文在寅政権の捏造派汚染度…ゲリラ設置腐れ像が睨む男

新外相は就任前にナヌムの家を表敬訪問、国際機関の委員には挺対協元代表が選ばれた…捏造強硬派が浸透する南鮮新政権。だが「慰安婦カード」を握る文在寅の手は震えている。
画像

公園の中央に突如、木製の大型ボックスが出現した。周辺住民にも知らされていない謎の木箱。その中に隠されているのは、慰安婦捏造事件を象徴する腐れ売春婦像だった。

腐れ像は6月上旬までに米ジョージア州ブルックヘブン市の公営公園「ブラックバーン2」にゲリラ設置された。ソウルや釜山と同様、夜陰に乗じて設置するのが捏造派の手口だ。
▽市営公園にゲリラ設置された木箱6月(RP)
画像

「市の勇気と情熱、献身に感謝したい」

極秘裏に腐れ像設置計画を推進していた南鮮系団体の幹部は、そう謝辞を述べた。5月23日に相次ぎ開かれたブルックヘブン市の公聴会・市議会で腐れ像設置が電撃的に決定したのだ。

議会に提案したのは市議の名前は朴ジョン。案の定、工作の表舞台には朝鮮系議員が存在があった。市議会は具体的な設置場所は示さなかったが、公園にはコンクリ製の台座が決議前に据え付けられていた。
▽像設置推進した朴ジョン市議(公式HPより)
画像

そして、今夏との発表とは裏腹に、除幕式も6月30日に決まった。市議会への提起前から建設作業が進み、議決から僅か1ヵ月という異例のスピードのお披露目だ。

「市議会の決定は周辺住民の意思を反映せず、政治的な議論のタネを町内に持ち込むことに反対する」

ブルックヘブン市議会によるゲリラ設置に対し、公園を管理する協会が異を唱えた。公園は市営だが、元は管理協会が区画整理の際に寄贈し、年間2万ドルの維持費は今も協会の負担だという。
▽封印中の新腐れ慰安婦像6月(RP)
画像

管理協会側は、設置禁止命令を裁判所に申し立てることも視野に入れいている。これで撤去に至るか楽観視は禁物だが、少なくとも在アトランタ日本総領事館よりパワフルな味方である。

そして何故、捏造派は水面下の買収工作を疎かにしてまで、強引なスピード設置を目指したのか…答えは、文在寅の初訪米にあった。除幕式の6月30日は、米南首脳会談が催される見通しなのだ。

【抹殺された7割の自称慰安婦】

「あまりに予想通りの展開に、もう笑うしかない」(産経抄6月24日)

産経新聞の名コラムも呆れ顔で突き放す。文在寅は初の米国訪問を前に、米有力紙や通信社のインタビューに応じ、日本批判を連呼した。攻撃姿勢というより、地金の反日気質を隠し切れなかった感じだ。

「問題解決には、日本が法的責任を取り、公式に謝罪することが必須だ」

慰安婦問題に関して質問された文在寅は、そう言い切った。大統領選が始まる以前から口にしていた内容だが、南鮮大統領に就任してからは初めてとなる。
▽対北批判は自粛する文在寅6月15日(共同)
画像

“問題解決”という単語が既に誤りである。慰安婦協議の結果、日本側は履行義務を全て履行し、ボールは南鮮側に投げられた状態。焦点は、ソウル・釜山の腐れ像撤去だが、新政権は当然のようにガン無視だ。

「韓国の国民、特に被害者に受け入れられていない」

日南慰安婦合意を否定する姿勢も変わらない。就任直後に安倍首相との電話会談で口にした内容と似ているが、「大多数の国民」に加え、新たに「被害者」に受け入れられていないと断言した。
▽合意破棄を叫ぶ洋公主ら’16年11月(共同)
画像

さすが嘘吐き民族の首領だ。現時点で7割を超す自称慰安婦が再ボーナスの受け入れを表明し、現金を手にした遺族は200人に迫る。カネは貰ったものの、合意は受け入れていないとでも言うのか…

「日本は慰安婦問題を含め、2国間の歴史問題を解決するため十分な努力をしていない」

文在寅はワシントン・ポスト紙に続き、ロイターとのインタビューでも対日批判を繰り返した。相次ぐ発言に対し、外務省は東京・ソウルの2カ所で南鮮側に抗議した。
▽インタビュー受ける文在寅6月22日(ロイター)
画像

抗議の具体的な中身は判っていないが、大統領による海外向けの慰安婦関連発言そのものが、日南合意違反の可能性もあるのだ。

【南鮮の合意履行率0%の驚異】

「韓国政府は(略)日本政府と共に今後、国連等国際社会において本問題について互いに非難・批判することは控える」

’15年末の日南共同会見で、南鮮の前外交部長は、そう宣言した。南鮮側が約束した合意3ポイントの1番目は「不可逆的解決」で2番目が腐れ像の撤去努力。最後が、この国際社会での非難禁止だ。
▽前外交部長官の共同会見全文
画像

受け手を米国民・各国の人々と想定したインタビューでの批判は、3つ目の合意事項を破ったものと見做せる。文発言は質問への回答で解釈には幅があるが、合意違反はこれが最初ではない。

「慰安婦問題など教科書に記載された歴史解釈に政府が介入するのを控えるべきだ」
▽人権理で恫喝するD・ケイ6月12日(共同)
画像

反日活動家デービッド・ケイは6月12日のUN人権理で、ドサクサに紛れて慰安婦問題に関する説教を始めた。この発言を大歓迎で絶賛したのが、理事会に同席していた南鮮政府代表だった。

「歴史の教訓を学ぶべき」

対日報告について第三国が評価すること自体異例だ。南鮮新政権は、デービット・ケイという腹話術師を通じ、UN人権理で慰安婦問題での非難・批判を実行したのである。
▽ケイ使役する社民党関係者ら5月23日(共同)
画像

外国人エージェントを使役して反日活動を展開するのは、民進党や社民党だけではない。元祖は南北朝鮮であり、中共だ。狡猾な間接攻撃と言うより、使い古された手法。今時、誰が騙されるのか…

日本政府も気が付かない振りで見逃してはならない。海外向けの大統領発言を含め、合意違反だと警告すべきだ。既に南鮮は第2項の腐れ像撤去を反故にしている。
▽釜山腐れ像を拝む文在寅1月
画像

これに再交渉要求が加われば、「最終的・不可逆」を謳った第1項目も撤回される。南鮮側の合意履行率0%という衝撃的な結末が待つ。焦点は、文在寅が全項目の合意違反に踏み切るタイミングだ。

【封印された腐れ像が睨む男】

「口頭で両国外相が発表したので法的拘束力はない」

文在寅が外交部長官に抜擢した康京和(カン・ギョンファ)は6月18日の就任会見で、そう宣言した。慰安婦合意の“無効”を示唆し、今後、反故にする気満々だ。
▽初登庁した康京和6月18日(時事)
画像

康京和は娘の進学で住所を偽装するなどの不正行為が発覚、野党が任命に反対していた。その中で、指名を強く求めたのが、慰安婦捏造ビジネスの関係者だった。

「外交部長官になれば、我々の問題を全部解決すると約束した」

逆風を受けた康京和は6月2日、ナヌムの家を電撃訪問。自称軍団の味方であることを強くアピールした。挺対協も、新設した財団を通じ、康京和支持を表明する。
▽ナヌムの家訪問した康京和6月2日(聯合)
画像

更に南鮮外交部は、条約機関・人種差別撤廃委員会の選挙に反日活動家を送り込み、選出に成功する。南鮮初の委員となった鄭鎮星(チョン・ジンソン)は挺対協の元共同代表だ。
▽挺対協元共同代表の鄭鎮星’16年(聯合)
画像

クネ時代と打って変わって、文在寅政権は挺対協とナヌムの家など捏造派の本丸とズブズブの関係に見える。ただし、これらの人選はまだ序の口に過ぎない。

盧武鉉が、新設した女性部(現・女性家族部)の初代部長に任命した池銀姫(チ・ウンヒ)は、挺対協共同代表からの実質的な横滑りだった。凶悪反日団体の活動家を堂々入閣させたのだ。
▽盧政権で入閣した元挺対協代表・池銀姫(ハンギョレ)
画像

ちなみに、この時、検察など法務行政全般を取り仕切る強権の民情首席秘書官に任命されたのが、文在寅である。当時と比べると新政権と挺対協の提携はやや薄く、蜜月の再スタートとは言い難い。

そうした関係を象徴するのが、文在寅の初訪米に合わせたブルックヘブン市の腐れ像除幕式だ。式典にはナヌムの家幹部や米国担当の洋公主らが姿を見せるという。
▽市営公園に設置済みの腐れ像6月3日(聯合)
画像

第一義的には米メディア向けのパフォーマンスだが、文在寅にプレッシャーを与えるという裏の目的も見え隠れする。“純粋”な反日活動であれば予定通りの今夏、特異日の8月15日が効果的だ。

在アトランタ日本総領事館は、腐れ像設置が外交問題の持ち込みと警告する。一方で、大統領の訪米を狙い撃ちにしたセレモニーの開催は、南鮮の国内問題に米国の地方都市を巻き込む行為でもある。
▽在アトランタ総領事館の篠崎総領事(RP)
画像

李明博は挺対協に屈して我が国を恫喝し、パク・クネは挺対協を無視して合意に突き進んだ。最終的に文在寅は捏造強硬派と共闘するが、今はまだ態度を決めかね、時期を伺っている。

「問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」

このワンセンテンスが底力を発揮し始めた。前政権の外交合意が、新政権移行でアッサリ無効になるのであれば、文在寅政権は我が国を始め諸外国とのいかなる合意も“現政権限定”の不良品になってしまう。
▽共同会見する日南外相’15年(外務省)
画像

更に文在寅は慰安婦合意を検証するタスクフォースを設置し、問題点を炙り出すと息巻くが、限界がある。例え協議過程でクネ政権に過失があっても、それは南鮮政府が負う責任だ。

南鮮側は70年以上前の風俗業者の就労トラブルについて、現在の日本国政府に責任があると訴える。一方で、1年半ほど前の外交失点が「現政権と無関係、むしろ被害者」では済まされない。
▽自称慰安婦像を拝む文在寅1月(OMN)
画像

恐らく、文在寅が「慰安婦カード」を切るのは、政権基盤が大きく揺らいだ頃、あるいは任期の終わりだ。それまで挺対協との神経戦が続き、洋公主どもは喚き散らすことを止めない。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参照:
□なでしこアクション6月3日『米ジョージア州ブルックヘブン市に慰安婦像設置 反対!』
□特定アジアニュース6月22日『ジョージア州の『慰安婦像』に対し周辺の住宅管理協会理事らが「設置したら裁判所に申し立てる」と言いだしたニダ!』
□外務省HP27年12月28日『日韓両外相共同記者発表』

参考記事:
□Reporter Newspapers6月19日『Brookhaven park’s neighbors oppose ‘comfort women’ memorial, may sue』
□Reporter Newspapers6月23日『Japanese consul general: Brookhaven memorial is ‘symbol of hatred’』
□産経新聞6月1日『米ジョージア州ブルックヘブン市、公園に慰安婦像設置へ 米国で公有地2例目』
□産経新聞6月10日『像の除幕式に元慰安婦出席 米ジョージア州、韓国系団体が計画 幹部「日本人は被害者ぶるな」』
□中央日報5月25日『米ジョージア州にも少女像設置へ…夏に除幕式予定』

□産経抄6月24日『「正体を現した」文在寅氏 どっちつかずは、誰からも信頼されない』
□産経社説6月19日『日韓「慰安婦」合意 文在寅大統領の「解決に時間」とは耳疑う 謝罪優先の日本政府も問題を長引かせてきた』
□産経新聞6月21日『韓国の文在寅大統領、慰安婦問題の解決に「日本は法的責任と謝罪を」 米紙ワシントン・ポストと会見』
□ロイター6月23日『インタビュー:韓国大統領、中国に対北行動促す 日本批判も』
□時事通信6月18日『康外相の任命強行=外遊前に文大統領-韓国』
□中央日報6月8日『慰安婦被害者ら、「外交長官候補者を絶対支持」』
□聯合ニュース6月23日『国連人種差別撤廃委員に初の韓国人 慰安婦議論への影響に注目』

この記事へのコメント

日本人
2017年06月27日 00:04
前文部省前川事務次官が週3回通っていた新宿歌舞伎町の
恋活BAR LOVE ON THE BEACH
https://youtu.be/6eAoXlsBXkY
正義の味方
2017年06月27日 00:11
前川喜平が貧困女子の調査を2年掛けて行っていたお店です。
新ジャンルの大人の社交場。
東京都新宿区歌舞伎町にあるお店です。
HP: http://loveonthebeach.jp/
cc
2017年06月27日 02:32
田母神俊雄 toshio_tamogami 11時間
https://twitter.com/toshio_tamogami/status/879102689635848193

7月22日の「田母神俊雄を応援する会」は支援者のご協力により、参加申込希望者先着500名の皆様を無料招待に変更いたします。支援者の皆様に心から御礼申し上げます。1人でも多くの皆様のご参加をお待ちしております。ありがとうございます。
https://m62983.wixsite.com/tamogami
永遠に昨日
2017年06月27日 21:46
仲良しごっこは終わり。向こうも本気で日本を攻撃してくる。血の流れない戦争ですよ。

この記事へのトラックバック