河野外相の見えざる切り札…発動迫る対南制裁第1弾

貿易管理の案件を歴史問題にすり替えた事で南鮮は自ら袋小路に迷い込んだ。秒読み段階に入った対南制裁。河野外相が強気の姿勢で臨む中、外務省には有効なカードがあるのか? 「朝早くから、有り難うございます」 駐日南鮮大使を迎えた河野外相の顔は、笑みこそ浮かべていなかったものの、穏やかだった。挨拶も、着席を促す仕草もごく普通で自然体だ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

歯軋りする密輸大国=南鮮…「不適切事案」リストの裏書

南鮮紙の一報から2ヵ月、追い込まれた南鮮が輸出「不適切事案」を公表した。刑事罰も企業名も“黒塗り”の半端なリスト。ホワイト国落第のお粗末な貿易管理に反日陣営も絶望する。 「この情報を見る限り、韓国をホワイト国として扱うのは難しいのではないか」 UN対北制裁委の元メンバーだった古川勝久氏は、リストを見て唖然とする。FNNソウル…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

対南“異次元外交”の開幕…レーダー照射事件に新疑惑

沿岸の北漁船を見逃す一方、日本海の北木造船は的確に捕捉した…レーダー照射事件の矛盾が再浮上する中、輸出規定見直しに南鮮が震撼。これは日南関係“正常化”に向けての大きな一歩だ。 「確認した所、関連内容を日本側へ通知したことはない」 南鮮国防部も参謀本部も「事実無根」と否定した。フェイクニュースと断じたのは4月22日に読売新聞が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捏造朝日“夏の陣”で落城…政治ショー批判の返り血

かつて南鮮の大統領は大阪城前で記念撮影に応じていた…反日付け火御注進報道の実態は捏造。日南首脳会談の実施を強要するG20前の恫喝社説も米朝“政治ショー”批判で破綻する。 つけびして 煙り喜ぶ 捏造紙 一部会場の狭さなど揚げ足取りが目立ったG20大阪サミットだったが、お笑いシーン筆頭は初日夜、大阪城を背景にしたフォトセッショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more