捏造朝日“敗戦の夏”再び…エンドレス謝罪に終止符

紙面の印刷が始まった頃、異変に気づく。中共からの指導伝達ミスで、安倍談話憎しの火病社説を先走って発表…世論調査での高評価が連発する中、捏造朝日は2度目の“敗戦の夏”を迎えた。
画像

安倍首相にとって夏は“鬼門”だった。第1次政権の際は、慰安婦問題をめぐる後退と参院選大敗で最悪の状態。第2次政権最初の夏も靖国不参拝で支持層から強い不満と失望の声があがった。

そして、今年も悲惨な夏が巡ってくることを恐れていた支持者も少なくはなかったのではないか? 支持率が発足後最低をマークする中、安倍談話でミソをつければ、政権基盤は一気に崩れる…
▽今年8月15日の靖国神社参道
画像

杞憂だった。産経新聞・FNNが8月17日に発表した世論調査では、安倍談話への圧倒的な支持が明らかになった。直前の15~16日に行われた電話調査によるもので、対象は全国の1000人だ。

「評価する」  57.3%
「評価しない」 31.1%


▽安倍談話に関する評価(FNN)
画像

実に2倍に迫る差が付いている。この傾向は、読売新聞の世論調査でも同様だった。安倍談話を「評価する」は48%で、「評価しない」の34%を大幅に上回った。

参照:読売新聞8月18日『70年談話を「評価する」48%…読売調査』

「評価する」  44.2%
「評価しない」 37.0%


共同通信が15日に発表した調査結果は、やや拮抗しているとも言えるが、それでも評価する声が5%近く上回っている。14日夜の一部TVニュースによる総攻撃も、弾幕が薄かったようだ。
▽8月14日の報道ステーションw
画像

また「評価しない」という意見の中には、談話で村山妄言のキーワードが引用されたことへの反対論も含まれているだろう。一切の妥協を許さないとする姿勢も、あってしかるべきだ。

ただし、全体として安倍談話が反日陣営にとって苦々しい内容だったことは、捏造紙の狂乱ぶりを見れば、明らかである。

【捏造紙迷走の果てに自爆】

共同や読売・産経の世論調査が出た後も、朝日新聞は沈黙している。過去、靖国神社参拝などの直後に、捏造紙は緊急世論調査を発表するのが常だったが、何故か今回は未だに紙面に掲載されない。

捏造紙は間違いなく、14日夜から電話による調査を始めていた。当初は得意の捏造編集で数字を書き換え、自社に都合の良い体裁に整える手はずだったものの、恐れをなしてボツにしたのだろう。
▽会見に臨む安倍首相8月14日(時事)
画像

「いったい何のための、誰のための談話なのか」(8月15日付捏造紙社説)

談話発表翌日の捏造紙は、社説の冒頭で、そう問い掛けた。身も蓋もない言い方だ。朝日の匿名編集委員チームは相当狼狽していた模様で、同趣旨の文言が、数行後にも出てくる。

「この談話は出す必要がなかった。いや、出すべきではなかった。改めて強くそう思う」(8月15日付捏造紙社説)

エッセイ風の書き方が哀れさを誘う。ポイントは、最後の「改めて」という表現だ。それによると、捏造紙は、安倍談話の発表に反対してきたという。いつ、発表に反対する主張を展開したのか?
▽会見する安倍首相8月14日(時事)
画像

談話不要論は、主に一部保守層で語られていたものだ。それに対し、捏造紙は、繰り返し「侵略」などの中共指定ワードを文言に盛り込むよう訴えてきた。不要論を提唱した社説などなかった。

「談話発表に至る過程で見せつけられたのは、目を疑うような政権の二転三転ぶりだった」(8月15日付捏造紙社説)

捏造紙は、談話の閣議決定で二転三転したと決め付ける。「閣議決定しない」と“スクープ”したのは、6月23日付の捏造紙だ。だが、それに対して政府中枢の人物は同月下旬、こう答えていた。

「閣議決定する可能性は十分ある」

閣議決定しない方針と決めつけた捏造紙の“スクープ”が誤りだった。こうした談話絡みの朝日報道こそが「迷走である」と産経新聞は嘲笑しかも1面トップだ。
▽8月16日付の産経新聞1面
画像

安倍談話に粘着し、繰り返し内容に関して注文を付けながら、いざ発表されるや否や、実は不要論者をカミングアウトする…更に各社世論調査には、捏造紙を地獄に叩き堕とす衝撃的な内容も含まれていた。

【エンドレス謝罪に「NO」】

「中国や韓国が謝罪を求め続けることにもわけがある」(8月15日付捏造紙社説)

捏造紙社説は唐突に、そう記す。中共や南鮮が謝罪を求め続ける理由とは一体何なのか、具体的には紹介しない。ところが、その謝罪がピタッと止まる魔法があるのだという。

「安倍氏がここで潔く謝罪し、国民とアジア諸国民との間に横たわる負の連鎖を断ち切る―。こんな決断はできなかったのか」(8月15日付捏造紙社説)

「謝罪を求め続けるわけ」は存在するが、安倍首相の謝罪で断ち切ることが出来ると断言しているのだ。河野や村山やルーピーが土下座しても無駄だが、安倍首相には可能だという。褒めすぎである。
▽南鮮捏造施設での土下座ショー8月12日(News1)
画像

更に捏造紙によれば、謝罪で負の連鎖を断ち切ることは出来るが、靖国神社に参拝したりするとリセットされ、新たに謝罪しないといけない模様だ。もう社説とか駄文の域を超越して、一般人には理解不能。

さずが、ゴミが書いてゴミが読む朝日新聞である。一旦、謝罪すれば永遠に謝罪を求めてくる…それが、朝日による慰安婦捏造事件から日本国民が学んだことだ。
▽会見する安倍首相8月14日(産経)
画像


「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」
▽談話核心部分への評価(FNN)
画像

“永続的な謝罪”の不必要を謳った安倍談話の核心。このメッセージについて、産経・FNN調査では、66.1%が「評価する」と回答。更に読売調査でも、同様の結果が示された。

「謝罪を続ける方がよい」27%
「そうは思わない」   63%


なんとダブルスコアで「謝罪必要論」を蹴散らした。中共・朝鮮からのエンドレス謝罪に理解を示した捏造紙は立つ瀬がない。今や多数の日本国民が「謝罪の強要」に苛立っているのだ。

このデータは、今年6月に行われた慰安婦問題に関するNNN世論調査の結果とも重なる。再度の謝罪と賠償を求める声は4%にも満たず、「必要なし」という意見が圧倒的だった。
▽慰安婦に関する世論調査6月(NNN)
画像

社説で「明確な謝罪」を絶叫した捏造紙にとって、安倍談話に関連した「不要論」の高まりは、悪夢でしかない。振り返ると昨年夏は、例の記事取り消しで朝日は無残に敗れ去った。

そして今年も再び“敗戦の夏”が巡ってきたのだ。

【安倍談話踏襲も強要せよ】

捏造紙が強い衝撃を受けたのは、クレージーな火病社説を脱稿し、輪転機が動き始めた後だ。中共外交部が木寺大使を呼びつけて「厳正な立場」を伝えたことが判明したのは、8月15日未明だった。
▽NHKの報道は8月15日早朝だった
画像

「厳正な立場」とは外交上の「原則的な立場」と同じで、抗議の一種にせよ、レベルは極度に低い。翌日、閣僚の靖国参拝に対して中共が表明した「強烈な不満」と比べれば、その違いは歴然としている。

8・15気違い社説は、中共宣伝部の指導・添削を経ずに、朝日の編集委員が勝手に書いてしまったようだ。何故、いつものように中共指導部と連携が取れなかったのか、疑問が残る。
▽「謝罪を求め続けるにもわけがある」(参考画像)
画像

更に、捏造紙上層部を絶望の淵に追い込んだのは、パク・クネだった。安倍談話に対するクネ政権のこれまでの注目ぶりから、エンドレス謝罪の否定について、激昂する可能性も高かった。

「我々にとっては残念な部分が少なくなかった」

クネ演説に登場した安倍談話への“論評”は、予想を下回る弱いトーンで、日本との関係改善を強調する始末。捏造紙はハシゴを外された上、落ちたところを朝鮮人に踏み付けられた格好だ。
▽演説するパク・クネ8月15日(AFP)
画像

パク・クネは、安倍首相が4月の米議会演説で慰安婦に触れなかったことで激怒した。本来無関係の米国での演説。一方で安倍談話は、特定アジア3国への言及が焦点のひとつでもあった。

朝日新聞ソウル支局は、青瓦台と「喉と舌」の関係にあり、南鮮政権の指導の元、反日プロパガンダを拡散するのがメーンの業務だ。今回は、青瓦台や国情院との連携でも何か手違いが生じた模様である。

これでは狂犬のように吠えて暴れた捏造紙が、ピエロでないか。我が国と日本人を貶め、中共・朝鮮に褒められることを社是としてきた朝日新聞にとって、今回の“先走り激怒”は大失態だった。
▽反日紙に繰り返し登場した人物(ゲンダイ)
画像

「そこまで考えて談話を出したわけではない」

そもそも富市本人が後継総理による「踏襲」など想定外だったと語っている。それを「政府の歴史認識」に格上げし、歴代総理が「踏襲する必要のある公式見解」と決め付けたのが捏造紙だ。

村山妄言は安倍談話によって上書きされ、エンドレス謝罪不要論は「政府の公式方針」と進化した。遠い将来、新たな首相が就任した際も、捏造紙は安倍談話の踏襲を強要しなければならなくなったのだ。
▽会見する安倍首相8月14日(産経)
画像

自らに都合の良い談話だけを神聖視するようなダブル・スタンダードは決して許されない。




最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考記事:
□産経新聞8月17日『内閣支持率43%に回復 首相談話「評価」57% 安保法案「必要」58%』
□FNN8月16日『政治に関するFNN世論調査』
□共同通信8月16日『安倍談話44%評価、安保法案、今国会成立「反対」62%』
□産経新聞8月17日【歴史戦 第12部 戦後70年談話(下)】「おわび」は原案から盛り込まれていた…迷走の朝日報道
□社説比較くん8月15~16日各紙社説

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 129

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年08月19日 23:40
こんばんは。
今年も捏造新聞と変態新聞が発狂する8月15日が来ましたね。

個人的には、シナ及び南北朝鮮に対して一切の配慮することなく、徹底的に叩きのめす「談話」を出してほしかったですね。

特亜3国に対しては、もはや遠慮や配慮は不要です。必要なのは徹底的に叩きのめすことです。わが国と交戦してもいないくせに戦勝国を名乗る連中ですからね。
山田浩二は金浩二だった
2015年08月22日 14:57
犯人の山田浩二は金浩二だった!大阪中1殺害・金聖鐘(織原城二)など犯人が帰化人なら明確にせよ
2002年にも少年を監禁した疑いで逮捕!
大阪中1殺害事件で逮捕された【金浩二】(~1990年)→「山田浩二」(1990年~)→「渡利浩二」(2002年当時32歳)→「山田浩二」(現在45歳)
http://blog-imgs-78.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/3c9ba.jpg
官報】第485号
平成2年10月16日火曜日
(本紙)告示
○ 法務省告示 第三百二十九号
左記の者の申請に係る日本国に帰化の件は、これを許可する。
平成二年十月十六日
法務大臣 梶山静六
住所 名古屋市南区宝生町3丁目62番地
金次沫(山田重夫)昭和14年12月14日生
朴房子(山田房子)昭和20年1月26日生
金浩二(山田浩二)昭和45年2月3日生
金博光(山田博光)昭和46年5月8日生
25年前の平成2年(1990年)に名古屋で帰化して名前を【山田浩二】にした【金浩二】が、その後に大阪府寝屋川市香里新町に住むようになっていたのだろう。
コリアカン
2015年08月22日 15:00
常に、警察、検察及びマスメディアは、事件の犯人が帰化人の場合には、その旨を公表するべきだ!
犯人が、生粋の日本人なのか、それとも在日朝鮮人や在日韓国人の帰化人なのかで、事件の原因や再発防止策などが大きく異なってくるからだ!
事件の真相究明や再発防止策などには、犯人が生粋の日本人なのか帰化人なのかの情報は、必要不可欠だ!
支那の工作を許すな!
2015年08月22日 15:33
毎日新聞は、8月3日付けで、安倍総理が訪中すると飛ばし記事を書いている。
最近も、安倍総理の下血だの吐血だのと噂をまき散らして、印象操作に励んでいる。
これらは支那の「安倍おろし」工作によるものと考えて間違いないだろう。
支那は、情報戦、心理戦、法律戦を日本に仕掛けているのだ。
日本の新聞・テレビは、ほぼ支那共産党によって買収されていると考えて間違いない状況になっている。
これは、世界規模で行われており、世界中の新聞やテレビはネットに押されて不景気だから支那人によって買収されまくっている。
日本の新聞やテレビが例外であるわけはないのである。
有料の親支メルマガがあるが、これは合法的に支那共産党によって買収されている可能性が高い。
支那の対外工作は、数多くいる支那人を使って、例えば読者を装って、ネット記事の内容を自分たちに都合の良いものに変えるように圧力を掛けている。
「一億玉砕」=朝日新聞
2015年08月22日 15:44
日本が戦争に引きずり込まれたのは朝日新聞の捏造報道が原因
1930年代後半に、日本人がアメリカの本当の強さをよく分析できていて、新聞社がそれをきちんと伝えていれば、日本人はアメリカとの戦争が正しいとは思わなかったはずだ。
当時の新聞社は状況を正しく分析せず、アメリカなど取るに足らない相手だと国民を洗脳させ、どんどん好戦的にさせていった
嘘八百を垂れ流していたのはどこの新聞社だったのか。
もちろん、「朝日新聞」だったのである。たとえば、「一億玉砕」という言葉を作り出したのはどこの新聞社か。それは、朝日新聞である。「神風が吹く」と言い散らかしていたのはどこの新聞社か。それは、朝日新聞である。
「一億火の玉」という言葉も有名だが、この言葉を作り出したのは、どこの新聞社か。それも朝日新聞である。ちなみにこの「一億火の玉」という言葉を社説で述べていたのは、1945年8月14日である。
日本人を間違った道に導いていたのは、朝日新聞だった。
争に負けたのは、朝日新聞の捏造報道が原因
朝日新聞は戦争犯罪人
2015年08月22日 15:59
戦前は戦争を煽り日本人を地獄のどん底に突き落とし、戦後は従軍慰安婦、南京大虐殺を捏造報道で日本国、日本人の名誉を貶めた。朝日新聞こそが、戦前、戦後の総括をして日本人に反省し、謝罪する必要がある。
みちみち
2015年08月24日 10:47
朝日新聞は嘘と捏造で日本国や国民に泥を塗ってきた。絶対許せることではない。今だに日本を落し入れようとしている。こんな左翼新聞は日本人の力で廃刊にしなくてはいけない。

この記事へのトラックバック