マレーの虎ハリマオ・谷豊の壮絶生涯(前編)

ドラマ・映画で知られるハリマオは、日本軍と共に戦った実在の日本人をモデルにしている。盗賊だった彼がなぜ日本軍に協力したのか…そこには2つの国の狭間で揺れる青年の苦悩が刻まれていた。
画像

マレーシア北東部にクアラ・トレンガヌという大きな街がある。美しいビーチで世界的に知られる島々への出発地として多くの日本人観光客も訪れる。
■トレンガヌに近いカパス島
画像

■地図:マレーシア観光局より
画像

明治45年、日本からマレーへ移住してきた一家は、この街で小さな理髪店を開業した。街には移り住んできた日本人も多く、助け合いながら、商売を営んでいたという。
大黒柱が急逝したばかりの一家を悲劇が襲うのは、昭和7年のことだった…

英語学校から自宅に戻ろうとした谷繁樹は「逃げなさい」という声を聞いて、近所の医者の家に駆け込んだ。シナ人の暴徒集団が日本人商店の襲撃を始めていたのだ。

谷繁樹はひとりのシナ人が手に生首をぶら下げて歩いてく様を除き見た。暴徒が去ったあと、自宅に戻った繁樹が目撃したものは、血まみれになった首のない妹シズコの惨殺死体だった…

これがハリマオこと谷豊(たに・ゆたか)の人生を大きく狂わした、余りにもショッキングな出来事だった。

暴徒を目撃した繁樹は、谷豊の弟である。

惨事があった時、兄・豊は九州にいた。徴兵検査を受けるために一時帰国し、そのまま日本の会社に勤めていたのだ。

しかも失意の最中であった。

豊は徴兵検査の結果、身長がわずかに足らず、「丙種合格」となった。これは不合格に等しい。当時の規定では丙種は第二国民兵にあたり、軍には採用されなかったのだ。

この不合格が、後に豊の心に屈折した形で残ったとも見られる。

【劇画ヒーローのハリマオを追跡】
画像

テレビの草創期に人気を博したドラマがあった。昭和35年から放映が始まった『快傑ハリマオ』という無国籍ヒーロー物で、主人公はターバン風の布を頭に巻き、2丁拳銃で悪者をなぎ倒す。

『快傑ハリマオ』OPテーマ(YouTube)

このモデルとなったのが、日本軍と共にマレー戦線で活躍した谷豊であった。

ハリマオはマレー語で「虎」を意味するという。

ドラマ『快傑ハリマオ』の元になったのは、戦中の昭和17年に公開された『マライの虎』で、多くの日本人にハリマオというマレー語が記憶されたようだ。

その一方で、実在のハリマオ・谷豊は、殆ど知られていない。戦後暫くの間は、資料も少なく実像は不鮮明だった。

昭和60年に朝日新聞が「ハリマオの虚像と実像」と題した記事を掲載し「作られた英雄だった」と断じる。

この記事を切っ掛けに、ノンフィクション作家の中野不二男氏が、ハリマオ=谷豊に関する綿密な取材を重ね、昭和63年『マレーの虎 ハリマオ伝説』(新潮社)を出版。
■写真は文春文庫版表紙
画像

先駆的な調査で、大まかな人生の軌跡は判明したが、関係者が物故しているなど不明な部分も多かった。
特に、ハリマオ=谷豊が、なぜ日本軍に協力したかといった重要な部分が抜け落ちていた。

その後、マレーシアの政府職員でもある土生良樹さんが平成8年(96)に『神本利男とマレーのハリマオ』(展転社)を上梓し、謎が解き明かされる。敬虔なムスリムである土生さんは、ハリマオ=谷豊と行動を共にしていたマレー人から直接話を聞くことに成功。欠落していたジグソーパズルが見事に完成する。
画像

以下に記す秘話は、主にこの二冊から引用している。そして、このエントリは先の「その名は『F機関』…大東亜戦争の英雄・藤原岩市」の外伝にも相当し、藤原参謀の著書に頼る部分も多い。

【たった独りで始めた復讐】

戦争直前、ハリマオの名は、マレー北部で大盗賊集団を率いる大頭目として名を馳せていた。部下の数は3000人。統治者の英国人や金満華僑を震え上がらせていた…

人を殺めることはないが、各地で襲撃を繰り返し、そのクビには莫大な懸賞金が懸けられていたという。

開戦前からバンコクで諜報活動を続けていた田村浩大佐(陸大28期)は妙なウワサを聞いていた。

「マレーの有名な盗賊ハリマオは日本人のようだ…」

あくまでも伝え聞く風評で、事実はまるっきり判らない。

だが、ハリマオとは紛れもない日本人・谷豊であった。

妹がシナ人に惨殺されたことを福岡で知った谷豊は、単身マレーに渡り、犯人探しを始める。下手人のシナ人は裁判にかけられたものの無罪放免で消息不明になっていたのだ。

この時、ハリマオ=谷豊、21歳。

谷豊は、統治者のイギリス官憲に強く抗議するが、逆に不審者として一時投獄されてしまう。更に、伝手を辿って日本の政府関係者にも懇願するが、誰も取り合ってくれない。

味方が居ないことを知った谷豊はひとりで復讐を開始する。裕福な英国人の豪邸に忍び込み、金品を盗み取る。義族的な行為と見られた為か、マレー人の配下も増え続けた。

やがて金満華僑の商店も標的にし、義族的な活動は広がりを見せ始める。遂には金塊を積んだ鉄道車両の爆破など大規模な犯行にも及んでいた。

この頃、すでに谷豊は日本名を棄てハリマオの愛称で通していたようだ。新しい部下は谷豊が日本人であることを知らなかったという。

マレー語は堪能だったが、その一方で、日本語では不自由する面もあったという。谷豊は教育面を心配した両親の配慮で日本の学校に通っていた時期もあった。しかし、日本語レベルの違いから、イジメにあうなど良い思い出はなかったようだ。

言葉の面で苦労したことが、谷豊の心に陰を落としていたとも伝えられる。
「自分は何人なのか?」というアイデンティティーの問題だ。

【ハリマオを説得した男】

バンコクに駐在する田村大佐は、開戦を睨んでマレー人工作を命じられていた。マレー人の協力が得られなければ、戦線を拡大できないことは火を見るより明らかだった。

そこで、ハリマオが日本人であれば協力を求めようと考え、マレーに潜入してハリマオを探し出すよう、ある日本人に要請する。

田村大佐が白羽の矢を立てたのが、神本利男(かもと・としお)だった。
画像

神本は警察官で、満州では甘粕正彦元憲兵大尉から絶大な信頼を得ていたという。戦史的にはまったくの無名人物だが、異彩を放つ快男児である。

道教の満州総本山・千山無量観(せんざんむりょうかん)で3年間修行を積み、満州の影の支配者とも呼ばれた葛月潭(こうげったん)老師の門下生であった。

葛月潭老師の門下となった日本人は神本の他に、大馬賊・小日向白朗しかいない。

密命を帯びてマレー半島を南下した神本は千山のネットワークを使い、ハリマオ=谷豊の居場所を難なく突き止めた。

窃盗でタイ南部の監獄に収容されていた谷豊を解放し、神本はいきなり日本軍への協力を仰ぐ。

しかし…

「俺は日本人ではない」と谷豊はマレー語で叫んだという。
神本が日本人と断定して追及すると谷豊は複雑な胸中を語り始めた。

妹の殺害事件で日本政府に陳情しても「あきらめろ」と言われ、あげくの果ての「盗賊など恥晒した」と非難された現実を切々と訴えたという。

谷豊は日本という国から見捨てられたように感じていたのだ。

神本は説得を続ける。

「まもなく、この半島は戦場になる。おれはマラヤをマライ人に戻したいと思っている。その為に君の力を貸してくれないか」
『神本利男とマレーのハリマオ』(231頁)

更に、神本はマレー半島が白人に400年間支配されてきた歴史を説き、バラバラの反政府運動がすべて簡単に弾圧され、失敗してきた史実を語る。

そして、日本軍に現地人が協力してくれるなら、必ず英軍を駆逐して植民地支配を終わらせることが出来る、と訴える。

「小金を奪えば盗賊だが、国を奪えば英雄だ…」

ハリマオ=谷豊は、神本の人間的な魅力に引き寄せられて説得に応じたという。これまでに見たことのないタイプの日本人だったのだ。
またムスリムとなっていた谷豊は、コーラン第一章アル・ファティファ(開端章)を暗誦してみせた神本に驚愕したとも伝えられる。

この後、ハリマオ=谷豊は、敢然として反英活動に邁進する。

復讐のためにマレー半島に戻ってから10年近い歳月が経ち、谷豊は29歳になっていた。
(後編につづく)

            〆

最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

***************
【side story】
長くなり過ぎた為、本エントリは分割し、前後編としました。かなり中途半端な終わり方で済みません。殆ど人物紹介だけでしたね…
後編は27日夜にアップします。

"マレーの虎ハリマオ・谷豊の壮絶生涯(前編)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント