偽りの記憶に旭日旗が翻る…“放射光恐怖症”の仮病患者

東京五輪の観戦ルールは南鮮が決める…開催国を脅す暴力的な介入に反日メディアも奮って参戦。赤い甲殻類を見ただけで“被害者”に早変わりする仮病民族に付けるクスリはない。 10月5日から海自横須賀基地を中心にした「フリートウィーク」が開幕する。もちろんメーンは10月14日に相模湾で開かれる観艦式。3年に1度の海の一大イベントだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

制御不能の“反日放射脳”…歴史問題に通じる非科学信仰

反日の為なら医学的に根拠のない“被爆2世”を担ぐのが南鮮だ。日南メディアの共謀で広がる異様な放射能デマ。だが、邪教じみた非科学信仰は「創られた歴史問題」を原子崩壊へと導く。 「異例の激論を繰り広げた」(9月17日付け時事通信) 「激論」の他にも「論戦」や「応酬」といった言葉が踊るが、不正確な表現だ。南鮮側の言い分は因縁やイチ…
コメント:1

続きを読むread more

ボルトン退場を喜ぶ男達…求められる“対北決戦内閣”

「反韓内閣」と南鮮が警戒する新たな閣僚の布陣。だが近く焦点に浮上するのは対北政策だ。トランプ政権の重石だったボルトン退場で米朝が“魔のループ”に再突入する恐れが出てきた。 最近の組閣と新型iPhoneの発表は割と似通っている。前日までにリーク情報が飛び交い、公式発表は確認作業に過ぎない。宣伝戦略としては正しいのだろうが、緊張感や臨…
コメント:1

続きを読むread more

香港2047のデッドライン…戒厳令に怯み懐柔策提示

催涙弾のシャワーに便衣兵の火炎瓶投擲…警官隊が凶暴化する中、長官が法案の正式撤回を表明した。それでも民主派香港人の危機は去らない。“時限立法”終了の時は刻々と迫る。 ビルの屋上には“狙撃隊”が配置され、現場指揮官の指示を受けてデモ隊に発砲する。弾の種類は不明だが、香港では高層からのスナイプが日常的な光景と化した。 ▽屋上から発砲…
コメント:0

続きを読むread more