置けるAPA(環太平洋)コミュニティの結束の為に行った」
*注:対日戦後補償要求決議

環太平洋コミュニティとは、具体的には東アジア系・東南アジア系移民を示すと思われる。

松尾氏は、更に、ホンダが「80年代以降にサンフランシスコ周辺で環太平洋出身の移民が405%増加した」という指摘を紹介。その結束の為に、日本を悪役に仕立てているのではないか…と推考している。

確かに『朝鮮新報』に載ったホンダの発言も言い回しは全く別だが、狙いは同じだ。何を利用すれば結束に役立つのか示唆している。

アジア人コミュニティーが拡大するなかで、その横のつながりを阻んでいるものが過去の戦争の記憶、被害者の心の傷

「過去の戦争」が、大東亜戦争を指し示していることは明らかだ。アジア系住民の票を獲得する為に、日系市民を敵役にして歴史の捏造とウソの拡散に邁進しているのか…

そして、その動きに中共に操られる在米華僑団体が乗っかり、更に、なぜかユダヤ人圧力団体まで加わっている。

【中韓=ユダヤ連合 最悪の構図】

票取りに利用する所までは下心として透けて見える。しかし、なぜSWCの影がチラつくのが本当の狙いは窺い知れない…

出所不明の噂だが、SWCは人権を強く主張しながらも「ユダヤ系以外の人権にはまるっきり関心なし」と非難された過去もあるようだ。

ホロコースト問題が落ち着く中、次に、日本絡みの“人権”に触手を伸ばしているとも考えられないだろうか?これまでは確かに押せばカネが出る国だった…

杞憂ならば、良い。だが、ホンダの背後にユダヤ人団体があることは残念ながら、ヘイデン法とICFのシンポジウムで明らかだ。

▽公聴会でのマイク・ホンダ(JNN)
画像

中・韓の反日組織とSWCの連合…最悪の構図が浮かび上がる。

もし連携が事実ならば、憂うべき事態だ。特に我が国のマスコミにとってSWCは鬼門である。

SWCに関しては、様々な評価があり、伝統的なシオニスト組織とは一線を画しているとも言われる。圧力は伝説的だが、ポスト事件の問題記事で情報を提供したジャーナリスト・歳川隆雄氏は変わりなく言論活動を続けている。
▽TVでもお馴染みの歳川隆雄氏
画像

SWCの実態は謎に包まれたままだ。

それだけに充分に警戒する必要はあるだろう。実際に、日本を敵役にした特亜の連携はつい最近も奇妙な形で表面化している。

【南京祭で気勢をあげた韓国系】

昨12月9日にサンフランシスコの日本町で強行された「南京祭」では、シナ人に加えて韓国系住民も反日デモに参加した。

西海岸で中・韓出身者のコミュニティが派手な反日活動をスタートしているのは事実だ。

また同市のニューソム市長が、1回限りとしながらもデモ当日を「南京追悼の日」と宣言していたことも後日わかっている。
▽ギャビン・ニューソム市長
画像

日系市民を踏みつけて特亜系住民に擦り寄った好例だろう。

ホンダ決議案については、採択阻止を目指した自民党の議員団派遣が決まっているが、動きが素早いとは言えない。

2月9日には、党本部で開かれた「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」で、中山泰秀・衆院議員が月内の派遣を表明したが、まだ渡米には至っていないようだ。

日本の国家としての尊厳にも関わってくる問題である。可能ならば超党派の議員団が相応しい。

そして、ひとつの法案潰しに成功しても、同様の法案が再浮上する確率は極めて高い。事実を訴えて、理解を得る努力はもちろん大切だが、敵はそれほど軟弱ではない。

歴史的事実の確認など端から気に懸けていない連中だ。

強引と非難されようが、断固阻止する気構えで臨まなければ効果は期待できないだろう。

その一方、米国で胎動する新たなタイプの反日キャンペーンが、何に根ざしているか詳しく検証する必要がある。

       〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1
****************
【side story】
前後編と無駄に長いエントリの割には、結論らしきものを提示できなかった…
陰謀論を前面に立てるのは少々気が引けた。特に、米国ではユダヤ系のロビー活動が活発で、多くの議員が何らかの接点を持っているのではないか…
ただ、マイク・ホンダの行動力は不気味だ。

▽松尾一郎氏のサイトにうまくリンク貼れません。以前から同じ障害があるのですが、「~」が全角で認識されるようです。お手数ですが半角に変えてみて下さい。

"総連も讃えたホンダ発言…中韓ユダヤ反日連合の罠か" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント