“軍艦島の吉田清治”を葬れ…徴用工哀史砕く杜撰設定

注目のソウル「軍艦島訴訟」でニセ徴用工は敗れ去った。岐路を迎えた南鮮政府の“地獄島宣伝”。自称生き証人の作り話は、元島民有志によって木っ端微塵に粉砕されている。 200人を超す集団訴訟で“勝ち残った”原告は、たった1人だった。ソウル中央地裁で1月9日に開かれた自称徴用工を巡る判決公判。何も画期的ではないが、ジャッジは興味深く、示唆…
コメント:1

続きを読むread more