捏造慰安婦の汚れた晩節…“匿名原告団”から挑戦状届く

「私がICJ付託の発案者だ」と息巻く洋公主が質問に青褪める。ついに南鮮でも普及し始めた偽物説。慰安婦訴訟の原告は大半が匿名で、筆頭の実名女性は“強制連行”否定派だった。 「単純なカネの話ではなく、当事者が納得しないといけない。日本の真の謝罪にかかっている状況だ」 文在寅は2月19日、慰安婦問題について再び言及した。与党幹部と…
コメント:0

続きを読むread more

北京ジェノサイド五輪再び…中共が狙う疫病克服の祭典

中共は「ウイルス禍克服の祭典」強奪を目論む。その中、北京ジェノサイド五輪ボイコットの波が再び打ち寄せ始めた。虐殺実行犯が催す競技会への参加に大義はあるのか。 「モンゴル語教育廃止で学生30万人が立ち上がりましたが、現在、1万人以上が拘束され、何千人もが行方不明になっています。中国政府が南モンゴルで行っていることは文化的ジェノサイド…
コメント:0

続きを読むread more

絶望監獄“暗い部屋”の真実…邪悪な人体実験疑惑も浮上

各国のウイグル支援者を震撼させた新証言の余震が止まらない。収容所の“暗い部屋”で毎夜行われる女性凌辱、拷問…そして謎のワクチン強制注射など新たに人体実験の疑いも浮上した。 「その監房に居た多くの女性が正気を失っていました」 東トルキスタンの強制収容所から生還したウイグル人女性の証言が世界に衝撃を与えた。英BBCが2月2日、被…
コメント:1

続きを読むread more

ゲーム理論で暴く慰安婦捏造…朝鮮人女衒は闇に嗤う

高給を貰って余暇を愉しむ“性奴隷の厚化粧”が、またひとつ洗い落とされた。米教授がゲーム理論で暴き出す慰安所の実態。その枠外の闇に潜むプレイヤーが慰安婦捏造問題の元凶だ。 「幼少時代を宮崎県で過ごした教授は日本法の専門家で、’18年には『旭日中綬章』を受章している」 ハンギョレ新聞は、そう横顔を紹介した。極左紙に限らず、他の南…
コメント:0

続きを読むread more

中共第2海軍の尖閣侵略陣形…「公船」が覆い隠す危機

尖閣を狙う中共第2海軍が牙を剥き出しにした。だが、武器使用宣言を受けても政府・メディアは「公船」の呼称を譲らない。領海内で安全装置を外した敵の艦影は更に朧げになっている。 「この法律が国際法に反する形で適用されることがあってはならない。現場に与える影響を含め、中国海警局をめぐる動向を高い関心をもって注視する」 茂木外相は1月…
コメント:0

続きを読むread more