負の世界遺産=ユネスコ…第二幕が開く南京歴史戦

南京捏造館の維持費に日本人の税金が充てられる…狂気の登録決定を主導したユネスコ事務局長は反日軍事パレードにも参加。教育詐欺機関に対しては分担金凍結以上の強硬策が必要だ。
画像

南京城砦は明の時代に整えられたもので、その周囲約34㎞に渡って高さ20m程の堅牢な城壁が築かれている。中世ヨーロッパの城郭都市と同じ構造。いわば檻に囲まれた街である。

例え話をしよう。大きな檻の中に居る大量の毒蛇を殺処分する場合、最善の方法は何か? 檻に油を掛けて火を放つのが簡単で、処分担当者の安全も確保できる。
▽我が軍に包囲された南京城砦
画像

わざわざ担当者が檻の中に入り、毒蛇を一匹ずつ殺す方法は、自身に重大な危険が及ぶ。しかし、中共の捏造設定によると、我が軍がそのような常識はずれの作戦を取ったのだという。

南京に進撃した我が軍が、もし城壁内の戦闘員・住民を殺戮したいのであれば、兵糧攻めにし、城外から砲撃すれば良かった。わざわざ危険な城内に侵入し、歩兵銃で立ち向かう必要などない。
▽上海から南京を目指す我が軍S12年末
画像

慰安婦と同じく、反日捏造史の特徴は、最初に壮大な矛盾をスルーすることだ。南京プロパガンダでは、最初から「事件」として位置付けられた。出発点から大きな嘘が幅を利かせている。

昭和12年12月に起きたのは、首都攻略戦だ。近代戦で外国の軍勢が敵国の首都に攻め込んだ事例は、ソ連のベルリン侵攻など限られている。パリ陥落のように事前に雌雄が決しているケースが多いのだ。
▽粛々と入城する我が軍S12年12月17日
画像

決戦である。中華民国にとっては国家の命運を賭けた戦いだった。それを「事件」と呼称することが誤りで、戦史的にも「南京攻略戦」が正しい。

反日陣営は、局地戦・紛争の連続でしかなった支那事変を“日中戦争”あるいは“15年戦争”と決めつける。その一方で、首都攻略戦だけを「事件」と呼ぶ。非常に矛盾した態度だ。
▽孤児に食事配る皇軍兵士
画像

最初に嘘がある。それが“南京大虐殺”の正体である。

【支那版アンネは長寿で子沢山】

程瑞芳という支那人女を何人の日本人が知っているだろうか…およそ百科事典の類にも紹介されていない無名の支那人女がアンネ・フランクに比肩する「歴史的人物」たり得るのか。

ユネスコ世界記憶遺産の登録が決まった「南京大虐殺文書」の中に“程瑞芳日記”が含まれていることが判った。程瑞芳は当時、南京城砦内の安全区で衛生班長を務めていたとされる女だ。
▽天寿全うした程瑞芳(右2)と孫ら
画像

中共は近年になって、この程瑞芳を“重要な目撃者”としてクローズアップするが、その名前はアイリス・チャンの捏造本には登場しない。当然である。

“程瑞芳日記”が南京の金陵女子文理学院で偶然発見されたのは、今世紀に入ってからのことだった。しかも、当初は誰の日記が判別不明で、後に中共が筆記者を程瑞芳と割り出したというシロモノだ。
▽南京時代の程瑞芳(前列右4)は丸顔
画像

我が国では捏造派のアカ教師が紹介している程度で、世界的にも全くの無名と言っていい。その事実だけでも図書館に必ずある『アンネの日記』と大きな格差があることが分かる。

そもそも中共がユネスコを政治利用して南京捏造話の世界記憶遺産化を思いついたのは、2009年の『アンネの日記』登録だったという。そして突如、無名の謎日記を“支那版アンネ”として売り出し始める。
▽後で筆記者を認定した程瑞芳日記
画像

参照:人民網2014年12月8日『中国版アンネの日記 国家公文書局が南京大虐殺動画をネット配信』

更に、記憶遺産として登録されたのは、米国人牧師が撮影した有名な「マギー・フィルム」と「南京軍事法廷の判決書」だった。いずれも大虐殺の物証にはならない。
▽オリジナル映像の殆どは病院内シーン
画像

「マギー・フィルム」編集版は、以前から批判が多い通り、信憑性云々どころか虐殺の爪跡すら映っていない。字幕解説で恐怖を煽っただけのプロパガンダ映画である。

また「判決書」も戦勝国が敗軍の将校を裁いた一方的な文書でしかない。罪刑法定主義に反するこうした裁判は、大戦以降行われなくなった。勝者が独断で処刑を実行するという前近代的行為だ。
▽南京軍事法廷と題された人民裁判
画像

それらにお墨付きを与えたことは、ユネスコにとって生涯の汚点・致命傷になると断言できる。

【反論資料はどこに消えたのか】

「日本軍と戦う中国国民党が日本軍の残虐性と非道さを描くためのプロパガンダとして捏造した事実で創作したものだ」

7月末、藤岡信勝教授ら真実派有志がユネスコに反論書簡を送り、登録審査前に史実を精査することを求めた。書簡は、登録を勧告するIAC(国際諮問委員会)の委員14人に送ったという。

書簡には、反論の根拠となる参考資料や反対署名の名簿も添えられていたが、判断が覆ることは出来なかった。残念ながら、IAC委員は資料に目を通さず、ゴミ箱に叩き捨てたに違いない。
▽緊急会見する藤岡教授ら10月7日(産経)
画像
もっともIAC委員には歴史の専門家が含まれず、資料を精査する能力がないという。そして審査の過程も非公開で、申請された資料もアウトラインしか判らない。

日本政府は、南京関連の申請が明らかになってから複数回に渡って提出資料の開示を求めてきたが、中共側の拒否で認められなかった。審査過程で公に出来ないものが世界の遺産となる…呆れた話だ。
▽会見するIAC委員10月4日(ANN)
画像

全くの門外漢が“歴史”をジャッジして勧告し、ユネスコ事務局長が追認する。完全な密室で歴史が認定されるという歪んだシステム。その仕組みに関して日本政府の関係者は、こう語る。

「記憶遺産はそもそも戦争や災害で紛失の危機にある文書などを保存し、後世に残していく為の制度で、政治的に利用されることを想定していない」

この説明に従えば、中共は自国のプロパガンダ拡散目的で制度を悪用したことになる。ユネスコを政治宣伝の代理店に仕立て上げたのだ。しかし、委員らが利用された事実に気付かないことが有り得るのか…
▽IAC委員によるヤラセ審査10月5日(共同)
画像

反論資料を棚上げして憚らないIAC側の態度から、申請受け付け時点から結論ありきの出来レースだったと考えるのが自然だ。

【軍事パレード観閲した女ボス】

9月3日に北京で開かれた反日お笑いイベントには、意外な人物が参加していた。ユネスコ事務局長のイリナ・ボコバだ。 中継カメラが熱心に見守るボコバを捕らえていた。
▽天安門楼上のボコバ事務局長9月3日(CCTV)
画像

笑顔で軍事パレードを観閲する姿は衝撃的でもある。大量の兵器と兵員が並ぶ行進が、どう世界の文化・教育向上に繋がるのか…ユネスコの精神や役割とも明らかに相反する。

ユネスコ事務局長と軍事パレードの組み合わせは異様だ。ボコバは中共政権と近しい関係にあるとされるが、操り人形と呼んだほうがピッタリだろう。ユネスコの内情に詳しい関係者は、こう指摘する。

「ボコバ事務局長は事業促進のため資金拠出を働きかけており、中韓は様々な形で要請に応じている。事実上のロビー活動だ」
▽式典で記念撮影するボコバ(左2)9月3日(新華社)
画像

北京入りしたボコバは、中共軍の少将でもある習近平の妻と会談。中共のアフリカ教育支援に感謝の弁を述べたという。一方で最大のユネスコ分担金を支払う我が国は完全無視だ。

関係者が明かす資金提供を見返りにした要請の中に、今回の世界記憶遺産ゴリ推しが含まれていることは確実。カネで登録を買うというユネスコの薄汚い内情を浮き彫りにしたに等しい。
▽近平妻と会談するボコバ9月4日(新華社)
画像
登録を勧告したIACの委員は、ユネスコ事務局長が人事権を握り、任命のプロセスも不透明だ。ボコバが一存で中共の意向を汲む人物で委員を揃えることなど容易い。

【反日捏造館に血税が流れ込む】

「日中両国が関係改善のために努力する必要がある時期に、中国がユネスコの場を政治的に利用している」

UAEで諮問委員会開かれる直前の10月2日、菅義偉官房長官は会見で、そう語った。これは中共に向けた牽制発言だったが、同時に政府はユネスコに対し、審議の透明化など抜本改革を要求していた。
▽外務省は報道官談話を発表(FNN)
画像

「日本の分担金はトップクラス。日本からの申し入れに真剣に耳を傾けることに期待したい」

外務省首脳によれば、登録決定の場合には拠出金の凍結も有り得ると警告したという。従来なかった強い姿勢だ。それでも出来レースの諮問委員会がブレることはなかった。

「断固たる措置を取る」

登録決定の一報を受けて政府筋からは、力強い声も発せられた。断固たる措置とは、警告済みのスポンサー料支払い凍結だ。当然の報復措置と言えるが、それではまだ手ぬるい。
▽パリのユネスコ本部(AP)
画像

南京捏造史に関するヤラセ審査がスタートしたのは、昨年6月。関係者の給与・報酬の一部は、我が国が負担していたのだ。カネを支払った末にインチキ商品を掴まされたようなものである。

我が国は、今年度分を含めた過去2年間の分担金・拠出金の全額返還を速やかに要求すべきだ。税金経由で負担した日本国民にとって、詐欺以外のなにものでもない。
▽ユネスコ本部で演説する習近平'14年3月
画像

ユネスコ分担金の一部は「文書保存基金」に充てられる。今回記憶遺産に登録された南京関連の文書は、マギー・フィルムも含め、南京の反日捏造館が所蔵している。

即ち、日本国民の血税が、あの忌々しい反日施設の維持費としてユネスコ経由で流れ込むのだ。世界の文化・教育に資する為のカネが、反日プロパガンダに利用される…狂気としか言いようがない。
▽南京の反日捏造館8月(産経)
画像

分担金の即時凍結は無論、重ねて詐取された分の返金要求も欠かせない。ユネスコへの報復について、中共支持の反日勢力は猛批判するだろう。それでも第2派を防ぐ為に、強硬策を講じるべきである。

国民は今年7月の世界遺産に続いて、ユネスコの邪悪な素顔を目撃してしまった。長年に渡って巨額の資金を捧げても、顔面に泥を塗り付けてくる組織。これぞ、負の世界遺産と呼ぶに相応しい。

私たち日本人は、UN本体など多くの国際機関が、決して善意から出発しているのではないという事実を知る必要がある。




最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

関連エントリ:
H24年3月2日『本当にあった南京大屠殺…シナ残虐史のリメイク』

参照:
文科省HP『ユネスコ記憶遺産事業ガイドライン』

参考動画:

(↑ボコバの壇上姿は58分10秒過ぎ~)

参考記事:
□産経新聞10月10日『ユネスコ拠出金見直しへ 「断固たる措置取る」日本政府』
□産経新聞10月11日『日本は無効狙い反論へ 政治利用許したずさんなユネスコ…門外漢の委員、抗日行事参加の親中の事務局長』
□産経新聞10月10日『審査非公開、反論機会なく…問われる密室性 透明性確保の必要も』
□産経新聞10月10日『「南京事件」登録…学校現場への「偏向教育」拍車懸念も』
□産経新聞10月10日『外務省「極めて遺憾」「南京大虐殺」登録で報道官談話』
□時事通信10月10日『日本の制止実らず=中国申請の「南京」認定-ユネスコ記憶遺産』
□共同通信10月5日『記憶遺産、審議2日目 南京大虐殺など申請』

□共同通信10月2日『政府、ユネスコに抜本改正要求 記憶遺産は「密室審議』
□産経新聞7月10日『「捏造された資料」 ユネスコに反論書簡 日本の民間団体「南京」「慰安婦」中国の記憶遺産申請に異議』
□産経新聞9月10日『「南京大虐殺文書」「慰安婦関連資料」を中国が記憶遺産に申請 登録されれば「虚構の歴史」が定着する可能性も…』

プロパガンダ戦「南京事件」

プロパガンダ戦「南京事件」
著者:松尾一郎
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


この記事へのコメント

安保法制成立後の朝日新聞社
2015年10月12日 02:18
朝日新聞社では安保法制成立後、幹部の間では愚痴が多く聞かれます。
理由は、マスコミを挙げて安保法制に反対する大キャンペーンを敷いたにもかかわらず、
その効果もなく成立してしまったことにあります。
彼らの苛立ちと焦燥感の矛先は、民主党に向けられています。
「これだけバックアップしているのに民主党議員はろくな質疑もできないのか」
「議長席に飛びかかった小西のバカがテレビに映ってたぞ」
「津田のバカ、あんなところで女の体触るな」
「こっちは苦労して新聞テレビで反対の声を挙げてるのに、何考えてるんだ」
などと民主議員に対して聞くに堪えない罵声を浴びせ、挙句にバカ扱いをしています。
また、女性週刊誌も含め、マスコミ各社が総がかりでなりふり構わない反対キャンペーンをしたのですが、
結局は効果が見られず、マスコミの力の無さに愕然としています。
NHKをはじめ各社の体たらくを非難していました。
「民主政権樹立の時はうまく行ったのに」と釈然としない幹部も何人かいたのですが、
朝日新聞社には情報社会の変化をまったく認識していない人が多くいます。
2015年10月12日 08:38
・シナへの環境支援も即刻停止


・ニューズレター・チャイナ @NLChina2009 10月10日

たとえば文部省の中国人研究者招請のための予算、たとえば環境省の中国環境対策セミナー。これれはいずれもODAとは別予算。
こう考えるとユネスコ支援の縮小などかわいいものである。それなのに、なぜ安倍ちゃんは本筋の対中援助総体の見直しをしないのか。「中国に強い」はずなのに。

風来坊
2015年10月12日 09:22
UN、ユネスコ、ユニセフ…キレイ事を言う連中にかぎって銭には汚いもの。彼らにとっては腹の足しにもならない「史実」なんぞよりも、空腹を満たしてくれるチャイナマネーの方がはるかに後生大事なものなのです。
しかし、黄昏はじめたチャイナと共にチャイナマネーの魔力も失せはじめた昨今、UN廻りで悪銭をむさぼってきた連中の生きる道も陰りを見せて来ました。
日本としては捏造史に反論を加えるのも結構だが、UN負担金をはじめとする一切の糧食を断って彼らを退治する作戦を実行すべきと考えます。
+
2015年10月12日 12:46
蒋介石を裏で支えていたというアメリカも、おそらく一枚噛んでるはず。このままほっとけば、アメリカの本当の汚さと狡さが露呈されるからね。
素浪人
2015年10月12日 23:28
連合国を脱退する以外に無いでしょう。特亜犬(自称NHK)の受信料詐欺とどう違うのか。日本国民は真剣に考えるべきです。
2015年10月13日 14:01
コメント、ありがとうございます。

11日夜にエントリをアップした後、もう一度「9・3」映像を鬼チェックした所、ついに天安門壇上のボコバを発見。一部を加筆訂正しました。エントリ公開直後にリツイートして下さった方の紹介内容と異なるのは、その為です。元映像にちぃては上記「参考動画」に付け加えました。

政府は、潘基文の出席に抗議していることから、ボコバにも抗議することは当然です。9・3の参加要人リストは、取材したメディア各社に配られていたと思うのだけど、排除された産経以外は、この事実を握り潰したのかな。
陳哲郎(チン・チョルラン
2015年10月13日 23:41
民主党の政調会長である陳哲郎(チン・チョルラン=福山哲郎)は、Wikipediaから『帰化』に関する記述を全て削除した!
福山哲郎
http://ja.wikipedia.org/wiki/福山哲郎
「福山哲郎」の変更履歴
https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%A6%8F%E5%B1%B1%E5%93%B2%E9%83%8E&action=history
▼削除された文章の一例▼
1975年8月29日に日本に帰化。帰化する前の氏名は陳哲郎(法務省告示第291号 昭和50年8月29日帰化認可、法務大臣稲葉修)。
http://blog-imgs-46.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20131206080033833.jpg
国会議員は、自身の出自を有権者に対して公表する責務
2015年10月13日 23:55
政治家、特に国会議員は、自身の出自を有権者に対して公表する責務がある。
出自は、政策の大きな影響を及ぼすからだ
実際に、陳哲郎(チン・チョルラン=福山哲郎)は、日本や日本国民にとって不利となる政策ばかりを推進し、日本に有利となる政策に対しては猛烈に反対している。
例えば、平成25年、陳哲郎(チン・チョルラン=福山哲郎)は、日本の機密を保持するための「特定秘密保護法案」に猛反対した。
http://blog-imgs-83.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20131207071417dfe_20151013075937039.jpg
さらに、平成27年、陳哲郎(チン・チョルラン=福山哲郎)民主党政調会長は、日本の自衛権の行使に係る選択肢を増やす「安全保障関連法案(安保法案)」にも、猛反対した。
しかも、その後、陳哲郎(チン・チョルランー=福山哲郎)は、「あんな暴力的な採決が可決になったら、わが国の民主主義は死ぬ。全くこんな暴力的なものはあり得ない」などと自分たちが行った集団的暴力は棚に上げて、イケシャーシャーと採決を行った与党を批判した!
日本人
2015年10月14日 00:03
習近平主席は、日本人を叩けば叩くほど国民から支持されると考え
ている。中国社会は、いまや毛沢東時代とソックリになってきました
◆まるで北朝鮮!習近平の「外国人狩り」が始まった~日本人を「スパイ容疑」で逮捕、中国なら死刑もあり得る 10月13日 現代ビジネス
2015年10月14日 09:12
<再投稿>


(1)【H27/10/14】青山繁晴 インサイトコラム

『ニュース新発見 インサイト(http://blog.rkbr.jp/insight/)』

http://www.nicovideo.jp/watch/sm27368109


 ⇒ 二年後は、中韓の工作で、『慰安婦』登録!

・中韓の手先であるユネスコ脱退を!!




(2)【松尾一郎】「南京世界遺産登録」は日中米共同プロパガンダだ!
[桜H27/10/12]

http://www.nicovideo.jp/watch/1444636598
喪黒福造
2015年10月15日 13:14
中共の宣伝機関と化したユネスコ

ブログ主様、皆様:
ボコバの婆が9月3日の軍事パレードにも出席していたことは、このブログで初めて知りました。おおかた、中共からのスポンサー資金目当てでしょうが、パン君共々、とんでもない奴です。戦術面から見て南京大虐殺があり得ないというご解説にも脱帽しました。いずれ、私の下記サイトを充実させていく過程で援用させて戴きたいと思います。

False Accusations of Nanking Massacre
http://www.howitzer.jp/nanking/index.html

ところで、今回のユネスコの決定を受けて下記のページをつくりました。このなかで「史実を発信する会」から来たメールの文章も紹介しています。

Is UNESCO a propaganda machine of the PRC?
http://www.howitzer.jp/nanking/page10.html

今回、我々の手の届かないところで、ウソの証拠と供述をもとに日本と日本人が断罪される。この東京裁判の構図は今も変わっていない、との感を強くしました。

ただ、考えようによっては、ユネスコの決定は「南京大虐殺」がイカサマであることを世に訴えるチャンスかもしれません。今回は中共単独が相手であって、慰安婦問題のように韓国に未練を持つアメリカが関わってこないからです。

むろん、突き詰めていけば、東京裁判で濡れ衣を着せて殺した松井石根大将のことまで行ってしまいます。でも、とりあえずは人権問題で日本を叩こうとするアメリカの阿呆どもは関わってこない。人権問題で四の五の言うなら中共なんて最悪ですからね。アメリカを正面の敵にせずに「南京大虐殺」がイカサマであることを主張できる機会がやってきたと受け取りたいと思います。
在日朝鮮人(本多勝一)の捏造は許されない
2015年10月15日 17:40
本多勝一元記者が、「南京大虐殺」写真の捏造認める!
当時の本多氏の取材は、支那共産党に案内されたものであり、証言者もすべて党から紹介され、御膳立てされています。
犠牲者が30万人というのも、根拠のある話ではまったくありませんでした。
北京政府が、本多勝一元記者を使って「南京大虐殺30万人」説を世界に広めた。
という「捏造」報道の構造が分かります。
そして「南京大虐殺30万人」説が、国連機関ユネスコの「世界記憶遺産」に登録された。
これは、本多勝一元記者の記事が、今も北京に利用されていることに成ります。
本多勝一氏には、「支那共産党によってでっち上げられた数字を、言われたままに報じた」と認め、捏造報道を日本国民に謝罪することを求めます。
反日朝日新聞社は日本人の敵である
2015年10月15日 17:44
朝日新聞社は「南京大虐殺」報道に関しては、記事の検証すらせずに、沈黙を守っている
登録されたら直ちに「補強するための資料」として、日本から事実を記した資料を大量に登録申請する。

受諾すれば両論併記だから、後の研究家は記録遺産を元にして、再検証で捏造がわかるし、記録遺産だからウソだともいえない。

未来永劫、共産支那の捏造が証拠として残る。

申請を却下するにしても、検証無しで却下はできないから、検証過程で捏造がわかるし、その検証過程も記録として残る。
そしてそれを嫌って登録自体を抹消しようとしても、「かつて登録した理由と抹消した理由」がやはり未来永劫残るので、共産支那の汚点が残り続ける。

どうやっても共産支那は、捏造国家として歴史に名が残るね。
ハヤブサ
2015年10月15日 22:10
共産党の志位がほざいていますね・・・

>南京事件「虐殺があったのは歴史的事実だ」
http://www.sankei.com/premium/news/151015/prm1510150009-n3.html
>「南京虐殺については、私たちは虐殺の規模、数、さまざまな推計がされている。だから党として何人というふうに認識を持っているわけではないが、虐殺という事実があったことは動かしがたい歴史的事実だ。当時の日本軍関係者のさまざまな証言を見ても明らかだ。それを否定することは許されないと考えている」

ん・・?ン・・? とにかく「虐殺」があったのだ!と・・・・
2015年10月16日 12:35

2015/10/14 に公開


【中国経済 最新】


ユネスコ記憶遺産登録に佐藤優 が大激怒!「分担金停止では生ぬるい!」


日本をコケにして中国に擦り寄るユネスコに佐藤優氏が大激怒

分担金停止では戦力の逐次投入にしかならないと究極の一手を提言す

しめじ
2015年10月17日 17:33
天安門楼上のボコバ事務局長
この映像よく見つけましたね。凄いです。
どんなに正しい反論資料出しても無駄だってことですよね。

この記事へのトラックバック