東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS “化外の島”の反基地闘争…米南融和ムードが終わる時

<<   作成日時 : 2018/10/18 19:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 2 / コメント 0

沸騰しては冷める南鮮の旭日旗騒動。背景には済州島という特殊事情もあった。そして、対北連携にクサビを打ち、在南米軍の弱体化にひた走る文在寅政権の正体に米国は漸く気付き始めた。
画像

「東京朝鮮第一初中級学校は、東京では唯一済州島出身者が多い学校で、故郷で交歓試合をしたいという父母の希望が強かった」(金賛汀著『朝鮮総連』17頁)

2002年末、朝鮮学校のサッカーチームが招待を受け、初めて南鮮を訪問。その際、ソウルでの試合に加え、故郷にあたる済州島への立ち寄りを求め、受け入れられたという。
▽済州島出身者が多い北区の朝鮮学校17年10月(AFP)
画像

在日朝鮮人が古くから集まる都内の下町では、済州島出身者の比率が高い。そして西の拠点で、金正恩の第二の故郷として知られる大阪・生野区では朝鮮人の8割が済州島に源を持つ。

参照:済州ウィークリー2011年12月14日『猪飼野、「済州人の第二の故郷」』

1948年4月から翌年にかけて、大勢の済州島民が密航者として、日本列島に侵入する。南鮮軍が引き起こした「四・三大虐殺」が、直接の原因である。
▽済州島四・三事件の虐殺現場(file)
画像

在日問題の多くに、この済州島出身という“成分”が絡み合う。50年代の帰国事業では、済州島で下層民だった者達が、一級市民になれると信じて、何の所縁もない朝鮮北部の凍土に向かった。

北朝鮮に渡った在日済州島民の中には、戦前から列島内に居座っていた者も含まれる。貧困に喘ぎ、出稼ぎ工となってドリームランドを目指した島民。戦後、“強制連行”神話の創作で、その来歴は隠された。
▽収容される済州島からの密航者(file)
画像

両班の流刑地だった済州島。古くは朝鮮語とは異なる系統の言語を操り、南下する元の軍勢に抵抗した歴史も残る。政治・文化をリードした朝鮮北部の支配層にとって済州島は、いわば“化外の島”だった。

「完成すれば9000人の軍人が勤務するようになる。家族も含めれば2万人が移り住むようになるでしょう」

朝鮮半島史と疎遠なこの島で海軍基地の建設が始まったのは、2007年。釜山基地や旧鎮海警備府に匹敵する巨大海軍基地である。そして2年前の’16年2月に竣工した。
▽済州島海軍基地の完工式16年2月(聯合)
画像

南鮮の“旭日旗騒動”が政治テーマに急浮上したのは、済州島基地誕生の直後だった。

【国内問題を覆い隠す反日狂乱】

「日韓で話し合いが行われることになれば、先般のことは非常に残念に思っていると伝えなければならない」

岩屋毅防衛相は10月16日、記者会見でそう述べた。ASEAN拡大国防相会議に合わせて開かれる見通しの日南協議で、済州島観艦式の軍旗排除問題を取り上げる意向を示した。

海自の“正面突破”回避は、問題の先送りという印象も否めない。形式的な「遺憾の意」表明に終わるのか、南鮮側に排除の根拠提示を強く求めるのか…早くも新防衛相の腕の見せ所だ。
▽官邸に入る岩屋防衛相10月16日(産経)
画像

北朝鮮問題があったにせよ、本来は日南の防衛当局者が2年以上前から討議すべきテーマだった。’16年5月に起きた海自艦艇の入港拒否事件。この時、入港する予定だったのが、済州島海軍基地だった。

今回と同様に南鮮メディアが突如、海自艦の旭日旗に火病炸裂。南鮮海軍は及び腰になって式典をキャンセルする形で批判から逃れた。いずれも済州島基地が関わっていることは偶然だったのか?
▽グダグダ観艦式のリハーサル10月9日(聯合)
画像

済州島南端の村では基地建設の計画発表と同時に、反対運動が勃発。米軍艦船の寄港も予想されることから、反米抗議活動の色も強く帯びていた。

今回の観艦式でも一部の活動家が基地の正面ゲート付近に集結。海上ではカヤックを使った抗議シーンも見られ、米空母の入港遅延との関連も取り沙汰された。
▽カヤックで海上抗議するプロ活動家10月11日(SCMP)
画像

共同訓練の閉幕式とは違い、国際観艦式には参加国のメディアが招待される。南鮮側としては国際ニュースに抗議デモが取り上げられることは避けたい。

もし海自艦艇が海洋法条約に則り、旭日旗を掲げて参加した場合、済州島基地周辺は、大規模な反日抗議で覆われただろう。文在寅肝煎りの官制デモ。その陰で反基地抗議は埋没する…
▽済州島基地ゲート前の抗議10月11日(中央日報)
画像

異常な“旭日旗騒動”には、基地反対運動を隠蔽する意図が潜んでいたのかも知れない。穿った見方だが、捏造慰安婦しかり、国内問題を反日問題にすり替える手口は、南鮮政府の伝統だ。

【放免された反米プロ活動家】

「深い遺憾の意を表し、慰めの言葉を申し上げる」

海外メディアは殆ど報じなかったが、国際観艦式のハイライトは別にあった。文在寅は10月11日式典の後、その足で済州島基地がある江汀村を訪れ、反対派住民らに謝罪した。

基地着工時の大統領は盧武鉉、そして文在寅は秘書室長だった。政権中枢の要職で建設を推進した立場である。だが、村民から糾弾されるシーンはなかった。
▽基地周辺住民らに謝罪する文在寅10月11日(聯合)
画像

文在寅は大統領就任後、工事の遅延に伴う反対派への損賠請求を撤回。警官隊との衝突で逮捕・起訴された活動家を釈放した。更に村を直接訪問しての謝罪でダメ押しだ。

もっとも基地周辺で抗議運動を展開していた連中は、親北派と見られるプロ市民団体、そして民主労組の構成員だった。いずれも文在寅政権の支持母体である。
▽済州島基地建設に抗議する元米兵ら’15年(済民日報)
画像

基地反対派は、極左の元米兵を招くなど割と派手な活動を続けていた。その際、見覚えのある抗議の横断幕が登場した。沖縄で不法設置された朝鮮文字入りの横断幕とデザイン・質感ともに似ている。
▽沖縄米軍基地の不法横断幕(file)
画像

フォントこそ違うが、同じ印刷業者で作成されたのではないか。少なくとも沖縄では反基地騒乱に南鮮人が公然と参加。提携関係にあることは確かだ。

今後、文在寅政権下では、済州島の反基地活動は縮小する。行き場を失った南鮮のプロ活動家が、これまで以上に大挙して沖縄に押し寄せる事態も懸念される。
▽沖縄・辺野古の在日騒擾事件H28年(AFP)
画像

「当該国の国民は、関係機関の事前調整や部隊指揮官の承認なしに在日米軍基地へ入ることは出来ない」

米軍の準機関紙S&S (星条旗新聞)は10月15日、在日米軍基地を訪れる南鮮国籍者に対し、事前審査を義務付ける新たな方針を打ち出した。異例の措置である。

在日米軍は中朝露、イランなどを「指定第三国」と位置付け、基地訪問の際の審査を厳格化。そこに同盟国であるはずの南鮮が追加されたのだ。
▽横田基地第5ゲートの車両検問(産経)
画像

一部メディアは南鮮籍の北工作員侵入を未然に防ぐ措置だと指摘するが、真意は分からない。だが、沖縄入りする南鮮の活動家へのマークは厳しくなるだろう。

同時に、この措置は、親北派と混然一体になった文在寅政権に対する強い不信感の表明でもある。

【詐欺師とペテン師が米国を嗤う】

「いったい何を考えているのか」

米国のポンペオ国務長官は9月の南北合意について、南鮮外交部長官の康京和を電話で怒鳴ったという。10日付け日経新聞特報記事の孫引きで、日時など詳細不明ながらも南鮮側は過剰反応している。

「政府は南北軍事会談など軍事分野の合意書締結に関する全ての過程で米国側と緊密に協議してきた」
▽南鮮入りしたポンペオ長官10月7日(中央日報)
画像

南鮮外交部は、日経報道を躍起になって否定する。だが南北の軍事分野をめぐる合意で、米南が緊密に事前調整した形跡は見当たらず、文在寅政権からは不規則発言が相次ぐ。

「関連省庁間で解除を協議している」

康京和は10月10日、議会答弁で対北独自制裁の解除「検討」を口走り、内外に波紋を広げた。直後に微修正したが、制裁緩和に前のめりな政権の意向を垣間見せた格好だ。
▽国会委員会で答弁する康京和10月10日(AP)
画像

「軍事合意は、北側にNLLを認めさせたことで大きな意味がある」

文在寅は10月12日、南鮮軍幹部との面談で、そう発言した。「海の38度線」とも呼ばれるNLL(北方限界線)は、UN軍と米国が設定したもので、北朝鮮は認めず、NLL以南の島の領有を主張している。
▽北朝鮮は従来Bラインを主張(wiki)
画像

2010年の南鮮コルベット撃沈事件や延坪島砲撃も、この海域で発生した。金正恩がNLLを認めた場合、北朝鮮軍の攻撃に関する根拠が大きく揺らぐ。

南北合意では「海の38度線」一帯を抽象的な“平和水域”と設定したが、北側のNLL容認となし崩し的なNLLの溶解は異なる。DMZ周辺の飛行禁止空域設定にしても、実に大雑把だ。
▽米偵察機の監視飛行を阻む40q設定
画像

「韓国は米国の承認なしに何事もできない」

記者団の質疑に応じたトランプ大統領は10月10日、そう繰り返した。制裁解除や早期の終戦宣言発表に先走る文在寅政権への牽制だが、南北軍事合意についても米軍当局から懸念の声が上がる。
▽質疑に応じるトランプ大統領10月10日(ロイター)
画像

「要領のよい北朝鮮の指導者によって韓国は『事実』よりも『希望』を基に政策を決めている」

米国務省の元高官は、そう警鐘を鳴らす。米国には、文在寅が「北に騙されている」と主張する識者もいるが、違う。文在寅は金正恩とコンビでホワイトハウスを騙しにかかっている。
▽平壌パレードの文在寅・金正恩9月18日(AFP)
画像

2回目の米朝首脳会談も「対話の為の対話」に終わるだろう。焦点は、対北ではなく、米国と南鮮の決定的な対立が表面化するタイミングだ。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考記事:
□朝鮮日報10月10日『日本メディア「ポンペオ氏、韓国外相に激怒」、韓国外交部は否定』
□時事通信10月13日『北朝鮮制裁、足並みに乱れ=韓国外相発言が波紋−中ロは見直し主張』
□KBS10月12日『文大統領「軍事合意は北韓にNLL認めさせた」』
□中央日報10月11日『39隻の世界軍艦の海上パレード…基地の外では反対の旗』
□ハンギョレ新聞10月12日『文大統領、江汀村を訪ね「深い慰め…赦免・復権を積極的に検討」』
□朝鮮日報10月12日『済州基地:手続きを問題視した文大統領、建設決定時は大統領府室長』
□産経新聞10月15日『在日米軍基地、韓国人の立ち入りを厳格化 事前審査を義務づけ』
□ハンギョレ新聞15年12月8日『済州海軍基地を訪れた退役米軍人らが「基地反対」訴える』
□産経新聞H28年3月7日『韓国海軍の済州島基地が中国海軍艦艇の拠点と化す日は来るのか』
□ZAKZAK’14年9月19日『済州島に建設中の韓国軍基地 配備艦は「独島」「安重根」等』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
川崎:遂に外国人専用病院建設…
外国人による国民健康保険(国保)の制度の抜け穴を突いた不正利用が横行している。しかもそれを厚労省や各自治体が把握し切れていないという、恐るべき現状である。そんな中、神奈川県川崎市内に「外国人専用病院」を建設する計画が持ち上がっている。建通新聞 神奈川版 10月17日記事↓… … … … … … … …… … … … … … … … … …川崎市内 外国人専用病院建設を構想【川崎】医療法人社団葵会(本部・東京都千代田区)が、2020年夏までに川崎市内に外国人専用医療ツーリズム病院(病床100床)の... ...続きを見る
賭人がゆく(excite ブログ)
2018/10/19 03:01
アジアで戦ったのは日本だけ
先日、ブログ『さくらの花びらの「日本人よ誇りを持とう』にアップされた記事を紹介したい。 ...続きを見る
風林火山
2018/10/25 20:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

“化外の島”の反基地闘争…米南融和ムードが終わる時 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる