中共「千人計画」の髑髏杯…膿と肥が溜まるアカデミー

米アカデミズムを震撼させた大物教授の逮捕劇。中共「千人計画」学者の“本職”にFBI捜査のメスが入った。そして我が国は、既に東洋有数の“草刈り場”となっている。 地方の党書記を歴任し、中南海の政争にも関連する幹部候補は時折、話題にのぼる。しかし、アカデミズム畑にいる技術系の中共党エリートは、押し並べて無名だ。 そうした人物の一…
コメント:0

続きを読むread more

2020年の植民地解放闘争…世界染めたResist China

合言葉はResist China。中共政権出現71年に合わせ、地球規模の抗議活動が行われた。単なる弾圧停止要求ではない。それは新たに始まったアジアの植民地解放闘争だ。 「数々の弾圧、度重なる大量虐殺、そして強制避妊・中絶手術という女性へのジェノサイド、強制労働という奴隷政策…悲劇は中国の植民地にされた日から始まり、今なお続いていま…
コメント:0

続きを読むread more

ベルリンを穢す慰安婦像…瀕死の捏造派が放つ腐臭

独首都の真ん中に突如姿を現した腐れ慰安婦像。悪徳詐欺集団ならではの隠密作戦に衝撃が走った。だが捏造派は2人のボスを同時に失い、指導部壊滅の危機に瀕している。 「米軍の装甲車に轢かれて死亡した少女たちの親は、『悔しい死を遂げたわたしの娘を二度殺すな』と言っていた」(後掲書157頁) 南鮮・世宗大の朴裕河が著した『帝国の慰安婦』…
コメント:1

続きを読むread more