佐渡金山で反日詐術を発掘…尹錫悦の“解決模索”芝居

親北組織のアジ文が公的史料にすり替わる…反日陣営は佐渡金山で墓穴を掘った。偽りの強制労働者が塞ぐ徴用工訴訟の出口。そして南鮮新政権の“解決模索”芝居は続く。 いわゆる歴史戦は、紛糾すると百家争鳴の議論が巻き起こる。一方で我が国が圧倒している場合、反日陣営は沈黙し、話題にすらならない。佐渡金山はその代表的な例だろう。 「一次史…
コメント:0

続きを読むread more

遠い戦場が参院選を揺るがす…政治家が憲法語る“快挙”

ウクライナ戦争の砲声に有権者は耳を澄ます。参院選争点をめぐる地方調査で「外交・安全保障」が1位を奪取。改憲議論から逃げ続ける売国野党にとっては悪夢の始まりだ。 「台湾海峡の平和と安定は、我が国のみならず国際社会にとっても極めて重要だ」 岸防衛相は6月12日、中共国防部長・魏鳳和に直言した。約2年半ぶりに開かれた日支防衛相会談…
コメント:0

続きを読むread more

太陽光パネルが照らす深い闇…屋根の上のジェノサイド

サプライチェーン全体が汚染されている…太陽光パネル産業の一大拠点は、新疆侵略兵団が築いた街にあった。ウイグル人強制労働との関連は疑惑ではなく、明白だ。 「チャイナ政府はウイグル人や他の宗教的マイノリティに対するジェノサイドと弾圧を続けている」 米国のブリンケン国務長官は6月2日、会見でそう語った。この日、米政府は各国の「信教…
コメント:0

続きを読むread more

中共“ソロモン要塞”の奸計…新たなガダルカナル攻防戦

締結すれば世界大戦に巻き込まれる…驚愕の中共・南太平洋安保協定は英邁な小国リーダーの告発で粉砕された。だが、要衝ソロモンは奪われ、現代版ガダルカナル攻防戦も泥沼化する。 「全員が同じ部屋で死亡していて、レジのお金は手付かずだった」 激しく炎上した商店の中で3人の遺体が発見された。警察当局は遺体の身元について早急な断定を避けた…
コメント:0

続きを読むread more