佐渡に眠る幻の“反日金脈”…期限直前に1級史料を発掘

朝鮮人労務者の宿舎には娯楽室もあった。推薦のタイムリミットが迫る中、佐渡金山の実態を伝える1級史料が公開された。それでも外務省は日南歴史戦に怯え、厭戦ムードに包まれる。 「そんな簡単なもんじゃないんだよ」 参議院第1委員会室を訪れた岸田首相は衆人環視の中で、そう言った。会話の相手は「護る会」代表の青山繁晴議員だ。青山議員は佐…
コメント:0

続きを読むread more

岸田シェイシェイ外交の酸鼻…身包み剥がされた非難決議

三度の見送りで骨と皮を喪った対中非難決議。侵害と非難、そして最重要の文言も添削で消えた。媚中トリオが彩なす岸田シェイシェイ外交の悲惨な到達点がそこにある。 ウクライナ生まれの若い弁護士が拘束された時、その名前が世界に轟き、繰り返し連呼されることになるとは誰も想像していなかった。弁護士の名は、セルゲイ・マグニツキー。 「彼は3…
コメント:0

続きを読むread more

武漢ウイルス正体の朝令暮改…科学を裏切った“極秘会議”

実験室起源の可能性は70%…英米政府医療顧問も参加した頂上会議の驚くべき見解。だが各国のトップ学者は一夜で態度を豹変させる。米の情報開示でパンデミックの新たな闇が暴かれた。 「ファウチ博士が2つの事柄で警告を受けていたことが判明した。ひとつは、WIV(武漢ウイルス研究所)から流出した可能性。そして、このウイルスが意図的に遺伝子操作…
コメント:0

続きを読むread more

慰安婦にされた皇軍の英霊…史実にモザイクを施す捏造派

海外で大きく報道された“朝鮮人慰安婦虐殺”の証拠映像。元のフィルムには、無いはずの男性シンボルがあった…モザイク加工のフェイク量産は捏造派の伝統的な詐欺手法だ。 「どうして、これが日本軍が朝鮮女性を虐殺した映像なんですか?大々的に報じたメディアは恥を知れ」 かつて日本大使館があったソウル中心部の更地前に威勢の良い声が上がった…
コメント:0

続きを読むread more

北京ジェノサイド五輪の奈落…哀れな捏造紙“東京反対論”

悪魔の祭典まで1ヵ月。ボイコット提唱陣営が最後の意地を見せる中、ドル箱種目“消滅”で米NBCが蒼白。感染再拡大に中共は慄き、東京五輪反対論者は奈落に突き落とされる。 「妹もトルコ国籍を持っています。トルコ政府は、無実の妹を助け出して欲しい」 東トルキスタン出身のメディネ・ナジミさんの悲痛な声が響いた。彼女の妹は5年前に強制収…
コメント:0

続きを読むread more