河野家の血とウイグルの涙…北京から売国奴に愛を込めて

河野一族と提携する北京の液晶パネル大手は奴隷労働の中核企業だった。政治資金の一端にはウイグル人の涙と血に染まったCCPマネー。自民党は最大級のスキャンダルとどう向き合うのか? 「速い。正に、我々に必要なものはこれだ」 新幹線に乗り込んだ鄧小平は、そう感激して見せた。このパフォーマンスが次世紀になって、中共に新幹線技術が盗まれ…
コメント:0

続きを読むread more

総裁選で蠢く中共“党友票”…消えた争点と浮かぶ売国奴

かつて親中勢力の支持を得る為に靖国が争点になる時代があった。だが、昔話と笑えない。告示直前に出馬した真正売国奴。隠れた大派閥が総裁選の行方に暗い影を落とす。 ポスト小泉を選ぶ平成18年の自民党総裁選では、総理の靖国参拝が取り沙汰された。候補者は安倍晋三、麻生太郎、谷垣禎一の三氏。総裁に就任した場合、どう対応するのか? 「参拝…
コメント:0

続きを読むread more

二階俊博の平河町最終戦争…マウンドに立つ護国派エース

護国派のエースが総裁選のマウンドに登った。怒涛の奪三振ショーに期待が高まる中、新旧キングメーカーの激闘も白熱。生き残りを賭けた二階俊博のラストバトルが始まった。 「国の究極の使命は国民の皆様の生命と財産を守り抜くこと、領土・領海・領空・資源、これを守り抜くこと、そして国家の主権と名誉を守り抜くことだと考えています」 冒頭の発…
コメント:1

続きを読むread more

バイデンが敗れた8月15日…サイゴンの悪夢カブールの罠

一夜で首都は奪われ、大量の兵器も鹵獲。サイゴン陥落とは比較にならない無条件降伏だ。不支持急増で蘇る選挙不正疑惑。無能で弱気なバイデンに初めから岩盤支持層などなかった。 米国のアフガニスタン敗戦の日は奇しくも8月15日だった。約10日前に休暇に入ったバイデンは、その日もメリーランド州キャンプデービッドの専用別荘でバカンスを満喫してい…
コメント:0

続きを読むread more