武漢ゴーストシティの隘路…“詰め腹候補”が次々に脱落

水際作戦に失敗した列島にパンデミックの影が忍び寄る中、支那各地では“封村”が広がる。習近平が指名した「身代わり責任者」は相次いで脱落。終身主席の地位も揺らぎ始める。 「絶対に一緒に乗らない」 1月27日、上海人と武漢人が激突した。舞台は支那大陸ではなく、名古屋の中部国際空港だ。発端は、武漢訛りで話す人物が搭乗ロビーで風邪薬を…
コメント:0

続きを読むread more

武漢アウトブレイク情報戦…疫病神=中共の感染輸出

各国に広がる“感染輸出”が発生源の深刻な実態を浮かび上がらせた。過少報告で逃げ切りを図った中共は周章狼狽。初期の“安心・安全宣言”で情報操作に加担したWHOも窮地に立たされる。 「本当に怖い。直ぐにマスクを買いに行こう」 支那のSNSでは不安を訴える声が相次いだ。昨年11月中旬のことである。北京の衛生当局は同月12日、南モン…
コメント:0

続きを読むread more

“軍艦島の吉田清治”を葬れ…徴用工哀史砕く杜撰設定

注目のソウル「軍艦島訴訟」でニセ徴用工は敗れ去った。岐路を迎えた南鮮政府の“地獄島宣伝”。自称生き証人の作り話は、元島民有志によって木っ端微塵に粉砕されている。 200人を超す集団訴訟で“勝ち残った”原告は、たった1人だった。ソウル中央地裁で1月9日に開かれた自称徴用工を巡る判決公判。何も画期的ではないが、ジャッジは興味深く、示唆…
コメント:1

続きを読むread more

金正恩斬首作戦の予行演習…激突危機は再び朝鮮半島に

米vsイラン年越し対立は“不発弾落下”で幕を閉じた。その陰で金正恩は司令官「斬首作戦」に戦慄する。遠吠え将軍は2月に迫る危険日を乗り切る為、必死にもがく。 香港の反送中デモが大きな転換点を迎えた時期と重なる。昨年10月1日の大規模抗議で警官隊が初めて実弾を発射。続いて戒厳令に等しい緊急条例が発動され、覆面が禁止された。 その…
コメント:0

続きを読むread more